リ プロダクション クリニック 東京。 リプロ東京 慢性子宮内膜炎(BCE) 検査レポート

【FPが解説】リプロダクションクリニック東京の体外受精説明会で費用と方針について聞いてみた【不妊治療】

リ プロダクション クリニック 東京

こんにちは、ちゃー子です。 今日は、慢性子宮内膜炎(BCE の検査について書いていきたいと思います。 正直、この検査の詳細を書くかどうか迷いがありました。 なぜかというと、 結局「痛い」検査という感想も書くだろうし、 これから検査を受ける人にとって事前に聞かされるこういった情報で余計に恐怖心を煽られるから。 でも、私にとっての不妊のネックは、「慢性子宮内膜炎だったこと」だと思っている。 そしてその検査が一般的ではない事実もあり、もっと早くの段階でこの検査の存在を知って、検査を受ける人が増えれば不妊治療の助力にもなると思う。 なので、検査のレポートを書くことにしました。 そうです、細胞を採取するのです。。。 実は、この検査を2回受けました。 1回目は、採卵と同時に、採卵が終わったタイミングで。 この時は、痛みも感覚もなくすぐに終わりました。 局所麻酔をしていたので大丈夫だったようです。 そして、2回目の検査。 今度は局所麻酔も何もなく、座薬のみ。 しかも、手術室でも処置室でもなく、普段内診を行う内診室でした。 内診台に上がり、カーテンが閉まります。 カーテンの向こうには、先生1名。 メディカルアシスタント1名。 痛いと事前に聞いていたBCE検査。 怖くなって、呼吸が早くなり、 口呼吸が激しくなってきます。 先生に「落ち着かないと検査できないよー」っとたしなめられる。 しかし、採卵の時とは違うんです。 そうです。 カーテンのこちら側には私一人なんです。 恐怖なんです。 隣に肩をさすってくれたり、手を握ってくれる看護師さんもいない。 孤独、恐怖。 でも、一人で耐えるしかない。 器具が入ってきます。 ガチャガチャ。 その後、ツーンっツーンっ 何度も突き上げる痛み。 なんとか痛みを逃がしたい。 隣には誰もいない。 カーテンのこっち側にはだれもいない。 カーテンの向こう側でガチャガチャ。 声に出して痛みを逃すしかできません。 「痛い、痛い、、、痛い、」なんども叫んでしまいました。 だれもいない。 一人で、なんで検査でこんな痛い思いをしないといけないんだろう。 一気に、弱い心が悲しみで溢れてしまい、気づいたら涙がこぼれ落ちていました。 いちど溢れた涙は、元には戻りません。 処置が終了し、まだまだ涙が溢れてきました。 待合室に戻ってからも涙を止めることができませんでした。 肩を震わせながら、必死に声を抑えましたが、涙は溢れてくる。 処置が終わったら、痛みはないんです。 だけど、こころはずっと痛かった。 苦い思い出です。 検査結果は、2週間後。 結果を聞きに、リプロの診察へ。 どうか、どうか、陰性になっていて欲しい。 またあの痛い検査を受けるのは嫌だ。 ドキドキしながら診察室に入ります。 ちゃー子「え、え、あーよかったーー」 ほっとした瞬間にまた涙が溢れてきました。 先生「移植できますよ。 前に進めますよ。 」 ちゃー子「はい、良かったですーーー」 ほっとして、またまた泣いてしまいました。 1回目の検査結果(+++ 3段階なので、一番強い陽性反応。 1回で陰性になって本当に良かったです。 時間も無駄にしたくない。 これで、やっと移植に進めます。 ということで、次回は、移植のお話をしたいと思います。

次の

リプロダクションクリニック東京(費用・診療時間・アクセス・特徴など)【不妊治療net】

リ プロダクション クリニック 東京

リプロダクションパートナーズでの面談について教えて下さい。 日本国内(大阪)にてカウンセリングが常時可能です。 カウンセリング時には卵子提供プログラムの説明、流れ、費用について詳細にご説明致します。 リプロダクションパートナーズのメリットはなんですか? A. 弊社で卵子提供プログラムを受けるメリットは以下の通りです。 治療中の通訳、 エアポートからの送迎、クリニックへの往復はもちろん、帰国後の医療施設との連絡もきめ細やかに サポートいたします。 言葉の問題もなく安心して現地にて治療に臨まれることが可能です。 どのクリニックも医療技術の追及し、非常に高い成功率での治療をご案内しております。 卵子ドナーに登録できるのは、どんな人ですか? A. 卵子ドナー登録できるのは、健康な20歳代の女性です。 独身の方でも、結婚してお子様がおられる方でも大丈夫です。 日本国内にお住まいの方も、海外に留学中の方も登録できます。

次の

電通、広告制作会社「リ・プロダクション社」を買収-英国でクリエーティブ関連サービスを強化 :日本経済新聞

リ プロダクション クリニック 東京

次は、に挑戦します。 を行っている有名病院では、説明会を実施していますので、参加することにしました。 ネットの口コミや病院の公式サイトだけでは、それぞれの病院の治療法の特徴や費用面はなかなかわかりにくいもの。 実際に、複数の病院の説明会に足を運んだからこそ分かった情報をお伝えします。 今回、ご紹介する病院は、リプロプロダクション東京。 大阪では有名な治療病院が東京にも進出して開院したところのようです。 リプロダクションクリニック東京の説明会の内容 リプロダクションの説明会は、リプロダクション東京内にある部屋で実施されました。 これまで、参加したいくつかの説明会では、理事長先生などが登場して、ライブでお話を聞かせてくださいました。 が、リプロではスライドを使い録画映像が流されただけで、お医者さんの登場は、最初と最後のあいさつのみ。 リプロ東京のサイトには、「大阪の説明会を東京に中継、東京の説明会を大阪に中継」と記載されていますが、実際は録画でした。 ある意味、素っ気ないのですが、毎月行われている説明会で、お話される内容は同じでしょうし、VTRを放映するだけという方式は、お医者さんの貴重な時間を奪うことがないですし、ある意味合理的なのかと思いました。 参加者は、30人くらい。 ほとんどが夫婦での参加です。 リプロダクションクリニック東京の・治療方針とは ここからは、私が説明映像を見ながら、メモした内容を箇条書きで記していきます。 説明映像の前半は、妊娠の仕組み、治療の基礎知識的なものでした(を考えている人は、皆、知っているような内容だと思います)。 ・は100人に1人くらい。 毎日射精することが理想。 毎日射精するとの状態は良くなる。 毎日ではなくとも、1日おきには射精したいところ。 ・自然を抑えて、hMG注射を毎日行い(自己注射)卵を育てて、hCG注射で卵を成熟させる。 ・リプロでの刺激周期1回分が、低刺激法3~4回分に値する。 自然周期法だと、6~7回分に相当。 ・これまで、採卵すらできなかった46歳の人にも適応。 ・リプロのような刺激周期法では、1回で12~15個の卵の獲得を目指す。 この場合、3~4回の移植ができる可能性がある。 ・低刺激法だと、採卵個数は3~5個。 移植回数は1回。 ・自然周期法だと、採卵個数は1~2個。 移植回数は0~1回。 ・70%の人は、移植5回以内で出産している。 ・刺激周期で最初に良い卵をたくさん採る。 ・採卵時は、局所麻酔を使う人9割、を使う人1割。 ・普通のの受精率50~80%。 ・顕微授精の受精率も50~80% ・自然周期法を使うと2個くらいしか採卵できないので、までいかない場合もある。 ・は原則1個。 ・胚凍結をすると妊娠率が10%アップ。 ・胚凍結の生存率は99%。 妊娠率が高く、OHSSの予防ができ、子宮外妊娠を防ぎ、周産期リスクを低下する。 デメリットがない。 ・自然だと移植日が動かせないが、刺激周期だとある程度移植日を選べる。 ・不育症検査も可能。 ・男女一緒に治療していく。 ・正月以外は休みなし。 リプロダクションクリニック東京のにかかる料金 料金表は以下の通り。 費用(採卵周期) 費用(凍結融解周期) 男女共通費用 採血・検査・その他(自費費用) 自費注射費用 不育検査・治療費用 まとめ リプロダクションクリニック東京のの特徴をざっくりまとめると… 誘発の方法 自然を抑え、自己注射などを使い、初回の高刺激で多数の採卵を目指す。 説明会の雰囲気 医者はあいさつ時のみ登場。 スライドで録画映像を観るだけ。 ライブで医者の話が聞けないのは、少し味気ないが、合理的ではある。 リプロダクションクリニック東京の独自性は、をゴリゴリに使わって、多数の卵の獲得を目指していくという方法にあるかと思います。 自然周期法にこだわりを見せるNACとは逆方向の発想の病院です。 また、ほかの病院では説明会に医者が登場し、生で治療方針について説明しているなか、リプロは録画映像を流すのみというあたりに、同病院の合理的な考え方を見せ付けられたような気がしました。 他病院で行っているような、説明会後の質問コーナーはなし。 配布された用紙に質問コーナーが設けられており、「次回診察時にこの紙を医師にお渡し下さい。 質問にお答えさせていただきます。 今回の記事は、私が説明会のスライドを見ながらメモしたものをベースとして作成しています。 多少、内容に間違いがある可能性もあるので、同病院への通院を検討している方は、一度説明会に参加してみてくださいね。 moneyfp.

次の