ティーナ イン 解散。 ヒカル(Hikaru)

Aguanta Ahi INAUDIS PAISAN Y LA ESTUDIANTINA INVASORA イナウディス・パイサン・イ・エストゥディアンティーナ・インバソーラ

ティーナ イン 解散

誕生名「Zalman Yanovsky」でロックシンガー,ギタリストとして活動、「Lovin' Spoonful:1965--68」の結成メンバーとして成功を収めています。 父親はカナダの漫画家,イラストレーター「Avrom Yanovsky」。 メモ 地元の音楽喫茶でフォークシンガーとして歌い始め、一時期イスラエエル・キブツに移住しますが早々に帰国し再び地元で活動。 米国ニューヨークでのツアーで知り合った「Halifax Three」のメンバー「Denny Doherty」と共に1964年に「Mugwumps」を結成。 「Mugwumps」はダンヒル・レコードと契約しシングル3枚を録音しますが同64年に解散、翌65年「Lovin' Spoonful」に結成メンバーとして参加します。 メモ 「Lovin' Spoonful」はデビュー早々から大成功を収めますが1967年に脱退してソロで活動を開始、1968年にブッダ・レコードから10曲入ソロ・アルバム「Alive And Well In Argentina」をリリース。 シングル「As Long As You're Here/アズ・ロング・アズ・ユーア・ヒア」は米国 Cashbox で73位にチャートインしますが、ビルボードでは101位とチャート外に終わっています。 メモ 尚、71年に同名アルバムがカマストラ・レコードから再リリースされていますが、「As Long As You're Here」を含む2曲は収録されていません。 アーティスト:死亡記事 2002-12-13:カナダ・オンタリオ州キングストンにて死去 心臓発作。 元「Big 3」のメンバー「Cass Elliot」,「Jim Hendricks」、元「Halifax Three」のメンバー「Denny Doherty」、「Halifax Three」のツアーに同行経歴のある「Zal... 「John Sebastian」,「Zal Yanovsky」,「Steve Boone」,「Joe Butler」が結成。 67年「Zal Yanovsky」が脱退し「Jerry Yester」が交替参加、1968年リーダー「...

次の

ミスターさんの投稿小説

ティーナ イン 解散

誕生名「Zalman Yanovsky」でロックシンガー,ギタリストとして活動、「Lovin' Spoonful:1965--68」の結成メンバーとして成功を収めています。 父親はカナダの漫画家,イラストレーター「Avrom Yanovsky」。 メモ 地元の音楽喫茶でフォークシンガーとして歌い始め、一時期イスラエエル・キブツに移住しますが早々に帰国し再び地元で活動。 米国ニューヨークでのツアーで知り合った「Halifax Three」のメンバー「Denny Doherty」と共に1964年に「Mugwumps」を結成。 「Mugwumps」はダンヒル・レコードと契約しシングル3枚を録音しますが同64年に解散、翌65年「Lovin' Spoonful」に結成メンバーとして参加します。 メモ 「Lovin' Spoonful」はデビュー早々から大成功を収めますが1967年に脱退してソロで活動を開始、1968年にブッダ・レコードから10曲入ソロ・アルバム「Alive And Well In Argentina」をリリース。 シングル「As Long As You're Here/アズ・ロング・アズ・ユーア・ヒア」は米国 Cashbox で73位にチャートインしますが、ビルボードでは101位とチャート外に終わっています。 メモ 尚、71年に同名アルバムがカマストラ・レコードから再リリースされていますが、「As Long As You're Here」を含む2曲は収録されていません。 アーティスト:死亡記事 2002-12-13:カナダ・オンタリオ州キングストンにて死去 心臓発作。 元「Big 3」のメンバー「Cass Elliot」,「Jim Hendricks」、元「Halifax Three」のメンバー「Denny Doherty」、「Halifax Three」のツアーに同行経歴のある「Zal... 「John Sebastian」,「Zal Yanovsky」,「Steve Boone」,「Joe Butler」が結成。 67年「Zal Yanovsky」が脱退し「Jerry Yester」が交替参加、1968年リーダー「...

次の

サルバとーれ!

ティーナ イン 解散

【SMAP】解散しましたが、SMAP主演のメチャかっこいい実写版ガッチャマンCMがあったこと覚えてますか? 当時はこれ見て素直に「SMAP」かっこいいと思った。 それは、2000年のNTT東日本CM 「 ガッチャマンSMAP」。 別段、SMAPのファンというわけでもないのですが、 このCMの完成度だけは心に刻まれて、 すんごくSMAPがかっこよく思えたものです。 実際にこのCMの評判はよくて大絶賛を受けたのですが、 シリーズ化とはいかなかったみたいです。 一応、キャスティングですが、 中居正広:「大鷲の健」 木村拓哉:「コンドルのジョー」 稲垣吾郎:「白鳥のジュン」 草なぎ剛:「つばくろの甚平」 香取慎吾:「みみずくの竜」 当時は近未来という設定で、「 2013年の渋谷」を舞台にしたものでした。 多分、脚本が良いのと、キャスティングの妙技だと思いますが、 実にピッタリとガッチャマンになってるんですよ。 これはこれで。 当時のVFX技術ですから、現在からすればチープですが、 そんな風化を感じさせない映像のダイナミズムがあります。 一応、制作工程では、一度アニメーションで書き起こしておいて、 その通りのことを実写で撮影したらしいです。 このCMのアニメーション・バージョンも放映されてましたから。 そういうわけで、コマ割りというか、テンポよく30秒という短い時間で、 きっちり暗躍シーンが描かれている、説明されているんですねー。 もう、期待はできなんですよねぇ。。。 こんな5人の雄姿は・・・.

次の