めるかり。 メルカリ事務局に電話・メールで問い合わせる方法

メルカリ

めるかり

Q&Aサービス「メルカリボックス」に投稿された、詐欺に遭ったという報告=より ネットユーザーの報告によると、手口は次の通りだ。 まず悪意のある出品者が、在庫がない状態でメルカリで商品を販売。 購入者が決まると、出品者はPaidyを利用し、家電量販店の通販サイトなどで商品を購入した上で、商品を発送する。 購入者は商品を受け取ると、通常通りメルカリ経由で出品者に代金を支払う。 本来はここで取引が完了するはずだが、出品者はPaidyからの請求を無視し、購入者宛にPaidyから請求書が届くよう仕向ける。 そのため出品者は、仕入れ代金を負担せずに商品代金を受け取れる。 一方、購入者はメルカリとPaidy提供元に、二重に代金を支払う義務が発生するという。 しかし今回のトラブルでは、利用者(出品者)が振込をしなかったために、商品の送付先(購入者)に請求書が届いたようだ。 関連記事• 後払いサービス「Paidy」を悪用した詐欺に対し、提供元のPaidy社が対策を講じる。 悪用の恐れが高いと判断した取引では、決済サービスの提供を制限するか停止。 再発防止策などの検討を進める。 複数のセキュリティ企業や組織が11月以降、マルウェア「Emotet」について注意を呼び掛けている。 Emotetの流行は、もはや「怪しいメールに注意する」という対策だけでは通用しなくなりつつあることを示している。 NTTドコモが運営する「dカーシェア」で、個人が貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で発生。 発生時期は7〜8月で、被害に遭った車は3台。 大阪府警による捜査の結果、現在は全て持ち主の元に戻っているという。 Twitter上で、Uber Eatsの配達員と注文者の間のトラブルが話題になっている。 運営元のUber Japanに配達トラブルがあった場合の対応について聞いた。 関連リンク•

次の

フリマアプリ「メルカリ」、「ゆうパケットプラス」の提供開始

めるかり

Q&Aサービス「メルカリボックス」に投稿された、詐欺に遭ったという報告=より ネットユーザーの報告によると、手口は次の通りだ。 まず悪意のある出品者が、在庫がない状態でメルカリで商品を販売。 購入者が決まると、出品者はPaidyを利用し、家電量販店の通販サイトなどで商品を購入した上で、商品を発送する。 購入者は商品を受け取ると、通常通りメルカリ経由で出品者に代金を支払う。 本来はここで取引が完了するはずだが、出品者はPaidyからの請求を無視し、購入者宛にPaidyから請求書が届くよう仕向ける。 そのため出品者は、仕入れ代金を負担せずに商品代金を受け取れる。 一方、購入者はメルカリとPaidy提供元に、二重に代金を支払う義務が発生するという。 しかし今回のトラブルでは、利用者(出品者)が振込をしなかったために、商品の送付先(購入者)に請求書が届いたようだ。 関連記事• 後払いサービス「Paidy」を悪用した詐欺に対し、提供元のPaidy社が対策を講じる。 悪用の恐れが高いと判断した取引では、決済サービスの提供を制限するか停止。 再発防止策などの検討を進める。 複数のセキュリティ企業や組織が11月以降、マルウェア「Emotet」について注意を呼び掛けている。 Emotetの流行は、もはや「怪しいメールに注意する」という対策だけでは通用しなくなりつつあることを示している。 NTTドコモが運営する「dカーシェア」で、個人が貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で発生。 発生時期は7〜8月で、被害に遭った車は3台。 大阪府警による捜査の結果、現在は全て持ち主の元に戻っているという。 Twitter上で、Uber Eatsの配達員と注文者の間のトラブルが話題になっている。 運営元のUber Japanに配達トラブルがあった場合の対応について聞いた。 関連リンク•

次の

数字で見るメルカリUS事業の実態、営業赤字120億円でも「心配しなくていい」ワケ

めるかり

2019年4月、メルカリは売上金の振込手数料完全有料化へ メルカリで売上金を自分の銀行口座に振り込んでもらうには「振込申請」を行わなければなりません。 Amazonやヤフオクでは売れたら勝手に振り込んでくれるのですが。 メルカリでは自分で振込申請するので、申請しなかったらいつまでたっても自分の懐にはお金が入ってきません。 おまけに自分の銀行口座に振り込んでもらうには200円の振込手数料が必要なんです。 これまでも振込してもらうには手数料が必要だったのですが、実は10000円以上の売上金を引き出す際には手数料は かかりませんでした。 しかし、今回のメルカリからの通知で10000円以上だろうがなんだろうが手数料が必要になる、と変更になったんですね。 以前は 210円だったのが 200円になったので、値下げとも言えますが・・・・・。 これまでの出品者は手数料を取られないために売上金が10000円を越えるまでは振込申請をしなかった人が多いと思います。 9999円の売上だったらもう一つなにか売れるまで我慢の子だったんですね。 しかし、今後はこの方法が使えなくなりました。 今後はいかに振込申請のタイミングの間隔を空けるかが出品者の悩みどころになりそうですね。 たった200円なんですが、なぜか 「支払いたくないっ!!」っていう気持ちになるのはなんで? 殿も内臓脂肪が気になってるのですな? メルカリ便の送料も値上げされてしまった・・・・ 振込手数料完全有料化より一足先に値上げとなったのが、メルカリ便の送料値上げです。 メルカリ便とは売れた商品を送る際、宛名書きなしで送れて、且つ送料を販売代金から差し引いてくれるので非常に便利なサービスです。 また、自分の住所も相手先に知られることなく送ることができるというメリットもあります。 ただ、それら以上にメリットがあるのが、 送料の安さ。 郵便局やヤマト運輸で普通に送るよりも安く済むんですね。 しかし、この4月で一部を除いて100円ずつ送料の値上げがメルカリ側から通知されました。 小さいサイズのものを送ることができるネコポス・宅急便コンパクト・ゆうパケット以外は一律100円増しです。 つまり、今後は利益が取引ごとに100円ずつ少なくなるのです。 とはいえ、当て書きの必要がなくコンビニであっという間に発送できるらくらくメルカリ便を使わない選択肢はないんですけどね。 そうなったらメルカリ側の手数料収入も減るのですがいいのですかね? メルカリの値上げに対するネット上の声は? ネット上には今回のメルカリ規約の変更に対してこんな声がありました。 メルカリ1万円以上も振込手数料いるようになったの知らなかった🤢🤢🤢 200円貴重だよ… — そーた。 二重課税みたいなもんじゃからな。 ガソリン税に消費税が乗っかるみたいな感じじゃのう メルカリはなぜ今回の値上げを行ったのか!? ここからは十兵衛の推測になりますが、今回のメルカリの規約変更にはこのニュースが関係あると睨んでいます。 引用先: 王者のヤフオクを利用率で抜いたんですね。 しかも今回のポイントだったのが 「若年層ほどヤフオクよりメルカリの方が利用率が高い」 ということです。 今後も利用を見込める若年層の支持が盤石になったことで勝者の立場になったということですね。 勝者の立場になれば自社の思い通りの戦略が採れるようになります。 つまり、集客とブランドイメージアップやメルカリのメジャー化を中心に採用していた戦略から 収益重視の戦略に変えてきたと思うのです。 メルカリも営利企業である以上当たり前の考え方なんですけどね・・・・・。 仕方ないのですかねぇ・・・・。 とはいえ好き勝手な値上げではなさそう 勝者の立場になったメルカリですが、今後何でもかんでも好き勝手な規定変更をする訳ではなさそうです。 というのは、今回の値上げはユーザーが完全に離れてしまうようなものではないからです。 例えばメルカリ便の送料にしても、ゆうパックや宅急便に比べても依然として安いんです。 例えば100サイズの荷物を東京から大阪に送る場合、改定後のメルカリ便ではゆうパック・宅急便ともに1000円で送ることができます。 一方、普通にゆうパックを利用した場合は1410円、宅急便なら1469円かかるんです。 メルカリ便では依然として東京ー大阪の場合で400円近く安く送ることができるんですね。 ゆうパックの持ち込み割引やクロネコメンバーズの特典を付けても、まだメルカリ便には及びません。 また、メルカリ便は全国一律の送料なので、仮に東京から北海道や沖縄などに送る場合があっても、 ゆうパックや宅急便よりも圧倒的に安く送れます。 我々はお客さんを選ぶことはできないのでこれは結構大事な点です。 これだけのメリットを我々出品者にも残してくれているのも事実なんですね。 売上金の振込手数料有料化の狙いは? もう一つの「振込申請有料化」にもメルカリ側の戦略的な考え方が見て取れます。 これまでのように10000円以上なら手数料が無料になる場合、売上が10000円を超えるたびに振込申請が行われがちになっていました。 しかし、手数料の有料化によってなかなか申請を行わない出品者が増えるハズです。 で、メルカリの特色の一つとして メルカリの売上金でメルカリで出品している商品を購入できることがあります。 一度現金化しなくても買えるということですね。 つまり、 「手数料を払うくらいなら売上金で自分の欲しい商品を買おう」という考えを持つ人が増えるのではないかと思うのです。 そうなるとメルカリ側としてはまた新たな手数料収入が入るという訳。 なんか、ファミレスでバイトしてもらったお給料を使ってそのファミレスで飲み食いするみたいな感じですね。 「バイトで稼いだ金をバイト先に落とす」なんて奴は バイトの鑑(かがみ)ですなっ! メルカリ手数料を無料にする方法 メルカリでの売上金を振込手数料なしで自分で使う方法はあります。 それはメルペイを利用する方法なんです。 メルペイなら手数料はタダ。 さらに使用期限もなくなる 現在、メルカリがチカラを入れているのが メルペイです。 売上金を丸々そのまま電子マネーとして使えるんですね。 かんたんスマホ決済市場は、PayPayやLINEPayなどさながら戦国時代の様相です。 メルカリもこの覇権争いにメルペイで参入しているのですが、メルペイに囲い込む流れを作るために振込手数料を完全有料化しているのかもしれません。 というのは売上金をメルペイで使用する場合には 「手数料がかからない」んですね。 200円の振込手数料を払うのが嫌な人は手数料を取られないメルペイに流れる可能性が高いんです。 現金化に手数料という関所を作って、メルカリ利用者をメルペイに囲い込む戦略が垣間見得ます。 さらにメルペイ払いにすることで、 180日間の売上金振込申請期間がなくなるというメリットもあります。 メルペイ払いの使い方は? スマホでかんたん決済できるメルペイ払いを利用するには• お支払い銀行口座の登録• アプリでかんたん本人確認 の2つの方法があります。 どちらもスマホだけで完結できますが、写真撮影が必要な「アプリでかんたん本人確認」よりも「お支払い銀行口座の登録」の方がカンタンな感じがします。 使い方もとってもカンタン。 メルカリアプリからこの画面を出して 「ID払いで!」とレジ係に伝えてからレジ横の端末にタッチするだけでOKです。 どっちみちコンビニなどで買い物はしますよね。 銀行に振り込んで貰って、さらに現金で引き出す手間を考えたら200円の振込手数料を払ってまで現金化しなくても良いかなと思いました。 メルカリで売った人がメルカリで買う。 またはメルペイを使う。 まさにメルカリの思うツボでござる。 メルカリの送料値上げの対策方法としては? メルカリのユーザーで不用品を売りたい人にとっては、今回の送料値上げや振り込み手数料の方針改定はあんまり影響ないかもしれません。 なぜなら不用品を売りたい人はまず手元にその不用品がなくなることを目的とするからです。 なので今回の値上げについて1番影響があるのはメリカルメルカリで販売をしている人たちです。 ではメルカリで販売してる人たちはどのような対策をとれば良いのでしょうか? ここで3つの対策法をご紹介します。 消耗品などではこの複数売りという方法がかなりお得になりますよ。 まとめ売りってやつです。 それより下の宅急便コンパクトなどでは送料の変更はありませんでした。 小さい商品をメインに取り扱うのも一つの対策法です。 零和改元の号外が3000円ほどで売れたみたいですが、こういうものだったら値上げ関係なしで発送できますね。 (しかし、号外を売るほうも売る方ですが買うほうも買うほうです。 送料が上がったので販売価格も上がるかもしれないと考えている人もいるでしょうが、購入者は結構シビアに価格をみています。 「送料分値上げ増えたからしょうがないなぁ」と買う人よりも、「今までと同じような値段じゃないと買わないよ」と言う人の方が多いと思います。 特に若年層のユーザーが多いメルカリではこの傾向が顕著です。 なので、商品相場自体は今までとそんなに変わらないハズです。 そこで、対策の一つとしてメルカリで売るのはなく メルカリで買うというように考え方を変えてみるのも良いかも。 まとめ メルカリの振込手数料有料化とメルカリ便送料の値上げはメルカリ販売民にとっては改悪と言えるものです。 とはいえ、このルール変更はメルカリが市民権を得た証拠とも言えるもので、メルカリが強気な姿勢を持つのは当然と言えます。 おそらく、今回の条件変更でメルカリで販売するのをやめる人も現れるでしょう。 しかし、メルカリに留まる人が圧倒的多数と踏んでの改変だと思うのです。 その証拠として• 振込手数料はメルペイを使う事で無料は継続• らくらくメルカリ便はまだまだ安く送ることができる というメルカリ販売民にとっては逃げ道があるルール改正だったからです。 ズバリ言って今回の改変は 上手いやり方だと言えそうです。

次の