風呂 マット ニトリ。 赤ちゃんにおすすめのお風呂・バスマットとは?ママも安心な商品10選|cozre[コズレ]子育てマガジン

便座カバーも、お風呂マットも!捨てて後悔しなかったもの

風呂 マット ニトリ

もくじ• 珪藻土バスマットのメリット4つ 1.吸水性抜群ですぐにさらさら快適 お風呂上がりの濡れた足をのせると、 すぐに水分をしっかり吸収してくれます。 そのまま立ってるだけでも良いですが、何度か足踏みをすると、 あっという間にサラサラになります! お風呂掃除の後に濡れた足を拭かなくて良いのも便利です! 2.速乾性があるので連続で使っても気持ち良い 布製のバスマットの場合、1人目は良いですが、 家族何人も使う場合は、 2人目以降はバスマットが濡れていて気持ち悪いですよね。 珪藻土バスマットなら、 速乾性があり、家族数人が使うくらいでは、 吸水性が衰えずすぐに乾いて、 みんなさらさらの気持ち良いお風呂上りになります! また、速乾性があるので、自分がお風呂上りでない時に 靴下を履いたままバスマットを踏んでも、 靴下は濡れません! 私は、お風呂に入る時以外は常に靴下を履いているので、朝から夫がお風呂を使った日などは、 バスマットが濡れていると思わずにバスマットを踏んで靴下を履き替える…ということがありました。 3.清潔に保ちやすい 布製のバスマットは、髪の毛やホコリをためやすく、掃除機で吸い取りにくいのがストレスでしたが、 珪藻土バスマットは、 掃除機をかけるだけできれいになります! 4.洗濯の手間がない 布製のバスマットは洗濯が必要です。 でも、私はあまり物を増やしたくないので、バスマットの洗い替えを持つのが嫌で、 そしていつもの洗濯物を一緒に洗濯機に入れるのは抵抗があるので、 天気の良い日に手洗いで洗っていましたが、子供が小さいこともありけっこう負担に感じていました。 珪藻土バスマットは、 洗う必要がなく日ごろのお手入れは要らないので、助かります! (珪藻土バスマットは吸水力が落ちてきた時に、表面にやすりをかけるというお手入れが必要ですが、 これまでに吸水力の低下を感じたことはないので、手入れ不要と考えても大丈夫だと思います!) 珪藻土バスマットのデメリット5つ 1.洗うことができない 珪藻土バスマットは 洗うことができません。 これは、 小さい子供がいる場合には最大のデメリットだと思います。 珪藻土バスマットに変えてしばらく経ったある日、子供がお風呂に入る前に服を脱いだところで、 珪藻土バスマットの上で おもらしをしてしまいました… 慌てて洗いましたが、後から調べてみるとやはり珪藻土バスマットは洗えないので、 その 吸水性の良さから、液体の汚れはすぐに吸収してしまいます。 結局、おもらしをした珪藻土バスマットは衛生上好ましくないので処分しました。 2.処分に一手間かかる場合も 珪藻土バスマットをゴミに出す場合、自治体に処分方法を確認することが必要ですが、 おおよそ 「不燃ごみ」あるいは 「粗大ごみ」に分類されます。 布製のバスマットは、「可燃ごみ」に出すことができるので、布製のバスマットと比べると、 処分に一手間かかります。 折りたためる珪藻土バスマットはないよね?あるわけないよね?と思いながらも調べてみたら、 ありました!!! HANKEY 珪藻土バスマットなら、ニトリの珪藻土バスマットに比べると値段が高くなりますが、これなら折りたたみなので収納することもできて処分もしやすそうですね! 現在は発売されていないようです。 2018年6月14日amazon・楽天で在庫切れ確認) 3.冬は少し冷たい 初めて珪藻土バスマットを使った感想は、冷たい!でした。 (初めて使ったのは、自宅ではなく実家に泊まりに行った時でした) これは、冬は冷たくて不快なのでは…と心配に思いましたが、 実際に使ってみて出た結論は、 少し冷たいけど気になるほどではない! です。 洗面所の気温がとても低い場合は、冷たく感じるかもしれません。 4.国産にこだわると高い 私は、 ニトリの珪藻土バスマットを使っていますが、 産地は書いていません。 産地が書いていないので海外製造の可能性がありますが、 お値段は 925 円 ~ 2,306 円 税別 とお手頃価格です! 「国産」と明記されている珪藻土バスマットには、soilがあります。 soilはニトリの珪藻土バスマットよりも高いですが、 国産にこだわりたい方はsoilを選ぶと良いと思います! ・珪藻土バスマットを置いている空間の湿度が高すぎた (速乾性があるものでも湿度が高い空間においては、水分の逃げ場がないので乾くことができません) ・長時間に渡って濡れた状態が続いた (家族が多く浴室で全く拭かないままあがってくると、何時間も水分を含んだ状態が続くのではないかと思います) ということが可能性として考えられると思います。 珪藻土バスマットを置いている空間は、ほとんんどの場合洗面所だと思いますが、 洗面所の湿度が高すぎる方は、お風呂の換気をする時に、浴室のドアを開けていませんか? そうすると、浴室の湿気たっぷりの空気が洗面所に流れ込んでしまいます。 浴室の換気をするには、換気扇を回し浴室のドアは閉めておくのが一番です。

次の

快適なバスタイムに♪ ニトリと無印良品のバスマット

風呂 マット ニトリ

風呂ふたの選び方 風呂ふたって本当に必要? かつては風呂場に必ずあった浴槽のふたも、近年では家族の人数や生活スタイルによってはふたは使わない方も少なからずいるそうで、普段使っていても、なかなか不自由に気がつかず買い替えのタイミングがわからなかったりしますよね。 まず、お風呂のふたをすることの最大のメリットは保温です。 お風呂の浴槽にお湯をためても、家族がすぐに入浴しない場合にはお湯が冷めてしまったり、温度を一定に保ったり追い焚きをしたりするのに光熱費がかかってしまいます。 それをできるだけ防いでくれるのがお風呂のふたですが、素材やタイプによって保温力もかなら、違いますのでチェックポイントになります。 忘れてはいけない風呂ふたの黒カビ問題 お湯の保温のためにしっかり働いてくれる風呂ふたですが、気になることと言えば「黒カビ」ではないでしょうか?普段からきちんとお手入れをしていたつもりでも、お風呂場には温度や水分などカビにとっての好条件が揃っています。 気が付いた時には風呂ふたにも黒カビが・・・なんてことが起こりやすいものです。 でも、風呂ふたのタイプ 形状 や素材によって、この黒カビの発生しやすさが全然違いますので、素材や形状にも注目してみてください。 風呂ふたには3タイプがあります 一般家庭で使える市販の風呂ふたのタイプは「パネルタイプ」「シャッタータイプ」「コンパクトタイプ」の3種類にわけられます。 パネルタイプは、板状のふたを並べて乗せるタイプの保温性が高いふたで、凹凸がないのでお手入れのしやすさも抜群です。 シャッタータイプはくるくると巻き取って開け閉めするので小さなお子さんや高齢の方でも使いやすくなっています。 コンパクトタイプは折り畳んで開けるタイプのふたで、畳んだ状態がコンパクトで場所を取らないことや比較的安価なものが多いのがメリットになります。 それぞれにメリットデメリットがありますので、生活スタイルに合わせてお風呂場にぴったりの風呂ふたを選んでくださいね。 風呂ふたのおすすめ人気ランキング4選 ここからは風呂ふたのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。 選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの風呂ふたを見つけてみてくださいね! 第4位:防カビ・抗菌風呂フタ• 風呂ふたにはなかなかないカラーバリエーションなので、お気に入りのカラーを選べます。 コンパクトに折りたためるため省スペースで、凹凸部分が少なくお掃除が簡単なのもうれしいポイント。 風呂ふたの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、風呂ふたのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 まとめ ニトリの風呂ふたはいかがでしたでしょうか?一度買うとなかなか買い替えることがないからこそ、失敗したくないですよね。 ニトリにはいろいろなタイプの風呂ふたが揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。 ご自宅にぴったりの風呂ふたを選んで快適なバスタイムを過ごせますように。

次の

快適なバスタイムに♪ ニトリと無印良品のバスマット

風呂 マット ニトリ

そうだね~、試しに買ってみようか! という事で、ニトリで珪藻土マットを購入してきました。 ついでに、珪藻土マットと体重計も立てかけられるスタンドも合わせて購入! しかし、 この決断がニトリで珪藻土マット買って失敗することとなるのです。 ニトリで珪藻土マットを購入して使ってみた感想 ニトリで珪藻土マットを買ってすぐに失敗だったことに気が付きました・・。 それはなぜかというと・・・ 「 ニトリで買った珪藻土マットのサイズが小さすぎた!」 からです。 これが大失敗! 一番大きいサイズにするべきでした・・。 ニトリの珪藻土マットに乗ると、 そんなぁ~。 あっちに行きたかった・・。 こんなやり取りが何度もあって、今では珪藻土マット+バスマットを併用して使用する羽目になりました。 珪藻土マットが水分を吸収するといっても、 乗ってすぐに足の裏がサラサラになる!なんてことはありません。 少しの間じっとしているか、何回か足踏みして水分を色々な場所で吸わせないと、足裏の濡れは取れないんですよね。 子供には小さいところでじっとしていられない事もあるので、バスマットをプラスするとちょうど良い感じになりました。 ニトリの珪藻土マット自体は水分はしっかりと吸い込んでくれるので、 サイズだけが大失敗! 柔らかいところでの使用は注意が必要とありますが、クッションフロアで使う分には何も敷かなくても全然問題なく使えています。 珪藻土マットに乗って頭や体を拭いたりしていれば、足の裏の水分はほとんど吸ってくれるので性能には満足しています。 使い終わったら、スタンドに立てかけるだけでほとんど何もしていませんが、今のところ何の問題もなく毎日使えています。 珪藻土マットのお手入れ方法 ニトリの珪藻土マットには「お手入れ用サンドペーパー」が付属しています。 お手入れ用サンドペーパーがこちら。 要は「ヤスリ」ですね。 珪藻土マットに汚れが付着したときに、「お手入れ用サンドペーパー」で削って汚れをとるために使用します。 早速、汚れが本当に取れるのか試してみました。 珪藻土マットについた汚れがこちら。 汚れている部分を、お手入れ用サンドペーパーでゴシゴシ削ってみました。 時間にしたら数十秒程度。 そうすると、表面が削れて汚れも取れてなくなりました。 削ったところは少しだけ白く禿げ上がったようにも見えますが、さほど違和感は感じられません。 ニトリの珪藻土マットに新商品登場!と旧型は大幅値下げ! ニトリの珪藻土マットは新商品が発売になりました。 ニトリの珪藻土マットを買って失敗!リアルな評価 ニトリの珪藻土マットを使ってみて正直な評価を暴露したいと思います。 何が嫌かって、小さくても性能はしっかりしているので、捨てるのはもったいない! 新たに大きいサイズに買いなおすのも、なんか悔しくてイヤ!(笑) 完全な負け惜しみです。 ちょっと高くても良いから、最初から 大きいサイズ(40X55cm)の珪藻土マットにした方が絶対良いです! 本当に、小さいサイズのニトリの珪藻土マットを買って失敗したと思いました。 まとめ - ニトリの珪藻土マットの評価 - ニトリの珪藻土マットは機能面・価格面も総合してもコスパがよくおすすめできる商品です。 珪藻土マットを購入してから1年以上経ちますが、今でも水分をしっかりと吸収して、繰り返し毎日使う事ができています。 使用後は、専用スタンドに立てかけておくぐらいしかしていません。 それでも、水分の吸収が落ちたという感じはなく、特別気になることもありません。 メンテナンスもほとんどいらないので、値段を考えるとかなり優秀。 購入するなら大きいサイズ(40X55cm)の珪藻土マットをおすすめします。 ニトリの珪藻土マット大きいサイズ(40X55cm)はこちら。

次の