アミューズ トラベル。 トムラウシ山遭難事故 生存者のガイドが犠牲者の死因と原因を語る?

またもやアミューズトラベルで遭難事故

アミューズ トラベル

アミューズトラベルは、旅行業の廃止届を関東運輸局に郵送した。 観光庁によると、5日夕方、関東運輸局に書類が届いたという。 アミューズトラベルでは、万里の長城での遭難事故により事業の継続が困難になったことに加え、トムラウシと万里の長城での2回の事故について「重く受け止め」、廃業を決めたと説明している。 廃業の期日は12月20日付で届け出ている。 アミューズトラベルによると、旅行業を廃止して約50名の社員は解雇する一方、法人格は残し、代表取締役会長の牛島浄氏、代表取締役社長の板井克己氏、松下政市氏の3名が役員として残り、「ご遺族の方へのお詫びや補償、観光庁の調査への対応」に専念する。 予約を受けていたツアーについては、すでに営業自粛を決めていた12月分に加え、2013年1月から3月の出発分についても「基本的には旅行代金をお返しする」方針で、顧客に連絡をしているところだ。 観光庁では4日、事業廃止の意向が判明する前から計画していたという4回目の立入検査を実施。 20日の事業廃止が、社員への給与支払い締め切りの都合によるものであったことなどを聴取するとともに、ツアーの催行状況を把握できる資料などの提出を受けた。 廃止届は制度上、書面に記載された事業廃止日、アミューズトラベルの場合は20日になれば自動的に受理することになる。 受理すれば届け出た企業は旅行業者でなくなるため、旅行業法に基づく立入検査や行政処分は不可能となる。 行政処分をおこなうには最短でも1週間が必要で、アミューズトラベルへの行政処分は、観光庁によると「状況は厳しいかもしれない」ところ。 ただし、可能性はあり、「可及的速やかに色々と進めていく」方針で、これまでの検査内容について精査するとともに、必要に応じて立入検査や聴取もしていく。 また、仮に廃業が先行しても、観光庁としては今回の事故の教訓を今後の旅行業者の指導、監督に生かすため、アミューズトラベルへの聞き取りを継続したい考えで、アミューズトラベルからは5日の立入検査の際に、引き続き協力するとの回答が得られている。 そうして得られた情報は、これまでの検査内容も含めて反省点を洗い出し、旅行業者に周知して注意喚起をはかる。 具体的な手段については検討段階であるものの、マニュアル化や報告書としての取りまとめなども選択肢という。

次の

アミューズトラベル・・万里の頂上でまたも死亡事故 : とすインターの ”あれやこれや ”

アミューズ トラベル

アミューズトラベルは、旅行業の廃止届を関東運輸局に郵送した。 観光庁によると、5日夕方、関東運輸局に書類が届いたという。 アミューズトラベルでは、万里の長城での遭難事故により事業の継続が困難になったことに加え、トムラウシと万里の長城での2回の事故について「重く受け止め」、廃業を決めたと説明している。 廃業の期日は12月20日付で届け出ている。 アミューズトラベルによると、旅行業を廃止して約50名の社員は解雇する一方、法人格は残し、代表取締役会長の牛島浄氏、代表取締役社長の板井克己氏、松下政市氏の3名が役員として残り、「ご遺族の方へのお詫びや補償、観光庁の調査への対応」に専念する。 予約を受けていたツアーについては、すでに営業自粛を決めていた12月分に加え、2013年1月から3月の出発分についても「基本的には旅行代金をお返しする」方針で、顧客に連絡をしているところだ。 観光庁では4日、事業廃止の意向が判明する前から計画していたという4回目の立入検査を実施。 20日の事業廃止が、社員への給与支払い締め切りの都合によるものであったことなどを聴取するとともに、ツアーの催行状況を把握できる資料などの提出を受けた。 廃止届は制度上、書面に記載された事業廃止日、アミューズトラベルの場合は20日になれば自動的に受理することになる。 受理すれば届け出た企業は旅行業者でなくなるため、旅行業法に基づく立入検査や行政処分は不可能となる。 行政処分をおこなうには最短でも1週間が必要で、アミューズトラベルへの行政処分は、観光庁によると「状況は厳しいかもしれない」ところ。 ただし、可能性はあり、「可及的速やかに色々と進めていく」方針で、これまでの検査内容について精査するとともに、必要に応じて立入検査や聴取もしていく。 また、仮に廃業が先行しても、観光庁としては今回の事故の教訓を今後の旅行業者の指導、監督に生かすため、アミューズトラベルへの聞き取りを継続したい考えで、アミューズトラベルからは5日の立入検査の際に、引き続き協力するとの回答が得られている。 そうして得られた情報は、これまでの検査内容も含めて反省点を洗い出し、旅行業者に周知して注意喚起をはかる。 具体的な手段については検討段階であるものの、マニュアル化や報告書としての取りまとめなども選択肢という。

次の

アミューズトラベル社廃業 : とすインターの ”あれやこれや ”

アミューズ トラベル

アミューズトラベル株式会社 市場情報 非上場 本社所在地 〒101- 0062 2丁目8 設立 事業内容 業 資本金 5,000万円 従業員数 50名 特記事項:旅行業登録番号 長官登録旅行業第1366号(登録取消済み) アミューズトラベル株式会社は、日本の元である。 本社はにある。 にで設立され、主としてやを行うためのを企画していたであった。 大阪・名古屋・福岡・仙台・広島に支社や支店や営業所を構えていた。 登山に関する会やのクラブを作るというやりかたで顧客を増やしたが、7月に同社が主催したトムラウシ山でのツアーでが起き、その後は売上げが縮小し 、11月に起こした遭難事故(後述)により同年12月、旅行業の取り消し処分を受けた。 2012年12月、へのため法人格は存続させる、との意向を示した。 詳細は「」を参照 7月、同社が主催した系を縦走する企画旅行において、で悪天候により遭難し、ツアー参加者7人とガイド1人がにより死亡する事故が発生した。 その後、トムラウシ山遭難事故を引き起こしたことに対する行政指導で51日間の営業停止処分になっていた期間中に、新規顧客10人と新たに契約してツアーに参加させていたとして厳重注意を受けた。 万里の長城遭難事故 [ ] 2012年、同社が主催した付近の山を巡るツアーにおいて、大雪のため5人が遭難し日本人客3人がで死亡(凍死)する事故が発生した。 会社として現地の確認をしておらず、現地のガイドにまかせっぱなしにしてろくに確認もしていなかった、と釈明したという。 このツアーは入社1年目の新入社員に企画から任せていたこと、現地の提携会社に一任し会社自身で現地の下見を行わなかったこと、山間部に入るにもかかわらず添乗員にを持たせず普通のだけ持たせ、その電話での毎日の連絡を怠り、電話をかけたときにはその携帯電話はすでに圏外になっておりツアーグループ全体と連絡のとれない状態になっていたこと 、社員に現地下見をさせずに催行しているツアーが全体の1割から2割に達することなどが明らかとなった。 同年、同社は観光庁に対して、12月20日付で事業を廃止し業務から撤退する意向だといった内容の電子メールを送ったが 、そうした同社側の動きに対して、のほうは同社の登録取消の手続に入り、18日に聴聞を行った上で(同社が廃業しようとしていた20日以前の)19日付で 旅行業登録を取り消す処分を下した。 旅行業登録の取り消し処分を受けたことで、同社及び社長と役員は、5年間旅行業の再登録が出来なくなった。 脚注 [ ]• 時事ドットコム. 2012年12月4日. 2012年12月5日閲覧。 2012年11月13日. 2012年11月13日閲覧。 2012年11月7日. 2012年11月8日閲覧。 j-castニュース. 2012年11月5日. 2012年12月19日閲覧。 2012年11月13日. 2012年11月13日閲覧。 2012年11月13日. の2012年11月6日時点におけるアーカイブ。 2012年11月13日閲覧。 - 毎日新聞 2012年12月19日 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の