米津 玄 師 うま と しか 歌詞。 米津玄師が「米津米津」してる曲10曲

米津玄師『パブリカ』に謎の「高周波」挿入!? ママと幼児が大熱狂!

米津 玄 師 うま と しか 歌詞

米津玄師の「米津米津してる曲」が大好きなので米津が作る米津の曲の中でも特に米津が米津米津してる米津の曲を10曲選びました 米津米津=変な音がいっぱいきこえてこわい 駄菓子屋商売 10米津米津 米津が米津米津している米津曲のなかでも圧倒的米津。 頭から爪先まで米津が止まらない。 「エビで、エビで、タン塩」 意味不明なイントロ、意味不明な曲展開、意味不明な歌詞。 米津がなにを歌っているのか、米津になにを聞かされているのか。 「米津」とはなにか。 その答えは米津にしかわからない。 米津の曲は「迷路」のようなものだ。 聴けば聴くほど米津から抜け出せなくなる。 笛吹けど踊らず 8米津米津 中盤で米津がラリるのだが、聴いてるこっちまでラリってくる。 米津の曲を聴いていると目が回る。 米津の生み出す米津米津した音が耳に入ると三半規管がやられ平衡機能がおかしくなる。 グルグルバットならぬグルグル米津。 ポッピンアパシー 9米津米津 再生開始5秒でほとばしる米津。 米津の曲は耳がいくつあっても足りない。 終始耳の奥が気持ち悪くて気持ち良い。 米津はそういうことを「あえてする」。 上がりそうなところで上がらない、下がりそうなところで下がらない「次はこういうメロディ展開になるだろう」という予想を米津はことごとく外してくる。 誰も米津を捕まえることはできない。 鳥にでもなりたい 6米津米津 米津の曲を聴くとき、絶対に気を抜いてはいけない。 女性の一途な愛を歌った歌詞と森の動物たちと一緒にマーチングをしているようなメロディのハッピーソングかと思いきや、その動物たちはすべてキグルミで中には米津がいた。 不自然に半音下がる気味の悪いシンセ、不気味なカエルの鳴き声、もはや執念すら感じる歌詞。 おいでよ米津の森。 KARMA CITY 8米津米津 米津が増えた。 右耳から米津。 左耳から米津。 四方八方から米津が襲ってくる。 そして最終的にさまよっているたくさんの米津が一箇所に集まりひとつの大きな米津になる。 ペトリコール 7米津米津 米津が作り出す不穏すぎるサウンドに今にも消え入りそうな米津の声。 そんなギリギリの状態で保っていた米津ダムが後半の間奏で一気に崩壊する。 反町隆史のPOISONを聴かせると赤ん坊が泣き止むらしいが、米津を聴かせると大人が泣く。 ダークネス米津。 amen 8米津米津 イントロから胃がねじれる。 米津の音楽は臓器にクる。 そして途中で入ってくるノイズをきっかけに米津が自分の中に入ってくる。 少しずつ米津に寄生される。 米津によって脳は溶け、意識が遠のく。 神仏や死者が夢の中に出てくる「夢枕に立つ」という言葉があるが、この曲を聴いたあと米津が夢に出てくる。 米津はハチでハチは米津。 しかし、その2つは似て非なるものでもあった。 これは「もし米津がハチの曲を歌ったら?」という夢が叶った数少ない曲でもある。 ハチが本来持つ米津米津した変態的な部分を存分に出しつつ、米津になることで手に入れた普遍性を両立させている。 ハチと米津が一つになったとき、老若男女すべてが米津になる。 クランベリーとパンケーキ 6米津米津 甘い猛毒。 使っている音数自体はそこまで多くのないのにも関わらず、音の随所に米津がいる。 気だるいメロディに油断して気がついた時にはもう遅い、米津の毒は耳から全身に広がり脳の「米津」を感じる以外の機能が完全に停止する。 でしょましょ 10米津米津 歌の表現力が増し、元々の米津米津した部分がさらに際立った近年の米津。 明らかに米津ではない米津以外の声がいっぱい入っていて夜道で聴くと確実にオシッコ、いや米津漏らす。 もはや米津にとっては生きとし生けるすべての人間が「米津の楽器」と言っても過言じゃない。 米津が作る曲は「音楽」というより「米津」。 音楽と米津は完全に別物。 米津はこの世に「米津」というジャンルのエンタメを生み出した。 次に米津の曲になるのは自分かもしれない… まとめ 「米津」ってこんな字でした? ikdhkr.

次の

米津玄師が「米津米津」してる曲10曲

米津 玄 師 うま と しか 歌詞

「 馬と鹿」 の 初出アルバム『』 でしょましょ リリース (配信) 2019年(CD) 規格 時間 11:19 米津玄師 米津玄師 坂東祐大• ダブル・プラチナ(CD,)• ミリオン( 1,有料音楽配信認定、日本レコード協会) チャート最高順位• Billboard JAPAN• 週間1位()• 週間1位(、8週連続、通算11週)• 週間1位(、11週連続)• 2019年度年間5位()• 2019年度年間2位()• 2位(シングル週間)• 登場回数40回• 11位(2019年度シングル)• 2位(合算シングル)• 1位(デジタル、8週連続、通算11週)• 2位(2019年度デジタルシングル) シングル 年表 () 馬と鹿 () 目次• 背景 [ ] 米津は2013年に本人名義でからメジャーデビューし、を経由し、本作のリリースをもっての在籍となった。 シングルリリースは「」より約10ヶ月ぶりである。 楽曲は大泉洋主演TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として制作された。 テレビドラマへの楽曲提供は前々作「」以来となったが、楽曲提供に関する情報は、ドラマの放送が開始した直後まで意図的に伏せられていた。 ドラマの第1話のエンディングで初めて楽曲がオンエアされたことで視聴者に対して情報が解禁され、SNSで知ったファンの間で大きな話題となった。 は上映会が開催され、解禁となった。 上映会2日目の朝にYouTubeで公開された。 「ノーサイド・ゲーム」は大泉洋演じる君嶋隼人が社内の権力者への反駁をきっかけに左遷され、社内ラグビー部・アストロズのとして奮闘する様が描かれており、米津は「主人公が逆境の中を進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探った末にこの曲ができた」とコメントしている。 フィジカルは「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」の3形態でリリースされた。 プロモーション・リリース [ ] 本作は、TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌としてドラマの初回放送内で初めて解禁された。 同枠では池井戸潤の小説を原作とする5作「(2013年版)」「」「(2015年版、2018年版)」「」が制作されたが、いずれも主題歌は存在しなかったため、「ノーサイド・ゲーム」で初めて主題歌が使用される事となった。 楽曲解禁後、に楽曲のCDシングルリリースが告知された。 ミュージックビデオ [ ] 本作のミュージックビデオは、「」「」のミュージックビデオ、米津が出演した完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のコマーシャルの映像を手がけたが監督を務めている。 ダンサーの振り付けは「LOSER」「Flamingo」のミュージックビデオや米津のワンマンライブの演出などに携わってきたが担っている。 映像は某所の屋上、のカネホン採石場、同地域内の採石場跡地の地下空間OHYA UNDERGROUNDにて撮影された。 映像は米津が屋上にて、肩を組んだ数十人のダンサーを背景に歌う様から始まる。 楽曲の展開に合わせて撮影箇所は採石場跡などへ移動する。 百人に近い規模まで増加したダンサーの中で、体中を引っ張られながら歌う米津や、天井から吊るされ燃える松明などが印象的である。 公開まで [ ] 本作のミュージックビデオは、2019年9月2日にYouTubeの米津の公式チャンネルへアップロードされた。 また、同日には表参道ヒルズにて開催された「鏡の上映会」では鏡の乱反射や来場者の姿を演出として利用する特殊な環境でミュージックビデオが上映された。 YouTubeへ公開されたミュージックビデオは9月9日時点で1000万回再生を記録した。 には10作品目となる1億回再生を突破した。 ビジュアル・アートワーク [ ] ジャケットワーク [ ] 本作のジャケットワークは米津が自ら手がけている。 米津はミュージシャンと平行してイラストレーターとしても活動しており、これまで自身のジャケットワークの多くを手がけてきた。 自らジャケットの絵を書き下ろしたのは「」以来で、漫画家のが制作した「」以来2作ぶりである。 本作のジャケットは、白色の背景に、曲名にちなんだ鹿角を生やした馬が精微なタッチで描かている。 アートワーク [ ] 楽曲のリリースに先駆けて公開された米津のアートワークは2種類存在し、いずれも写真家の小浪次郎が手がけている。 アートワークは2つの異なる光の中てられる石群が左右に分かれその間に米津が佇むという内容。 ラグビーワールドカップとの関連 [ ] 本作のリリース、本作を主題歌に据えたテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」が放送された2019年には、が初めて日本国内で開催された。 本作はラグビーを題材とするドラマと、この大会の関連から、ラグビーの試合のライブビューイングを実施すると連携した企画を展開した。 ハードロックカフェのライブビューイング対象店では、ワールドカップ期間中、本作のミュージックビデオが上映された。 さらに、ラグビーから着想を得たオリジナルメニューを注文した客に対して「馬と鹿コースター」がプレゼントされた。 評価・チャート [ ] 批評家の反応 [ ] の小池宏和は本作の詩的かつ神秘的な歌詞に着目し、「ノーサイド・ゲーム」の物語が展開するに連れて、歌詞に込められた真意が暴かれていく様子を好意的に捉えている。 同じく蜂須賀ちなみは度重なる転調、複雑なコードやメロディの展開など、少々難解な要素の多い楽曲を大衆的なポップソングへ昇華したと米津の手腕を肯定的に評価している。 チャート成績 [ ] 本作は2019年8月12日に各音楽配信サービスにて配信が開始され、、、他、27に及ぶサイトにてデイリーランキング首位を獲得した。 発表のデイリーデジタルシングルランキングでは64834件のダウンロード数を記録し、1位を記録した。 楽曲は8月26日付けの週間チャートへ初登場し、164798ダウンロードを記録、デジタルシングルチャートで1位、合算シングルチャートで2位へチャートインした。 このデジタルシングルチャートにおいて本作は「LOSER」「Lemon」「Flamingo」「海の幽霊」に次ぎ通算5作目の1位を獲得した楽曲となり、米津はアーティスト別の通算1位獲得数で単独1位となった。 またダウンロード件数はチャート史上歴代3位、2019年単独1位の数値を記録した。 Billboard JAPANでは8月26日付けのチャートで初登場し、で2位、Download Songsで1位にチャートインした。 また、付けの週間シングルランキングでは、初週41. 2万枚を売り上げ初登場2位、Billboard JAPAN Hot 100にはソロアーティスト史上最高ポイントで1位を獲得した。 収録曲 [ ] CD 全作詞・作曲: 、全編曲: 米津玄師。 編曲協力:坂東祐大( 1、 2)。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「馬と鹿」 TBS系テレビドラマ『』主題歌 4:29 2. 「」 劇場アニメ『』主題歌 3:57 3. 「でしょましょ」 2:53• Twitter 2019年7月7日. 2019年7月15日閲覧。 音楽ナタリー natasha. 2019年7月12日. 2019年7月15日閲覧。 エキサイトニュース M-ON! MUSIC. 2019年7月15日. 2019年7月15日閲覧。 リアルサウンド realsound. 2019年9月2日. 2019年9月8日閲覧。 rockinon. 2019年7月26日. 2019年8月25日閲覧。 Reissue Records KENSHI YONEZU. 2019年10月2日. 2019年10月14日閲覧。 音楽ナタリー natalie. 2019年10月2日. 2019年10月14日閲覧。 rocnkin'on holdings. 2019-9-. 2019年9月11日閲覧。 rocnkin'on holdings. 2019-9-. 2019年9月11日閲覧。 nor. 2019年8月12日. 2019年8月13日閲覧。 ORICON NEWS oricon. 2019年8月12日. 2019年8月12日閲覧。 ORICON NEWS oricon. 2019年8月26日. 2019年8月21日閲覧。 ORICON NEWS oricon. 2019年8月26日. 2019年8月21日閲覧。 Qetic. 2019年8月20日. 2019年8月21日閲覧。 Billboard JAPAN Hanshin Contents Link Corporation. 2019年8月26日. 2019年8月21日閲覧。 外部リンク [ ]• ソニーミュージックによる紹介ページ•

次の

米津玄師が「米津米津」してる曲10曲

米津 玄 師 うま と しか 歌詞

画/彩賀ゆう (C)まいじつ ミュージシャン・米津玄師の『パプリカ』が子どもたちを熱狂させている。 同曲は『NHK 2020応援ソングプロジェクト』のために米津が作詞、作曲、プロデュースしたもので、子どもたちが独特の振り付けで踊るMV(ミュージックビデオ)は、現在まで8300万回以上も再生されている。 ネット上では、 《うちの子が狂ったように歌ってる。 米津さんすごい》 《幼稚園児の長男、もはやほぼ完璧に振り付けを覚えてる。 子どもってすごいな》 《なぜか脳内で繰り返される。 小学校でもはやってるそうです》 など、絶賛の声が上がっている。 「あまりにも幼児のテンションが上がるので、子どもにしか聞こえない謎の〝高周波〟が入ってるのでは? とウワサされています(笑)。 同曲は既存の応援ソングとは異なり、歌って踊れることをコンセプトにしていることも子どもウケしている理由の1つでしょう」(音楽誌ライター) ケンカしてる子どもも大人しくなる? 米津は同曲を作るにあたり「いろんな応援ソングを聴いても、すごくいい曲だけど、あそこで歌われてる歌詞を俺は信じられないんですよ。 そういう人間として生まれ育ってしまったんです。 だから、自分はそれとは違う応援ソングを作らなければならない。 そういうデカいものじゃなくていいと思ったんです」とインタビューに答えている。 結果的に既存の枠にとらわれない楽曲は、まさに米津ならではと言えるだろう。 「ウチの子が甥っ子がパプリカにハマってる」という話を最近とにかくよく聞くようになった。 楽しそうに歌って踊ってる姿を動画で見せてもらったりするんだけど、そのたびにああこの曲作れてよかったなと思う。 未就学児がほぼ全員知っている曲の代表と言えばDA PUMPの『U. 』が挙げられますが、同曲は大人にもヒットしました。 しかし、パプリカの場合は、大人からの認知度は低いんです。 ヘビーローテしているのはほとんどが子どもで、大人は子どもにせがまれてユーチューブを再生している母親くらいしか知らないんじゃないでしょうか。 最近では『子どもの兄妹ケンカ時にパプリカを流すとおとなしくなる』とネット上で話題になり、お母さんたちの間でかなり重宝されているようですよ」(同・ライター) 大人だけでなく子どもまであっさりと熱狂させてしまうとは、まさに〝米津マジック〟と言うしかないだろう。

次の