相手側のトーク履歴を消す方法。 LINEのトークルーム削除で相手側の見え方や通知はどうなる?復元方法も!

LINEトークを削除すると相手の画面はどうなるの?|LINEの使い方まとめ総合ガイド

相手側のトーク履歴を消す方法

しかし それだけでは「相手の友達一覧」には自分が残ったままになってしまう場合があります。 この事によって何が困るのか?と言うと、代表的なところで言えば 「ひとこと(ステータスメッセージ)」と 「ゲームのランキング」です。 この2つは、相手からの一方的な友だち登録でも相手に表示されてしまいます。 ですから、一旦友だちになった(一方的にされた場合でも)場合は、こちらがブロックなどの対応をしても、「ひとこと(ステータスメッセージ)」と「ゲームのランキング」には自分が表示されたままになるのです。 残念ながら今のところ、 「相手の友達一覧から自分を消す方法」というのは存在しません。 相手に一旦友だち登録をされてしまったら、相手がブロックや削除をしない限りはずっと相手の友だち一覧には自分が表示され続けます。 一部には 「削除なら相手の友だち一覧から自分を消せる」と言う噂もありますが、残念ながら間違いです。 相手を削除しても相手の友だち一覧から自分は消えません・・・。 相手の友だち一覧は、こちらが関与できないゾーンなのです。 これには、ブロックなどをしたことが相手に伝わらないように、という配慮もあると思われます。 自分が相手の友達一覧から急に消えてしまったら、相手が「あれ?ブロックされた?」と勘付いてしまいますからね。 LINEで相手の友達一覧から自分を消す方法は? ただし、 1つだけ「相手の友だち一覧から自分を消す方法」が存在します。 それは 「自分のアカウントを削除する」という事。 存在しないLINEアカウントは友だちとして存在できない為、相手の友だち一覧から姿を消す事が出来ます ただしLINEアカウントを削除せずにスマホを解約するなどすると、アカウントが残っているので友だち一覧からは消えません! 削除されたアカウントとのとトークは相手のスマホに残りますが、トークのタイトルには「 メンバーがいません」と表示されます。 トークを開くと、誰が「メンバーがいません」と表示されているのかは分かりますが、友だちの一覧からは消えています。 その後、 その相手の連絡先をLINEに連係させないなど気を付ければ、アカウントを再び作成した際にも友だちになる事を防げます。 アカウントの削除・・・というのはかなり思い切った手段ですが、相手の友だち一覧から自分を消したい!とどうしても思うのであれば、方法はそれしかありません。

次の

LINEでグループ内のトークは削除できる?相手の履歴からは消えない?

相手側のトーク履歴を消す方法

:自分だけのトークルームからメッセージを消す機能• :相手側のトークルームからもメッセージを消去して「なかったこと」にできる機能 それぞれの「削除」について解説していきます。 削除:自分のトークルーム内でのみメッセージを削除できる メッセージの「削除」は、自分のトークルーム内からメッセージを削除する機能です。 煩わしいメッセージや、自分の画面上に残っていては困るメッセージなどを消すのに重宝するでしょう。 ただし、相手のトークルームからメッセージは削除されません。 画像はiOS版LINE。 PC版LINE PC版LINEでは、該当メッセージでメニューを表示させ(Windowsでは右クリック、Macでは[control]+クリック)、[削除]をクリックしてください。 送信取り消し:相手のトークルームからもメッセージを削除できる 「送信取り消し」は、相手側のトークルームからも個別にメッセージを削除できる便利な機能です。 未読・既読に関係なく利用できますが、 送信後24時間を経過したメッセージは送信取消できないため注意してください。 次の画面でもう一度[送信取消]すれば、完全に自分と相手のトークルームから該当のメッセージが削除されます。 送信取り消し前に確認メッセージが表示されるように、万が一相手がバージョン7. 1以前のLINEアプリを使っている場合、相手のトークルームからメッセージは消えませんが、バージョン7. 1は約2年前のリリースなので、相手がこのバージョン以下である確率はかなり低いといえるでしょう。 PC版LINEでトークルーム(履歴)を個別削除する 削除したいトークルームにカーソルを合わせ、Windowsでは右クリック、Macではcontrol+クリックし、[トークを削除](削除)を選択します。 次の表示で[OK]を選択すれば、トークルームの削除が完了します。 【その3】トーク履歴をすべて削除する方法 LINEでは、すべてのトーク履歴をまとめて削除する方法も用意されています。 あまり使う機会はないでしょうが、 トーク履歴を削除してしまうと、バックアップを取っていないトーク履歴は復元できなくなります。 PC版LINEでトーク履歴を全削除する メニューボタン[ ]から[設定]を選択します。 次に[トーク]をクリックしてください。 「すべてのトーク履歴」の項目で[削除]をクリックします。 最後にもう一度確認画面が表示されるので、[削除]を選択すればトーク履歴の全削除が完了します。 編集部で検証したところ、この方法で削除できるのはPC版LINEのトーク履歴に限られるようです(2019年11月時点)。 この結果に基づけば、 PC版LINEでトーク履歴を削除しても、同じアカウントでログインしているiOS版/Android版LINEのトーク履歴は削除されない、つまり端末間で削除が同期されないということになります(ただし、仕様変更などで同期される可能性もあるので注意してください)。 【その4】トークの検索履歴を削除する方法 LINEのトークには、トークルーム内のメッセージを検索できる機能があります。 このトークを検索したときの履歴を削除する方法を解説します。 今後、トークの検索履歴を残したくない場合は、検索画面の一番下にある[自動保存をオフ]をタップし設定しておくといいでしょう。 PC版LINEではトーク検索履歴を削除できない PC版LINEのトーク画面にも検索欄は存在します。 しかし、検索履歴が表示される場所はありません。 すなわち、PC版LINEではトーク検索履歴を削除することはできません。

次の

LINEでトークを削除する方法 全まとめ──メッセージ/トークルーム/トーク全履歴/トーク検索履歴の消し方と注意点

相手側のトーク履歴を消す方法

DM(ダイレクトメッセージ)を削除する方法 インスタのDMを削除する方法は2通り存在します。 メッセージを削除して送信を取り消す方法 スレッド内のメッセージを個別に削除したい場合は削除したいメッセージを長押しして「送信を取り消し」をタップしてください。 「メッセージの送信を取り消しますか?」という確認が表示されたら「送信を取り消し」をタップします。 これでスレッド内の特定のメッセージを削除することができます。 スレッドごと削除する方法 スレッド内のメッセージをまとめて削除したい場合は対象のスレッドを左向きにスワイプし「削除」をタップしてください。 上記はiPhone版のインスタのやり方になりますので、Android版をお使いの場合は対象のスレッドを長押しして「削除」をタップしてください。 これで相手から送られてきたメッセージも含めスレッド内の全てのメッセージを削除することができます。 DMを削除したら相手側も消える? 上記でDMを削除する方法を2通りご紹介いたしましたが、どちらの方法で削除するかによって結果が異なってきます。 メッセージを削除して送信を取り消した場合 スレッド内のメッセージを個別に削除して送信を取り消した場合は相手側の画面からも消えます。 これは相手がメッセージを既読していても未読であってもです。 以上をまとめると相手がロック画面や通知センター、バナーの通知でメッセージを確認する前に送信を取り消すことができたらメッセージの内容を一切知られずに済みます。 ただメッセージを取り消した事実は確実にバレてしまいます。 スレッドごと削除した場合 スレッドごとまとめて削除しても相手側の画面からメッセージは削除されません。 スレッドの削除はInstagram Direct内の整理にはなりますが、相手側にメッセージは残り続けるので、相手側の画面からも消したい場合は個別でメッセージを削除して送信の取り消しを行う必要があります。 削除後の通知 スレッドごと削除しても相手に通知は届きません。 こちらが送信したメッセージも削除されないので、相手が未読の場合は引き続きInstagram Direct(紙飛行機マーク)に数字が表示されますし、ロック画面や通知センターにも通知は表示されたままになります。 DMの削除に関する注意点 アカウントを削除してもメッセージは消えない インスタはアカウントを削除することで、これまでに投稿した写真や動画も同時に消すことができますが、相手に送信したメッセージまでは消すことができません。 相手側の画面に表示される名前はインスタグラマーに変わるのですが、メッセージの内容によっては誰だかすぐに分かってしまいます。 削除したメッセージは復元できない スレッドごと削除したメッセージは相手の画面には残ったままですが、こちら側で復元することはできません。 こちらが送信したメッセージだけではなく相手から受け取ったメッセージも復元できないので注意しましょう。 送信の取り消しを行ったメッセージも同じように復元できません。 送信の取り消しは相手側の画面からも消えるので、スクショでも撮っていない限りどういったメッセージを送ったのか相手に確認を取ることもできません。 送信の取り消しは何らかの事情があって行うわけなので、好都合な部分もありますが、取り消し前のメッセージを相手が見ていた場合、復元できないことであらぬ誤解が生じる場合もあります。

次の