清水 ともみ。 清水友美

マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~に反響の声

清水 ともみ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2019年11月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2019年11月)• 他の記事から全く、 しています。 ( 2019年11月) 清水友美(しみず ともみ)は、音楽、即興ダンス、演劇を中心に、種々の分野を活動の場とするアーティスト。 いずれカンパニーを組織し、様々なジャンルの人たちによる総合的なパフォーマンスを作り上げるという目標を持っている。 様々なジャンルのクリエイター集団Honey Cue、フリーフォーム・インプロヴィゼーション・プロジェクトunit-Cue主宰。 市民団体・湘南SHOW点、湘南市民ワークショップ代表。 人物 [ ] ピアニストとして近現代作品を主なレパートリとし、身体や声による表現を伴う楽曲の演奏にも取り組む。 ピアノ教室主宰。 ギタリスト・林潤とのオリジナルPOPユニットfoolish fishではボーカリストを務め、曲や会場によりピアノ、キーボード、も受け持つ。 オリジナルソング、演劇やダンス公演のための音楽等、作曲も行う。 ダンサーとして即興イベントでパフォーマンス。 役者として市民劇団の公演に出演。 地元や隣接するにゆかりのある愛唱歌、芸能、作曲家、演劇人に関する認識を広め、をアートで盛り上げる活動にも尽力。 インターネットテレビ、コミュニティFMのパーソナリティも務める。 主な経歴 [ ] 受賞歴 [ ]• 1998年、第6回ヤングアーチストピアノコンクールFグループ銀賞• 第6回JILA音楽コンクール第3位• 2001年、オーディションにて翌年第5回新しい世代の芸術祭で作品を演奏するピアニストに選出• 2004年、foolish fishとして第2回茅ヶ崎エメロード音楽祭優勝• 10月10日、藤沢市に生まれる。 程なく転居した茅ヶ崎市で以後は暮らす。 茅ヶ崎松若幼稚園、、、、ピアノ科卒業。 (在籍時の校名非公開)のディプロマコースを修了、次いで音楽研究室員を務めた。 幼稚園児時代に始めた最初の習い事であるピアノと平行して、小学生時代より暫くの間、モダンバレエ、絵画・デッサン、書道、水泳も習う。 小学校では演劇、中学校ではダンスと美術のクラブに入る。 高校生時代は人物画のサークルに通う。 大学でダンスのサークルに入った他、この時期ロックバンドにも加わった。 主なアルバイト経験は絵のモデルと塾講師。 1998年12月26日、第6回ヤングアーチストピアノコンクール受賞者によるコンサート出演• 2002年1月26日、「新しい世代」デビュー・コンサート~清水友美ピアノ・リサイタル~• 2005年7月20日、mixi日記開始• 2005年8月26日、NHKのスタジオにてラジオドラマ付随音楽収録参加• 2005年12月3・4日、第4回デジタルコンテンツフェスタ横浜出演(ピアノ、ダンス、手へのライブペインティング描かれ役担当。 以下、受け持ちを示す括弧書きにおいて「担当」の語は省略)、高木砂代子(テルミン)、フジイミツグ(ライブペインティング)と共演 2006年~2010年 [ ] 以下、執筆の途中です。 2011年~2015年 [ ] 2016年~2020年 [ ] 作品 [ ] ディスコグラフィ [ ]• 2008年8月20日、2枚組CD『語りもの』(作曲) - 清水友美が「陥没 - 分岐」「浸透 - 浮遊」でピアノを担当 - HEADZ 120• 2010年2月24日、オムニバスCD『Nakara Shinsyu』 - foolish fish「O. Yo-」2010バージョン収録 - TRADEMARK NOTHING RECORDS TMN-002• 2018年9月22日、CDアルバム『五彩の気』 - foolish fish作曲・演奏• 2019年5月25日、CDアルバム『身体音』 - foolish fish作曲・演奏•

次の

その國の名を誰も言わない

清水 ともみ

4月1日 今季の通販のご予約受付を開始いたしました。 3月16日 今季の桃・ぶどう通販、および果物狩りのご予約を4月1日より受付開始予定です。 今しばらくお待ちくださいませ。 2月1日 直売店は2月1日より冬季休業中です。 ご不便をお掛けいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。 11月12日 ご予約受付中です。 10月16日 シャインマスカットを除き、ぶどう完売となりました。 10月9日 の販売を開始いたしました。 10月3日 黄金桃、完売となりました。 9月17日 の販売を再開いたしました。 9月14日 岡山白桃、および岡山白桃のぶどうセットは完売となりました。 9月12日 黄金桃の販売を開始いたしました。 8月7日 マスカット木箱、およびシャインマスカット晴王の販売を終了いたしました。 シャインマスカットは9月中旬より露地栽培のぶどうを販売開始予定です。 7月30日 ピオーネの「誉乃AKASAKA」販売終了となりました。 多数のご注文ありがとうございました。 7月27日 清水白桃(および清水白桃とぶどうのセット)販売終了となりました。 多数のご注文ありがとうございました。 6月20日 岡山白桃と清水白桃に、ご家庭用商品を追加しました。 5月15日 2019年夏秋の桃・ぶどうのご予約受付を開始いたしました。 大変お待たせいたしました。 今季もぜひご利用くださいませ。 ご案内 果物と、果物以外の商品は送料が異なるため同時にご購入いただくことができません。 大変お手数ですが、別々にご注文をお願いいたします。 12月5日 今季の果物販売はすべて終了いたしました。 桃・ぶどうは2019年春頃よりご予約受付を開始する予定です。 12月5日 桃太郎ぶどうの販売を終了いたしました。 9月27日 露地栽培マスカットの販売を終了いたしました。 8月29日 露地栽培マスカット販売開始いたしました。 販売期間は9月末頃までの予定です。 (天候等により変動する場合がございます) 8月4日 桃太郎ぶどうは、10月初旬以降の発送となります。 7月28日 岡山白桃の販売を終了いたしました。 現在、桃太郎ぶどうのみご予約受付中です。 7月27日 ピオーネ、シャインマスカットは完売いたしました。 7月15日 清水白桃および清水白桃を含む詰め合わせ商品は完売いたしました。 7月14日 マスカットおよびマスカットを含む詰め合わせ商品について、今季の販売を終了いたしました。 天候の都合により早期の終了となりましたことをお詫びいたします。 7月2日 完売のため清水白桃、岡山白桃はあと「特級」のみとなりました。 会員情報再登録のお願い ホームページの刷新に伴い、お客様情報を新たにご入力いただく必要がございます。

次の

その國の名を誰も言わない

清水 ともみ

来歴 [ ] で生まれ、4歳から、で、終戦後は(現・)で育つ。 祖父は作家の。 父・村松友吾はの編集者。 母も中央公論社に勤務。 父方のおじに脚本家の、教育評論家の、中国文学者の()がいる。 父・友吾は中央公論社を退社した後、妻とともにに移住し「上海毎日新聞」の記者となっていたが、友視の生まれる前に腸チフスで他界。 祖父梢風は若い未亡人の将来を案じて再婚を薦め、生まれた友視を梢風自身の五男として入籍する。 だが梢風は戦後疎開先から戻ると鎌倉で愛人と暮らし、清水で祖母(梢風の妻)一人に育てられる。 少年時代から熱狂的なファンとして育つ。 を経て慶應義塾大学文学部哲学科を卒業。 大学時代はテレビ局でアルバイトをしていたため、そのままテレビ局に入社する予定でいたが、入社試験に失敗。 その後、何社ものマスコミを受験するが合格せず、祖父、父の縁があるの社長に依頼して、既に締め切っていた中央公論社の試験を受けて入社。 入社後は『』、『婦人公論』の編集者として働く。 『婦人公論』時代には下のを取材した他、編集者としてのサロンに出入りしていた。 また叔父の教え子で『』編集者時代に伊丹の担当者だったと知り合い、彼の薦めで雑誌「デザイン」等にコラムを執筆した。 しかし同人雑誌や文芸クラブなどに所属したことも一切なかったので、作家になろうとはまだ思っておらず、仕事を通じてかろうじて文学と縁をもったという印象だったという。 1969年に文芸誌『』創刊準備のため、新雑誌研究部というセクションに異動。 創刊後はそのまま編集部員となった。 途中入社して『海』に参加したと同僚として交際した。 『海』時代は「既成の作家の中にもすごい人はいるけれど、文壇外の作家を探し出すのが僕の本当の役目だという強い意識」があったという村松は、海外文学は安原にまかせ、当時クローズアップされていた「」の主宰者の戯曲を編集長の反対を押し切って掲載 するなど日本の「既成文壇外」の作家を発掘し、らに高く評価されるなど名編集者ぶりを発揮した。 『富士』、『夢かたり』、『』、『生家へ』、『』 などを担当している。 またやの担当編集者でもあった。 編集者として働く一方で、自分の祖父が作家だったという自負から次第に作家への志を持つようになり、文芸雑誌の新人賞に何度も応募するが落選を繰り返す。 だがに才能を認められ、「吉野英生」 名義で、後藤が責任編集の一人である雑誌『文体』(平凡社)に「変装のあと」 を発表。 この作品が福武書店の編集者のの目にとまり、雑誌『作品』に「オペラグラス」「悲劇のように」を発表。 しかし文壇への本格的なデビューは思わぬことから果たされる。 にの編集者が、にプロレスのエッセー執筆を依頼。 しかし糸井は自分の知っているプロレスフリークの編集者の方が面白い、と村松を紹介した。 編集者から話を聞いた村松は気楽な気持ちで執筆、更に会社の人間は読まないだろうと先述のペンネームを使わず本名で『私、の味方です』を出版。 本人の予想外のとなり、続編『当然プロレスの味方です』も執筆することになった。 続けて『』の編集者の勧めでに発表した「セミ・ファイナル」と「」が、相次いで候補となる。 文壇デビュー以来漠然と考えていた専業作家への転向を決意して退職。 直後のに『』で第87回直木賞を受賞。 この作品は映画化もされて話題となった。 以降は風俗小説や、時代小説などを多数発表。 自身とかかわりのあった人物についての評伝的作品も多い。 また『夢の始末書』や『鎌倉のおばさん』(受賞)、『上海ララバイ』のような自伝的な作品もある。 にテレビ放映されたのにも出演し、「 ワンフィンガーでやるも良し。 ツーフィンガーでやるも良し。 以降、多数のテレビ番組にも出演している。 人物 [ ] 編集者時代は「武闘派」の人物であったようで、村松本人も安原顯の死後に発表した『ヤスケンの海』の中で、先述の『海』編集長との対立以外にも、中途採用された安原が「大学中退」の学歴を黙っていたことで総務部から苦情を言われると、総務部に怒鳴りこんだなどのエピソードを明らかにしている。 また村松が『海』に起用し、その後エッセイストとして活躍するは『昭和出版残侠伝』で、編集者時代の村松について「こんなに喧嘩っ早い編集者は見たことがない。 」と描写している。 熱狂的プロレスファンである以外には、猫好きで愛猫アブサンについての本を何冊も刊行している。 またジャズを好み「ベーシーの客」などの著書もあるほか、などとも交友があり、を全国規模の有名人にした。 エピソード [ ]• 両親は二人とも他界したという周りの説明を信じ込んでいたが、中学3年の時に初めて母親が生きており、親戚のおばさんとして何度も会っていたことを知る。 ただそれを教えてくれたのは育ての親である祖母ではなく梢風の愛人だった。 それ以降漠然とした不安感を抱え、更に大学に入ると祖母がよそよそしくなったことで、大学卒業まで何事にも真摯になれないまま過ごしていたと回想している。 『海』時代はの担当編集者でもあったために行動を共にする事が多く 、吉行伝説の語り部の一人でもある。 まだ吉行と親しくなる前にから「あなたは吉行淳之介に似ているねえ」と言われたという。 唐十郎は後に「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞するが、そのきっかけは村松が小説執筆を勧めたことにある。 また「」が戒厳令下ので公演を行う際、「担当作家と同行する仕事」という名目で同行した。 唐も村松の直木賞受賞に駆けつけている。 また唐との交友から「状況劇場」のポスターを描いていたと知り合い、彼の紹介で、、を知り、毎月末には彼等と村松家で「ムラマツ宴会」なる集まりを行うようになった。 この宴会にはやが顔を出すこともあった。 この集まりは村松の文壇デビューのきっかけになったほか、村松は唐の示唆で赤瀬川に小説を書くよう薦め、彼が名義で純文学を執筆するきっかけも作っている。 『私、プロレスの味方です』がベストセラーになった直後、『』を創刊したばかりのから執筆依頼がくるが、『本の雑誌』を読んでいた村松は逆に椎名に小説執筆を依頼。 椎名の初めての小説「ラジャダムナン・キック」を『海』に掲載する。 当時の二人はまだ専業作家ではなかったため、喫茶店で会ってはテーブルの下で原稿を交換していた。 とも交際があり、ファンクラブ向けの新聞「おもだかニュース」の編集を手伝っていた。 文学部国文科にはという静岡県出身の教授がおり、しばしば村松友視と間違えられることを冗談にしている。 のベイシーの主人・とは深い親交があり仲人もつとめ、『「ベーシー」の客』という作品を発表している。 なお、この店があったため、晩年のは一関市に引越しした。 執筆のペースをつかむために机の上にハカリを置いて原稿の重さを確かめていた。 著書 [ ]• 『私、プロレスの味方です 金曜午後八時の論理』 1980 のち、(合本)• 『当然プロレスの味方です 過激な生存の哲学』情報センター出版局 1980 のち角川文庫• 『ダーティ・ヒロイズム宣言 プロレスの味方、「悪役」を語りき』情報センター出版局 1981 のち角川文庫• 『最後のベビー・フェイス』 1981 のち文庫• 『悲劇のように』 1981 のち文庫• 『デスマッチ風男と女のショート・ショート丼』現代史出版会 1982 のち徳間文庫• 『』角川書店 1982(文庫化にあたり、『時代屋の女房・』に改題)• 『ファイター 評伝』情報センター出版局 1982• 『村松友視のプロレス塾』現代史出版会 1982 のち• 『七人のトーゴー』 1982 のち文庫• 『薄暮の尋ね人』徳間書店 1982 のち文庫• 『サイゴン・ティをもう一杯』 1982 のち文庫• 『男はみんなプロレスラー』 1982 のち• 『三五郎ララバイ』角川書店 1982 のち文庫• 『熱血! 清水みなと』 1983• 『私は、プロフェッショナル』編著、 1983 「俺はプロフェッショナル」天山文庫• 『続・時代屋の女房』角川書店 1983 「時代屋の女房2」文庫• 『必殺野球固め』現代史出版会 1983• 『のテーマ kabuki novel』情報センター出版局 1983• 『こんな男に会ったかい 男稼業・私の選んだベスト9 村松友視対談集』 1984• 、、、、、、、、 [ ]• 『夜のグラフィティ』 1984 のち文庫• 『上海ララバイ』文藝春秋 1984 のち文庫• 『風の街夢あるき』徳間書店 1984 のち文庫• 『夢の始末書』角川書店 1984 のち文庫、ちくま文庫• 『反則すれすれ夢芝居』講談社 1984• 『人は奇妙なり』 1984• 『野郎どもと女たち』 1984 のち集英社文庫• 『陽炎たち』サンケイノベルス 1984• 『風を追う への旅』PHP研究所 1985 のち文庫、朝日文芸文庫• 『坊主めくり』徳間書店 1985 のち文庫• 『メロドラマ』講談社 1985 のち文庫• 『気分はリバイバル 12のポップス・12の短篇』文藝春秋 1985• 『盗まれたウェディング・ベル』 1986 のち文庫• 『炎のカルテット』角川書店 1986 のち文庫• 『恋わずらひ』 1986 のち• 『薔薇のつぼみ 宰相・の孫娘』(山本満喜子)集英社文庫 1986 実在の海猫屋• 『海猫屋の客』 1986 のち文庫• 『旅を道づれ チェーン・トラベラー』 1986• 『時代屋の女房 怪談篇』角川書店 1986 のち文庫• 『屋台よ! 全国名物屋台はしご歩き』日本交通公社出版事業局 1986• 『夕陽炎々』中央公論社 1987 のち文庫• 『小説の如く奇なり』講談社 1987 のち文庫• 『酒場横丁の人々』 1987• 『作家装い』文藝春秋 1987• 『の星』中央公論社 1988• 『なみだ壷』新潮社 1988 のち文庫• 『いい女、演ってますか』角川文庫 1988• 『文化を考えるヒント』出版事業部 1988• 『御先祖サマは偉かった われ、史上最高の日本シリーズを見たり』 1988• 『コロスの所作』朝日新聞社 1989• 『ティナのおばあちゃん』新潮社 1989• 『灰左様なら』講談社 1989 のち文庫• 『巴川』中央公論社 1989 のち文庫• 『黄昏のムービー・パレス』写真 1989• 『我が名は』(物語の王国)1989• 『レオナルドの報告書』徳間書店 1989 のち文庫• 『巷の』実業之日本社 1990• 『こだわり万華鏡』PHP研究所 1990• 『村松友視のサミング・アップ 作家自身が編集する本』文園社 1990• 『市場の朝ごはん』平凡社 1992 のち• 『』 1992 のち小池書院道草文庫• 『恋愛の十二章 人を愛するとはどういうことか』 1992• 『カミュの客人』 1992 のち文庫• 『風ものがたり』 1993• 『サイゴン・ブルー』中央公論社 1993• 『ものがたり』 1993• 『悪役のふるさと』講談社 1993 のち人物文庫• 『芝居せんべい』文藝春秋 1993• 『できごころ 男と女の歳時記』実業之日本社 1993• 『小説カミさんの悪口』 1993• 『の夢』講談社 1993• 『じり貧の思想』 1994• 『百合子さんは何色 への旅』筑摩書房 1994 のち文庫• 『桃のシャンパン 女の物語』河出書房新社 1994• 『ワインの涙 男の物語』河出書房新社 1994• 『同僚の悪口』毎日新聞社 1995• 『オペラグラス』 1995 のち文庫• 『ダンサー』文藝春秋 1995• 『港ものがたり』実業之日本社 1995• 『アブサン物語』河出書房新社 1995 のち文庫• 『マダムの憂鬱』中央公論社 1996• 『流氷まで』文藝春秋 1996• 『夢見そば』 1996• 『帰ってきたアブサン』河出書房新社 1996 のち文庫• 『夢の通い路 七つの都市の物語』幻冬舎 1996• 『ヴィンテージ 酒の物語』河出書房新社 1996• 『再会セッション 街の物語』河出書房新社 1996• 『モームの部屋 旅の物語』河出書房新社 1997• 『激しい夢』読売新聞社 1997• 『、ざんす』毎日新聞社 1997 のち幻冬舎アウトロー文庫• 『鎌倉のおばさん』新潮社 1997 のち文庫• 『マカオの男』角川書店 1997• 『酒の上の話』 1998• 『ある詐欺師の風景』河出書房新社 1998• 『「ベーシー」の客』 1998• 『悪友の条件』講談社 1998• 『人間蒸発』廣済堂文庫 1998• 『食べる屁理屈』廣済堂出版 1998 のち• 『情事』実業之日本社 1999• 『損得感情 ちびりちびりの贅沢』 1999• 『だけん、人はいいだよ。 駿河ピープル物語』 1999• 『騙す人びと』河出書房新社 1999• 『俵屋の不思議』写真 世界文化社 1999 のち• 『奇天烈な店』小学館 1999 のち文庫• 『アブサンの置土産』河出書房新社 2000 のち文庫• 『がいた』朝日新聞社 2000 のち文庫• 『怪しい顕微鏡』青春出版社 2000• 『』河出書房新社 2001 のち文庫- の伝記小説• 『「」あそび』21 2001• 『鰻の瞬き』小学館 2001• 『河童の屁』 2001• 『ある作家の日常』河出書房新社 2002• 『贋日記』河出書房新社 2002• 『黄昏のダンディズム』 2002• 『好み』 2002 のち集英社文庫• 『の海』幻冬舎 2003 のち文庫• 『骨董通り0番地』潮出版社 2003• 『今平犯科帳 とは何者』日本放送出版協会 2003• 『永仁の壺』新潮社 2004• 『村松友視自選作品集』アーツアンドクラフツ 2004• 『そして、』世界文化社 2005• 『ライバルを探せ! 対立構造のすすめ』日本放送出版協会・生活人新書 2005• 『のマッチ箱』河出書房新社 2005 のち文庫• 『ネコのダイエット』河出書房新社 2006• 『男と女』毎日新聞社 2007• 『流 やわらかい約束』河出書房新社 2007 のち文庫• 『武蔵野倶楽部』文藝春秋 2007• 『文士の酒編集者の酒』ランダムハウス講談社 2008• 『遊びをせんとや』ランダムハウス講談社文庫、2008• 『おんなの色気おとこの色気』ランダムハウス講談社文庫 2008• 『奇天烈食道楽』河出書房新社 2008 『私、丼ものの味方です』河出文庫• 『豆腐のトバ口鰹の面取り』ランダムハウス講談社文庫 2008• 『猫に学ぶ老人術』ランダムハウス講談社文庫 2008• 『七割の憂鬱 とは何か』小学館 2009• 『清水みなとの名物は わが心の劇団ポートシミズ』白水社 2009• 『時のものがたり』 2009• 『雷蔵の色』河出書房新社 2009• 『大人の達人』潮出版社 2010• 『ギターとたくあん 流不良の粋脈』 2010• 『の不思議』 2010 のち• 『銀座の喫茶店ものがたり』白水社 2011 のち文春文庫• 『野良猫ケンさん』河出書房新社 2011 のち文庫• 『残月あそび』河出書房新社 2012• 『裕さんの女房 もうひとりの』青志社 2012• 『悪口のすゝめ』日本経済新聞出版社 2012• 『きものの不思議』撮影 2013• 『極上の流転 への旅』 2013 のち文庫• 『猫踏んぢゃった俳句』 2014. 『金沢の不思議』中央公論新社 2015• 『老人の極意』河出書房新社 2015• 『大人の極意』河出書房新社 2016• 『流』文藝春秋 2016 共編著・編著 [ ]• 『四角いジャングル・ブック』共著 冬樹社 1982• 『 シナリオ』共著 角川文庫 1983• 『私、小市民の味方です』共著 新潮社 1984 のち文庫• 『血が酩酊するとき 講義』対談 朝日出版社 1985• 『上海酔眼』共著 講談社文庫 1985• 『上海読本』日本ペンクラブ編(選)福武文庫 1988• 『アジア幻想 を旅する』管洋志共著 講談社 1989• 『新潮古典文学アルバム 』共著 新潮社 1990• 『昭和生活文化年代記(クロニクル)4 40年代』編 TOTO出版 1991• 原作『少年少女古典文学館 』講談社 1992• 『日本の名随筆 別巻 36 恋文』編 作品社 1994• 『村松友視からはじまる借金の輪』共著 角川文庫 1996• 漫画「ねりわさび」• 『痛快世界の冒険文学 』絵 講談社 1998• 『ネコ族の夜咄』、共著 清流出版 1999• 『明治の文学 』編 筑摩書房 2001• 村松梢風原作『男装の麗人』恒文社21 2002 - を描いた梢風の小説のリライト• 『残影』共著、神長文夫写真 日本放送出版協会 2003• 『愛するあなたへの悪口』「愛するあなたへの悪口コンテスト」実行委員会共編 毎日新聞社 2008 映画 [ ]• ザ・ 1983年 製作• 1983年 原作• 時代屋の女房2 1985年 原作• 1988年 出演• メロドラマ 1988年 原作 テレビドラマ [ ]• 清水みなとストーリー(1986年)原作(脚本:)• (1993年)原作• 東芝日曜劇場 (1995年)原作• 時代屋の女房(2006年)原作• (2008年)原作 テレビ出演 [ ]• のおいしい博物誌(1989年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「示」の右に「見」、:「 視」。 「 視」の字に代用される場合あり。 そのため、戸籍上は上記の父方のおじたちと兄弟である。 その事情を知らないなどは担当編集者だった村松について「彼は梢風の妾の子だ。 かわいそうに」と同情していたという。 が『海』4代目編集長となると編集部一同で、未亡人となった武田百合子邸を月1度訪問するのが恒例となった。 また色川武大と二人で「武田百合子に小説を書かせる会」を結成した。 自分の尊敬する4人の作家、吉行淳之介、野坂昭如、唐十郎の本名・大靏義英、後藤明生から1文字ずつもらったペンネームだった。 この小説の元原稿には「プロレスの試合の場面」が40枚も書かれていたが、後藤の示唆で削除した。 ただし「吉行番」の先輩編集者が多く、なかなか担当編集者になることができなかった。 奇遇にも、吉行は若い頃に「永井龍男に似ている」と言われたことがあるという。 出典 [ ]• 『私の父、私の母』、1994年、197-201頁• 『昭和出版残侠伝』より• 「」『産経ニュース』2016年8月16日付• 「」『産経ニュース』2016年8月17日付• 「」『産経ニュース』2016年8月17日付• 村松著の『ヤスケンの海』によれば、編集長との対立はしばしばで異動願いを出したこともある。 そのため中央公論社は万が一のために、村松の穴埋め要員を探し、最終的に採用したのが先述の安原だった。 「」『産経ニュース』2016年8月17日付• 「」『産経ニュース』2016年8月15日付• は1988年に刊行した自著 [ ]の中で『私味方です』を名著としている。 「」『産経ニュース』2016年8月16日付• 「」『椎名誠 旅する文学館』• 第685回、1989年4月15日放送分の3問目より [ ] 参考文献 [ ]• 『』 この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。 第24回 「長恨歌」「真説石川五右衛門」• 第25回 「英語屋さん」「颱風さん」「御苦労さん」• 第27回 「罪な女」他• 第28回 「叛乱」• 第29回 該当作品なし• 第30回 該当作品なし• 第31回 『終身未決囚』• 第33回 該当作品なし• 第37回 『ルソンの谷間』• 第38回 該当作品なし• 第43回 「錯乱」• 第45回 「」• 第46回 「螢の河」• 第47回 『天才と狂人の間』• 第49回 『女のいくさ』• 第51回 該当作品なし• 第53回 「虹」• 第55回 「白い罌粟」• 第56回 「」• 第57回 『追いつめる』• 第59回 該当作品なし• 第61回 『戦いすんで日が暮れて』• 第62回 該当作品なし 1970年代• 第64回 『長良川』• 第65回 該当作品なし• 第66回 該当作品なし• 第68回 該当作品なし• 第70回 該当作品なし• 第71回 「鬼の詩」• 第73回 該当作品なし• 第74回 『』• 第75回 該当作品なし• 第76回 『』• 第77回 該当作品なし• 第78回 該当作品なし• 第82回 該当作品なし• 第84回 『元首の謀叛』• 第85回 『』• 第88回 該当作品なし• 第89回 『』• 第92回 該当作品なし• 第93回 「演歌の虫」「老梅」• 第95回 『恋紅』• 第98回 『それぞれの終楽章』• 第103回 『蔭桔梗』• 第104回 『漂泊者のアリア』• 第107回 『受け月』• 第108回 『佃島ふたり書房』• 第112回 該当作品なし• 第113回 『白球残映』• 第115回 『』• 第116回 『山妣』• 第118回 該当作品なし• 第119回 『』• 第120回 『』• 第122回 『』• 第125回 『愛の領分』• 第127回 『生きる』• 第128回 該当作品なし• 第132回 『』• 第133回 『花まんま』• 第134回 『』• 第136回 該当作品なし• 第137回 『』• 第138回 『』• 第139回 『切羽へ』• 第141回 『』•

次の