シャンプー パラベン。 シャンプーのパラベンって悪いもの?防腐剤の役割と必要性

【シャンプーにパラベンは不要?】パラベンフリーの嘘とほんと

シャンプー パラベン

パラベンとは一般的なシャンプーに入っている防腐剤です 化学成分「パラベン」とは何か 「パラベン」とは多くの商品に防腐剤として使用されています。 厚生労働省(以前は厚生省)がこの成分を使うとアレルギー症状を引き起こしやすいという事で、使用した場合は必ず表示しなくてはいけない義務があったのです。 このような化学成分のことを「旧指定表示成分」といいます。 旧指定表示成分というものはこのパラベンを含んで100種類くらいありました。 現在は、原材料はすべて表示しなくてはいけない事になっているので 商品のラベルをみれば配合されている添加物などもわかるようになっています。 ヘアケア商品にしても化粧品にしても、保存性を高めるためには防腐剤は必ずと言っていいほど添加されています。 たまに防腐剤無添加となっている商品もありますが、同じような働きをする他の成分を使っている場合があります。 なんらかの防腐剤が配合されていないと店頭で売ることは不可能だと思われます。 パラベンは確かにアレルギーを起こす可能性があるようです。 しかしながら長年防腐剤として様々な商品に使われていますし、現在も多くの商品に使われています。 安全性が十分あるからということにもなります。 パラベンは水溶性ですし、お肌のバリア層まで壊して浸透する働きはありません。 ごく少量で持続性のある保存性が得られることがわかっています。 原材料に表示してあると不安に思う人もいるかもしれませんが、ごく少量で効果を発揮している上に毒性は少なく水溶性ということで安全性もしっかり確保できていますよね。 パラベンの髪への危険性 パラベンによってアレルギーを引き起こし、皮膚に異常を感じる人は確かにいるようです。 シャンプー類にも使われている事が多いので、シャンプーによって頭皮の状態が悪くなった場合はパラベンなどのアレルギー症状の可能性もあります。 一般的に合成シャンプーとよばれているものには防腐剤が使われていますから、アレルギー体質の人は使わない方がよいかもしれません。 ただ、どの成分にアレルギー反応しているかまではわからないので慎重に選んでいくことが大事です。 合成シャンプーには必ず合成界面活性剤が使われていますし、それ以外に香料や着色料などさまざまな化学成分が配合されています。 パラベンが悪いのではなく、他の成分かも知れませんし、多数の成分の寄せ集めなのでダメージを受けるのかもしれません。 頭皮が弱っている時は、このようなパラベンなどを含むシャンプーは使用しない方がよいかもしれません。 一時的にお湯だけのシャンプーで頭皮を健康にしてから再び使用してもいいでしょう。 長年の継続使用でどのような状態になるのかは明確にわかっていませんが、これだけ長く多くの商品に使用されているので、通常時はそこまで気にしなくても良いと思います。

次の

パラベン

シャンプー パラベン

読みたいところから読める目次• 1.パラベンのリスクが気になるあなたへ 「パラベンとは?パラベンフリー化粧品のメリットとデメリット!」をお届けします。 パラベンと聞くと、「刺激があって危険では?」と思われる女性も多いのではないでしょうか? 世代やの女性は、刺激の強い成分は避けたいので、そのリスクがある成分を使うのは嫌ですよね。 はたして、パラベンはそんな成分なのでしょうか? パラベンは、食品や化粧品の防腐剤ですが、一時期、その刺激性を問題視する情報が出回りました。 そのため、「パラベンは毒性が強い」「パラベンフリーの化粧品を使わないとお肌が危ない」などの印象を持っている方もいます。 だから、最近のや、などでは避けられることが多い防腐剤です。 しかし、パラベンは80年以上も前から使われる防腐剤で、刺激性は多少あるものの、化粧品に配合される濃度では大きな問題になる成分ではないのです。 この記事では、そんなパラベンの特徴とパラベンフリー化粧品のメリットとデメリットをご紹介します。 また、おすすめのパラベンフリーのエイジングケア化粧品をご紹介します。 「パラベンのはたらきは?どんな作用で防腐効果を発揮するの?」 「なぜ、パラベンが化粧品に必要なの?ないとダメなの?」 「パラベンって種類があるの?その特徴や抗菌効果の違いは?」 「パラベンフリー化粧品って敏感肌に使ってよいの?悪いの?」 「パラベンに刺激を感じる場合はどうすればよいの?ほかのおすすめの防腐剤は?」 などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。 <おすすめのエイジングケア化粧品> ナールスブランドは、主に防腐剤にを使っています。 <パラベンフリーの化粧水なら!> には、キャリーオーバー成分として微量にパラベンが含まれます。 <この記事の大切なポイント>• パラベンは防腐剤の一種で、パラオキシ安息香酸エステルが正式名称です。 長きにわたり、さまざまな化粧品に配合されています。 パラベンは、その有用性と比較して悪いイメージを持つ方がいますが、化粧品に配合される濃度では安全性に大きな問題のない防腐剤です。 ただし、絶対に安全とはいえませんので、敏感肌など刺激に弱い方は注意が必要です。 パラベンには4つの種類があります。 基本的な特性は同じですが、抗菌効果や刺激性などが少し異なります。 パラベンフリー化粧品が、必ずしも防腐剤フリーの化粧品ではありません。 なぜなら、保湿成分に抗菌効果のあるものを配合している場合があり、それに刺激性を感じる可能性があるからです。 パラベン以外でも刺激のある化粧品成分があるので、それらにも注意が必要です。 むしろ、そちらのほうの刺激性が高いこともあります。 2.パラベンとは? 1)パラベンは化粧品の防腐剤の1種 パラベンとは、パラオキシ安息香酸エステルが正式名称の成分です。 パラベンは、化粧品や医薬部外品だけでなく、医薬品や食品などに防腐剤として使用されています。 防腐剤といっても多くの種類がありますが、なかでもパラベンは、広い範囲の微生物に対して抗菌力があり、毒性が低く安全性も高いことから、ポピュラーな成分として幅広い分野で活用されています。 細菌に対して、菌膜破壊、細胞内部タンパク変性および補酵素との拮抗反応によって抗菌力を発揮します。 2)なぜ、化粧品にパラベンなどの防腐剤が必要? 化粧品は、、、、、、などのさまざまな美容成分やが含まれますが、これらは微生物が好む成分です。 だから、開封した後に微生物の対策を取らなければ、手についた雑菌などが化粧品のなかに入った場合など、品質が低下してしまいます。 また、微生物によって、腐敗が進行してしまうと、元の清潔な状態に戻ることはありません。 このため、化粧品の品質を維持するには、抗菌作用によって防腐効果を発揮してくれるパラベンなどの防腐剤が必要なのです。 つまり、防腐剤としてパラベンを配合することで、化粧品を長期的にかつ安全に使用することができるのです。 3)パラベンは安全性が低いの? パラベンは防腐剤として、化粧品に長い間使用されてきました。 安全性が低い防腐剤でないことは、数々の実験で科学的に証明されているにもかかわらず、悪者のように扱われてしまったことがあり、実際以上に悪いイメージを持たれている成分なのです。 その背景には、が1980年に定めた表示指定成分があります。 表示指定成分とは、厚生労働省が人によっては肌トラブルなどが起こる可能性が高いと判断した成分や物質のことです。 当時、表示指定成分に定められた成分は、商品に成分名の表示が義務付けられました。 当時の日本では化粧品の配合成分をすべて記載する決まりはなく、厚生労働省が指定した要注意成分のみを記載していたのです。 現在、から、原則としてすべての成分を表示することになり、当時の「表示指定成分」は、いまでは「旧表示指定成分」と呼ばれています。 だから、いまでもパラベンをはじめ旧表示指定成分は、「なんとなく危険なもの」というイメージが定着してしまったのではないかといわれています。 かつては、パラベンの配合濃度も高く、刺激性への懸念もありましたが、現在では研究が進み安全性や品質が向上するとともに、配合濃度も低下しています。 だから、パラベン配合の化粧品もそれほど刺激性を気にする必要がなくなっているのです。 だから、パラベンを過度に避けることは、とはいえないのです。 4)パラベンパラドックスとは? 「パラベンパラドックス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? パラベンは、ほとんどの方で健康なに塗布したとしても問題はありません。 しかし、や裂傷などに塗布すると、一転してアレルギーを起こすことが増えます。 つまり、パラベンはもとから、リスクが低い方には問題が起こることは少なく、逆にリスクが高い方には問題が起こる可能性が上がることから、「パラベンパラドックス」と呼ばれるようになったのです。 つまりパラベンは、傷がなければアレルギーの心配がほとんどない成分といえます。 加えて、現在の日本では、パラベンの使用量は「化粧品基準」によって上限が1%(100gに対して1. 0g)と決められています。 しかも、市販の化粧品のほとんどは、パラベンの使用量は0. 1~0. 5%程度というのが実際です。 このように、パラベンは、基本的には低い含有量でもほかの防腐剤と比べて優れた効果を発揮し、さらに安全性も高いので、パラベンを忌み嫌う必要はないのです。 5)パラベンとフェノキシエタノールの違い パラベンとともに代表的な防腐剤といえば、フェノキシエタノールです。 こちらは、次のような特徴があります。 パラベンが効きにくい微生物に有効• パラベンより殺菌力が劣る• パラベンよりもアレルギーのリスクが小さい フェノキシエタノールは、最近では食品や化粧品などによく使用されます。 殺菌力が弱いことから、一般的にはパラベンより濃い濃度で配合しなければ効果が得られないことがデメリットです。 フェノキシエタノールは、やパラベンとも組み合わせて配合されることも多い成分です。 パラベンにしてもフェノキシエタノールにしても、やしたや、などの肌状態によっては、刺激になることがあります。 また、場合によっては、つまり、を起こすこともあります。 一方、やの方ではそれほど問題になることはありません。 3.パラベンの種類と特徴 パラベンにはいくつか種類があります。 なかでも代表的なものを、刺激のマイルドな順に4つご紹介しましょう。 この4つの抗菌活性の強さは、ブチル、プロピル、エチル、メチルの順です。 しかし、刺激性や使いやすさの点から、メチル、エチル、プロピル、ブチルの順でよく使われます。 1)メチルパラベン 正式名称は、パラオキシ安息香酸メチルです。 数あるパラベンの種類のなかでも、に溶けやすく一番肌への刺激が少ない成分です。 そのため、化粧品、特にの防腐剤としてよく用いられます。 メチルパラベンそのものの抗菌力はさほど強くないのですが、ほかの種類のパラベンと組み合わせることで抗菌力を上げることが可能です。 2)エチルパラベン 正式名称は、パラオキシ安息香酸エチルです。 エチルパラベンは、広範囲の微生物に対する殺菌力をもっています。 無色の結晶または白色の結晶性粉末状の成分で、油溶性の防腐剤です。 メチルパラベンに次いで汎用されるとともに、セットで配合されている場合が多くあります。 3)プロピルパラベン 正式名称は、パラオキシ安息香酸プロピルです。 プロピルパラベンは、パラヒドロキシ安息香酸とプロパノールからつくられる石油由来のエステルです。 パラベンのなかでは刺激性が高いので注意が必要です。 4)ブチルパラベン 正式名称は、パラオキシ安息香酸ブチルです。 紹介した4種のパラベンのなかで、最も抗菌力が高いブチルパラベン。 無色の結晶または白色の結晶性粉末状であり、水にはほとんど溶けない油溶性の防腐剤です。 ブチルパラベンは、環境ホルモンでないとはいい切れないと考えられています。 パラベンで控えたほうがよい成分としては、ブチルパラベンです。 いまご紹介した4つは、パラベンのなかでもよく使われており、1種類だけ配合されていることもあれば、4種類すべて添加されている場合もあります。 エイジングケアで安心なのは、メチルパラベンとエチルパラベンです。 なお、パラベンの種類としては、イソプロピルパラベン(パラオキシ安息香酸イソプロピル、isopropyl 4-hydroxybenzoate)、イソブチルパラベン(パラオキシ安息香酸イソブチル、isobutyl 4-hydroxybenzoate)やベンジルパラベン(パラオキシ安息香酸ベンジル、benzyl 4-hydroxybenzoate)もありますが、こちらは化粧品の防腐剤として使われることはありません。 4.パラベンが配合される化粧品の種類 さまざまな洗浄剤や化粧品に配合されます。 具体的には、クレンジングオイルやなどの、、、、、、、、やコンディショナーなどのや毛髪ケアのアイテム、、ケアクリーム、ボディケアクリームなどに使われます。 さらにや、ファンデーションなど、のアイテムにも使われます。 ただし、その印象度の問題から最近ではフェノキシエタノールの使用頻度が増えており、パラペンの使用頻度は減っている傾向にあります。 5.パラベンフリー化粧品のメリットとデメリットは? 1)パラベンフリー化粧品とは? パラベンフリー化粧品とは、その名のとおりパラベンを配合していない化粧品の総称です。 つまり、パラベンがです。 ただし、パラベンが入っていない=防腐剤が入っていない、というわけではなく、パラベン以外の防腐剤が使われていることがほとんどです。 化粧品には、期限を記載しない場合は、未開封の状態で3年間以上の保存が可能であるという条件を満たす必要があります。 防腐剤が入っていない場合、この条件を満たすことはほぼ不可能です。 だから、この条件をクリアするためには、何らかの防腐効果のある成分が用いられることになります。 消費期限が記載されていないときは、防腐剤無添加と書いてあっても、実際は防腐剤と同等の防腐効果のある、、などの成分が入っているのでチェックしてみましょう。 もし、防腐剤が完全に入っていないとすれば、未開封で3年間の保存ができない場合がほとんどなので、消費期限が目立つところに記載されています。 2)パラベンフリー化粧品のメリットは? 先にもご紹介したとおり、パラベン=なんとなくからだに悪いものというイメージを持っている人が少なからず存在します。 プロピルパラベンやブチルパラベンには注意が必要ですが、ほかのパラベンは低濃度なら防腐剤のなかでも肌への負担が少ないので、パラベンフリーの化粧品をあえて選ぶことのメリットは少ないといえます。 しかし、人によってはメチルパラベンやエチルパラベンでもお肌にとって刺激となってしまうので、パラベンフリーの化粧品を使うほうがオススメです。 また、パラベンフリー化粧品の場合、パラベンに対してなんとなく危険なものというイメージを持っている人にとっては、心理的な安心感もメリットです。 があり得るので、パラベンフリーの化粧品というだけで安心して使うことができれば、効果が期待できる可能性も否定できません。 3)パラベンフリー化粧品のデメリットは? パラベンフリー化粧品そのものに、デメリットはありません。 ただし、パラベンで何も感じない方が、もしフェノキシエタノールやほかの防腐効果のある成分で刺激を感じるなら、結果的にデメリットとなってしまいます。 つまり、パラベンフリー化粧品でパラベンを避けたことで、ほかの防腐剤の刺激を肌に与えてしまう可能性があることがデメリットになるのです。 もちろん、パラベンとフェノキシエタノールの両方に刺激を感じるなら、パラベンフリーでもフェノキシエタノールフリーであっても同じことです。 逆に、どちらでも大丈夫な方なら、特に問題にはならないのです。 6.パラベンフリーのおすすめの化粧品 ナールスブランドのおすすめのパラベンフリーのエイジングケア化粧品をご紹介します。 ナールスブランドのエイジングケア化粧品はすべてパラベンフリーですが、そのなかから3つを取り上げました。 1)おすすめのパラベンフリーの化粧水 パラベンフリーのは、配合のである「」。 また、です。 さらに、香料・着色料・界面活性剤もです。 ナールスピュアは、 コスメのの口コミでも高評価を得ています。 による、、などが目立たないようにをサポートします。 ナールスゲン以外でも、、であるや、、を配合しています。 やにオススメです。 2)おすすめのパラベンフリーの美容液 おすすめのパラベンフリーの。 ナールスゲンと、6種のヒト型セラミド、、などを配合したです。 など気になるエイジングサインを集中的にケアするとしてにアプローチし、があふれる素肌へと高めます。 ナールスネオは、実はキャリーオーバー成分としてメチルパラベンとプロピルパラベン、フが含まれていますが、これは原料にはじめから配合されているのです。 この場合には、パラベンフリーと名乗ることができるのです。 3)おすすめのパラベンフリーのクレンジングジェル パラベンフリーのおすすめのが、。 である、、、を配合したです。 また、このは、パラベンフリーに加えて、です。 パラベンが乳がん患者の乳房組織から検出されたことがあり、それが学術論文に掲載されました。 Barr, G. Metaxas, C. Harbach, L. Savoy, P. Darbre, J. Appl. Toxicol. 2012. DOI: 10. 1786 また、少ないながらであるエストロゲンに似たはたらきがあります。 そのことから、パラベンが乳がん発症に関連の原因として関与している可能性が懸念されました。 しかし、この研究が健康な女性を対象にした比較調査が行われていないなど、「パラベンが乳がんの原因」とするには問題があるとする見解があります。 つまり、現時点ではパラベンが乳がんの原因というエビデンスが不十分であり、いい切れません。 2)ブチルパラベンの環境ホルモンの可能性は? 環境ホルモンとは、生物の代謝や成長、生殖などに必要なホルモンのはたらきに影響を及ぼす内分泌系を狂わせる物質全般のことです。 ブチルパラベンは、人間ではそのような報告はありませんが、動物実験ではその可能性があるようです。 現時点では、ブチルパラベンが環境ホルモンではないといい切れません。 3)パラベンが経皮毒になるのは本当ですか? これは都市伝説です。 そもそも経皮毒は、学術的に認められた概念ではありません。 パラベンは、皮膚に浸透しますが、体内で分解され、数時間から3日以内に体外に排出されることもわかっています。 このようにパラベンを取り巻く状況としてはネガティブなこともあり、過度に忌み嫌う人も多いのです。 8.エイジングケアの視点から考える化粧品と防腐剤 1)エイジングケアで防腐剤に神経質になる必要はない エイジングケアのためには、肌への刺激をできるだけ少なくすることがポイントとなります。 特にやでは、お肌に優しいものを選びたいものです。 ここまで記事をお読みになった方はおわかりいただけると思いますが、その場合「パラベンフリー化粧品」を選べばよいわけではありません。 なぜなら、パラベンは入っていなくとも、ほかの何かしらの防腐剤や防腐効果のある成分が入っている可能性は高いので、それに刺激を感じてしまうリスクがあるからです。 だから、としては、やみくもにパラベンフリー化粧品だからよいと考えるのではなく、防腐剤やほかの刺激のある成分を確かめて、お肌にとってなるべく負担の少ないものを選ぶことが大切です。 パラベンが、ほかの防腐剤より刺激性が高いわけではないので、パラベンに刺激を感じないなら悪い選択肢ではないのです。 たとえば、フェノキシエタノールも安全性の高い防腐剤です。 アレルギーのリスクもなくよい防腐剤ですが、パラベンより配合濃度が高くなります。 だから、パラベンが大丈夫でもフェノキシエタノールに刺激を感じる方がいます。 そんな場合は、パラベン配合の化粧品を使えばよいのです。 もちろん、多くの方はパラベンでもフェノキシエタノールでも問題ありません。 また、フェノキシエタノールが大丈夫で、パラベンに刺激を感じる場合もあります。 そんな方は、フェノキシエタノール配合の化粧品を使えばよいのです。 防腐剤に関しては、現在は研究が進んでいるので、パラベンまたはフェノキシエタノールを配合した化粧品の安全性はとても高くなっています。 敏感肌などお肌に合わない場合は使用を避けることが必要ですが、パラベンなどを配合した化粧品のほうが、品質維持の点では心配が少ないのです。 つまり、結論としては、エイジングケアで防腐剤に神経質になる必要はないということです。 2)気をつけたい化粧品の保管と使い方 パラベンフリー化粧品でそのほかの防腐剤もフリーであるものの場合は、消費期限に注意して清潔な状態で使用することを心がけましょう。 使用するときに皮膚に付着している雑菌が入って汚染されてしまった場合、腐敗や変色などが起こって、パラベンフリーかつ防腐剤フリーであっても、お肌にとっては危険です。 小ぶりの容量のものをできるだけ早く使い切るなど、使い方を工夫することが大事なポイントとなります。 なお、どんな化粧品にもいえることですが、正しい使い方を行うことがエイジングケアに有効です。 使用する前に、使う予定の化粧品の正しい使い方を確認して、お肌にとって最適の状態で用いるようにしましょう。 正しい使い方をすることで、化粧品の効果を最大限引き出すことができます。 3)パラベンほか化粧品成分をしっかり学ぼう では、化粧品成分を学ぶための書籍を何冊かご紹介しています。 パラベンをはじめ、もっとたくさんの美容成分や化粧品成分をチェックしたい方は、ぜひ、参考にしてください。 9.パラベンより注意したい成分と使い方 エイジングケアを上手に実践するためには、パラベンやほかの防腐剤以上に扱いに気をつけたい成分があります。 もちろん、それらの成分にはメリットもあるので上手な使い方をすればエイジングケアやスキンケアにとってプラスですが、誤った使い方をすればデメリットが大きくなるので注意しましょう。 1)アルコール アルコールは、、、などでよく配合される成分です。 それは、殺菌、収れん、清涼などの効果があるからです。 しかし、刺激性や揮発性があり濃度が高いとになることもあります。 エイジングケアの観点からは、高濃度のものは控えることをオススメします。 特に、乾燥肌、、インナードライ肌の方は、やを使うことをオススメします。 2)尿素 は、お肌のを溶かすことでやなどのに効果を発揮する成分です。 そのためやのクリームに配合されることがあります。 しかし、長期間使うと未成熟な角質、必要な角質まで溶かしてしまうリスクがあることに注意しましょう。 3)AHA(アルファヒドロキシ酸) AHAとは、りんご酸、、乳酸、グリコール酸などの総称です。 AHAは、フルーツ酸とも呼ばれます。 これらは、家庭用のピーリングアイテムに配合されます。 AHAの酸の力で角質を溶かしして、の改善が期待できます。 しかし、使い過ぎは尿素と同じく未成熟な角質、必要な角質まで溶かしてしまうリスクがあるので注意が必要です。 濃度が低ければ心配はあまりありませんが、高濃度の場合は注意が必要です。 全成分表示の1~3行目くらいまでに、PGやDPGの表示がある化粧品は、エイジングケアにはあまりオススメできません。 5)界面活性剤 化粧水やに含まれる界面活性剤はあまり心配ありませんが、シャンプー、、に含まれる界面活性剤のなかには刺激の強いものもあります。 たとえば、シャンプーなどに使われるラウリル硫酸Naなどは刺激に強い界面活性剤です。 肌に優しい界面活性剤としては、ラウロイルグルタミン酸Naなどのアミノ酸系界面活性剤がオススメです。 10.まとめ パラベンとはどんな防腐剤か、また、その特徴やパラベンフリー化粧品のメリットとデメリットについてご紹介しました。 いかがだったでしょうか? これで、パラベンについてご理解いただけたのではないでしょうか? パラベンは低刺激で優れた防腐効果のある防腐剤で、化粧品をつくる上で有用性の高い成分です。 しかし、それでも刺激を感じる方もいます。 そんな場合は、フェノキシエタノールなどパラベン以外の防腐剤の化粧品を選ぶことも選択肢の1つです。 必要以上に悪者にされることもあるパラベンですが、メリットもあるので、パラベンフリーというだけでその化粧品を選ばないようにしましょう。 パラベンを正しく理解して、よりよいエイジングケアを実践してくださいね。 この記事「パラベンとは?パラベンフリー化粧品のメリットとデメリット!」が、エイジングケア世代の女性のお役に立てば幸いです。 (執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭) 京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。 医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。 (編集・校正:) 大学卒業後、アパレルの販促を経験した後、マーケティングデベロッパーに入社。 流通関係を中心にマーケティングプランやPB商品の開発等を担当。 1990年よりフリーとなり、飲食関連のコーディネート、企業広報誌や医療・健康関連情報誌のライティングやコスメ関係のブログ記事発信など、仕事の領域を広げつつ現在に至る。 ナールスブランドのエイジングケア化粧品には、開発段階から携わり、最も古い愛用者の一人。 当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。 そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。 ぜひご登録をお待ちしております。

次の

パラベンとは

シャンプー パラベン

では、なぜパラベンが悪いものだとされているのかと言うと「販売しやすい」からなんです!!! パラベン成分を、悪い成分として、シャンプーを売りやすいように、「パラベンフリー」とういうような謳い文句として使っているんです。 シャンプーの評価を上げるために、パラベンを悪いものとして、シャンプー剤自体の評価を上げる。 こっちの方が悪くないですか? ぼくは、パラベンもパラベンフリーも、悪いとは思いませんが、「パラベンフリーだから、このシャンプー アイテム は品質が高いです」というのはダメな販売の仕方だと、考えています。 だから、「パラベンフリーだから良い!! 」みたいな感じで販売しているシャンプーや化粧品、コスメアイテムには注意してください。 パラベンがあるから「悪いシャンプー」ではない• パラベンは悪いものではない• 販売しやすいワード• パラベンあってもなくても良いシャンプーはたくさんある パラベンが入っているけど、品質の高いシャンプーはたくさんあるし、逆にパラベンフリーというけど、あまり良くないシャンプーもあります。 結局のところ、パラベンだけで判断できるものではなりません。 何を伝えたいのかというと、「パラベンフリー」だからという謳い文句には気をつけてほしい、ということです。 ぼく自身が、職業上たくさんのシャンプーを使うので、使ったことのあるシャンプーをランキングとしてまとめているので、一緒に参考にしてみてください。 参考になれば幸いです。

次の