テレビ 録画 機能 内蔵。 失敗しない! 薄型テレビ・液晶テレビの選び方

録る・見る・残すが手軽にできる

テレビ 録画 機能 内蔵

BS・CS4K放送の録画は、今のところはまだまだ十分ではない 新しいメディアがスタートしたときはいつも同じなのだが、DVDレコーダーが登場したときも、デジタル放送が始まってDVDやBDにデジタル放送をそのまま録画できるようになったときも、BS・CS4K放送の録画もスタートしたばかりで、決して十分に環境が整っているとは言い難い。 例えば、まだダブル録画やトリプル録画が可能なチューナーやレコーダーは登場していないし、BDレコーダーでは当たり前のネットワーク経由のダビングや番組配信なども行えない。 こうした機能は、時間が経つごとに新機能として盛り込まれていくことになると思われるが、現状では、地デジ放送の録画では出来たことのいくつかがまだ出来ない状況にある、ということを把握することも肝心だ。 BDレコーダーは、パナソニックとシャープの2社から発売 BS・CS4K放送チューナーを内蔵したBDレコーダーは、パナソニックとシャープの2社から発売されている。 どちらもシングルチューナー(地デジなどは3チューナー)内蔵で、機能的な特徴としては、録画した4K放送を、そのままの画質でBDに保存できることだ。 この4K放送を録画したディスクも、シャープで4K放送を録画したBDは、シャープとパナソニックの両方で再生できるが、パナソニックで4K放送を録画したBDはシャープでは再生できない、という再生互換性がない点も気になるところ。 また、4Kコンテンツを収録したUHD BD対応のBDレコーダーや、BDプレーヤーも、4K放送を録画したBDの再生はできない。 ただし、シャープが2019年春に発売するUHD BD対応モデル(4Kチューナーは非内蔵)は、シャープで4K放送を録画したBDの再生が可能。 このように、今後発売されるBDレコーダーやBDプレーヤーは、4K放送を録画したBDの再生が可能になると思われる。 BS・CS4K放送チューナーは、ほとんどが録画機能も備えている 単体のBS・CS4K放送チューナーは、テレビメーカー各社から発売されており、ピクセラなどのメーカーからも、製品が登場している。 いずれも、別途USB HDDを追加することで4K放送の録画が可能だ。 BS・CS4K放送チューナー内蔵の4Kテレビも同様に、USB HDDを追加して4K放送などの録画が可能だ。 こちらの特徴は、価格が安価であること。 チューナー単体も数万円だし、USB HDDも大容量でも比較的安価で手に入る。 各社によって、機能には少々の違いはあるが、4K放送の録画はシングル録画になるなど、大きな差はない。 基本的には、HDMIのリンク機能で連携操作ができるため、薄型テレビと同じメーカーのものを選ぶといいだろう。 単体チューナーで録画した4K放送は、他機種への切り換えができない 単体チューナーやチューナー内蔵テレビの方が、コスト的には安価で録画ができるが、ひとつ問題がある。 録画で使うUSB HDDは、接続したチューナーや4Kテレビ専用となるので、他のチューナーや4Kテレビに買い換えてしまうと、それまで録画した番組の再生ができなくなってしまうことだ。 これは、地デジ放送などでも同じ著作権保護のルールのためだが、地デジ放送などの番組は、ネットワーク経由でダビングや配信ができるので、ネットワーク経由でBDレコーダーにダビングしてBDにするなど、買い換え後にも番組を再生する方法がある。 しかし、4K放送の録画番組は、今のところネットワーク配信やダビングができないので、一度USB HDDに保存した番組は、他の機種では再生ができないのだ。 気に入った番組をずっと残しておきたい人にとっては悩ましい問題だ。 こうした問題はいずれ解決されると思うが、今の時点で録画してしまった番組に関しては、外部にダビングすることができない可能性もある。 この点が心配な人は、4K放送対応BDレコーダーで録画して、BDに残しておくほうが安心だ。 テレビ録画はタイムシフトと割り切り、見逃し配信を利用する 現在では、テレビ放送の多くが、見逃し配信などのサービスでネットワーク経由で試聴可能なので、テレビ録画はタイムシフト視聴(放送時間に見られない場合、録画しておいて自由な時間に視聴すること)のためと割り切り、後々にその番組を見たくなったら見逃し配信などを利用する方法もある。 どちらかというと、これが現代的なスタイルと言えそうだ。 問題は、まだすべての番組が配信されているわけではなく、自分の好きな番組が見逃し配信できるとは限らない点。 まとめ コストはかかるが、安心感を求めるならばBDレコーダーがおすすめ 筆者は、BDレコーダー自体の機能や再生互換性などが十分ではない今は、単体4KチューナーとUSB HDDの録画が良いと思っていた。 しかし、実際に4K放送を見てみると、BDに残しておきたい番組が思った以上に多く、4K放送対応のBDレコーダーの購入を考えている。 結局のところ、長く残したい番組がある人は、BDレコーダーがおすすめだ。 チューナーやテレビの録画機能を使う場合は、長期間の保存についてはある程度割り切る必要はある。 いずれにしても、4K放送の録画事情はまだまだ十分ではないので、1日も早くより自由な録画ができるようになることにも期待したい。 鳥居一豊(AVライター) オーディオ、AVの分野で活躍するAVライター。 専門的な知識をわかりやすく紹介することをモットーとしている。 自らも大の映画・アニメ好きで自宅に専用の視聴室を備え、120インチのスクリーン、有機ELテレビなどを所有。 サラウンド再生環境は6. 4ch構成。

次の

失敗しない! 薄型テレビ・液晶テレビの選び方

テレビ 録画 機能 内蔵

買ってからではもう遅い… いろいろな録画機能 現在、薄型テレビにはいろいろな録画機能があります。 録画タイプ 特徴 HDD内蔵型 本体内にHDDが内蔵しているタイプ ブルーレイ&HDD内蔵型 本体内にブルーレイとHDDが内蔵しているタイプ HDDに録画した番組をブルーレイにダビングできる ブルーレイ内蔵型 本体内にブルーレイドライブを内蔵しているタイプ ブルーレイに直接録画する(再生専用もあるので注意) 外付けHDD録画型 別売の外付けHDDを接続することによって録画できるタイプ 現状ほとんどのモデルについている機能 (裏番組録画ができないモデルも多いので注意) HDDカセット型 日立Wooo特有の機能でテレビにHDDカセット用スロットがあり 別売のHDDカセットを差し込み録画再生ができる 録画機能の盲点 録画機能にはそのまま知らずに買ってしまうと後で後悔するような盲点があります。 HDD内蔵型と外付けHDD録画型は基本的にダビングができない 著作権の関係で HDDに録画した番組を別の機械などにダビングすることはできません。 しかし HDD&ブルーレイ内蔵型でHDDからブルーレイへのダビングは可能です。 東芝とパナソニックの場合は対応しているブルーレイレコーダーを接続することによって ダビングが可能になります。 外付けHDD録画型の場合、裏番組録画できないモデルが多い 最近は外付けHDD録画機能を持ったテレビが非常に多いのですが、意外と知られてないのが 裏番組録画機能です。 すなわち録画を始めてしまうとチャンネルを変えることができなくなります。 裏番組録画をしたい場合は ダブルチューナーモデルを選ぶようにしましょう。 録画機能付き?ブルーレイレコーダーセット? よくある質問で 「録画機能付きテレビを買うか、ブルーレイをセットで買うか、どちらが良いか」と聞かれます。 以前はブルーレイ&HDD内蔵型テレビの方がほぼ同等の機能のテレビとブルーレイのセットにに比べると比較的安価だったのですが、最近は ブルーレイレコーダー自体の価格が下がってきましたので価格差はほとんど無くなってきています。 ブルーレイ&HDD内蔵型の場合、レコーダーのスペースや配線の必要が無いなどメリットがありますが、やはりHDDとブルーレイの方がテレビに比べてデリケートなので先に故障する可能性が高いというリスクがあります。 別々の方が録画やその他の機能も比較的高いものが多いので家のメインのテレビには個人的には テレビとブルーレイレコーダーのセットがオススメです。

次の

失敗しない! 薄型テレビ・液晶テレビの選び方

テレビ 録画 機能 内蔵

一人暮らし向けテレビの選び方 サイズで選ぶ テレビをきれいに見るための視聴距離は、画面の高さが基準となります。 5倍で考えます。 目安としては、6畳だと24~32インチ、8畳だと32~37インチ、10畳だと37~40インチが一般的です。 部屋の広さはもちろん、ソファなど普段座っている位置からテレビまでの距離を考えながら選んでください。 機能で選ぶ 見逃したくないときに便利な録画機能 テレビ番組を録画するには、テレビ本体についた録画機能を使う方法や外付けの録画用HDDレコーダーを取り付ける方法が一般的です。 安価なモデルや小型のテレビには録画機能が付いていないことが多いので、別途外付けの録画機を準備しましょう。 テレビ周りのものを減らしたい方は、レコーダーが内臓されているものを選ぶのがおすすめです。 また、2番組を同時に録画したい方は、チューナーの数も確認しておきましょう。 幅広いコンテンツが楽しめるインターネット接続機能 出典: テレビをインターネットに接続することで、YouTubeをはじめとするネット動画やビデオオンデマンドを楽しんだり、ゲームやネットショッピングをするなど幅広い使い方ができます。 対応しているコンテンツは商品によって異なりますが、スマホやタブレットなどの端末よりも大きな画面で楽しめるのがメリットです。 主流ともいえるサイズですが、数字が大きいほどきめ細かい映像を映し出すことができるため、フルHDや4Kなどと比べると、どうしても画質は劣ってしまいます。 コンパクトなサイズのテレビに多く採用されており、価格も比較的安いので手軽に購入できます。 一人暮らしでも高画質なテレビでコンテンツを楽しみたい、といった方におすすめです。 フルHDの2倍の解像度になっており、さらに細かく鮮明に映像を映し出すことが可能です。 しかし、4Kテレビは最小でも32型以上のものしか販売されておらず、狭い場所に置くと圧迫感があります。 部屋の大きさや間取りを考慮して選びましょう。 出力端子の種類・数で選ぶ テレビについている端子の種類は、商品によって異なります。 HDMI端子は、レコーダーやゲーム機、パソコンやスマートテレビなどを接続できます。 ARC端子は、アンプやホームシアターなどと接続する際に必要です。 レコーダーとゲーム機など、複数のデバイスを同時に接続したいときのために、端子の数もチェックしておきましょう。

次の