度々のご連絡失礼いたします。。 「度々」の意味とは?ビジネスメールでの使い方も分かりやすく紹介

「度々」の意味とは?ビジネスメールでの使い方や正しい敬語表現

度々のご連絡失礼いたします。

「度々」の意味とは 「度々」とは「たびたび」と読み、対話のシーンだけでなくメールや手紙などの書き言葉としても使われるため、正しい読み方を覚えておきましょう。 「度々」の意味は「何回も」 「度々」には「何回も」という意味が含まれており、同じことを何度も繰り返す際に使われます。 「度度」と表現されることもありますが、読み方や意味に違いはありません。 一般的には「度々」を使われることが多くあるため、ビジネスの場でも「度々」を使う方が無難といえるでしょう。 「度々」の使い方と敬語表現 「度々すみません」は何度も手間を取らせた場合 目上の相手に対して何度も手間を取らせた際に「度々すみません」と使うことが出ます。 例えば同じ相手に何度もメールを送らなければならない状況のとき、2通目のメールに「お忙しいところ、度々すみません」と使うことで、何度もメールを送ることに対する謝罪の意味を含ませることができます。 ただ、「度々」のあとに続く言葉が「すみません」だと少し砕けた言い方となるため、かしこまった表現にしたい場合は「度々申し訳ございません」の方が適しているでしょう。 相手や状況によって使い分けてください。 「度々ありがとう」は重ねてお礼する場合 相手に対して何度もお礼を言う際に「度々ありがとうございます」と使うことができます。 例えば現在進行中の案件について上司から何度も連絡をもらった場合、「度々ご連絡ありがとうございます」となります。 さらに丁寧に使いたいときは「度々ご連絡いただきお礼申し上げます」と使えますが、堅苦しく距離があるように捉えられるため、親しい相手へは使わない方が良いでしょう。 「度々お手数」は何度も依頼する場合 目上の相手に対して何度も頼み事をする際は「度々お手数おかけし申し訳ございません」と使うことができます。 同じ相手に対して何度も頼み事をして、申し訳ないと感じた際に使われる言葉です。 類語を使って「繰り返しお手数おかけして」や「幾度となくお手数おかけして」と言い換えることも可能なため、文脈によって使い分けてみてください。 「度々の質問」は繰り返し質問する場合 目上の人に対して質問を繰り返す際に「度々の質問申し訳ございません」と使うことができます。 新入社員のときは特に、業務内容など分からないことを上司に質問する機会は多いでしょう。 質問が重なる場合は「度々の質問申し訳ございません」と一言加えてから本題に移ることで、謙虚な態度を表すことができます。 類語を使って「度重なる質問で申し訳ないのですが」や「重ねて伺いたいことがあるのですが」と言い換えることもできるため、「度々」という言葉が続く場合は類語を使って言い換えてみてください。 「度々」のメールや電話での使い方 「度々」をビジネスメールで使う場合 メールや手紙などの書き言葉としても「度々」は使えます。 伝えたいことが伝わっていなかったため再度メールを送る際などに「度々ご連絡申し訳ございません」と一言いれることで、次に続く会話へスムーズに進むことができます。 書き言葉として使う際は本題に入る前に、クッション言葉として「度々ご連絡申し訳ございません」と入れると使いやすいでしょう。 「度々」を電話で使う場合 メールだけでなく電話対応の際も「度々」を使うことができます。 例えば、取引先へ何度も連絡をしてしまった際に「度々申し訳ございません。 何度も連絡したことに対して謝罪の意味を表した言い回しとなり、相手に丁寧と捉えてもらえるでしょう。 「度々」の類語は「度重なる」 「度々」の類語には「度重なる」「幾度となく」「繰り返し」「重ねて」などの言葉が当てはまります。 何度も連絡することを相手に伝える際「度々ご連絡してしまい」を「繰り返しご連絡」や「度重なるご連絡」と言い換えることができます。 文脈に合わせて使い分けてください。 「度々」を使う際の注意点 初対面の相手へは使えない 「度々」とは同じ相手に対し、物事を繰り返し行う際に使われる言葉ですので、初対面の相手に使うことはできません。 初対面の相手に「度々」を使うと会ったことがあるのか?と相手を混乱させてしまうこともあるため注意してください。 「度々」は重ね言葉であり結婚式には使えない 結婚式のスピーチやお葬式の挨拶などで、使うことは適切でない重ね言葉に「度々」も当てはまります。 不吉なことを連想させる「忌み言葉」と辛い出来事を再度連想させる「重ね言葉」を結婚式やお葬式で使うと非常識と思われる可能性があります。 重ね言葉が不適切な場では「度々」を使うことは控えた方がいいと言えるでしょう。 まとめ 「度々」とは同じ相手に対して、物事を何度も繰り返す際に使われる言葉です。 「度々」の後に「すみません」や「ありがとう」と付けて使われることが多く、メールや電話関係なく使うことができます。 重ね言葉であることを忘れずに、敵切なシーンでのみ使ってください。

次の

度々すみませんの使い方は?敬語や意味は?類語やメールの送り方も

度々のご連絡失礼いたします。

ビジネスメールの 返信が遅れてしまったという状況がありますよね。 ついうっかり忘れていた場合もあれば、後で返信しようと思っていたら時間の間隔が空いてしまった場合も・・。 そんな状況でメールを返信する際には、• 遅れた理由は述べたほうがよいのか…• そこで今回は、 ビジネスメール の 返信 に 遅れ た場合の お詫びについて、お伝えしていきますね。 まずは、社内の人に送る場合の例文から見ていきましょう! 件名:Re:連絡の件への対応について 〇〇 部長 お疲れ様です。 営業部の山田です。 この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 資料作成の件について、ご指摘いただきありがとうございました。 商品Aの販売切り口について、1点追加いたしましたので、明日に〇〇社へ資料を持参します。 よろしくお願いいたします。 営業部 山田 一郎 社内の人同士のやり取りだと、ついフランクになってしまいがちですが、お詫びメールの場合には基本的にNG。 親しい間柄でない限り、「すみません」という言葉は控えましょう。 ビジネスメールで「返信が遅れてすみません」という表現だと、お詫びという印象が薄くなってしまいます。 では、どういった文言を使うのがよいのでしょうか? 「 申し訳ありません」や「 失礼いたしました」を使うのが、万人に対して無難。 目上や上司に対しても、問題なく使えますよ! 取引先や顧客など社外の方に送る場合は、どうなのでしょうか? 続いて、社外の人へ送る場合の例文をご紹介します。 件名:Re:製品Aの注文の件 〇〇株式会社 生産部 〇〇 〇〇 様 いつもお世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 製品Aは本日発送させていただきましたので、明日中には納品できるかと存じます。 ご不明な点などございましたら、ご連絡いただければ幸いです。 メールにて大変恐縮ですが、ご連絡が遅れたこと、重ねてお詫び申し上げます。 よろしくお願い申し上げます。 jp 社内向けのメールよりも、丁寧さを重視しています。 取引先や顧客の場合、一度信用を失うと、 今後の仕事に影響が出てしまう可能性があります。 基本的には、最初の一文にお詫びの文言があれば問題ありません。 ただし、誠意を込めて 最後にもう一度お詫びの文言を入れておくと、丁寧さが出て相手への配慮が伝わりやすいです。 文言は例文の「メールにて大変恐縮ですが、ご連絡が遅れたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」というように、終わりに一言添えておくとよいでしょう。 ちなみに、返信が遅れた場合に文中で使用したい文言があります。 3パターンご紹介するので、ぜひ意識的に使うようにしましょう! 【返信が遅れた場合に使えるお詫びの文言】• この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 ご連絡が遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。 返信遅れのお詫びは、長々と書く必要はなく、上記のような短い文言で問題ありません。 3つとも意味は変わらないので、あなたがしっくりくる文言を使うとよいでしょう。 返信が遅れたのにも関わらず、このお詫びを飛ばして本文を書き始めてしまうと、 ビジネスマナーを知らない人だという印象を与えてしまう可能性があります。 相手にもよりますが、メールの一般的な返信時間のマナーは 24時間以内とされています。 そのため、24時間を超えてしまった場合には、お詫びの文言を入れると、相手のことを配慮している印象が伝わりますよ! 以上を踏まえた上で、社内と社外別にお詫びのメールの例文を見ていきましょう。 次の見出しで詳しく解説していきます。 社内・社外問わず返信のお詫びメールでは、ここは意識したいというポイントが3つあります。 次の見出しで詳しくお伝えしていきますね! スポンサーリンク 返信のお詫びメールで意識すべき3つのポイント 返信が遅れたことに対してお詫びメールを送る場合、意識すべき3つのポイントがあります。 それは・・・• 遅れた理由は基本的に伝えなくてOK• お詫びの文言以外は通常のビジネスメールと同じ• いつも以上に誤字・脱字に気を付ける それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。 というのも、このような場合は 理由を付けると言い訳がましくなるため、相手に不快な印象を与える可能性があるためです。 ただし、出張・体調不良による休み・個人的な事情の休み(冠婚葬祭など)は理由を加えても問題ないでしょう。 例えば、「体調不良で昨日は欠勤しており、ご返信が遅くなりました。 」のような文言ですね。 基本的に返信が遅れた理由は述べなくてもよいということを頭に入れておきましょう。 お詫びの旨中心の文章になると、相手にとって必要な情報が分かりにくくなります。 読みやすい文章という意味でも、メールの内容は、 本来のやり取りから外れないようにすることが大切。 お詫びを述べた後は、通常のビジネスメールと同じようなやり取りをしていきましょう。 返信が遅れてしまったことに加えて、誤字・脱字のあるメールを送ってしまうと、 相手の心象にかなりの悪影響が出やすいです。 一つ一つでは大事に至らなくても、ミスが重なると、相手からの信頼を失いやすいので要注意。 メールを送信する前には、 複数回見直すといった、いつも以上に確認を徹底することをオススメします。 <返信遅れのお詫びメールで使える文言3選> 1. この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 ご連絡が遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。 社内向けのお詫びメールでは、社内だからと気を抜かず、ビジネスマナーを踏まえた文言でお詫びをしましょう。 「 申し訳ありません」や「 失礼いたしました」という文言ですね。 社外向けのお詫びメールでは、 最後にもお詫びの文言を入れておくことで、丁寧さが出ます。 社内・社外問わず、基本的に遅れた理由は書かなくてもよいことと、お詫びを述べた後は通常のやり取りを意識することが大切。 また、メールを送る前には、誤字脱字がないかをきちんとチェックしましょうね。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

書き出しのフレーズ

度々のご連絡失礼いたします。

「謝罪メール」の書き方のポイント 謝罪メールだけでは不十分なケースもある ビジネスで謝罪する場面は数多くありますが、ミスの内容や度合いによって、電話や手紙で謝罪したり、相手先に訪問して謝罪したりするなどさまざまなケースがあります。 メールで謝罪する場合でも、「のちほど改めてお電話をさせていただきます」と添えて、ひとまずの第一報をメールで入れ、その後電話で謝罪が必要な場合もあります。 謝罪の場面では、まず相手の気持ちになって考え、適切な対応を選ぶとともに、迅速な対応をとるように心掛けることが大切です。 「お詫びの言葉」で始め、「お詫びの言葉」で結ぶ メールで謝罪する時は、書く順序が大切です。 お詫びの言葉を尽くしますが、言い訳などの余計な事は書かず、簡潔に記すこともポイントです。 相手から連絡が入っての謝罪の場合は、連絡をいただいたお礼も忘れずに述べます。 謝罪メールの「返信」は簡潔に 謝罪メールを受け取った時は、気にしないようにと伝えるために返信することもあります。 そのような時は、これで終了しましょう、という意味を伝えるためにも、長々と書かずに簡潔に記すとよいでしょう。 例:「ご丁寧なメールをいただき、ありがとうございます。 お互い様でございますので、却って恐縮しております。 今後ともよろしくお願いいたします。 」 「謝罪メール」の構成と書き方 謝罪メールの書き方を「件名」「挨拶の言葉」「本文」「締めの言葉」の構成ごとに説明します。 「件名」:何のお詫びか一目でかわる件名をつける 謝罪メールの件名には、何のお詫びなのかが一目でわかる件名をつけます。 例えば「お詫び」だけでなく「〇〇のお詫び」というように具体的に内容を示します。 「挨拶の言葉」:感謝の言葉 出だしは、通常のメールと同じように「いつもお世話になっております」などの感謝の挨拶文を書きます。 返信メールであれば「ご連絡いただき、ありがとうございます」と連絡をいただいたことへのお礼を述べます。 「本文1」:お詫びの言葉 挨拶の言葉のあとの本文には、まずお詫びする内容の説明と謝罪の言葉を書きます。 「このたび〇〇が発生し、ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。 」などです。 「本文2」:原因と解決策の報告 次に事態が起こった原因の報告と、今後の解決策を示します。 なぜこのようなことが起こったのかを説明することで納得していただき、すでに対策をとったことを報告して安心していただくためです。 「〇〇が原因であることが判明いたしました。 」「今後はこのようなことがないよう、〇〇の対策をとります。 」などのように書きます。 「締めの言葉」:もう一度お詫びの言葉 締めの言葉は「このたびの件につきまして、謹んでお詫び申し上げます。 」などと、最後にもう一度お詫びの言葉を述べて、礼を尽くします。 「謝罪メール」のビジネス例文 状況別に、謝罪メールの例文を紹介します。 サービストラブルのお詫び(複数のお客様あて) 件名:〇〇サービス システムトラブルのお詫び お客様 各位 日ごろより、弊社〇〇サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 このたび〇月〇日から〇月〇日にかけて、サービスの一部がご利用いただけない状況が発生しておりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございません。 原因を調査しましたところ、弊社のシステムに障害が発生したことによる不具合であったことが判明いたしました。 〇月〇日中には不具合を解消し、正常にサービスがご利用できる状態になっておりますのでご安心くださいませ。 今後このようなことがないよう、現在、システムの見直しを行っております。 このたびはご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。 今後も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。 (メール署名) 製品が破損していたことへのお詫び(お客様あての返信) 件名:【〇〇破損のお詫び】Re:〇〇が壊れていました 〇〇様 ご連絡をいただきましてありがとうございます。 このたびは、お買い上げいただきました弊社の商品が破損していたとのこと、大変申し訳ございません。 ご不快な思いをさせてしまいましたことを心からお詫び申し上げます。 ただいま状況を確認いたしましたところ、配送センターの担当者の不注意で取り扱いにミスがあったことが判明いたしました。 まことに申し訳ございません。 今後はこのような不手際が起きないよう、配送手順の徹底をスタッフ全員に指示したところでございます。 明日はご在宅とのことですので、〇月〇日、午前中着の便にて、新しい商品を手配させていただきました。 度々のお手数をおかけいたしますが、何とぞお受け取りのほど、お願いいたします。 このたびの件につきまして、深くお詫び申し上げるとともに、ご連絡いただきましたことへのお礼を申し上げます。 今後とも、弊社製品のご愛顧を賜りますようお願いいたします。 (メール署名) 連絡忘れをしていたことの上司へのお詫び 件名:〇月〇日ご連絡漏れのお詫び 〇〇部長 お疲れ様でございます。 実は〇月〇日に送りましたメール「件名:〇〇のご連絡」の内容に、連絡漏れがございました。 初歩的なミスで大変申し訳ございません。 すでにご連絡済であると勘違いしたことが原因です。 大変失礼いたしました。 今後はこのようなことが無いよう、ご報告内容を時系列で管理してまいります。 お手数ですが、下記事項の追加をお願いいたします。 ・… ・… ご面倒をおかけし、申し訳ございません。 本日、〇月〇日〇時に私からお送りしたメール(件名:〇〇について)は、誤送信でございます。 社内の者へのメールが突然送られ、困惑なさったのではないかと存じます。 まことに申し訳ございませんでした。 大変お手数ですが、破棄してくださいますようお願いいたします。 今後はこのようなことがないよう、十分注意してまいります。 不手際をご容赦くださいませ。 大変失礼いたしました。 〇〇です。 さきほどお送りしたメールに添付ファイルをつけるのを失念しておりました。 大変失礼しました。 改めてファイルを送りますので、ご確認をよろしくお願いいたします。 今後このような初歩的なミスがないように気をつけてまいります。 申し訳ございませんでした。 txt」 ーーーーーーーーーーーーーーーー (メール署名) 「お詫びの言葉」のフレーズ集 謝罪の表現には、過失の度合いに適した言葉使いがあります。 過失や状況の軽重ごとに、一般的なフレーズを紹介します。 「軽い謝罪」に適したフレーズ• 失礼しました。 例:お返事が遅くなり、失礼しました。 申し訳ありません 例:ご連絡が遅れてしまい、申し訳ありません。 お詫びいたします。 例:ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。 反省しております。 例:私の考えが及ばなかったことを反省しております。 私の不注意で 例:私の不注意でご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。 お許しください。 例:不手際がありましたことをお許しください。 「中程度の謝罪」に適したフレーズ• 大変/まことに失礼いたしました。 例:行き違いがございまして、大変失礼いたしました。 申し訳ございません。 例:ご連絡が遅れてしまい、申し訳ございません。 お詫びの言葉もございません。 例:ご心配をおかけしてしまい、お詫びの言葉もございません。 ご迷惑をおかけいたしました。 例:このたびはご迷惑をおかけいたしまして、まことに申し訳ございません。 「重い謝罪」に適したフレーズ• ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 例:この度の件につきまして、何とぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。 心より謝罪いたします/謝罪申し上げます。 例:製品に不具合がございましたこと、心より謝罪申し上げます。 謹んでお詫び申し上げます。 例:このたびの弊社の不手際を大変申し訳なく存じます。 謹んでお詫び申し上げます。 猛省しております。 例:ご迷惑をおかけしましたことを、関係者一同猛省しております。 弁解のしようもございません。 例:このたびの弊社の不手際につきましては、弁解のしようもございません。 まとめ ビジネスにはトラブルがつきものです。 謝罪する場面は日常的に発生しますが、トラブルの重さや状況を判断して、適切な謝罪方法を選択することが重要です。 特にお客様への謝罪では、状況によってはメールのみの謝罪は伝え方を間違うとさらに大きなトラブルに発展する可能性があります。 メールとあわせて電話や書面での謝罪なども同時に検討し、柔軟な対応を心がけましょう。

次の