初穂料 入れ方。 神社のご祈祷で渡す初穂料とは?玉串料との違いとのし袋の書き方

初穂料】お宮参り・お金・袋・封筒・相場・安産祈願・七五三・勘定科目・仕訳

初穂料 入れ方

七五三やお宮参りの初穂料って、ふくさに入れるのがマナーなのかどうか気になりますよね。 ふくさって滅多に使わないので、持っていない人もいると思います。 それでもふくさを用意したほうがいいのでしょうか? 今回は、初穂料をふくさに入れる意味や理由を調べてみました。 ふくさの包み方や渡し方も紹介しているので参考にしてくださいね。 初穂料ってふくさに入れなきゃダメ? 結論から言うと、ふくさに入れたほうがスマートです。 面倒くさいと思うかもしれませんが、ふくさを使うには理由があります。 初穂料はのし袋(祝儀袋)にいれて準備していますよね。 そのままかばんに入れると、のし袋についている水引が折れたりよれたりしてしまいます。 のしの折り目がめくれてしまったり折れたりするのも、だらしない感じがして嫌ですよね。 そういったことを防ぐためにも、ふくさに入れたほうがいいですよ。 ふくさはご祝儀袋を汚さないためと、謹んでお渡しするという意味をこめて使うものなんです。 のし袋を裸のままバッグに入れたりすると、やっぱり品がなく見えてしまいます。 名前も丸見えですし、やっぱりふくさに包んで持ち運ぶ方がマナーにかなっているのではないでしょうか。 神社でサッとふくさをとりだす仕草って、美しくて上品だと思いませんか。 だけど、ふくさなんて持っていないよ!とい人もいると思います。 わざわざ今から買うのも時間がないし、年に一回くらいしか使わないものを買うのもなんだかな、と思いますよね。 ふくさがないときの代用 ふくさを持っていない時は、誰でも持っているもので代用が出来ますからご安心を。 ふくさはもともと風呂敷のような1枚の布でできているので、 ハンカチで代用することが出来ます。 最近のふくさはケース型のものが増えていて、ケースの方が取り出しやすかったりするのは確かなのですが、もともとは1枚の布ですのでハンカチで代用しても大丈夫です。 ふくさの色 じゃあどんなハンカチでも大丈夫かというと、そこだけは注意してください。 なるべく柄のない無地のハンカチがおすすめです。 ワンポイントはいいとして、全体に派手な柄が入っていたりふりふりがついているようなものはむきません。 色は七五三やお宮参りなら慶事(お祝いごと)ですので、明るみのある暖色系や紫やゴールドなんかもおすすめです。 黒っぽい色はお悔やみ用になるので、使い分けるようにしてください。 ふくさは100均でも売っていたりするので、いざというときのために準備しておくのもいいと思いますよ。 初穂料ふくさの包み方 ふくさの包み方は簡単ですので、次のように包んでください。 適当に包むと、のし袋を取り出すときにもたもたしてしまいますので、手順通りに包むことをおすすめします。 ふくさの包み方 1、上下左右に角がくるようにふくさを広げる 2、中央より左寄せしてのし袋をたてに置く 3、のし袋を動かさずに左、上、下の順でふくさをつつむ 4、最後に右の布を巻いて整えれば出来上がりです 七五三やお宮参りの初穂料はこれで大丈夫です。 ふくさが右開きになる包み方です。 ちなみにお悔やみ用は左右逆の順番で包み、左開きになります。 初穂料ふくさの渡し方 さあこれで準備は万端ですが、最後にひつとつだけ。 ふくさに包んだ初穂料、ふくさのまま渡したらダメですよ。 渡し方にも作法があるのでご紹介しておきますね。 ふくさに入れた初穂料は、お渡しするときに目の前でふくさから出します。 ふくさをカバンから取り出したら、両手を使いますのでバッグは肘掛するか、台に置きましょう。 まず自分側に正面を向けて左手の上に乗せ、右手でふくさを開いてご祝儀袋を取り出します。 次に、ご祝儀袋を右回転させて相手から見て正面になるようにし、渡します。 このときふくさは畳んで受付台の上においてもいいですし、畳んだふくさを台にしてご祝儀袋を上に乗せて差し出してもOKです。 もし受付が混雑して人が並んでいるようなら、待っている間にふくさから取り出すところまでしておき、順番が来たら相手から見て正面になるよううにしてお渡しするのでも大丈夫です。 まとめ 初穂料とふくさについてお伝えしました。 七五三やお宮参りの時は衣装の準備にいっぱいいっぱいで、初穂料のことまで手が回らないママさんも多いかと思います。 当日の朝に用意すると慣れないことで意外と時間を使ってしまいますので、前の日には祝儀袋とお金を用意してふくさにつつんでおくところまでやっておくといいですよ。 ふくさは100均にも売っていますので、これからのことに備えて買っておかれるといいですよ。

次の

初穂料は新札でないとダメ?入れ方は?ない時はどうすればいいの?

初穂料 入れ方

神社へご祈祷などをお願いするときの初穂料には、どんな意味があるのでしょうか? 初穂とはその年の最初に収穫した稲穂(お米)のことです。 もともと日本では、神様へ初めての稲穂をお供えして豊作と自然の恵みに感謝する習慣があります。 その習慣が現在では、お米などの初物をお供えできない人々もいるため、お米などの代わりにお金をお供えするようになりました。 神様へお供えする初穂の代わりにお金を渡すことも、感謝の意味として使われているため初穂料と呼ぶようになりました。 また、初穂料は、感謝の気持ちを表すほとんどの祭事に使用することができます。 しかし、神葬祭などの神道のお葬式では、感謝の気持ちを表す初穂料には不向きとなっていますので使うことはできません。 初穂料を使う場面として以下のようなものが挙げられます。 お守りやお札(おふだ)を授かる時 安全祈願・交通安全・家内安全・開運・健康長寿・合格祈願・縁結びなど• 祈願・祈祷・厄祓いの謝礼 商売繁盛・社運隆盛・厄除け・安全祈願など• お宮参り・七五三などの謝礼• 神前結婚式の謝礼• 地鎮祭・竣工式などの謝礼 初穂料と玉串料の違い 神社へお供えするお金のことを、一般的には初穂料または玉串料(たまぐしりょう)といいます。 どちらも神様にお供えするお金のことですが、この2つの違いは何でしょうか? 玉串とは、榊の枝に紙垂や木綿を付けたものになります。 榊は神様の依り代として降りてこられる木のことで、神式の儀式に使われています。 神様の依り代である玉串を準備できない代わりに、神様へお金をお供えするようになったといわれています。 玉串料も、 玉串を直接神様へ捧げる代わりにお金を捧げるようになったため、玉串料と呼ぶようになりました。 また、玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことです。 玉串料は神様への直接の捧げものという意味があり、お守りやお札を授かるときには使用されません。 また、神道でのお葬儀に関しては、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われます。 神社へ渡すのし袋の種類と選び方• 交通安全祈願• 厄除祈願• 安産祈願• お宮参り• 地鎮祭• 七五三 また、神前結婚式の場合にお渡しするのし袋には注意しましょう。 神前結婚式の場合であるのし袋には、水引が紅白で結び切りを選ぶようにします。 結び切りには結んだらほどけないという意味があり、結婚式は二度と繰り返してはいけないという思いが込められています。 神葬祭や式年祭ののし袋 次に、神葬式や式年祭でお渡しするのし袋の選び方についてみてみましょう。 神葬祭とは神道のお葬式になります。 また、式年祭とは、百日祭以降の一年祭・三年祭・五年祭といったものです。 のし袋には、仏式用である蓮の花がついているものは選ばないように注意してください。 不祝儀用である水引が黒白色か双銀が一般的になります。 以下は祭儀別の一般的な水引きの色になりますが、地域によって水引の色には決まりがあるので確認が必要です。 1人の場合 フルネームで書き、字の大きさは上段に書いた名目より若干小さく書きます。 2人の場合 夫婦の場合は世帯主を中央にフルネームで書き、少し小さく左側に妻の名前を書きます。 連名の場合は、上下関係がある場合は右側から上になる方から書きます。 また同格の人の場合は50音順に書きます。 3名の連名の場合までは同じです。 4名以上の場合 4名以上になる場合は連名で書かないのが一般的です。 中央に代表者の名前をフルネームで書き、左側に小さめに「外一同」と書きます。 会社の名入りの場合 代表者を中央にフルネームで書き、右側に小さめに会社名を、連名の場合に左側に「外一同」と書きます。 神社へ渡す初穂料の相場• 七五三 初穂料の子ども1人の相場は、5千円~1万円です。 兄弟姉妹で一緒におこなう場合の相場は、2人で8千円~、3人で1万円~です。 兄弟姉妹の金額設定がない場合もありますので、神社には事前に問い合わせましょう。 お宮参り 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 ご祈祷 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 祈願 御祈願の種類には商売繁盛・安産・学業成就などがあります。 初穂料の個人の相場は5千円~1万円です。 また、法人や会社の相場は2万円~です。 秋祭り 神社へ対しての奉納の相場は、1千円~1万円です。 お祭りの詰め所へ祝儀を贈る相場は、1千円~5千円です。 御輿への祝儀を贈る相場は、3千円~1万円です。 神葬祭 お玉串料(参列者)の相場は以下のようになります。 祖父母の場合 1万円~3万円 両親の場合 5万円~10万円 兄弟姉妹 3万円~5万円 叔父叔母 1万円~3万円 親戚等 5千円~2万円 友人知人 5千円~1万円 近所の方など 3千円~5千円 職場関係など 3千円~1万円 お祭祀料(神職への謝礼)の相場は30万~50万です。 他に用意するものとして、お車代(5千~1万円)や御膳料(5千~1万円)があります。 お供え物につけるのし袋(紙)の書き方 神社で神様へお供えする食べ物を 神饌(しんせん)といいます。 神饌とは、海・川・野で摂れる季節のものであり、種類は米・酒・餅・魚・卵・海藻・野菜・果物・菓子・塩・水になっています。 神様へのお供えする食べ物は、上の示した順に大切な神饌として扱われます。 また、神社へのお供え物は、お渡しするときにのし紙をかけます。 のし紙とは、かけ紙にのし・水引・表書きを印刷した紙のことになります。 現物の場合 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納といい、その品には、 お米やお酒または季節の果物などの神饌にあたるものを奉納することもあります。 お供えものとして、香りの強い野菜(ニンニク・ネギ)などは避けたほうがよいとされています。 また、奉納するときのお供え物には、のし紙をかけてお渡します。 のし紙と表書きは以下のようになります。 初穂料は、神様へお供えするお米の代わりになるお金にすることで感謝の意味が込められている。 玉串料は、玉串を神様へ捧げる代わりに直接捧げたお金のことをいう。 玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことである。 玉串料では神様への直接の捧げものという意味があるため、お守りやお札を授かるときには使用しない。 神道でのお葬儀については、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われる。 一般的な祭事に使うのし袋は、水引が赤白の蝶結びを選ぶようにする。 神前結婚式は、のし袋に水引が赤白の結び切りを選ぶように注意する。 神葬祭の場合、蓮の花がついていないもので、水引の色は黒白色か双銀が一般的である。 一般的な祭事にお渡しするのし袋の表書きには、御初穂料・御礼・御玉串料になる。 神葬祭にお渡しするのし袋の表書きには、お渡しする方によって表書きを変える必要がある。 一般的な祭事にお渡しする初穂料の相場は5千円~1万円になっている。 神社への現物やお酒のお供え物には、お渡しするときにのし紙をかける。 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納という。 のし紙には水引が紅白の蝶結び、表書きは、奉納・奉献とするのが一般的である。 神社へお渡しする初穂料を入れるのし袋のマナーについて、ご理解いただけたのではないでしょうか。 「終活ねっと」では、神社についてたくさんの記事を掲載していますので、ぜひあわせてご覧になってください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

地鎮祭ののし袋の書き方は?お金の入れ方や水引の色は?【初穂料】

初穂料 入れ方

・玉串料とは?読み方や初穂料との違いは? ・玉串料の金額相場は?【葬儀・厄払い・地鎮祭・七五三・お宮参り】 ・玉串料ののし袋(封筒)の種類や書き方は?中袋の表裏は? ・玉串料のお金は新札?入れ方は? Sponsored Link 玉串料とは?読み方や初穂料との違いは? 玉串料は「たまくしりょう」と読みます。 神社に渡す謝礼の表書きとしては、 「玉串料」や 「初穂料」などがあります。 この二つの使い分けはどうすればいいのでしょうか?ということについて説明しますね。 玉串料 榊(さかき)の枝に、紙でできた飾りのようなものを取りつけたものをみたことがありませんか? あれが、 玉串です。 榊の枝につけられているものは、 紙垂(かみしで)と呼ばれます。 玉串は、神様へ捧げるものの中で最も大切なもののひとつで、神様の依り代になるともいわれています。 玉串料は、玉串の代わりに納めるお金のことです。 代わりに納めるお金といっても、貨幣経済が発達した現在では、玉串を用意して納める人はいませんから注意してくださいね。 初穂料 初穂というのは、その漢字の通りですが、初めて収穫された稲穂です。 かつては、初穂を神社に捧げて神様にお願い事をしました。 現在は、なかなか稲の穂が手に入りにくくなってしまったので、代わりに現金を納めます。 それが、 初穂料です。 玉串料と同じく、初穂料ではなく初穂を納めるという方法は今では行われていません。 玉串料の金額相場は?【葬儀・厄払い・地鎮祭・七五三・お宮参り】 葬儀 葬儀の時に仏式では香典を用意しますね。 神式の場合は、「玉串料」を用意します。 包む金額は、仏式でも神式でも同じです。 親族であれば、 10,000円~ 仕事関係であれば、 5,000円 知人なら、 3,000円 というのが相場になります。 厄払い 厄払いの料金は、「祈祷料」として明示されていることが多く、だいたい 5,000円〜が相場です。 金額をハッキリ指定していない神社は、「玉串料」・「初穂料」として納めます。 相場を参考にしてもいいですし、神社に「みなさん、いくらぐらい納めておられますか?」と直接聞いてもいいでしょう。 地鎮祭 相場は一戸建てを建てる場合で 30,000円~50,000程です。 建物の規模や地域の慣習にもよりますから、神社に直接問い合わせた方がいいでしょう。 七五三 こちらも金額が決められていることが多いです。 だいたい、 5,000円〜10,000円が相場です。 「玉串料」ではなく「初穂料」と表記してあることも多いですが、両方用意する必要はありません。 宮参り お宮参りの玉串料は、 5,000~10,000円が相場です。 高いところは、育児セットなどのプレゼントが付いてきたりするので、値段だけでなく内容もチェックしておくといいかもしれません。 Sponsored Link 玉串料ののし袋(封筒)の種類や書き方は?中袋の表裏は? 「初穂料」と「玉串料」の使い分け 神式の行事で、表書きに使われる「初穂料」と「玉串料」について解説します。 どちらでもかまわない場合が多いのですが、ハッキリ使い分けがなされる場面があります。 それが、葬儀の時とお守り購入時です。 「初穂料」は葬儀では使えない 「初穂料」という表書きは、葬儀では使えません。 神道で行う葬儀(神葬祭)では、 「玉串料」もしくは「御榊料」を使います。 「玉串料」はお守り、お札の購入には使えない あまり知られていませんが、「玉串料」は、お守りや御札の購入時には使えません。 お財布からお金を出して直接社務所などに納めることが多いと思いますが、 もしお金を包んで納めるなら、 「初穂料」を使いましょう。 のし袋の使い分けと表書き 葬儀 のし袋は、不祝儀袋(白黒のあわじ結び又は結び切りの水引)を使います。 神式の場合は、蓮の花の文様が付いているものは使えません。 表書きは、 「御霊前」「玉串料」「御榊料」など。 厄払い、地鎮祭、七五三、宮参り のし袋は、紅白蝶結びのものを使います。 表書きは、 「玉串料」でも「初穂料」でもどちらでもかまいません。 中袋の書き方(葬儀・厄払い・地鎮祭・七五三・お宮参りなど共通) 中袋の表面は、封筒の継ぎ目がない方です。 この表面に金額を漢数字で記入します。 裏面には、住所、氏名を書きましょう。 玉串料のお金は新札?入れ方は? 葬儀の場合は、新札は使わないのがマナーです。 そのほかの場合は、新札でも古いお札でもかまいません。 ただ、汚れたり破れたり、あまりにヨレヨレのお札は避けた方がいいでしょう。 お札の入れ方は、表から見て肖像が見える方向、お札を出したらすぐに肖像が出てくるように入れます。 玉串料は、 玉串の代わりに納めるお金のことです。 神社にお金を納める多くの場面で使われますから覚えておきましょう。 話題作りにもなりますし、物知りと思われるかもしれませんよ。

次の