ポケモン ポットデス 育成 論。 もこうさんのからやぶポットデス育成論

【必見育成論!】最強ポットデスの作り方!

ポケモン ポットデス 育成 論

日本でお茶を飲む習慣があるように、あちらでも紅茶を飲む習慣がある。 それをモチーフにされたポケモン「ポットデス」について有用な型を紹介しよう。 運営が下ネタ路線に走らなくてよかった。 向きを90度変えればかなり危なくなる。 そんなギリギリを生きているポットデスの種族値とタイプは以下の通りである。 今作の伝説を除く特攻ランキングで6位であり、使い方次第ではかなり強い!! 特性くだけるよろいとは 物理攻撃を受けると防御が1段階下がるが、素早さが2段階上昇するという攻撃的なものである。 今回紹介するのは後続のサポートをメインに、隙があれば全貫するという型だ。 「からをやぶる」後にまだ「きあいのタスキ」を発動できる場合や、「バトンタッチ」にそのまま移行するのが勿体無い場面では攻撃にも参加する。 仮に相手の物理攻撃でくだけるよろいが発動した場合の能力変化は、からをやぶるを含め 攻撃、特攻 2段階上昇 素早さ 4段階上昇 防御 2段階下降 特防 1段階下降 少しややこしく感じるが、まさに圧倒的な攻撃性能を誇る。 注意点としては、 タスキ発動後の先制攻撃なは弱い事だ。 しかし、相手の裏に先制攻撃持ちのポケモンがいる場合は「ダイサイコ」を打ち、 サイコフィールドを展開させる事で先制攻撃を無効化できる!! バトンを繋ぐ後続のポケモンはミミッキュやコオリッポ、特性「がんじょう」もちのポケモンなど、一度攻撃を防げるポケモンが安定する。

次の

【必見育成論!】最強ポットデスの作り方!

ポケモン ポットデス 育成 論

おっしゃる通りドラゴンアローは耐えませんでした。 特性が計算されないアプリで出した数字をそのまま参照しておりました。 修正させていただきます。 A252いのちのたまドラパルトの「ドラゴンアロー」は、特性による耐久ダウンが無かったとしても、H252振りでもポットデスが3割程度の乱数でワンパンされてしまうため、「ドラゴンアローを耐えるため」の「しろいハーブ」よりも「その他のほとんどのシーンで確実に積むため」の「きあいのタスキ」を優先しました。 「しろいハーブ」型も考察の価値はあると思いますが、今回は「きあいのタスキ」型の考察となります。 しかし特性ですが、やはりのろわれボディの方がこの型には合うと考えます。 殻を破るのでしたら素早さをそれより上げるのはさすがに過剰であり、それならば襷持ちかつHに28だけ振り、アイテム無しドラゴンアローを耐える調整などにする価値はあると思います。 同時にスカーフオノノクス 破後同速 のダブルチョップも耐え、他の先発に多いスカーフ持ちに思わぬダメージが入る可能性があります。 スカーフノクス、サザン対策に臆病も悪くないですね。 もしお時間がありましたらバトン先のポケモンのオススメも教えてください。 BDダウンしても1回攻撃を耐え、かつ素早さと火力の両立となると少し限られてくると思いますが、ぜひお聞きしたいです。 ご指摘いただいた通り、確かに「のろわれボディ」のほうが長けている面もあり、その点についても含めた考察・追究も本文にて行うべきでした。 至らない点があったことをお詫び致します。 その点については追って修正・追記していきたいと思います。 「耐久ダウンがあっても繋げられるバトン先」としては、論内で触れたミミッキュに加え、確実に一撃を耐えられる「がんじょう」「アイスフェイス」持ちや、天候の効果で特殊耐久ダウンを相殺して攻撃に転じられるバンギラスなどが適していると考えております。 また、タイプ的に耐性が優秀なポケモンで無効化しながら繋いでいくのも良いでしょう。 物理特殊を問わず火力を底上げしていけることが論内で触れたドラパルトやアブリボンとの差別化点でもあるので、パーティに足りない要素をそれ用に調整し後続として採用することも可能かと考えております。 この点についても後ほど追記したいと考えております。 アドバイスありがとうございます。 サイコショックの採用については単純な火力指数を考慮し見送らせていただきました。 ご使用に際して「どうしてもポットデスで処理したくて、アシストパワーよりサイコショックのほうがダメージが入る仮想敵がいる」と判断された場合には、十分に候補に入ると思います。 いただいた数値で計算してみたところ、特化サザンドラのあくのはどうが乱数一発 50. 本論で考察したきあいのタスキ型と比較すると、この二者もまた一長一短だと言えるでしょう。 しかし、ドラパルトに対して可能性を持てる型は現環境にも適しており、大変使い勝手が良さそうに思います。 参考になりました。 バトン先についてなのですが、夢モスノウを現在思案中なのですがいかがでしょうか?バトン時の繰り出しで特殊を半減で受けることができ、くだけるよろい込みでSに振らなくても準速110族の1段上昇 や最速スカーフサザンドラ まで抜くことができます。 物理相手には繰り出せないですが、コオリッポとの同時採用で繰り出し先の物理特殊に合わせた2ルート選ぶことができるため、リスキーな殻破砕鎧バトンにより安定感を持たせることができます。 この2体は技範囲が被っているようで案外被っていないのもポイントだと思います。 バトンを別の候補に繋げた際も、モスノウであれば単体運用時の火力が高い点も、評価に値する点かと判断しております。 バトン後の冷Bで、最近流行り出したトゲキッスやサザンドラがダイマックスした後でも確1です。 持てる技の都合上環境に多いヒートロトムを突破できないことやミミッキュで止まりやすいことが難点ですが、ご一考のほど、または賛否や細かい調整案等アドバイス頂けますと幸いです。 後続へのコオリッポとモスノウの採用は「物理特殊問わず採用できる」からやぶのメリットとも噛み合っており理にかなっていると思います。 ただ、ヒートロトムに触れていらっしゃることからお分かりかとは思いますが、タイプが偏るため相手を選ぶ組み合わせではあると思います。 パーティの残り3枠でこの偏りを補う必要こそありますが、このポットデスを含めた構築の方向性としては正解のひとつではあると考えています。 おくびょう H60 B252 S196とありますが、からやぶ後ドラパルト抜きならH196 S60の間違いではないでしょうか? これだと特化サザンのあくはも確定耐えしますね。 もっともからやぶでDが下がると耐えなくて、からやぶ後控えめスカーフサザンを抜いていないので、サザン後出しが怖いと思いました。 ひかえめスカーフサザンを抜いて、S実数値113まではふってはどうでしょう?ついでに114までふれば最速スカーフロトムも抜けますよ。 しかし、正しい数字に改めた上で「きあいのタスキ型の欠点をピンポイントに補った型として、現環境に適しており面白い案だと思います」とだけ述べさせて頂きます。 申し訳なかったです。 自分は起点作り専門のポケモンを作って、火傷or壁下でミミッキュのダイホロウ耐えまで振った白いハーブ型を使用しております。 あと、アシパは必須だと思います。 からやぶしたターンにミミッキュを後出しされた時、ダイマックスしてダイサイコを打てば、その後のかげうちを封じることができますし、ドヒドイデも黒い霧を打たれることなく、確殺できます。 ダイサイコの件については主役割が「からやぶバトン」であることから「その後2ターンはバトンが出来なくなる」ダイサイコの言及は避けておりましたが、改めて考えると相手にダイホロウ・ダイサイコが一貫する場合についてはそれも選択肢足り得ますね。 この点について追記させていただきます。 コメントありがとうございました。 「からをやぶる」後の火力を考えると「ギガドレイン」もアリかとは思いますが、草タイプ技の通りが良くないことを踏まえ、相手依存要素こそあるものの、ある程度の数字をタイプに関係なく確実に回復できる「ちからをすいとる」を候補に入れております。 環境に多いポケモンの細かいダメージ計算や、バトン先のポケモン紹介など詳しく記載させれてありとても素晴らしい育成論だと思いました。 すでに考察済みでしたら申し訳無いのですがバトン先のポケモンに白いハーブを持たせてステータス回復をするという戦法も、バトンを繋げるポケモンのレーパートリーが増え戦略の幅が広がるのかなと個人的には思いました。

次の

【ポケモン ソード&シールド】ポットデスの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン ポットデス 育成 論

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ゼラオラレイドの攻略情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるポットデスの育成論と対策について掲載しています。 ポットデスのおすすめ技や性格、レイドや真作などについても記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• ポットデスの特徴 特殊型からやぶアタッカー 今作トップクラスの特攻種族値を持つポットデスは、パーティの特殊アタッカーとして活躍します。 からをやぶるを習得するので、火力と素早さを一気に上げて攻撃しましょう。 物理技に脆い 特防は高いものの、防御種族値はかなり低いので、物理技で簡単に倒されてしまいます。 ポットデスを活躍させたい方は、きあいのたすきを持たせるか、物理型の相手は避けるようにしましょう。 もしきあいのタスキが発動してなかった場合には、ギガドレインでHPが満タンになれば再び発動できる状態になります。 耐久値を下げない為にもちものに「しろいハーブ」を採用し、努力値を耐久に割きました。 努力値調整 もちものにきあいのタスキではなくしろいハーブを持たせている為、耐久を高めています。 パルシェンと素早さが同じなので同様の使い勝手となる。 ・Lvで習得 ・思い出しで習得 ・てんねんヌオー対策に ・で習得 ・からをやぶるの状態をバトンできる ・Lvで習得 ・思い出しで習得 ・貴重な先制技 ・基本技 ・思い出しで習得 ・サポート型で採用 ・で習得 ・サポート型で採用 ポットデスのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 きあいのタスキ からをやぶるを安全に積むことができる。 しろいハーブ バトンタッチ採用時に ポットデスの対策 注意点 パルシェンと同様にからをやぶるを使用する積みエース型のポケモンです。 タスキを潰しておくなどのケアが必要です。 物理耐久は低いので物理技で攻めるのがおすすめですが、火力の低い技の場合は素早さを上げてしまうので気をつけましょう。 対策方法 殻を破らせない状況を作る からをやぶった後のポットデスを止めるのは至難の技なので殻を破られないようにしておきましょう。 対策としてはステルスロックやすなあらしといった定数ダメージで潰すのがおすすめです。 先制技持ちも持っておくと良いでしょう。 積みのリセットを狙う あくびなどの技で交代を強いる方法や、でんじはなどの状態異常を使って積んだ分を打ち消しましょう。 ポットデスが出現するマックスレイドバトルは、ストーンズ原野にあるポケモンの巣から太い光が出ている時に出現します。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 画像はヤバチャですが、ポットデスも同様にマークがあるのが真作、ないのが贋作となります。 進化アイテムが異なる アイテム名 入手方法 かけたポット ・ラテラルタウンの掘り出し物市 われたポット ・ラテラルタウンの屋根上 ・ラテラルタウンの掘り出し物市 真作と贋作でポットデスに進化させる際に必要となるアイテムが異なります。 日替わりで商品が変わるので、毎日チェックしましょう。 だれかに飲まれるのをま待っているが不味いのですぐに吐き出される。 贋作 すみかにしているティーカップは有名なアンティークの食器。 多くの贋作が出回っている。 図鑑説明も異なるので、マークがうまく確認できない方は図鑑説明を確認しましょう。

次の