デジタル ピッキング。 デジタルピッキングシステム(DPS) |製品|ダイフクの製品情報サイト

デジタルピッキングシステムの導入事例とメリット紹介

デジタル ピッキング

デジタルピッキングシステム デジタルピッキングシステム Digital Picking System:DPSは、主として商品や部品のピッキング指示システムに利用される意味の和製英語になります。 米国ではすでに1970年代に同様のシステムが利用されており、正式名称はピックトゥライトシステム Pick To Light System:PTLと呼ばれて実用化されています。 DPSと同様の方式で部品の払い出しでも、ランプとスイッチをシーケンサー(Programmable LogicController:PLC)に接続して部品払い出しを支援していたシステムが1960年代に国内の某自動車メーカーでランプガイドシステムとして利用されていました。 DPSは当初は在庫型物流センターDCで商品のアイテム数と出荷先件数が多い量販店向けのオーダー別ピッキングシステムなどに採用されていました。 また製造工程での部品の払い出しシステムとしても採用されていました。 一方、商品や部品のピッキングや払い出し作業(ピッキング)だけでなく、商品のオーダー別仕分け作業(アソーティング)作業でも採用され、特に通過型物流センターTCでは、ベンダーから商品が入荷次第に仕分ける作業に威力を発揮しました。 アソーティングに採用されるシステムは、和製英語ではデジタルアソーティングシステム Digital Assorting System:DAS、欧米ではプットトゥライトシステム Put To Light System:PTLと呼ばれています。 従来、出荷指示リスト(ピッキングリストや仕分けリスト)を手に持って読んで作業するリスト方式に比べて、それぞれ平均して2倍以上の生産性と10倍以上の精度が実現できるとして、いずれも物流作業の効率を大幅に向上できる手段として高く評価されています。 作業ミスを防止 人の作業の生産性では、DPSやDASの優位性が示されているが、人間作業系でミスを防止するには作業スピードを落とすことになります。 作業スピードを維持してミスをなくすために、• ピッキングしながらPOS検品するピックアンドチェックシステム• 作業者の手の位置を検知して間口の間違えをチェックするポカヨケスクリーン• 間口個々の表示器にゲートを備えて作業ミスを防止するポカヨケゲート• 仕分け棚の間口個々に重量検品装置を設置してネットワークで連携することで、仕分けしながら重量検品するウェイトアソートシステム と商品や部品の属性と物流の諸特性に応じて投資効果に配慮したシステムを選択していただけるよう、さまざまなソリューションでお客様のニーズに対応しています。 環境保全と省エネへの観点から、家電製品のみならず電気・電子機器の省電力化が進められています。 また、表示媒体としての使い捨てになる紙の消費を削減すべく、電子ブックなどの製品がネットワーク技術の進化と相俟って脚光を浴びています。 消費電力の低減に向けて、従来使用してきたLED表示器 JWシリーズ、他に代えて、電子ペーパー表示器 ePモジュールを開発しました。 その結果、消費電力の大幅な低減と合わせて、表現力が向上し、数字や文字以外にバーコードや画像なども表示できるようになり、デジタルピッキングシステム以外に様々な用途にも活用の道が開かれています。 商品棚や仕分け棚のロケーションの変更に合わせて表示を書き換えることで、棚番ラベル、商品ラベル、出荷先ラベルなど、従来は必要の都度、紙に印刷して棚などに貼付していたラベルが要らなくなり、ここでも使い捨てではなく、ペーパーレスでスマートな表示システムが実現しました。 表示器のフリーロケーションとモバイルのニーズに応えて、無線通信方式の表示器システムも開発しています。 従来の7セグLED表示では消費電力の問題で、毎日のように充電せざるを得ないことがネックになっていましたが、いち早く電子ペーパーを採用した省電力型表示器を開発していた結果、単三電池3本のフル充電で約1ヵ月使い続けることができる無線表示器 NWシリーズを実現することに成功しました。 無線表示器はフリーロケーションでの利用はもとより、移動しながら作業指示が提示できるというモバイルシステムとしても利用の道を広げることになりました。 作業生産性と精度向上のために進めてきたペーパーレスが、結果としてプリンターレスにもつながり、省資源・省エネがキーテーマとなっている今日的ニーズにも対応できるという一石二鳥の技術を実現しました。 製造と物流を司るお客様からのニーズと現場のニーズに対応し、デジタルピッキングシステムのみならず、作業支援システムの進化をアイオイ・システムは今後も進めていきます。

次の

デジタルピッキング(摘み取り方式)

デジタル ピッキング

概要無線デジタルピッキングシステムは、株式会社タカハタ電子が開発した無線表示器 「TK-735」を使った仕分け作業支援システムです。 無線対応のため、表示器の設置および商品の配置換えに合わせた移動が容易です。 「レイアウトフリー」の実現により、柔軟に仕分け作業の運用方法の構築や整備を行えます。 無線表示器「TK-735」 従来の仕分けリスト用紙を作業者が手に持って仕分けを行う作業方法では、リストとの照合による読み間違いや、商品知識がないことで商品を探す時間がかかるなど、様々な課題がありました。 無線デジタルピッキングシステムは、商品が保管されている棚などに設置された表示器が仕分け商品や数量をボタン点灯により指示するため、リストが不要になりペーパーレス化を実現できます。 また、作業者は点灯しているボタンの商品を指定数量ピッキングするだけなので、仕分け作業の大幅な業務効率化が見込めます。 イーソルは、物流現場の業務向けに、長年にわたり優れたやを開発・販売してまいりました。 これらの耐環境向け製品は、様々な業務シーンで多数採用されています。 とタカハタ電子の無線デジタルピッキングシステムの組み合わせにより、仕分け業務に加えて、など、物流現場の一連の業務を効率化するシステムをご提案します。 特長 リスト不要、仕分け作業経験や商品知識がなくても使える優れた仕分け作業支援システム• 表示器のボタン点灯および数量表示に従って作業するため、仕分け作業リストの持ち歩きは不要• 作業者は表示器の点灯しているボタンに従い仕分けを行うため、必要な商品の位置をすぐに認識でき、仕分け作業の経験がない初心者や、商品知識がない方でも作業が可能 表示器の設置・移動が容易、さらに既存の台車のピッキングカート化を実現• 無線システムのため、商品の配置換えに合わせた表示器の移動が容易• 既存の台車に取り付けることでピッキングカートとして流用でき、コスト低減に貢献 複数の作業者による仕分けの同時進行を可能にし、仕分け業務を効率化• 5色のボタンで作業者の担当分けをすることにより、複数名での同時の仕分け作業を可能にし、大幅な業務効率化を実現 冷凍倉庫でも使える優れた耐環境性• 充電器は低温・結露状況下でも充電できる非接触方式を採用 表示器には高輝度LEDセグメントを採用、高い視認性を実現• 無線デジタルピッキングシステムは、パソコン上に用意されたピッキング指示データを、タカハタ電子製アクセスコントローラ「TK-726FF」を通し、子機となる無線表示器「TK-735」 上で作業者および数量を指示する仕分け作業を支援するシステムです。 表示器 TK-735は、アクセスコントローラ 1台に対し最大50台まで同時接続できます。 ピッキング作業イメージ 表示器 TK-735には5色のボタンがあります。 作業者は、自身が担当する色が点灯している表示器 TK-735に表示されている数量を取り出し、担当色のボタンを押すことで、該当商品のピッキング完了となります。 担当色ボタンが点灯している商品全てにこの作業を行うことで、一連の仕分け作業をスムーズに行えます。

次の

デジタルピッキング(摘み取り方式)

デジタル ピッキング

デジタルピッキングシステムとは? デジタルピッキングシステムとは、デジタルピッキング端末を使ったペーパーレスのピッキングシステムです。 デジタルモニターと中継ボックス、それをコントロールするためのアプリケーションソフトとPCで構成されており、作業担当者はモニターを確認しながら移動してピッキング作業を行うことになります。 最新のシステムでは、無線でコントロールできるものも登場しており、利便性が向上しています。 デジタルピッキングと伝票やリストによるピッキングの違い 従来のピッキングでは、伝票やリストが使用されていました。 デジタルピッキングシステムと最大の違いはペーパーレス化されているという点と、商品や倉庫に関する知識がない人間でもピッキング作業ができるという点です。 デジタルピッキングシステムでは、従来使用していた伝票やリストは必要ありません。 また、バーコードやICタグをスキャンして作業を行うため、初心者でも対応することができます。 デジタルピッキングシステム導入のメリット 作業効率向上 デジタルピッキングシステムを導入することで、倉庫内の出庫や入庫、在庫管理などの作業が従来に比べて容易になり作業効率が向上します。 「どこに何がどのくらいの数保管してあるのか」をすべてデジタル管理することで、出庫や入庫に関する管理や保管場所などを正確にスピーディーに把握することができます。 例えば、出荷作業の場合、デジタルピッキングシステムでは、商品探しはシステム上で行い、作業員はランプの点灯箇所に足を運びピッキングを行い発送の作業を行います。 従来必要だった、商品探しや伝票読みや消込み、伝票の再確認といった煩わしい作業がデジタルピッキングシステムを導入すれば一切必要ありません。 つまり、従来行っていた伝票読みや商品探しなどに時間と労力を要すことなく、最小限の移動とピッキングで作業が終了するのです。 これによって、スムーズに出庫や入庫することができるのです。 誰でもスムーズに運用できるので職場環境の向上につながる デジタルピッキングシステムを導入することで、商品や倉庫に関する知識がない人間でも容易に在庫管理やピッキングなどの作業を行うことが可能となります。 ベテラン作業員に依存することなく誰でもスムーズにピッキング作業を行うことができる上に、従来必要だった作業が減るので現場作業員の時間と労力の節約になります。 作業量の縮小やベテラン作業員への依存解消は、職場環境の向上にもつながる極めて重要な要素と言えます。 ミス削減 伝票やリストの場合、避けることができないのが人為的ミスです。 デジタルピッキングシステムでは、商品の保管場所や量などをすべてデジタル管理しているので、従来の方法に比べてミスを削減することができます。 在庫管理のミスは時に企業に多大なる損害を与える結果となります。 在庫管理のミスを減らすことは、リスクを減らすことにつながります。 データ分析 デジタルピッキングシステムでは、何がいつどの位売れたのか…など、商品に関するデータ分析を短時間で正確に容易に行うことができます。 伝票やリスト管理の場合、このデータ分析にもある程度の時間と労力を要していましたが、デジタルピッキングシステムを使用することで瞬時にデータ分析し今後の販売戦略や生産計画に反映させることができます。 コスト削減 デジタルピッキングシステムを導入することで、伝票やリスト管理と比べて作業員の数や労働時間を大幅にカットすることができます。 作業効率の向上と作業の簡素化を図ることで、人件費や残業代などのコストをカットすることができます。 取り扱う商品に合わせたカスタマイズが可能 デジタルピッキングシステムでは、取り扱う商品に合わせたあらゆるカスタマイズが可能です。 取り扱う商品に合わせた最適なソリューションを選択することで、さらなる作業効率のアップやミスの削減、作業員の移動距離の短縮、作業スペースの有効利用などデジタルピッキングシステム導入のメリットを最大限享受することができます。 保管スペースと事務所とのデータ連動なども可能ですので、社内全体のスムーズな運用が実現します。 デジタルピッキングシステムの種類 デジタルピッキングシステムには、いくつかの種類があります。 種類によって特色があるので、自社のシステムや取扱商品に合ったデジタルピッキングシステムを導入することが重要です。 摘み取り式 摘み取り式のデジタルピッキングシステムは、作業スピードのアップの精度向上を目的とするシステムです。 発送先ごとに商品を仕分けしてピッキングする方法でオーダーピッキングと呼ばれることもあります。 コンベアとモニターを組み合わせたシンプルなシステムで、作業スピードをアップさせ同時にミスを減らすことができます。 摘み取り式ピッキングシステムは、少量の商品を高頻度で発送する場合に適しており、食品やアパレル、雑貨、ジュエリーなど幅広い分野に対応しています。 パッケージソフトをカスタマイズすることであらゆるニーズに答えることができます。 種まき式 種まき式のピッキングは、商品の数や種類が多く、出荷先が少ない場合に取り入れられるピッキングシステムです。 摘み取り式と異なって、一商品ごとにピッキングを行うという方法です。 パレットやロールごとにピッキングをするため、大量の商品を発送する場合にとても便利なシステムです。 種まき式ピッキングは別名マルチピッキングと呼ばれ、、出荷先が多く商品の種類や数が限られている場合に適しています。 運用する際のイメージは? 作業効率アップやミスの軽減など様々なメリットがあるデジタルピッキングシステムですが、具体的な運用はどのようなイメージになるのでしょうか。 固定表示と無線表示 デジタルピッキングシステムでは、商品の保管場所をランプ点灯で作業員が把握することになります。 この表示機のシステムには、固定表示と無線表示があります。 固定表示 固定表示の場合は、物が保管されている各間口に表示機が設置されており、表示機にランプとモニターが付いています。 そして、このモニターに数字が表示されます。 作業員は、端末を操作してピッキングするべきリストを読み込みます。 そして、ランプが点灯した箇所に足を運び、モニターにデジタル表示されている数字の数だけ商品を移動させるという仕組みです。 無線表示 無線表示の場合は、当日出荷するものをまずフリーエリアに移動させてから、ピッキングを行います。 端末でピッキングするリストのバーコードを読み込むと、各パレットに取り付けられたモニターにピッキングするべき数が表示されます。 作業員はそのモニターの表示にしたがってピッキングをしていき、規定数を取り出したら表示器のボタンを押して作業を完了させます。 固定表示には、スピーディーな作業が可能というメリットがあり、無線表示には限られたスペースでの運用というメリットがあります。 おわりに 作業効率アップやミスの削減など、様々なメリットがあるデジタルピッキングシステムは様々な業種で採用される極めて便利なシステムです。 また、従来の方法と比較して作業量が大幅に減ることで社員の職場環境向上にも役立ちます。 取り扱う商品や事業形態に合わせた方法を選択することができますし、さらに、システムをカスタマイズすることでメリットを最大限に生かすことができます。

次の