スエーデン 集団 免疫。 ロックダウンしないスウェーデンに「厳格な措置」求める声、死亡者増加で

スウェーデン 「集団免疫」獲得の兆しか

スエーデン 集団 免疫

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。 各国で様々な拡大防止策が取られる中、スウェーデンでは学校、ジム、レストランなどが営業を続けながらも国民へ「ソーシャル・ディスタンス」を意識するように呼びかけ、対応してきた。 そんな中でスウェーデン公衆衛生局の疫学者アンダース・テグネル氏が「集団免疫を持ち始めた」との考えを示したことを19日 日本時間20日 、米紙「デイリー・ニュース」が報じた。 「スウェーデンが集団免疫が近いとし、封鎖しない対応後に新型コロナウイルス対策の成功を主張」との見出しで掲載された記事では、テグネル氏が「我々のモデラーによると、ストックホルムで多くの人々が免疫を持ち始め、それが感染拡大に影響を与え始めます。 我々のモデルは5月中を示しています」との考えを明かしたことを伝えている。 スウェーデンではロックダウンすることなく、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めている。 しかし、現時点でスウェーデンでは新型コロナウイルスの感染者数は1万4385人となっており、そのうち、1540人が亡くなっている。 しかし、テグネル氏は「全体的な戦略の失敗ではありません。 介護施設に住む高齢者を守ることに失敗したからです」と自身の考え方を明かしている。 記事は、自身も新型コロナに感染したイギリスのボリス・ジョンソン首相は、集団免疫獲得の路線から後にロックダウンによる社会封鎖で封じ込めへと考え方を改めたことを例にあげ、スウェーデンの集団免疫獲得の路線へ疑問符をつけている。 (ENCOUNT編集部).

次の

ロックダウンしないスウェーデンに「厳格な措置」求める声、死亡者増加で

スエーデン 集団 免疫

3月14日現在、新型コロナの感染は世界の110カ国に広がり、感染者は12万人、死者は4700人を超えている。 政府は国民に外出の自粛、休校、そしてスポーツ・文化イベントの自粛を要請したが、その社会的影響は大きく、市民生活も経済も大きく混乱している。 新型コロナ問題はいつまで続き、どのような形で収束するのだろうか。 この見通しを考える上で欠かせないのが、「集団免疫」についての正しい理解である。 集団免疫とはなにか。 政府の対策の根拠である専門家会議の見解や各国の状況をよみときながら、そこに登場する集団免疫の考え方やしくみについて検討し、新型コロナ対策の今後を考えてみたい。 専門家会議の見解と安倍政権の判断のズレ 児童が感染した小学校で消毒作業をする教職員ら=2020年3月6日、山口県下関市、貞松慎二郎撮影 新型コロナウイルス感染症への対策を検討するため、安倍首相は第一線の研究者を構成員とする専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)を設置。 専門家会議は2月24日、「ここ1~2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となる」との見通しを発表していた。 この「2週間後」にあたる3月9日、専門家会議が開かれ、次のような見解を示した。 現在は爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度、持ちこたえている。 しかし、感染者数は、当面、増加傾向が続くと予想されるので、依然として警戒を緩めることはできない。 北海道で2月28日に出された「緊急事態宣言」の効果については、3月19日ごろに公表する。 今後、国内での急速な感染拡大を抑制できたとしても、世界的な流行が進んでいることから、国外から感染が持ち込まれる事例も、繰り返されるものと予想される。 要するに、2週間様子を見た結果、爆発的な感染拡大には進まなかったのだ。 少なくともこれで医療崩壊が起こるような状況が避けられたことは明らかである。 そうであれば、所期の目的を達成したのであり、社会的な混乱の急速な拡大を避けることも考えて、自粛をそろそろ緩和してもいいと考えられる。 ところが、政府はそうはしなかった。 専門家会議の見解を受けて、安倍首相は自粛をさらに10日間継続することを国民に要請し、選抜高校野球大会も中止が決まった。

次の

封鎖なしのスウェーデン、「集団免疫」には程遠い状況 首都の抗体率7.3%

スエーデン 集団 免疫

(CNN) スウェーデン公衆衛生局は22日までに、首都ストックホルムの住民を対象に行った検査で、抗体保有率は7.3%にとどまるとの結果が出たと明らかにした。 緩やかな感染封じ込め策を取るスウェーデンだが、「集団免疫」の獲得には程遠い状況が浮き彫りになった。 7.3%の数値は他国とほぼ同水準で、集団免疫の形成に必要な70~90%をはるかに下回る。 スウェーデンは他国と異なる感染防止戦略を採用しており、日常生活の制限はごく軽微な水準にとどまっていた。 ストックホルムで記者会見したスウェーデンの疫学責任者、アンデシュ・テグネル氏は今回の値について、想定より「若干低い」と述べつつ「著しく低いわけではない。 1~2%低い程度だろう」との見方を示した。 そのうえで「我々のモデルと良く一致する結果だ」としている。 調査は公衆衛生局が行ったもので、集団免疫獲得の可能性を判断する基準とするため、1週間に1118件の検査を実施した。 週7日、計8週間にわたり同数の検査を行う。 他の地方の結果も数週間以内に公表するという。 スウェーデンの戦略をめぐっては、集団免疫形成の試みを支持する声は少ないとの批判が研究者から出ていた。 ただし当局は、集団免疫の獲得を目標にしているわけではないとしている。 集団免疫は、人口の70~90%が感染や回復、ワクチン接種を通じて感染症への免疫を獲得することで達成される。 その場合、ウイルス保有者の数自体が少なくなるため、免疫を持っていない人に感染が広まる可能性も低くなる。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、スウェーデンの感染者は3万2172人、死者は3871人。

次の