れいわ平成何年。 平成31年はいつまで?令和れいわ元年はいつからなのか気になる!|【ままたいむ】

改元:平成から令和への変換早見表【元号変更時の注意点】

れいわ平成何年

年度と何年分、事業年度の違い 学校や公官庁、あるいは大手企業などでは、1年の区切りを「4月1日から翌年3月31日」に設定しているケースが多いです。 この1年間の区切りは「 年度」と呼ばれています。 一方、単に 何年分といった場合は「平成何年の1月1日~12月31日」、あるいは「西暦何年の1月1日~12月31日」のことを意味しています。 年度の「度」の1文字があるかないかによって意味が違ってくるので注意しましょう。 ・平成28年分(平成28年1月1日~平成28年12月31日まで) ・平成28年度分(平成28年4月1日~平成29年3月31日まで) 例えば、学校行事の卒業式で年度が使われる場合、その年度の卒業式は翌年3月の式のことを指しています。 (平成28年卒) この年度には学校年度や会計年度、事業年度などの種類があり、一般的には4月から翌3月までが1年の区切りとされています。 課税期間や納付期間の「何年分」と「年度」の違い 個人事業の場合は 事業年度を自由には決められず、「1月1日~12月31日」までと決まっているため、課税対象となる期間は「何年の1月1日~12月31日」までとなります。 けれども、 納付期間については役所の会計年度である「4月1日~翌年3月31日」までが使用されるため、「何年分」や「何年度分」によって意味が違ってきます。 国の財政法第11条には以下のように記述されており、また、自治体についても会計年度は「4月1日~翌年3月31日」で変わりありません。 財政法 「第十一条 国の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終るものとする。 」 地方自治法 「第二百八条 普通地方公共団体の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わるものとする。 例えば、「平成27年分の所得税を平成28年3月の確定申告で申告する。 」といった場合、平成27年1月1日~平成27年12月31日の所得に対する所得税を、翌年の平成28年3月の確定申告で申告するという意味になります。 所得税と同様、住民税についても課税対象となる期間は「1月1日~12月31日」までで変わりはありません。 けれども、住民税の普通徴収の場合、その年の4月から翌年3月までの役所の年度期間中に、第1期~第4期などの分割で払うことになります。 第1期は6月頃になりますが、翌年1月の第4期にかけて原則4回払いで納付することになります。 そのため、仮に平成27年の1月に大きな所得が発生したとすると、翌々年の平成29年1月まで関係してくるので注意しましょう。 住民税の場合は4回の分割払いですが、は7月~翌年3月までの10回に分割して支払うことになります。 こちらは毎月払いですので、4月~翌年3月の12回払いになります。 個人事業と法人の事業年度の違い 上記のように、個人事業の事業年度は「1月1日~12月31日」までとなっていますが、の場合は「4月1日~翌年3月31日」となっている会社が多いです。 けれども、法人は自由に事業年度を決めることができるため、必ずしも1年間の区切りが4月~翌3月末に設定されているわけではありません。 中小企業によっては税理士が忙しくなる3月末の時期を避け、事業年度の開始時期を8月や9月に設定し、対応してもらいやすい時期を決算期にしている会社もあります。 法人の3月決算や7月決算のように自由に決めることはできません。 また、一般的には年度ではなく「 何年分」の確定申告といった言い方をします。 例えば、平成27年分の青色決算といった場合、平成27年1月1日~平成27年12月31日の期間に対する決算になります。 あえて年度でいいますと、事業年度は1月1日~12月31日までの扱いなので平成27年度ということになります。 一般的な大企業は、公官庁や学校の年度と同じ4月1日~翌年3月31日のケースが多いですが、なかには9月1日~翌年8月31日などの会社もあります。 このの場合は「年度」が使われるケースもありますが、会社によってそれぞれ決算期が異なっていて紛らわしいため、通常は「 何年何月期決算」などという言い方がされています。 例えば、平成28年3月31日が決算日の場合は以下のようになります。 平成28年3月期決算(平成27年4月1日~平成28年3月31日) これは平成27年度決算と同じ意味です。 上場企業の場合、ホームページ上で決算公告がされていることが多いので、機会があれば確認してみるとよいでしょう。

次の

平成31年はいつまで?令和れいわ元年はいつからなのか気になる!|【ままたいむ】

れいわ平成何年

満年齢とは? 「満年齢」とは、 生まれた時を0歳とし、誕生日を迎えるごとにひとつ年齢が増える数え方のことで、生まれた一年後の誕生日に、1歳になります。 「満20歳」などと表記します。 普段の生活でしたら満年齢は「誕生日に年を重ねていく」ということで問題はありませんが、少しややこしいのが法律です。 年齢計算に関する法律(明治35年12月22日施行)では「年齢は出生の日より之を起算す」と書かれています。 これは、 誕生日に年を重ねるのではなく、誕生日の前日に年を重ねるということです。 誕生日を1日目とし、365日目に年を重ねるのです。 誕生日が1日目なら、365日目は誕生日の一日前なんですね。 誕生日の前日に年を重ねるので、4月1日生まれの人は3月31日に満年齢を迎えます。 そのため、4 月1日生まれの人は「遅生まれ」とされ、4月2日以降に生まれた人よりも学年が一つ上になるのです。 数え年とは? 「数え年」とは、 生まれたその日にすでに1歳で、元日(1月1日)に年を重ねるという数え方です。 例えば、2019年4月10日に生まれた人は、その時点で1歳です。 そして、2020年1月1日に2歳になります。 私たちが一番耳にする長寿のお祝いのひとつに 「還暦」があります。 還暦は満年齢60歳でお祝いをし、それ以外の長寿のお祝いは数え年でお祝いをします。 数え年で自分が今何歳なのか知りたいときは、 「元日から誕生日前までは満年齢+2歳」「誕生日当日から12月31日までは満年齢+1歳」と計算してみましょう。 2020年「満年齢」「数え年」早見表 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 令和2年 2020年 0歳 1歳 平成31年・令和元年 2019年 1歳 2歳 平成30年 2018年 2歳 3歳 七五三 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成29年 2017年 3歳 4歳 平成28年 2016年 4歳 5歳 七五三 平成27年 2015年 5歳 6歳 平成26年 2014年 6歳 7歳 七五三 平成25年 2013年 7歳 8歳 小学校入学 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成24年 2012年 8歳 9歳 平成23年 2011年 9歳 10歳 平成22年 2010年 10歳 11歳 平成21年 2009年 11歳 12歳 平成20年 2008年 12歳 13歳 平成19年 2007年 13歳 14歳 中学校入学 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成18年 2006年 14歳 15歳 平成17年 2005年 15歳 16歳 平成16年 2004年 16歳 17歳 高校入学 平成15年 2003年 17歳 18歳 平成14年 2002年 18歳 19歳 女性厄年 平成13年 2001年 19歳 20歳 平成12年 2000年 20歳 21歳 成人 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成11年 1999年 21歳 22歳 平成10年 1998年 22歳 23歳 平成9年 1997年 23歳 24歳 平成8年 1996年 24歳 25歳 男性厄年 平成7年 1995年 25歳 26歳 平成6年 1994年 26歳 27歳 平成5年 1993年 27歳 28歳 平成4年 1992年 28歳 29歳 平成3年 1991年 29歳 30歳 平成2年 1990年 30歳 31歳 平成元年・昭和64年 1989年 31歳 32歳 昭和63年 1988年 32歳 33歳 女性厄年 昭和62年 1987年 33歳 34歳 昭和61年 1986年 34歳 35歳 昭和60年 1985年 35歳 36歳 昭和59年 1984年 36歳 37歳 女性厄年 昭和58年 1983年 37歳 38歳 昭和57年 1982年 38歳 39歳 昭和56年 1981年 39歳 40歳 昭和55年 1980年 40歳 41歳 昭和54年 1979年 41歳 42歳 男性厄年 昭和53年 1978年 42歳 43歳 昭和52年 1977年 43歳 44歳 昭和51年 1976年 44歳 45歳 昭和50年 1975年 45歳 46歳 昭和49年 1974年 46歳 47歳 昭和48年 1973年 47歳 48歳 昭和47年 1972年 48歳 49歳 昭和46年 1971年 49歳 50歳 昭和45年 1970年 50歳 51歳 昭和44年 1969年 51歳 52歳 昭和43年 1968年 52歳 53歳 昭和42年 1967年 53歳 54歳 昭和41年 1966年 54歳 55歳 昭和40年 1965年 55歳 56歳 昭和39年 1964年 56歳 57歳 昭和38年 1963年 57歳 58歳 昭和37年 1962年 58歳 59歳 昭和36年 1961年 59歳 60歳 昭和35年 1960年 60歳 61歳 還暦・男女厄年 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和34年 1959年 61歳 62歳 昭和33年 1958年 62歳 63歳 昭和32年 1957年 63歳 64歳 昭和31年 1956年 64歳 65歳 昭和30年 1955年 65歳 66歳 緑寿 昭和29年 1954年 66歳 67歳 昭和28年 1953年 67歳 68歳 昭和27年 1952年 68歳 69歳 昭和26年 1951年 69歳 70歳 古希 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和25年 1950年 70歳 71歳 昭和24年 1949年 71歳 72歳 昭和23年 1948年 72歳 73歳 昭和22年 1947年 73歳 74歳 昭和21年 1946年 74歳 75歳 昭和20年 1945年 75歳 76歳 昭和19年 1944年 76歳 77歳 喜寿 昭和18年 1943年 77歳 78歳 昭和17年 1942年 78歳 79歳 昭和16年 1941年 79歳 80歳 昭和15年 1940年 80歳 81歳 傘寿 昭和14年 1939年 81歳 82歳 半寿 昭和13年 1938年 82歳 83歳 昭和12年 1937年 83歳 84歳 昭和11年 1936年 84歳 85歳 昭和10年 1935年 85歳 86歳 昭和9年 1934年 86歳 87歳 昭和8年 1933年 87歳 88歳 米寿 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和7年 1932年 88歳 89歳 昭和6年 1931年 89歳 90歳 卒寿 昭和5年 1930年 90歳 91歳 昭和4年 1929年 91歳 92歳 昭和3年 1928年 92歳 93歳 昭和2年 1927年 93歳 94歳 昭和元年・大正15年 1926年 94歳 95歳 大正14年 1925年 95歳 96歳 大正13年 1924年 96歳 97歳 大正12年 1923年 97歳 98歳 大正11年 1922年 98歳 99歳 白寿 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 大正10年 1921年 99歳 100歳 上寿 大正9年 1920年 100歳 101歳 大正8年 1919年 101歳 102歳 大正7年 1918年 102歳 103歳 大正6年 1917年 103歳 104歳 大正5年 1916年 104歳 105歳 大正4年 1915年 105歳 106歳 大正3年 1914年 106歳 107歳 大正2年 1913年 107歳 108歳 茶寿 大正元年・明治45年 1912年 108歳 109歳 明治44年 1911年 109歳 110歳 明治43年 1910年 110歳 111歳 皇寿 明治42年 1909年 111歳 112歳 明治41年 1908年 112歳 113歳 明治40年 1907年 113歳 114歳 明治39年 1906年 114歳 115歳 明治38年 1905年 115歳 116歳 明治37年 1904年 116歳 117歳 明治36年 1903年 117歳 118歳 明治35年 1902年 118歳 119歳 頑寿 満年齢と数え年の違いがわかりましたね。 七五三や長寿のお祝いなどは、もともとは数え年で行っていましたが、現在は満年齢で行うこともあるようです。 地域やご家庭によって数え年か満年齢か異なるかもしれませんので、事前に周囲の人に相談して決めるようにしましょう。 また、厄年も多くの神社やお寺では数え年で厄払いを行いますが、満年齢で行うところもありますので事前にチェックしておきましょう。 関連: 関連: 関連: -.

次の

【令和(れいわ)】に新元号が決定、5月1日に施行 「平成」は30年の歴史に幕

れいわ平成何年

「元号」とは? 読み方は 「げんごう」です。 特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。 「元年」とは? 読み方は 「がんねん」です。 元号が改まった最初の年や、天皇即位の最初の年という意味があります。 「年度」とは? 年度とは、 特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である 「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした 「学校年度」です。 会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。 一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。 たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。 ここでは、一般的な「年度」である4月1日から3月31日までの区切りで考えて行きます。 令和元年度はいつからいつまで? 昭和から平成に改元された時を思い出してみましょう。 昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、翌日1月8日から元号は「平成」となりました。 この時は、 昭和63年(1988年)4月1日~平成元年(1989年)3月31日が「昭和63年度」でした。 そして、 平成元年(1989年)4月1日~平成2年(1990年)3月31日が「平成元年度」となりました。 ですので、 昭和64年度は存在しませんでした。 さらに一つ前の、 大正から昭和に改元された時はどうだったのでしょう? 大正15年(1926年)12月25日に「昭和」に改元されたので、「昭和元年」は12月25日~12月31日の一週間だけでした。 この時は、 大正15年(1926年)4月1日から、改元され12月25日に昭和元年(1926年)となり、さらに新年になり昭和2年(1927年)を迎え、3月31日までが「大正15年度」でした。 そして 昭和2年(1927年)4月1日から昭和3年(1928年)3月31日までが「昭和2年度」となりました。 ですので、 昭和元年度は存在しませんでした。 このように、 4月1日時点での元号の年が、その後、途中で改元があってもそのまま年度として3月31日まで使われるということがわかります。 この考え方を踏まえて考えると、令和へ改元されるのは5月1日ですので、 4月1日時点では平成31年です。 よって、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までは「平成31年度」となり、 令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日までは「令和2年度」となるため 「令和元年度は存在しない」となります。 令和元年度は存在する しかし今回は、政府が以下のように発表しました。 「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて『令和元年度』とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては『令和元年度予算』と表示するものとする」 これは、国が行う 「会計年度」に限って「令和元年度」とするということです。 つまりどういうことかというと、平成31年(2019年)3月に成立した「平成31年度予算」は、4月30日までは「平成31年度予算」と呼ばれますが、令和元年(2019年)5月1日からは「令和元年度予算」になります。 「令和元年度予算」の期間は平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日ですから、改元日の一ヶ月前に遡った期間も「令和元年度」に含まれます。 簡単に説明すると、 「改元日は5月1日なので年度の呼び方はこの日から変わりますが、令和元年度という期間が始まるのは4月1日から」ということになります。 このように国が行う 「会計年度」に限っては平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが「令和元年度」となります。 年度に関して明確なルール、法律などはありませんので、国の予算に関すること以外は組織や団体の判断に任せるようですが、国に合わせて「令和元年度」にすることが一般的だと考えられます。 平成31年度はいつからいつまで? これまでと同じように考えれば、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが 「平成31年度」となりますが、 政府の発表にほかの組織や団体が従うと考えると 「平成31年度」は存在せず「令和元年度」となります。 「令和元年度」と「平成31年度」どちらが正しい? しかし、「平成31年度」と「令和元年度」を併記したり、新年度の始まりの元号を優先して「平成31年度」を用いることもなんの問題もありませんので、 組織や団体によっては「平成31年度」を用いることがあるかもしれません。 少々ややこしいように見えますが、「平成31年度」は「平成が一ヶ月間だけ」と考えると、「令和元年度」にしたほうがしっくりくるような気がしませんか? とはいうものの、政府の発表があったからといって「すべてにおいて令和元年度にしなければならない!」というわけではありませんので、「令和元年度」と「平成31年度」が混在することは理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。 どちらも正しく、どちらを使っても良いのです。 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の