大変 ありがたく 存じ ます。 「恐縮しております」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉

「ありがとう存じます」って正しい日本語?

大変 ありがたく 存じ ます

「ありがたく存じます」とはへりくだった言い方です。 そのため、使う相手は目上の人に限られています。 たとえば自分の部下や目下の人に対して「ありがたく存じます」を使うのは嫌味に思われてしまいます。 へりくだるというのは、謙遜するという意味です。 これは日本の伝統的な表現です。 自分を低く見せることによって、相手の地位を高めるという効果を期待しているのです。 日本では慣用表現として用いられています。 「ありがたく存じます」という言葉を実際にへりくだった気持ちで使っていない方もいるでしょう。 多くの方は決まりごととしてこちらの表現を用いています。 相手が目上の人であり、感謝の言葉を伝えたいならば、「ありがたく存じます」を使っておけば問題ないです。 「ありがたく存じます」は話しているときに使われることは少ないです。 こちらの言葉を耳にしたことはないという方は多いでしょう。 「ありがたく存じます」とは、基本的にメールや手紙で用いられる表現なのです。 文章で目上の人に感謝を伝えたいときに使われます。 たとえば上司に対して手紙やメールで感謝を伝える際には、「ありがたく存じます」を使うのは適当です。 「ありがとうございます」よりも「ありがたく存じます」と使うだけでも、あなたの評価は上がるでしょう。 正しい言葉を使えると思われるのです。 ビジネスではメールや手紙で感謝を伝える場面はたくさんあります。 そんなときに「ありがたく存じます」を使いこなすことができると良いでしょう。 幸甚とはとても幸せという意味であり、ありがたくの類語といえるでしょう。 存じますをつけることによって、謙譲した表現となっています。 「ありがたく存じます」をそのまま「幸甚に存じます」に言い換えることができるでしょう。 幸甚はありがたくよりもより丁寧な言葉です。 そのため、「ありがたく存じます」よりさらに丁寧にしたいときには、「幸甚に存じます」を用いると良いでしょう。 類語表現といっても、丁寧さには違いがあるのです。 幸甚については、基本的にメールや手紙などでしか用いない言葉となっています。 この上もない幸せな状態にあることを伝えられるでしょう。 ただし、多用するべきではありません。 ここぞという場面で用いましょう。 言葉で感謝を伝えるのは簡単です。 慣用表現を散りばめることによって、それらしい文章を作成することは誰にでもできます。 一方、プレゼントを贈るというのは、自分のお金と時間を使うことになるため、より自分の気持ちを伝えられるでしょう。 プレゼントというのは相手のことをしっかりと考えることになります。 一体何を贈れば喜んでくれるだろうかとじっくり思案します。 相手のことを考える時間もプレゼントには込められているのです。 そういった気持ちは受け取った方にも伝わるでしょう。 相手の印象に残るプレゼントを贈ることができれば、「ありがたく存じます」という言葉以上の感謝を伝えられるでしょう。 形として残るものであれば、それは相手にとって思い出のものとなります。

次の

「大変だと思いますが」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

大変 ありがたく 存じ ます

【例文】• sorry,but can you show me the way to the next village? (恐縮ですが、隣の村への道を教えてくれませんか?)• Sorry, I do not think that I can not join the meeting. (恐れ入りますが、会議に参加できそうにありません。 I am very grateful for your kindness. (親切にして頂き、恐縮です。 ) まとめ 恐縮は、相手に対して申し訳なく感じて身も縮まる思いをするという意味で、感謝を伝えたり、何かをお願いしたり、断ったりする時などに使うことができます。 しかし、何度も「恐縮」という言葉を使うことは、逆にへりくだりすぎて失礼になりますし、話し言葉で使うと冷たい印象を与えてしまいます。 状況に応じて使えるように「恐縮」以外の使い方も知っておくことが大切です。•

次の

「存じ上げます」と「存じます」の違いとは?意味と正しい使用例文

大変 ありがたく 存じ ます

実は「存じます」は「ありがたく存じます」の場合は「おもいます」の謙譲語となりますので、「ありがたく存じます」は、お礼や感謝の気持ちを伝える際に使う謙譲語です。 謙譲語はへりくだった言い方で、自分をへりくだり相手を立てる際に使います。 そのため「ありがたく存じます」は、一般的に目上の人やビジネスシーンではVIPのような重要なお客さまへ使います。 会社の同僚や部下、また友人には「ありがたく存じます」を使うことはありません。 また、「存じます」は「おもいます」の謙譲語という意味以外にも「知っている」という意味の敬語「存じ上げています」もありますので、注意しておくと良いでしょう。 「ありがたく存じます」の丁寧語 「ありがたく存じます」は、相手の人がしてくれたことに対して嬉しく感じたり、感謝したりといったことをかしこまった言い方で伝える時に使う言葉です。 主にメールやビジネスレターなどの手紙の文中、また会社の式典や結婚式、その他にもフォーマルなシチュエーションで使われます。 そのため、友人や会社の同僚といった親しい人に対してはあまり使うことはないでしょう。 このような場合には、「ありがたくおもっています」「嬉しくおもいます」「感謝します」といった表現方法で感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。 「存じます」という謙譲語をを使うシチュエーションなのかをしっかりと見極めておくことが大切です。 類語・類義語とは区別して使おう! 「ありがたく存じます」の意味や使い方、類語などをご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。 敬語の中にも「丁寧語」「謙譲語」「尊敬語」があり、かしこまった場やお客様、目上の人、会社の上司などシチュエーションや相手によって言い回し、言い方を変える必要があります。 いつも使いなれない敬語を完璧に使いこなすのはなかなか難しいですが、やはり、ビジネスパーソンとしてはしっかりと日本語を熟知し、その場にあった言い回しができるように日頃から気を付けておきましょう。 会社であれば、先輩やベテラン社員の方などが書いたメールを見せてもらうだけでも勉強になります。 「ありがたく存じます」も使い方を身に付けて、しっかりと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

次の