魔女の宅急便声優。 魔女の宅急便の声優の他声優出演作品まとめ 1人2役!キキとウルスラ演じ分ける高山みなみに注目!魔女の宅急便のその後も!

【声優】魔女の宅急便の声優まとめ!キキやジジ、トンボの声を担当しているのはあの人?!

魔女の宅急便声優

【魔女の宅急便】 ジジはキキの相棒の黒猫です。 キキは魔法でジジと話すことができます。 ちょっと生意気ですが、いつもキキを励ましてくれる存在です。 ジジの声を演じているのは声優の佐久間レイさん。 「それいけ!アンパンマン」のバタコさん役でおなじみの声優さんです。 魔女の宅急便の声優:おソノさん/戸田恵子 おソノさんはパン屋の女将さん。 赤ちゃんのおしゃぶりを拾ってくれたキキを気に入り、パン屋の屋根裏をキキに部屋として提供します。 コリコの街でキキを温かく見守ってくれる大人の一人です。 おソノさんを演じたのは女優・声優の戸田恵子さん。 「それいけ!アンパンマン」のアンパンマンや「トイ・ストーリー」のボー役でも知られています。 なんと、ジジとおソノさんがアンパンマンコンビという2度目の奇跡! コナンやアンパンマンなど、名作アニメで共演した声優さんが、魔女の宅急便を作り上げていたんですね! 魔女の宅急便の声優:ウルスラ/高山みなみ ウルスラは森のアトリエで一人絵を描いている、画家志望の女の子。 キキが配達中に落としたぬいぐるみを拾ったことでキキと友達になります。 マイペースですが、魔法が使えなくなって落ち込むキキを励ましてくれる存在です。 実はウルスラを演じたのは主人公キキと同じ高山みなみさん! 当時まだ新人だった高山さんは当初ウルスラ役にキャスティングされていたものの、キキ役が空いてしまったため、オーディションでキキ役に抜擢されました。 しかし逆に空席になったウルスラ役の後任が決まらず、1人2役を演じることになったそうです! 魔女の宅急便の声優:コキリ/信澤三惠子 コキリはキキのお母さん。 彼女もまた魔法使いで、魔法使いを目指す娘を送り出します。 演じたのは俳優の信澤三惠子さん。 宮崎駿監督のアニメ「未来少年コナン」で主人公コナンを演じています。 魔女の宅急便の声優:オキノ/三浦浩一 オキノはキキのお父さんです。 魔女や妖精について研究している学者さんです。 オキノの声を担当したのは俳優の三浦浩一さん。 時代劇やサスペンスドラマなどで活躍する渋いイメージの三浦さんですが、「魔女の宅急便」では娘思いの父親役を演じています。 まとめ いかがでしたか? 今回は、ジブリの名作アニメーション『魔女の宅急便』の声優を紹介しました。 アンパンマンやコナンに出ている声優さんが担当していたりしたのには驚きました。

次の

【魔女の宅急便】オス猫ジジが話せなくなる理由や役割は?声優も紹介

魔女の宅急便声優

オキノ:三浦浩一 「魔女の宅急便」あらすじとネタバレ 主人公は13歳の小さな魔女・キキ。 魔女として生きることを決意していたキキはある満月の夜、魔女のしきたりで独り立ちするための旅に出る。 魔女の仕来り(しきたり)は「13歳になったら魔女のいない町に移り住み、魔女としての修行を積む」というもの。 来週のキャンプ道具を借りてきたキキの父は突然の出発に驚くが、魔女の服に着替えたキキを見て「母さんの若いころによく似てる…」と言った。 そして父はキキを高い高いし、しばらく会えないであろうキキを思いっきり抱きしめた。 その後、天気予報が外れて突然の嵐に襲われたキキは、貨物列車に忍び込んで一夜を明かした。 そして目を覚ましたキキが目にしたのは初めて見た「海」と、その先にあった海に浮かぶ大都会・コリコだった。 美しい街並みに心躍らせるキキだったが、人々のキキに対する反応が冷たいことに戸惑っていた。 すると到着早々、未成年のキキは警察官に身元を確認されそうになるが、そんなキキのピンチを救ったのはメガネをかけた少年・トンボだった。 ( トンボは愛称で本名は 「コポリ」さん) トンボは「ドロボー、ドロボー!」と叫んで警官をキキから離れさせ、キキはそのすきに裏路地に逃げた。 トンボは「飛行クラブ」に所属する少年で空を飛んできたキキに興味津々だったが、キキはしつこく質問攻めにするトンボから逃げるように飛び立った。 その後、行くあてもなく途方に暮れていたキキだったが、一軒のパン屋(グーチョキパン店)の前でおかみさん・おソノに出会う。 やがてキキはお客の忘れ物を届けたことでおソノさんに気に入られ、彼女の好意で自宅の2階に下宿させてもらうことになり、 魔法を活かして 『魔女の宅急便』を開業する。 その後、キキが初めてのお客さんの荷物を届ける途中、突然の突風に襲われてお届け物(黒猫のぬいぐるみ)を森に落としてしまう。 配達の時間に間に合わないキキは焦り、仕方なく ぬいぐるみの代わりにジジを鳥かごに入れ、急いで森に戻ってぬいぐるみを探した。 やがて一軒の小屋でぬいぐるみを見つけたキキは、そこで画家の少女・ウルスラと出会う。 ウルスラはすぐにぬいぐるみを返してくれたが、ぬいぐるみの首もとが少し破れていた。 すると、焦るキキを見たウルスラはぬいぐるみを直してくれることになり、キキは交換条件としてウルスラの小屋を掃除した。 その夜、ぬいぐるみの修理が終わったキキは一目散に飛び立ち、ジジを救出するため再び配達先の家へ向かった。 すると、その家で飼われている犬のジェフは、キキの到着に合わせるかのように、ジジを優しくくわえて玄関先に連れて行った。 あのヒトが助けてくれたんだよ。 ぬいぐるみを届けてくれるって… お願いできますか? その後、キキが暇そうに店番をしていると、トンボが 飛行クラブの 「パーティーの招待状」を持ってきた。 キキは恥ずかしがって招待状を受け取らなかったが、トンボは『6時に迎えに来るから』と言って、招待状をテーブルの上に置いて店を後にした。 テンションが上がったキキはすぐにおソノさんに報告したが、その日は仕事が詰まっていて大慌てで出かけた。 やがて一件目の配達を終え、二軒目の配達に向かったキキは、そこで品のいい老婦人と出会う。 老婦人は孫のパーティーに自慢の料理(ニシンとかぼちゃのパイ)を届けてもらう予定だったが、オーブンの故障で焼けずに困っていた。 老婦人はムダ足をさせてしまったキキにお礼を渡そうとしたが、キキは「お金だけもらえない」と言って薪のオーブンでパイを焼くことに挑戦する。 その後、段取りよく無事にパイを焼き終えたキキだったが、 老婦人の家の時計が 『10分遅れている』ことに焦り、急いでパイを届けに行った。 さらに、キキは突然の大雨に襲われてびしょ濡れになりながらもパイを届けたが、老婦人の孫は「私このパイ嫌いなのよね」と言った。 そんな中、トンボはパン屋の前でしばらくキキを待っていたが、キキは約束の時間に間に合わず、立ち去るトンボを見つめながら悲しい表情で家路についた。 翌朝、目を覚ましたキキは高熱が出ていたが、おソノさんが「ミルクがゆ」を作ってくれて体調はすぐに回復した。 元気になったキキはおソノさんから配達を頼まれるが、配達先にいたのはコポリさんこと「トンボ」だった。 するとトンボは自慢の自転車(人力飛行機の機関部)をキキに見せ、2人は自転車に乗って不時着した『飛行船』を見に行くことになった。 しかし、海沿いを物凄いスピードで駆け抜ける自転車は途中で飛び、2人は飛行船の近くの芝生の上に転げ落ちてしまう。 2人はケガもなく無事だったが、2人はあまりの恐怖に大笑いした。 その後、2人が座り込んで話していると、車に乗ったトンボの友達たちが声をかけてくる。 トンボは「飛行船の中を一緒に見に行こう」とキキを誘ったが、キキは険しい表情で「私は仕事があるの」と断ってしまう。 スポンサーリンク 「魔女の宅急便」結末 キキはジジとの食事中、ジジと会話を交わすことができなくなってしまったことに気づく。 キキは突然のことに驚くが、 キキは 『魔法の力』を失っていた。 ほうきで飛ぶこともできなくなっていたキキは焦り、仕方なく「魔女の宅急便」を一時休業する。 すると、落ち込むキキのもとをウルスラが訪れ、キキはウルスラの小屋に泊まりに行くことにした。 そこでキキはウルスラの描いた絵に感動し、自信を失っていたキキは『ジタバタするしかない』とアドバイスを受けた。 それをキキという人に届けてほしいの。 この前とってもお世話になったから、そのお礼なのよ。 ついでにその子のお誕生日を聞いてきてくれるとうれしいんだけど… またケーキを焼けるでしょう。 するとその直後、テレビから飛行船が強風に煽られて飛ばされているニュースが飛び込んでくる。 やがて飛行船を支えていたロープが次々と切り離される中、先端から垂れ下がったロープに「トンボ」が必死でつかまっていた。 それを見たキキは慌てて飛び出し、トンボを心配しながら現場に向かう途中、声をかけられた おじいさんが持っていた 「デッキブラシ」を借りて空に飛び立った。 やがて飛行船は風に流されて時計台にぶつかり、トンボは今にも飛行船から落ちそうだった。 キキは必死になってトンボに近づくがなかなか手をつかめず、力を失ったトンボは飛行船から落ちてしまう。 しかし、キキは地面ギリギリのところでトンボの手をつかみ、トンボは無事に救出されて『キキの救出劇』はテレビで流された。 その後、おソノさんには子供が生まれ、相棒のジジにも子供(白猫3匹、黒猫1匹)が生まれた。 キキは両親に手紙を送り、この町が好きなこと、そして少し自信がついたことを報告した。 落ち込むこともあるけれど、私…この町が好きです。 スポンサーリンク.

次の

【魔女の宅急便】声優一覧!高山みなみが二役演じてた!

魔女の宅急便声優

オキノ:三浦浩一 「魔女の宅急便」あらすじとネタバレ 主人公は13歳の小さな魔女・キキ。 魔女として生きることを決意していたキキはある満月の夜、魔女のしきたりで独り立ちするための旅に出る。 魔女の仕来り(しきたり)は「13歳になったら魔女のいない町に移り住み、魔女としての修行を積む」というもの。 来週のキャンプ道具を借りてきたキキの父は突然の出発に驚くが、魔女の服に着替えたキキを見て「母さんの若いころによく似てる…」と言った。 そして父はキキを高い高いし、しばらく会えないであろうキキを思いっきり抱きしめた。 その後、天気予報が外れて突然の嵐に襲われたキキは、貨物列車に忍び込んで一夜を明かした。 そして目を覚ましたキキが目にしたのは初めて見た「海」と、その先にあった海に浮かぶ大都会・コリコだった。 美しい街並みに心躍らせるキキだったが、人々のキキに対する反応が冷たいことに戸惑っていた。 すると到着早々、未成年のキキは警察官に身元を確認されそうになるが、そんなキキのピンチを救ったのはメガネをかけた少年・トンボだった。 ( トンボは愛称で本名は 「コポリ」さん) トンボは「ドロボー、ドロボー!」と叫んで警官をキキから離れさせ、キキはそのすきに裏路地に逃げた。 トンボは「飛行クラブ」に所属する少年で空を飛んできたキキに興味津々だったが、キキはしつこく質問攻めにするトンボから逃げるように飛び立った。 その後、行くあてもなく途方に暮れていたキキだったが、一軒のパン屋(グーチョキパン店)の前でおかみさん・おソノに出会う。 やがてキキはお客の忘れ物を届けたことでおソノさんに気に入られ、彼女の好意で自宅の2階に下宿させてもらうことになり、 魔法を活かして 『魔女の宅急便』を開業する。 その後、キキが初めてのお客さんの荷物を届ける途中、突然の突風に襲われてお届け物(黒猫のぬいぐるみ)を森に落としてしまう。 配達の時間に間に合わないキキは焦り、仕方なく ぬいぐるみの代わりにジジを鳥かごに入れ、急いで森に戻ってぬいぐるみを探した。 やがて一軒の小屋でぬいぐるみを見つけたキキは、そこで画家の少女・ウルスラと出会う。 ウルスラはすぐにぬいぐるみを返してくれたが、ぬいぐるみの首もとが少し破れていた。 すると、焦るキキを見たウルスラはぬいぐるみを直してくれることになり、キキは交換条件としてウルスラの小屋を掃除した。 その夜、ぬいぐるみの修理が終わったキキは一目散に飛び立ち、ジジを救出するため再び配達先の家へ向かった。 すると、その家で飼われている犬のジェフは、キキの到着に合わせるかのように、ジジを優しくくわえて玄関先に連れて行った。 あのヒトが助けてくれたんだよ。 ぬいぐるみを届けてくれるって… お願いできますか? その後、キキが暇そうに店番をしていると、トンボが 飛行クラブの 「パーティーの招待状」を持ってきた。 キキは恥ずかしがって招待状を受け取らなかったが、トンボは『6時に迎えに来るから』と言って、招待状をテーブルの上に置いて店を後にした。 テンションが上がったキキはすぐにおソノさんに報告したが、その日は仕事が詰まっていて大慌てで出かけた。 やがて一件目の配達を終え、二軒目の配達に向かったキキは、そこで品のいい老婦人と出会う。 老婦人は孫のパーティーに自慢の料理(ニシンとかぼちゃのパイ)を届けてもらう予定だったが、オーブンの故障で焼けずに困っていた。 老婦人はムダ足をさせてしまったキキにお礼を渡そうとしたが、キキは「お金だけもらえない」と言って薪のオーブンでパイを焼くことに挑戦する。 その後、段取りよく無事にパイを焼き終えたキキだったが、 老婦人の家の時計が 『10分遅れている』ことに焦り、急いでパイを届けに行った。 さらに、キキは突然の大雨に襲われてびしょ濡れになりながらもパイを届けたが、老婦人の孫は「私このパイ嫌いなのよね」と言った。 そんな中、トンボはパン屋の前でしばらくキキを待っていたが、キキは約束の時間に間に合わず、立ち去るトンボを見つめながら悲しい表情で家路についた。 翌朝、目を覚ましたキキは高熱が出ていたが、おソノさんが「ミルクがゆ」を作ってくれて体調はすぐに回復した。 元気になったキキはおソノさんから配達を頼まれるが、配達先にいたのはコポリさんこと「トンボ」だった。 するとトンボは自慢の自転車(人力飛行機の機関部)をキキに見せ、2人は自転車に乗って不時着した『飛行船』を見に行くことになった。 しかし、海沿いを物凄いスピードで駆け抜ける自転車は途中で飛び、2人は飛行船の近くの芝生の上に転げ落ちてしまう。 2人はケガもなく無事だったが、2人はあまりの恐怖に大笑いした。 その後、2人が座り込んで話していると、車に乗ったトンボの友達たちが声をかけてくる。 トンボは「飛行船の中を一緒に見に行こう」とキキを誘ったが、キキは険しい表情で「私は仕事があるの」と断ってしまう。 スポンサーリンク 「魔女の宅急便」結末 キキはジジとの食事中、ジジと会話を交わすことができなくなってしまったことに気づく。 キキは突然のことに驚くが、 キキは 『魔法の力』を失っていた。 ほうきで飛ぶこともできなくなっていたキキは焦り、仕方なく「魔女の宅急便」を一時休業する。 すると、落ち込むキキのもとをウルスラが訪れ、キキはウルスラの小屋に泊まりに行くことにした。 そこでキキはウルスラの描いた絵に感動し、自信を失っていたキキは『ジタバタするしかない』とアドバイスを受けた。 それをキキという人に届けてほしいの。 この前とってもお世話になったから、そのお礼なのよ。 ついでにその子のお誕生日を聞いてきてくれるとうれしいんだけど… またケーキを焼けるでしょう。 するとその直後、テレビから飛行船が強風に煽られて飛ばされているニュースが飛び込んでくる。 やがて飛行船を支えていたロープが次々と切り離される中、先端から垂れ下がったロープに「トンボ」が必死でつかまっていた。 それを見たキキは慌てて飛び出し、トンボを心配しながら現場に向かう途中、声をかけられた おじいさんが持っていた 「デッキブラシ」を借りて空に飛び立った。 やがて飛行船は風に流されて時計台にぶつかり、トンボは今にも飛行船から落ちそうだった。 キキは必死になってトンボに近づくがなかなか手をつかめず、力を失ったトンボは飛行船から落ちてしまう。 しかし、キキは地面ギリギリのところでトンボの手をつかみ、トンボは無事に救出されて『キキの救出劇』はテレビで流された。 その後、おソノさんには子供が生まれ、相棒のジジにも子供(白猫3匹、黒猫1匹)が生まれた。 キキは両親に手紙を送り、この町が好きなこと、そして少し自信がついたことを報告した。 落ち込むこともあるけれど、私…この町が好きです。 スポンサーリンク.

次の