ろうそく ポケモン。 ポケモン図鑑BW2|ヒトモシ|ポケモン!ブラック2&ホワイト2(BW2)攻略広場

ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2 デコロラアドベンチャー:あにてれ:テレビ東京

ろうそく ポケモン

2011年6月9日放送 旅を続けるサトシたちは、深い霧のたちこめる森の中で迷子になっていた。 すると目の前に人影が・・・。 道を尋ねようと近付いてみると、そこにいたのは"ヒヤリングポケモン"タブンネ!だが、何やらいつもと様子が違う。 サトシたちを無視して、フラフラと歩いて行ってしまったのだ。 急いで後を追おうとするが、その行く手を阻むようにジュンサーさんが現れる。 しかも、なんとサトシたちを逮捕すると言い出した!何とかジュンサーさんの誤解を解き、詳しい話を聞くことに。 それによると、町のいたるところのタブンネが突如姿を消しているらしい!この非常事態にサトシたちも協力を申し出る!しかし、この事件には思いもよらぬ結末が待ち受けていた・・・!! 2011年6月2日放送 ライモンシティへ向け旅を続けるサトシたちは、とある森で休憩中。 そこに、1体の"マントルポケモン"ダンゴロが現れ、ところせましと大暴れ!そんな姿を見たサトシのゲット心に火がついた!さっそくミジュマル・ポカブでバトルをするが、まさかの惨敗!治療のためポケモンセンターへ向かう羽目に。 立ち去るサトシたちを見つめるダンゴロ。 どうやら暴れていたのには何か理由がありそうだ・・・。 治療が終わり、ジョーイさんと話をしていると、そこに一人の男性が現れる。 この男性は、急に水が出なくなってしまったポケモンセンターの修繕に来たらしい。 だが建物には問題がなく、原因は洞窟の水源のようだ。 そして、この水源にこそとんでもないヒミツが隠されていた・・・!! 2011年5月26日放送 ライモンシティへ向かう旅の途中、その前に突如立ちはだかる少女・ラングレー。 お目当ては竜の里出身のアイリス!どうやらラングレーは『ドラゴンバスター』と呼ばれるこおりタイプの使い手で、アイリスとバトルをするため待ち伏せていたらしい。 ラングレーからのひどい挑発に怒り心頭のアイリスは、このバトルを受けることに!ラングレーが送りだしたのは"とうけつポケモン"のツンベアー。 対するアイリスは、当然キバゴを選んでバトル開始!だが、相性の悪さだけでなく、ツンベアーの圧倒的なパワーの前にキバゴはあっさり戦闘不能に。 悔しさをあらわにするアイリスは、胸に秘めたある思いをサトシたちに語りだす・・・。 2011年5月19日放送 シューティーとのバトルの中で、ミジュマルの思わぬ弱点「水の中で目を開けられない」という事実を知ったサトシ。 早速特訓をするため、大きな池のある場所にやってきた!他の仲間たちをアイリスにあずけて、つきっきりで特訓するサトシだったが、ミジュマルはなかなか目を開けられない。 そんな中、サトシたちの帰りを待つアイリスがポケモンたちを遊ばせていると、草むらにひそんでいた"きのこポケモン"タマゲタケにズルッグが『ずつき』!すると、怒ったタマゲタケがみんなに向かって『どくのこな』を噴き出し、それを浴びたポケモンたちがどくにおかされてしまった!近くにポケモンセンターもないという危機的状況の中、頼れるのはミジュマルだけ・・・。 一体どうなる!? 2011年5月5日放送 ライモンシティへの長旅に備え、ゆっくり眠っているサトシたちの元に、突如謎の飛行物体がものすごい光を発しながら飛んできた。 その動きはまるでUFOのよう・・・。 夜が明けてすぐ、その謎の飛行物体の情報を聞いて回ることにしたサトシたちは、イモリという名の博士が町外れの研究所に住んでいると聞かされる。 話を聞くため、研究所に向かおうとしたサトシたち。 だが、目の前まで来たところで3人を不思議な現象が襲う!突然頭の中に、見たこともないイメージが浮かんだのだ!急なことに不安がる3人。 そして、その様子を物陰から見つめる影が。 指先のライトを不規則に点滅させる"ブレインポケモン"リグレーだ・・・! 2011年4月28日放送 サトシたちがいつものようにバトルの特訓をしていると、1体の"わたたまポケモン"モンメンが現れた。 デントが言うには、この時期になるとモンメンは集団で行動し、カップルになって飛び立っていくらしい。 このモンメンはその群れからはぐれてしまったようだ。 しかしそれには理由があった。 ズルッグが草の茂みの先でもう1体モンメンを見つけたのだ!どうやら最初に出会ったモンメンは、このモンメンのことが好きで追ってきたようだ。 カップル成立のためには自分の強さを見せつけなければいけないのが、モンメンたちのルール。 だが、最初に出会ったモンメンはバトルにあっさり負けてしまう。 悔しそうに追いすがる姿を見たサトシたちは、バトルの特訓をすることに・・・。 2011年4月21日放送 ライモンシティへ向け旅を続けるサトシたちの前に"たいでんポケモン"シママを連れたトレーナー・ケニヤンがバトルを挑んできた!このバトルに名乗りをあげたのは、なんとみずタイプのミジュマル!自慢のホタチでどんな攻撃もはじき返して見せるとやる気十分。 バトル序盤はでんきタイプのわざを華麗にかわすミジュマルだったが、シママの強烈な「にどげり」を受けたその時、大事なホタチが遥か彼方に飛ばされてしまった!慌てて探しにいくミジュマルとサトシ。 しかしホタチはどこにも見当たらない・・・。 最大の武器を失い、がく然とするミジュマル。 そんなミジュマルのためにサトシたちは、ホタチの代わりになりそうなものを探し始めるのだが・・・。 2011年4月14日放送 キバゴとズルッグのバトル特訓中、森の茂みの中からポケモンの雄叫びが聞こえてきた。 その声の主は"ほらあなポケモン"クリムガン!しかもいきなり『きあいだま』で攻撃をしかけてきた!あわててかわすサトシたち。 するとクリムガンの後を追うように一人のトレーナーが。 エミーという名の少女はクリムガンのトレーナーで、突如暴れ出したクリムガンを見失っていたらしい。 ドラゴンタイプのポケモンにひと際興味津々のアイリスが、近付いて様子を見てみると、クリムガンの足に太いワイヤーが絡まっていた。 どうやらこれが原因で暴れていたらしい。 そんなアイリスの姿を見ていたエミーは、ドラゴンタイプのポケモンの育て方を教えてほしいとアイリスにお願いする・・・。

次の

ポケモンドリームワールド

ろうそく ポケモン

ヒトモシ ろうそくポケモン ぜんこくNo. 607 マウンテンNo. 065 高さ 0. 3m 重さ• 1kg• けたぐり威力20 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 0• 5 進化の流れ• 41で『ヒトモシ』から進化• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• 荒れ果てホテル 主な入手方法 XY• 5倍になる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 相手の『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 3 ノーマル 変化 - - 10 自分の回避率を2段階上げる。 ただし、技『のしかかり』『ふみつけ』『ドラゴンダイブ』『ハードローラー』『フライングプレス』『ゴーストダイブ』『ヒートスタンプ』は必ず命中し威力2倍で受けるようになってしまう ヒートスタンプは第6世代以降。 10 ゴースト 変化 - 100 10 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 13 ゴースト 特殊 - 100 15 自分のレベルと同じ値の固定ダメージを与える。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 16 ほのお 変化 - 85 15 相手を『やけど』状態にする。 『ほのお』タイプには無効。 24 エスパー 変化 - - 10 自分が覚えている技を相手は使えなくなる。 28 ゴースト 特殊 65 100 10 相手が状態異常の時、威力が2倍になる。 33 あく 変化 - 100 10 自分が『ひんし』になる代わりに、相手の『こうげき』『とくこう』ランクを2段階ずつ下げる。 43 ゴースト 変化 - - 10 自分のタイプが『ゴースト』タイプの時は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 55 ノーマル 変化 - - 20 自分と相手のHPを2匹の残りHPの平均値にする。 足して2で割る Lv. 4 エスパー 変化 - - 20 自分の『とくこう』『とくぼう』ランクが1段階ずつ上がる。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 20 ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交代しても効果は続く。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 22 くさ 特殊 120 100 10 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 46 あく 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 59 ほのお 特殊 60 100 15 相手全体が対象。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 61 ほのお 変化 - 85 15 相手を『やけど』状態にする。 『ほのお』タイプには無効。 63 あく 変化 - 100 15 5ターンの間、持っている道具を使えなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 70 ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 77 ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 85 エスパー 特殊 100 100 15 相手に与えたダメージの半分だけ自分のHPが回復する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 92 エスパー 変化 - - 5 5ターンの間、『すばやさ』が低いポケモンから攻撃できるようになる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 遺伝 こおり 変化 - - 30 すべてのポケモンの能力ランクの変化を元に戻す。 遺伝 どく 変化 - - 20 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 遺伝 ほのお 特殊 95 90 10 相手全体が対象。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 遺伝 エスパー 変化 - - 10 自分と相手の『こうげき』と『とくこう』を足して半分に分ける。 遺伝 どく 特殊 50 - 15 相手の能力ランクの変化を元に戻す。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った技のPPを4減らす。 ORAS ノーマル 変化 - - 20 自分と相手のHPを2匹の残りHPの平均値にする。 足して2で割る ORAS ほのお 特殊 95 90 10 相手全体が対象。 ORAS エスパー 変化 - 100 10 相手と自分が持っている道具を入れ替える。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ORAS でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 過去作でしか覚えられない技.

次の

PDW/ゆめしま

ろうそく ポケモン

ヒトモシ ろうそくポケモン ぜんこくNo. 607 マウンテンNo. 065 高さ 0. 3m 重さ• 1kg• けたぐり威力20 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 0• 5 進化の流れ• 41で『ヒトモシ』から進化• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• 荒れ果てホテル 主な入手方法 XY• 5倍になる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 相手の『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 3 ノーマル 変化 - - 10 自分の回避率を2段階上げる。 ただし、技『のしかかり』『ふみつけ』『ドラゴンダイブ』『ハードローラー』『フライングプレス』『ゴーストダイブ』『ヒートスタンプ』は必ず命中し威力2倍で受けるようになってしまう ヒートスタンプは第6世代以降。 10 ゴースト 変化 - 100 10 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 13 ゴースト 特殊 - 100 15 自分のレベルと同じ値の固定ダメージを与える。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 16 ほのお 変化 - 85 15 相手を『やけど』状態にする。 『ほのお』タイプには無効。 24 エスパー 変化 - - 10 自分が覚えている技を相手は使えなくなる。 28 ゴースト 特殊 65 100 10 相手が状態異常の時、威力が2倍になる。 33 あく 変化 - 100 10 自分が『ひんし』になる代わりに、相手の『こうげき』『とくこう』ランクを2段階ずつ下げる。 43 ゴースト 変化 - - 10 自分のタイプが『ゴースト』タイプの時は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 55 ノーマル 変化 - - 20 自分と相手のHPを2匹の残りHPの平均値にする。 足して2で割る Lv. 4 エスパー 変化 - - 20 自分の『とくこう』『とくぼう』ランクが1段階ずつ上がる。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 20 ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交代しても効果は続く。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 22 くさ 特殊 120 100 10 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 46 あく 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 59 ほのお 特殊 60 100 15 相手全体が対象。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 61 ほのお 変化 - 85 15 相手を『やけど』状態にする。 『ほのお』タイプには無効。 63 あく 変化 - 100 15 5ターンの間、持っている道具を使えなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 70 ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 77 ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 85 エスパー 特殊 100 100 15 相手に与えたダメージの半分だけ自分のHPが回復する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 92 エスパー 変化 - - 5 5ターンの間、『すばやさ』が低いポケモンから攻撃できるようになる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 遺伝 こおり 変化 - - 30 すべてのポケモンの能力ランクの変化を元に戻す。 遺伝 どく 変化 - - 20 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 遺伝 ほのお 特殊 95 90 10 相手全体が対象。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 遺伝 エスパー 変化 - - 10 自分と相手の『こうげき』と『とくこう』を足して半分に分ける。 遺伝 どく 特殊 50 - 15 相手の能力ランクの変化を元に戻す。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った技のPPを4減らす。 ORAS ノーマル 変化 - - 20 自分と相手のHPを2匹の残りHPの平均値にする。 足して2で割る ORAS ほのお 特殊 95 90 10 相手全体が対象。 ORAS エスパー 変化 - 100 10 相手と自分が持っている道具を入れ替える。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ORAS でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 過去作でしか覚えられない技.

次の