コネクツ。 『新世代マツダコネクト』の情報まとめ : K

サイバーコネクトツー

コネクツ

クイック・コネクツ 迅速かつ確実に接続してみませんか? 各種Swagelokクイック・コネクツは、押し込むだけで容易に接続することができます。 着脱時のひねり、回転、レンチ操作は不要です。 クイック・コネクツは、着脱時のスピリッジ(流体流出量)や空気混入量を最小限に抑えます。 さまざまな形状、ステム[シングル・エンド・シャット・オフ(SESO)型またはダブル・エンド・シャット・オフ(DESO)型]、ボディ、および各種エンド・コネクションを選ぶことができます。 モデル:• フル・フロー型• 計装用• ミニチュア• PTFE製シール式 または 安全な製品の選定について: システム設計者およびユーザーは、製品カタログの内容をすべてご覧になった上で、安全な製品の選定を行ってください。 安全にトラブルなく機能するよう、システム全体の設計を考慮して、製品をご選定ください。 機能、材質の適合性、数値データなどを考慮し製品を選定すること、また、適切な取り付け、操作およびメンテナンスを行うのは、システム設計者およびユーザーの責任ですので、十分にご注意ください。 ご注意: 他社部品との混用や互換は絶対に行わないでください。

次の

サイバーコネクトツー

コネクツ

マツダの新世代商品群「MAZDA3」に搭載された新世代のマツダコネクト。 今後、順次新世代商品に搭載されるでしょう。 その「新世代マツダコネクト マツダコネクト 2)」の情報を纏めていきます。 名称は、従来の「MAZDA CONNECT」という名前が継承されます。 MAZDA3(国内仕様)が公開された際には従来と同じ名称「マツダコネクト」で発表。 当ブログは「新世代マツダコネクト」と呼称を統一致します。 基本スペックは全て向上し、起動時間短縮や操作レスポンスの向上を実現。 ソフトウェアは「パナソニック」が開発。 8インチ横長ディスプレイを採用 (対角線 22. 35 cm 1280 x 480 px ) 画像:MAZDA センターディスプレイのタッチパネル機能はありません。 操作は、HMIコマンダー(コマンダーコントロール)及び音声のみになりました。 HMIコマンダー上部にはタッチパネルが搭載(現時点で国内仕様のみ) 他にも、様々な新機能が搭載されています。 マツダコネクトのUI(ユーザーインターフェース)も進化。 横動作をなくし、縦を基本とする操作性に統一。 また、時計表示もおしゃれになりました。 表示できる時計は「アナログ時計」「デジタル時計」の2種類。 カメラ類も進化を遂げ、画質が格段に改善されました。 また従来型に引き続き、音声コントロールも実装されています。 CDリッピング機能• HMIコマンダーにタッチパネル機能を搭載(地図使用時&停止時のみ)• 車載通信装置を搭載(1. 5Lガソリンエンジンモデルは除く)• 通信装置を用いたコネクティビリティサービスを展開(2019年8月末より運用開始)• 通信サービスの契約は販売店で別途契約が必要(3年間無料、4年目有料)• スマートフォン専用アプリ「MyMazda」をインストールすることで、様々なサービスを提供• 24時間365日対応• マツダサーバーを新設• エラー情報をマツダセンターへ送信• アドバイスコールやエマージェンシーコール、SOSボタンなどを搭載、万が一にはオペレーションセンターへ自動接続し、警察などの関係機関に連絡することが可能• マツダコネクトのCMU更新も通信で可能• 地図データの差分更新も可能• アプリからナビへ目的設定も可能 NaviConも可• アクセサリに「ワイヤレスチャージャー(2万8千円)」を追加 車載通信装置が利用する通信網は「KDDI」だそうです。 円状に文字が配置されており、コマンダーコントロールを回すことで選択、決定時はコマンダーコントロールを押し込むことで可能です。 日本語のキーボードはこちら。 従来型と大きくは変化ありませんが、タッチパッドでの入力が可能。 タッチパッド操作はカーソルを移動し、該当文字の上でクリックすることで入力が可能となります。 ワーニングとの連動機能により、異常が発生するとセンターディスプレイにワーニングの重要度とオーナーズマニュアルへのリンクを表示し、ワーニングの意味と対処方法の素早い確認をサポート。 また、説明には動画をしているものもあります。 映像で表示されるため、様々な機能を直感的に知ることが出来ます。 ドライバーに警告すると同時に自動停止装置と連携して、ブレーキのかかるタイミングを早めることが出来る。

次の

合同会社未来コネクツの情報

コネクツ

マツダの新世代商品群「MAZDA3」に搭載された新世代のマツダコネクト。 今後、順次新世代商品に搭載されるでしょう。 その「新世代マツダコネクト マツダコネクト 2)」の情報を纏めていきます。 名称は、従来の「MAZDA CONNECT」という名前が継承されます。 MAZDA3(国内仕様)が公開された際には従来と同じ名称「マツダコネクト」で発表。 当ブログは「新世代マツダコネクト」と呼称を統一致します。 基本スペックは全て向上し、起動時間短縮や操作レスポンスの向上を実現。 ソフトウェアは「パナソニック」が開発。 8インチ横長ディスプレイを採用 (対角線 22. 35 cm 1280 x 480 px ) 画像:MAZDA センターディスプレイのタッチパネル機能はありません。 操作は、HMIコマンダー(コマンダーコントロール)及び音声のみになりました。 HMIコマンダー上部にはタッチパネルが搭載(現時点で国内仕様のみ) 他にも、様々な新機能が搭載されています。 マツダコネクトのUI(ユーザーインターフェース)も進化。 横動作をなくし、縦を基本とする操作性に統一。 また、時計表示もおしゃれになりました。 表示できる時計は「アナログ時計」「デジタル時計」の2種類。 カメラ類も進化を遂げ、画質が格段に改善されました。 また従来型に引き続き、音声コントロールも実装されています。 CDリッピング機能• HMIコマンダーにタッチパネル機能を搭載(地図使用時&停止時のみ)• 車載通信装置を搭載(1. 5Lガソリンエンジンモデルは除く)• 通信装置を用いたコネクティビリティサービスを展開(2019年8月末より運用開始)• 通信サービスの契約は販売店で別途契約が必要(3年間無料、4年目有料)• スマートフォン専用アプリ「MyMazda」をインストールすることで、様々なサービスを提供• 24時間365日対応• マツダサーバーを新設• エラー情報をマツダセンターへ送信• アドバイスコールやエマージェンシーコール、SOSボタンなどを搭載、万が一にはオペレーションセンターへ自動接続し、警察などの関係機関に連絡することが可能• マツダコネクトのCMU更新も通信で可能• 地図データの差分更新も可能• アプリからナビへ目的設定も可能 NaviConも可• アクセサリに「ワイヤレスチャージャー(2万8千円)」を追加 車載通信装置が利用する通信網は「KDDI」だそうです。 円状に文字が配置されており、コマンダーコントロールを回すことで選択、決定時はコマンダーコントロールを押し込むことで可能です。 日本語のキーボードはこちら。 従来型と大きくは変化ありませんが、タッチパッドでの入力が可能。 タッチパッド操作はカーソルを移動し、該当文字の上でクリックすることで入力が可能となります。 ワーニングとの連動機能により、異常が発生するとセンターディスプレイにワーニングの重要度とオーナーズマニュアルへのリンクを表示し、ワーニングの意味と対処方法の素早い確認をサポート。 また、説明には動画をしているものもあります。 映像で表示されるため、様々な機能を直感的に知ることが出来ます。 ドライバーに警告すると同時に自動停止装置と連携して、ブレーキのかかるタイミングを早めることが出来る。

次の