つきの とかげ。 少年老い易く: 角とお花ととかげのしっぽ

太陽と月、地球の関係:日立キッズ

つきの とかげ

南松本の月の兎影のあさりラーメンは、スープを替え玉したいほど美味しくておすすめ! 長野県南松本駅から150mほどの場所にあるラーメン屋月の兎影(とかげ)は、あさりラーメン~潮~が有名なお店だ。 「あさりラーメンは超美味しい!」という評判を聞いたので、長野市からわざわざ南松本まであさりラーメンを食べに行った。 ぼくはラーメンの中では豚骨味が好きなので、特別あさりラーメンに思い入れはなかったが、実際に食べてみるとスープが美味しすぎて、人生で初めてスープをすべて飲み干してしまった。 しかも、もっとスープを飲みたくてスープの替え玉、いわば替えスープをしたくなるほどだった! それほど月の兎影のあさりラーメンは美味かったのだ!! そこで今回は、月の兎影のあさりラーメンをご紹介しよう。 こちらがお店の外観。 カウンター席が6席くらいと、いくつかのテーブル席の小さなお店だ。 最近ではテレビでも紹介されたそうで知名度が高く、ぼくが行った時には開店と同時に10名ほどが入店していたので、かなりの人気店のようだ。 2.あさりラーメンで有名なお店 月の兎影には、極あっさりのあさりラーメンとあさりつけ麺、濃厚な中濃とんこつラーメンなどいろんなタイプのラーメンがある。 しかし、月の兎影といえば極あっさりのあさりラーメンが有名なので、まずは極あっさりのあさりラーメンを食べてみよう。 880円と高めの値段設定だが、具材が豪華なので納得できる。 具材は厚切りチャーシュー、半熟卵、あさり、チンゲンサイ、ネギが乗っていた。 あさりラーメンというだけあって、小ぶりなあさりが乗っていた。 スープのだしは、あさりとシジミから取っているそうだ。 スープは魚介系のいい香りがして、飲んでみると口全体にあさりの旨みが広がる。 そして、特徴的なのは塩味がとても薄いということだ。 塩味は薄いのだが旨味成分がめちゃくちゃ多いので、味は薄く感じないどころか濃厚に感じるから不思議だ! 超うまい。 麺は細めの縮れ麺。 プリプリの麺がスープと良く絡んでうまい。 チャーシューは、 「これはチャーシュー麺か?」と間違うほど巨大で厚切り。 ホロホロ、トロトロな食感でこれだけで飯が食えそう。 月の兎影では、すべてのラーメンとつけ麺に「満月」と呼ばれる半熟卵がトッピングされている。 あっさりとしたあさりのスープと、濃厚な半熟卵黄は相性が抜群だ。 ラーメンの中には14個ものアサリが入っていた。 小ぶりなアサリだが、具としても美味しい。 身が縮こまっていなかったので、スープのダシを取っているのはシジミがメインなのかもしれない。 それにしても、アサリのスープがうますぎる。 あっさりしたスープに、白ネギも合う。 あまりにも美味しすぎて、ごくごくとひたすら飲み続けてしまった。 アサリとシジミのダシが出たスープは、上質なお吸い物のようで気が付いたらすべて飲み干していた。 ぼくはラーメンのスープをあまり飲まない派なので、ラーメンのスープを飲み干したのは人生初だった! しかも、もっとアサリのスープが飲みたくて、替え玉のスープバージョン「替えスープ」を頼みたくなるほどだった。 このスープだけでも、おかわり用に売ってほしい! まとめ 南松本駅から150mほどの場所にあるラーメン屋月の兎影のあさりラーメンは、具材が豪華だしなんといっても魚介のダシが出たスープが美味すぎる! ラーメン好きにはぜひ一度食べに行ってもらいたい名店だ。 166• 126• 1 アーカイブ•

次の

おすすめの「すみっコぐらし」のおもちゃ 9選【小学生女の子】

つきの とかげ

南松本の月の兎影のあさりラーメンは、スープを替え玉したいほど美味しくておすすめ! 長野県南松本駅から150mほどの場所にあるラーメン屋月の兎影(とかげ)は、あさりラーメン~潮~が有名なお店だ。 「あさりラーメンは超美味しい!」という評判を聞いたので、長野市からわざわざ南松本まであさりラーメンを食べに行った。 ぼくはラーメンの中では豚骨味が好きなので、特別あさりラーメンに思い入れはなかったが、実際に食べてみるとスープが美味しすぎて、人生で初めてスープをすべて飲み干してしまった。 しかも、もっとスープを飲みたくてスープの替え玉、いわば替えスープをしたくなるほどだった! それほど月の兎影のあさりラーメンは美味かったのだ!! そこで今回は、月の兎影のあさりラーメンをご紹介しよう。 こちらがお店の外観。 カウンター席が6席くらいと、いくつかのテーブル席の小さなお店だ。 最近ではテレビでも紹介されたそうで知名度が高く、ぼくが行った時には開店と同時に10名ほどが入店していたので、かなりの人気店のようだ。 2.あさりラーメンで有名なお店 月の兎影には、極あっさりのあさりラーメンとあさりつけ麺、濃厚な中濃とんこつラーメンなどいろんなタイプのラーメンがある。 しかし、月の兎影といえば極あっさりのあさりラーメンが有名なので、まずは極あっさりのあさりラーメンを食べてみよう。 880円と高めの値段設定だが、具材が豪華なので納得できる。 具材は厚切りチャーシュー、半熟卵、あさり、チンゲンサイ、ネギが乗っていた。 あさりラーメンというだけあって、小ぶりなあさりが乗っていた。 スープのだしは、あさりとシジミから取っているそうだ。 スープは魚介系のいい香りがして、飲んでみると口全体にあさりの旨みが広がる。 そして、特徴的なのは塩味がとても薄いということだ。 塩味は薄いのだが旨味成分がめちゃくちゃ多いので、味は薄く感じないどころか濃厚に感じるから不思議だ! 超うまい。 麺は細めの縮れ麺。 プリプリの麺がスープと良く絡んでうまい。 チャーシューは、 「これはチャーシュー麺か?」と間違うほど巨大で厚切り。 ホロホロ、トロトロな食感でこれだけで飯が食えそう。 月の兎影では、すべてのラーメンとつけ麺に「満月」と呼ばれる半熟卵がトッピングされている。 あっさりとしたあさりのスープと、濃厚な半熟卵黄は相性が抜群だ。 ラーメンの中には14個ものアサリが入っていた。 小ぶりなアサリだが、具としても美味しい。 身が縮こまっていなかったので、スープのダシを取っているのはシジミがメインなのかもしれない。 それにしても、アサリのスープがうますぎる。 あっさりしたスープに、白ネギも合う。 あまりにも美味しすぎて、ごくごくとひたすら飲み続けてしまった。 アサリとシジミのダシが出たスープは、上質なお吸い物のようで気が付いたらすべて飲み干していた。 ぼくはラーメンのスープをあまり飲まない派なので、ラーメンのスープを飲み干したのは人生初だった! しかも、もっとアサリのスープが飲みたくて、替え玉のスープバージョン「替えスープ」を頼みたくなるほどだった。 このスープだけでも、おかわり用に売ってほしい! まとめ 南松本駅から150mほどの場所にあるラーメン屋月の兎影のあさりラーメンは、具材が豪華だしなんといっても魚介のダシが出たスープが美味すぎる! ラーメン好きにはぜひ一度食べに行ってもらいたい名店だ。 166• 126• 1 アーカイブ•

次の

ざわざわ森のがんこちゃん

つきの とかげ

いま、幅広い世代から人気の「すみっコぐらし」をご存じでしょうか? 「たれぱんだ」「こげぱん」「リラックマ」など数々のヒットキャラで知られる企業・サンエックスが、2012年に発表したオリジナルキャラクターです。 この「すみっコぐらし」 今年発表された日本キャラクター大賞2019ではグランプリを受賞。 ぬいぐるみや文具など数多くのグッズをはじめ、書籍、ゲームも展開し、企業コラボでも引っ張りだこ。 名前こそ「すみっコぐらし」ですが今や街のいたるところで活躍中の大人気キャラクターなのです。 すみっコたちは、「ねこ」「しろくま」などの動物に加え、なぜか名前に? つきの「ぺんぎん? 」、キャラ物としては異色の「とんかつ」など、意外なキャラも盛りだくさん。 いったいどういう世界観なのでしょうか。 公式ウェブサイト「すみっコぐらし通信」にはこうあります。 すみっコぐらしとは? 電車に乗ればすみっこの席から埋まり、カフェに行ってもできるだけすみっこの席を確保したい……。 すみっこが好きな方、すみっこが気になる方、あなたもすみっコなかまになりませんか? (「すみっコぐらし通信」より) すみっこにいると、なぜかおちつく。 そんな気持ちがキャラクターになったのが、この「すみっコぐらし」なんだそう。 みんなそれぞれ後ろ向き、でも個性ゆたかなすみっコたちは、今日もどこかのすみっこで、自由気ままにひっそり暮らしているのです。 ちょいネガティブにいやされる! すみっコの魅力は、なんといっても「かわいいだけじゃない」「ちょっとネガティブ」なところ。 「しろくま」は、寒さが苦手で北から逃げてきた人見知りキャラ。 「ぺんぎん? 」は、自分が本当にぺんぎんなのか自信がなく、自分探しを続けています。 「とんかつ」は、とんかつのはじっこ。 おにくが1%で、しぼうは99%。 油っぽいから残されてしまったそう。 「ねこ」は、恥ずかしがり屋で体型を気にしています。 やさしいけれど、いつも気を使っていて、疲れてしまうことも。 「とかげ」は、実は恐竜の生きのこり。 正体を知られると捕まってしまうので、自分をとかげと偽って生きています。 いかがでしょう、このちょっとネガティブな設定の数々。 オトナって、他人には簡単に言えない事のひとつやふたつは抱えているし、まわりに気を使ったり、本当のワタシって何? と悩んだり、ちょっぴり生きづらい事、ありますよね。 だからこそ、すみっコたちのちょいネガティブな設定に多くのオトナが「自分にも、こんなところある~! 」と共感するのではないでしょうか。 そして、すみっコたちが自分らしくいられるすみっこに集まって自由気ままにのんびり暮らしている様子に、ココロが癒されホッコリできるのです。 2019年に「すみっコぐらし」は7周年を迎えました。 すっかり国民的人気キャラとなったすみっコたちですが、今年はさらにスペシャルな話題も。 すみっこを愛するすみっコファン待望の、映画が公開されます! いつもはすみっこでひっそりと暮らしているすみっコたち。 しかしこの「映画すみっコぐらし」では「ももたろう」や「マッチ売りの少女」など誰もが知っているおはなしの中で大冒険をくりひろげます。 すみっコたちがしかけ絵本の中で出会った、一人ぼっちのひよこ? のために奮闘する、かわいさと感動がいっぱいのストーリーは必見です。 またナレーションは井ノ原快彦さんと本上まなみさんの豪華キャスト。 すみっコたちの冒険に、お二人のナレーションがやさしく寄り添います。 この秋、すみっこをとびだしたすみっコたちの活躍を、映画館で、ぜひ楽しんでみてください! 【あらすじ】 いつもの喫茶店、いつものすみっこ。 その地下室に隠された、ふしぎな絵本とは……? ある日すみっコたちは、お気に入りのおみせ「喫茶すみっコ」の地下室で 古くなった一冊のとびだす絵本をみつけます。 絵本をながめていると、突然しかけが動き出し 絵本に吸い込まれてしまうすみっコたち。 絵本の世界で出会ったのは、 どこからきたのか、自分がだれなのかもわからない ひとりぼっちのひよこ……? 「このコのおうちをさがそう! 」 新しいなかまのために すみっコたちはひとはだ脱ぐことに。 絵本の世界をめぐる旅の、はじまりはじまり。 この世界のどこかにある「すみっこ」に暮らす、すみっコたちのぼうけんの物語がはじまります! 「すみっコたちが物語の世界に入っちゃった!? ちかしつで 見つけた ふしぎな えほん。 えほんの せかいに すいこまれた すみっコたちが であったのは…… あたらしい すみっコ?

次の