直方 もち吉。 もち吉直方本店に行ってみた | 福岡県地元人の地域・日常情報ブログ

直方市、水車茶屋(もち吉直営カフェ&レストラン)に行ってみた | 福岡県地元人の地域・日常情報ブログ

直方 もち吉

もち吉本店すぐそばで敷地内。 三連水車が目印 直方市のもち吉本店前は2車線の大きな道路で、車で走っていると三連水車が見えてきます。 そのすぐそばの建物が「水車茶屋」です。 駐車場は目の前にもあるし、もち吉の施設なので本店に停めて、こちらに来てもいいと思います。 平日11:30過ぎ(オープン直後)でも相席でお客さんいっぱい オープンが11:30と聞いていたので、ちょっと過ぎたぐらいで行ったのですが、お客さんいっぱい。 相席をお願いされました。 席は4人席が基本。 比較的ご年配の方が多い印象でグループで来られているかたがほとんどでした。 メニューはこんな感じ。 天丼か天刺御膳が人気でした。 管理人は迷った挙句、伊万里牛の丼に茶屋セット(サラダ、小鉢、茶わん蒸し、コーヒー、デザート +500円)を注文。 お味噌汁とコーヒーはお替りできるとのこと。 伊万里和牛丼+茶屋セット 伊万里牛はたたきなんですね。 タレと絡めて美味しかったです。 茶屋セットにすると、小鉢で彩が増えるし、茶わん蒸しがいいですね。 お餅とかしわ(鶏肉)が入る筑豊スタイルの茶わん蒸しです。 コーヒーもデザートもゆっくり楽しめました。 オープン記念の「力水」と「成金饅頭」もありがたくゲットしました。 (2月25日(日)2018年まで) 三連水車のほかに、隠れ水車もお見逃しなく 食事が終わったら、シンボルの三連水車を見ていきましょう。 オブジェですが、シンボルです。 後ろ側もちょと整備している感じがありますね。 ここにも何かできるかもしれません。 最後に福知山方面の遠いところですが、ここにある隠れ水車を見逃さないようにしましょう。 200号線バイパスを通る人はよく見ているかもしれませんね。 ちなみにこの高い山が福智山と並ぶ鷹取山で、昔ここにお城がありました。 水車茶屋入口の鷹取山城の模型を見る時は思い出しましょう。 住所:福岡県直方市下境.

次の

もち吉

直方 もち吉

アクセス 200号線からすぐ近く 200号線のバイパスを通って下に降りる感じです。 各地の販売店はきれいな店舗が多いと思いますが、本店は意外にも年季が入った建物です。 中とか近くに工場があって商品を持ってきているようです。 販売所の店内はこんな感じ。 通常のショップの贈答用などの商品もありますが、直売所ならではのお安い商品もあります。 売店で磯辺焼き、販売所でお徳用パックを買ってみた 入口のところで、売店があったので「餅の磯辺焼き」を注文しました。 焼いて提供してくれます。 柔らかーいお餅。 これが管理人の買ったお徳用パック「いろいろ」¥1080円。 最後の「サラダせんべい」が管理人のお気に入り。 福袋 2016年1月2日(土) 福袋を買いました。 16袋も入って1080円!ただし、早いもの勝ち!だそうです。 福袋 2018年1月2日(火) 2018年は元旦に買いに行きました。 やはり1080円ですが15袋でした。 福袋 2020年1月1日(水) 2020年も元旦に買いに行きました。 1200円(税込み)で14袋でした。 住所:福岡県 直方市大字下境2400番地字餅米もちだんご村餅乃神社前.

次の

もち吉直方本店に行ってみた | 福岡県地元人の地域・日常情報ブログ

直方 もち吉

スポンサーリンク 直方駅前 商店街入り口のもち吉うどん テレビで、直方駅の前に もち吉のうどんやさんを見かけて 午後三時ごろ、ちょっと小腹が空いたので 行ってみることにしました。 最近は、もち吉はいろんな事に手掛けていますね。 先日は、 で食事をしました。 今日は、2019年8月9日(金)に 新しくオープンしたお店で うどんを食べてみることにしました。 コシのある丸亀製麺のような、うどんなのか 福岡の牧のうどんのような やわらかい、うどんなのか とっても楽しみです。 駅前のもち吉には、駐車場が無いので 車は、駅の駐車場に止めました。 商店街入り口には、「うなぎ屋さん」があって その前にどーんと、新しいもち吉のお店が できていました。 入り口には、 「いなりあげもち」の看板が。 レンジで、温めるだけで 美味しく食べれるおもちなんです。 あげが甘くておいしいから とっても人気です。 いなり寿司の中の酢飯が おもちになった感じですね。 この「いなりあげもち」も店内でも 食べれるようです。 もち吉直方駅前店のうどん お店に入って左側は、お土産売り場になっています。 もち吉のお煎餅などが、いろいろと売られています。 もち吉商品は、みんなに喜ばれますよね。 お土産にラッピングしてもらっている間に 隣りのカフェで、コーヒー(100円)を飲みながら待つってことも できちゃいますね。 そして、右側にはテーブルがいっぱい並んでいます。 ここで、うどんやぜんざいなど食べるんですね。 奥に入ると、食券を購入する券売機があります。 どうやら、うどんは 持ち帰りもできるようです。 安いですね。 1種類、100円でいろんなトッピングもできるし さすがもち吉です。 おこわや、餅を使ったメニューもいっぱい。 餅好きには、うれしいですね。 散歩の途中でちょっと寄って お友達とコーヒー(100円)を 飲んでいるおじいちゃん達もいました。 ちょっと寄って、おやつを食べれる 気軽な場所っていいですね。 店内はWi-Fiが使えるようです。 カウンターテーブルには コンセントや、USBケーブルが させるようになっています。 コーヒーを飲みながら、パソコン作業なんかも 出来そうですね。 お水やお茶もセルフサービスです。 注文したものが出来たら 呼ばれるので、受取口に取りに行きます。 もちろん、食べた後も 自分で返却口へと、持っていきます。 セルフサービスだから、安いんでしょうね。 もち吉のうどんでランチ 注文して、7分くらいして うどんが、できたので 受取口へ、取りに行きました。 スポンサーリンク 受取口で、一味や天かすなどを お好きなだけ、入れることができます。 私は、ごぼう天が入っているので 天かすは入れないで 一味だけかけて、テーブルへと 持っていきました。 ごぼうが大きい!太い!っていうのが インパクト大ですね。 うどんの出汁は とっても上品な優しい味のスープです。 うどんのお出汁やお水は全部 もち吉の 「力水」を使っているようです。 だから、美味しいんでしょうね。 そして、この大きく太いごぼうですが こんなに大きいので、硬いのでは?と 思いきや、柔らかいっ! 歯があまり強くない私だけど 食べやすい柔らかさです。 でも、外側の衣はサクッとしていて 美味しくいただけます。 こんな大きな、ごぼう天が2本も入っていたら お腹一杯になっちゃいますね。 と 気になっていたところですが このもち吉のうどんは 今までに食べたことがない食感でした。 餅がうどんになった、というか もちもちの麺なんです。 もっちりした麺は、食べたことがありますが ここまで、もっちりした麺は初めてです。 さすが餅のお店、もち吉さんですね。 色は、ちょっと透明がかった白色。 豊前裏打会の透明のうどんと 資さんうどんの真っ白なうどんの 中間のような感じです。 私は、このもち吉のうどんにハマってしまいました。 もち吉って、お煎餅が主流ってイメージだし 最近では、冒頭で紹介した のように お食事のお店も人気になってきたけど 正直言って、うどんってそんなに 期待はしていなかったんですよね。 美味しい力水を使っているし 水車茶屋での食事も美味しかったので お出汁は、美味しいんだろうなって 思っていたけど、うどんの麺が ここまで美味しくて、もちもちしているなんて 本当に、びっくりです。 天かすと、一味を入れました。 安いですよね。 これだけ麺が美味しくって 出汁が美味しかったら かけうどんだけでも十分満足できちゃいます。 大好きなうどんだけど ここまで語れるうどんって、他にあるかな?と。 おそるべしもち吉 次回は、うどんの他に スイーツも食べてみたいと思います。

次の