どん兵衛 関西。 【どん兵衛】関西限定の味が美味しすぎる!?関東との違いって何?

【どん兵衛】関西限定の味が美味しすぎる!?関東との違いって何?

どん兵衛 関西

「どん兵衛は、関西と関東でスープの味が違う」という噂を聞いたことはありませんか? 全国各地のご当地カップ麺を収集する本連載ですが、今回は年末特別企画として、地域によって味が違う「どん兵衛」を入手し、食べ比べにチャレンジ。 年末の年越しそばにちなんで、「天ぷらそば」を中心に比較していきます! どん兵衛が勢揃い! 日清食品の広報さんに違いを聞いてみました を見ると、「うどんやそばには、歴史的に東西に嗜好の違いがあります。 そこで、東西でつゆの味に変化をつけたどん兵衛」という一言が。 どうやら確かに、私たちが食べ慣れたどん兵衛の味は、地域によって違うようです。 そこで、地域別のどん兵衛を入手してみました。 地域別のどん兵衛を入手しました まず、どん兵衛のパッケージを比べてみます。 北海道で購入したものは「北海道限定」と大きく書かれていますが、関東と関西の違いはほとんどありません。 今回入手した関西版には「ニッポンのそば」というキャッチが印刷されていますが、デザインがリニューアルされたためについたキャッチであり、地域差とは無関係とのこと。 ほかに違いが見つからないので「どこで見分ければいいんですか」と日清食品の広報さんに聞いてみたところ、「実は、秘密のマークがあるのです」との答えが返ってきました。 今回、特別にその裏技的見分け方のコツを伝授いたしましょう。 では、もしお手元に「どん兵衛」がありましたら、ぜひその側面を見てください。 原材料名などが書かれている場所の最下段を見ると、「合成保存料、合成着色料は使用しておりません。 (E)」か「合成保存料、合成着色料は使用しておりません。 (W)」と表記されているはずです。 この(E)や(W)が何を表しているかというと、(E)は「East(東)」で、(W)は「West(西)」。 つまり「E」となっていたら関東版、「W」となっていたら関西版なのです。 表のパッケージにも、小さく(E)や(W)と印刷されている個所があるので、ぜひ探してみてください。 スープの袋の色が異なるどん兵衛。 左から関西(茶色)、関東(赤色)、北海道(緑色) 実際に食べてみると、関東版のスープは鰹節ベースで、色も若干濃いめ。 関西版は、昆布をベースとした甘みのあるスープです。 北海道版は、利尻昆布出汁のきいたスープで、関西版とやや近い味付けですが、甘みは少なく、出汁で勝負しているという印象です。 筆者は関東育ちのため、関東版はおなじみの味という印象でしたが、出汁のきいた関西版や北海道版のスープは非常に美味しく感じられました。 スープの見た目は大きく変わらないが、地域ごとに味が違う。 左から関西、関東、北海道 なお、どん兵衛の麺は「ストレート製法」。 まっすぐの麺だからすすり心地がよく、ズルズルと勢いよく食べられます。 内容量は100g(麺72g)。 お湯を入れて3分まてば完成します 「七味」の中身も気になるところ。 関東と関西は、七味の好みが違うという話を聞いたことがあります。 日清は、そこまでこだわっているのでしょうか。 袋を開けてみると、見た目も味も、微妙に違います。 七味の成分は、どちらも赤唐辛子・陳皮・白ごま・金ごま・和山椒・あおさ・しそですが、調合が異なるように感じました。 そこで、これまた日清食品に問い合わせたところ、「東仕様のほうが赤唐辛子を利かせた配合で、西仕様は和山椒の風味を活かした配合」との返事が。 やはり、こだわって作っているようです。 ちなみに、北海道限定版には七味が入っていませんでした。 この理由についても尋ねてみると、「素材の味をじっくり味わっていただきたいため」とのこと。 どうしても七味を入れたいと思った方は、ぜひ「マイ七味」を用意してください。 参考までに、関西出身のスタッフにスープの味を試食させてみたところ、「関西風や北海道限定のほうが美味しい」という感想でした。 話を聞いてみると、関西出身の人は「どん兵衛」に限らず、麺の「つゆ」にこだわりがある様子。 「蕎麦はまだいいんやけど、うどんのつゆはあかんわ。 東京のうどんは味が濃すぎるわ」とのこと。 マキタスポーツさんがMCを務めるラジオ番組「東京ポッド許可局」での発言から「10分どん兵衛」人気に火がつき、店頭で「どん兵衛」は売り切れ続出という騒ぎになりました。 「10分どん兵衛」とは、お湯を注いで10分間待ってから食べる「どん兵衛」のこと。 通常は5分待ちますが、その倍の10分間待つことによって「麺がツヤツヤでツルツルになる」そうです。 マキタスポーツさんのお話はいかにも説得力がありますが、はたして本当にそうなのでしょうか? 「ご当地ラーメンお試し隊」として、これは試してみるしかありません! 通常のどん兵衛(左)と10分どん兵衛(右) 10分待ってから「どん兵衛」を開けてみると、うどんと油揚げの量が明らかに違いました。 5分バージョンと比べてみると、かなりのボリュームアップです。 不思議なことに、ちょっとお得感があります。 実際に食べてみたところ、確かに麺はツルツルでツヤツヤ。 麺がスープを多く含んでいるため、通常の「どん兵衛」より、しっかりした味付けになっています。 ただ、個人的には少しやわらかすぎるように思いました。 どちらが美味しいかは、好みが分かれるところ。 うどんにコシを求める人は規定通りの5分バージョン、ツルツル感を楽しみたい人は10分バージョン、コシを残しながらもツルツルしたい人は7〜8分バージョンと、自分の好みにあわせてカスタマイズするのがよいでしょう。 あなたなら、どのスタイルを選びますか?.

次の

【比較】東西対決!日清のどん兵衛を「関東」と「関西」で食べ比べてみた!|ガジェットスターズ

どん兵衛 関西

2007年07月16日 00時58分 東西対決!東西のカップうどん・そばはダシも味も色も違う 「カップうどんやカップそばは、東西で味が異なる」という話を先日耳にしたので、さっそく買って、食べ比べてみました。 食べ比べたのは日清のどん兵衛「 きつねうどん」と「 天ぷらそば」の西日本と東日本バージョン、東洋水産のマルちゃん「 赤いきつねうどん」と「 緑のたぬき天そば」の全国版と関西版ですが、実際に作ってみると、スープの色も味も全然違うという驚くべき結果が出たので、今回はその詳細な写真を交えて、違いを徹底的にレポートしてみました。 詳細は以下の通り。 縦に並べてみました。 8個もあると壮観です。 日清のどん兵衛「きつねうどん」。 左が西日本バージョンで右が東日本バージョンです。 特に見た目は変わりませんが、西日本バージョンにはラベル下部に「薫る 鰹・昆布だしにもち太めん」と書かれているのに対して、東日本バージョンは「薫る 鰹だしにもち太めん」と書かれているのがポイント。 東日本バージョンには(E)と記されています。 「EAST(東)」の「E」でしょうか。 西日本バージョンには(W)の文字が。 どうやら「WEST(西)」の「W」の模様。 さっそく開けてみました。 粉末スープの袋の色が異なります。 左の西日本バージョンは赤、右の東日本バージョンは青です。 どことなく東日本バージョンの方が色が濃い気がします。 粉末スープを開けてみたところ。 なんと粉末の色も違います。 東日本バージョンの色が濃いです。 できあがりました。 スープの色がなんだか違って見えますが…? ガラスのコップに入れて比較してみたところ。 明らかに色が違うことに驚かされました。 続いて日清のどん兵衛「天ぷらそば」です。 こちらも左が西日本バージョンで右が東日本バージョン。 「きつねうどん」と同じく、西日本バージョンは「鰹・昆布だし」で、東日本バージョンは「鰹だし」がメインに。 東日本バージョンには(E)の文字。 西日本バージョンには(W)の文字が。 続いて日清のどん兵衛「天ぷらそば」。 やはり粉末スープの袋の色が違います。 西日本バージョンはピンクで、東日本バージョンはグリーン。 粉末スープを開けてみたところ。 色が違う…。 できあがり。 若干西日本バージョンの方が色が薄いかも。 次は東洋水産のマルちゃん「赤いきつねうどん」。 左が関西版で、右が全国版です。 関西版にのみ「関西」の文字が。 粉末スープの袋の色は左の関西版がオレンジで、右の全国版は赤です。 あげの色は同じでした。 粉末スープを開けたところ。 案の定色が違います。 できあがったところ。 スープの色の違いが顕著です。 最後にマルちゃん「緑のたぬき天そば」。 左が関西版で、右が全国版。 こちらも関西版にのみ「関西」と書かれています。 粉末スープの袋は関西版が黄緑色なのに対して、全国版は緑色です。 粉末スープ自体はあまり色が違って見えないかも。 できました。 やはり全国版の方がうっすらと濃いです。 食べ比べてみた感想は以下の通り。 ・どん兵衛「きつねうどん」 東日本バージョンがスープが濃く、あげも含めて基本的にカツオだしよりも、しょうゆの風味が強いのに対して、西日本バージョンのスープはほんのり甘く、あげにスープ以上の甘みがありました。 だしを重視しているのか、しょうゆの味はあまり感じません。 ・どん兵衛「天ぷらそば」 「きつねうどん」よりも味の違いがはっきりしています。 東日本バージョンがカツオだしがききすぎて味が濃いのに対して、西日本バージョンはあっさりした、やや甘みがある味わいです。 それぞれ単独で食べた時は、あまり意識しませんでしたが、実際に食べ比べてみると味の違いが顕著です。 ・マルちゃん「赤いきつねうどん」 まずは全国版ですが、まさしく「しょうゆベースのうどん」といった味です。 どん兵衛「きつねうどん」の東日本バージョンよりも、さらにしょうゆ味を前面に押し出している感じ。 対して関西版は、だしベースのうどんといった味になっています。 全くの別物といっていいほど、極端なまでに味が異なりました。 ・マルちゃん「緑のたぬき天そば」 全国版は甘みが一切無い、しょうゆとカツオだしをきかせたそばなのに対して、関西版は全国版をベースにして、あっさりとさせただけのような味でした。 どん兵衛「天ぷらそば」のようにはっきりと味が異なることを期待していたせいか、肩すかしをくらった気分です。 ちなみにどうして味が異なるのかを、パッケージの原材料欄に記載された「醤油(しょうゆ)」の位置を元に調べてみると、興味深いことが明らかになりました。 なお、原材料欄に書かれているものは、基本的に多く含まれているものから順番に書かれています。 どん兵衛「きつねうどん」。 上の東日本バージョン。 原材料の三段目、左から二番目に「醤油」の文字がありますが、西日本バージョンでは同じ位置に魚介エキスが掲載されています。 また、「昆布エキス」が掲載されている順番も東日本バージョンより、はるかに前です。 続いてどん兵衛「天ぷらそば」。 東日本バージョンのスープに含まれている「醤油」の位置に注目。 上から三段目、右から二番目にありますが、西日本バージョンは上から四段目、左から二番目です。 そしてマルちゃん「赤いきつねうどん」。 全国版は三段目に粉末かつおぶしがあるのに対して、関西版はその代わりに魚介エキスがあり、かなり前の方に砂糖があります。 マルちゃん「緑のたぬき天そば」。 全国版は「粉末かつおぶし」があるのに対して、関西版には「魚介エキス」「粉末こんぶ」があります。 どうやら東日本(または全国)版には、しょうゆやカツオだしが多めに使われており、西日本(または関西)版には、昆布や魚介、砂糖などが多めに用いられている模様。 ここから味の違いが来ているみたいです。 ちなみに味の違いがある理由ですが、 にある以下のリンクで解説されています。

次の

どん兵衛 関東関西 食べ比べ

どん兵衛 関西

「どん兵衛は、関西と関東でスープの味が違う」という噂を聞いたことはありませんか? 全国各地のご当地カップ麺を収集する本連載ですが、今回は年末特別企画として、地域によって味が違う「どん兵衛」を入手し、食べ比べにチャレンジ。 年末の年越しそばにちなんで、「天ぷらそば」を中心に比較していきます! どん兵衛が勢揃い! 日清食品の広報さんに違いを聞いてみました を見ると、「うどんやそばには、歴史的に東西に嗜好の違いがあります。 そこで、東西でつゆの味に変化をつけたどん兵衛」という一言が。 どうやら確かに、私たちが食べ慣れたどん兵衛の味は、地域によって違うようです。 そこで、地域別のどん兵衛を入手してみました。 地域別のどん兵衛を入手しました まず、どん兵衛のパッケージを比べてみます。 北海道で購入したものは「北海道限定」と大きく書かれていますが、関東と関西の違いはほとんどありません。 今回入手した関西版には「ニッポンのそば」というキャッチが印刷されていますが、デザインがリニューアルされたためについたキャッチであり、地域差とは無関係とのこと。 ほかに違いが見つからないので「どこで見分ければいいんですか」と日清食品の広報さんに聞いてみたところ、「実は、秘密のマークがあるのです」との答えが返ってきました。 今回、特別にその裏技的見分け方のコツを伝授いたしましょう。 では、もしお手元に「どん兵衛」がありましたら、ぜひその側面を見てください。 原材料名などが書かれている場所の最下段を見ると、「合成保存料、合成着色料は使用しておりません。 (E)」か「合成保存料、合成着色料は使用しておりません。 (W)」と表記されているはずです。 この(E)や(W)が何を表しているかというと、(E)は「East(東)」で、(W)は「West(西)」。 つまり「E」となっていたら関東版、「W」となっていたら関西版なのです。 表のパッケージにも、小さく(E)や(W)と印刷されている個所があるので、ぜひ探してみてください。 スープの袋の色が異なるどん兵衛。 左から関西(茶色)、関東(赤色)、北海道(緑色) 実際に食べてみると、関東版のスープは鰹節ベースで、色も若干濃いめ。 関西版は、昆布をベースとした甘みのあるスープです。 北海道版は、利尻昆布出汁のきいたスープで、関西版とやや近い味付けですが、甘みは少なく、出汁で勝負しているという印象です。 筆者は関東育ちのため、関東版はおなじみの味という印象でしたが、出汁のきいた関西版や北海道版のスープは非常に美味しく感じられました。 スープの見た目は大きく変わらないが、地域ごとに味が違う。 左から関西、関東、北海道 なお、どん兵衛の麺は「ストレート製法」。 まっすぐの麺だからすすり心地がよく、ズルズルと勢いよく食べられます。 内容量は100g(麺72g)。 お湯を入れて3分まてば完成します 「七味」の中身も気になるところ。 関東と関西は、七味の好みが違うという話を聞いたことがあります。 日清は、そこまでこだわっているのでしょうか。 袋を開けてみると、見た目も味も、微妙に違います。 七味の成分は、どちらも赤唐辛子・陳皮・白ごま・金ごま・和山椒・あおさ・しそですが、調合が異なるように感じました。 そこで、これまた日清食品に問い合わせたところ、「東仕様のほうが赤唐辛子を利かせた配合で、西仕様は和山椒の風味を活かした配合」との返事が。 やはり、こだわって作っているようです。 ちなみに、北海道限定版には七味が入っていませんでした。 この理由についても尋ねてみると、「素材の味をじっくり味わっていただきたいため」とのこと。 どうしても七味を入れたいと思った方は、ぜひ「マイ七味」を用意してください。 参考までに、関西出身のスタッフにスープの味を試食させてみたところ、「関西風や北海道限定のほうが美味しい」という感想でした。 話を聞いてみると、関西出身の人は「どん兵衛」に限らず、麺の「つゆ」にこだわりがある様子。 「蕎麦はまだいいんやけど、うどんのつゆはあかんわ。 東京のうどんは味が濃すぎるわ」とのこと。 マキタスポーツさんがMCを務めるラジオ番組「東京ポッド許可局」での発言から「10分どん兵衛」人気に火がつき、店頭で「どん兵衛」は売り切れ続出という騒ぎになりました。 「10分どん兵衛」とは、お湯を注いで10分間待ってから食べる「どん兵衛」のこと。 通常は5分待ちますが、その倍の10分間待つことによって「麺がツヤツヤでツルツルになる」そうです。 マキタスポーツさんのお話はいかにも説得力がありますが、はたして本当にそうなのでしょうか? 「ご当地ラーメンお試し隊」として、これは試してみるしかありません! 通常のどん兵衛(左)と10分どん兵衛(右) 10分待ってから「どん兵衛」を開けてみると、うどんと油揚げの量が明らかに違いました。 5分バージョンと比べてみると、かなりのボリュームアップです。 不思議なことに、ちょっとお得感があります。 実際に食べてみたところ、確かに麺はツルツルでツヤツヤ。 麺がスープを多く含んでいるため、通常の「どん兵衛」より、しっかりした味付けになっています。 ただ、個人的には少しやわらかすぎるように思いました。 どちらが美味しいかは、好みが分かれるところ。 うどんにコシを求める人は規定通りの5分バージョン、ツルツル感を楽しみたい人は10分バージョン、コシを残しながらもツルツルしたい人は7〜8分バージョンと、自分の好みにあわせてカスタマイズするのがよいでしょう。 あなたなら、どのスタイルを選びますか?.

次の