ペット ボトル つぶし。 炭酸飲料のペットボトルをつぶした方が炭酸は早く抜けるんじゃない?って話

ペット ボトル 【通販モノタロウ】

ペット ボトル つぶし

レビュー: 1 【特長】かさばるペットボトルを簡単にペチャンコにできる圧縮器。 ペットボトルを圧縮すると、約2分の1〜4分の1ほどのサイズにギュッとまとまります。 いろんな飲み口にフィットするエラストマー製の吸い込み口。 女性やお子様でも握りやすいボール形状の持ち手。 吸い込み口にペットボトルをセットして、本体についたハンドレバーをスライドさせると吸引します。 一斗缶・ペール缶の蓋を外す手間なくそのまま圧縮が可能。 注意:流出口キャップは取外してください 電動薪割機にアタッチメントを取り付ける事で、缶つぶし機に変わります。 ほんの12秒で36cmのペール缶・1斗缶が約5cmまで圧縮されます。 手軽に電動100Vで家庭電源で使用できます。 缶潰しアタッチメントを取り外せば、5t電動薪割機としてもご利用頂けます。 【用途】キレイに潰してゴミの整頓・バッカン対策に! 一斗缶 18L :ブレーキオイル缶・LLC缶・シンナー缶・塗料缶など。 ペール缶 20L :オイル缶・塗料缶・食用油缶・医療缶・ミッションオイル缶・デフオイル缶・グリス缶など様々な用途で使用されます。 扉を閉めないと作動しない安全機構付きです。 もし廃缶に残留液があっても廃液受け パレット に回収されます。 足踏みペダル式で操作が簡単です。 49〜0. 5以上【加圧力 kN 】23. 1 0. コンプレッサ不要の電動油圧式です。 三相200V電源に仕様接続するだけで使用できます。 投入口の扉を閉めないと作動しない安全設計です。 プレス後に万一モータが停止しなかった場合には、自動的に電源が切れる安全機構を採用しました。 非常停止ボタン付きでるから万一の場合も安心です。 操作はボタン式、プレス開始から終了までワンタッチでOKです。 もし廃缶に残留液があっても廃液排出口より回収できます。 【適合】ペール缶、18L角缶、4L缶・1L缶など【質量 kg 】250【出力 kW 】1. 2【加圧力 kN 】34. スパイク部はゴムキャップ付きなので、中身の飛散を防ぎます。 【使用方法】 1. 予め火気のない場所で残りのガスを放出してください。 片手で缶を持ち、もう一方の手で穴あけ器の柄部を広げ、穴あけ用スパイク部を身体の反対側にして、輪の真ん中に缶がくるようにセットしてください。 穴あけ位置は、缶の上から約1〜2cmの所にセットしてください。 柄部をゆっくり握って穴をあけてください。 15kg程度までに仕上がりますので、人手で簡単に持ち運びができます。 結束材は市販のPPひもが使用でき、経済的です。 空カンの場合は結束不要。 【用途】飲料缶、PETボトル、一斗缶、ペール缶、各種廃プラ、紙パックなどの圧縮と梱包に【トラスコ品番】458-4902【質量 kg 】670【電源 V 】三相200【モーター出力 kW 】2. 安全設計:投入ドア・排出ドア開閉時は電気的にインターロックされプレス板の下降はありません。 7【加圧力 kN 】39. 安全設計:投入ドア・排出ドア開閉時は電気的にインターロックされプレス板の下降はありません。 簡単操作:操作手順がパネルに明記されてます。 投入容量が大きいので、一度に沢山の廃棄物が投入可能です。 頑丈で耐久性に優れています。 ガイドシリンダによって、油圧シリンダへの負担が少なく、安定した圧縮ができます。 ワンハンド操作で12秒でペール缶・1斗缶を潰す事が出来ます。 ペール缶・1斗缶の蓋を外さなくてもそのまま潰せます。 後輪キャスターを使用して前方持ち上げ簡単に移動が行えます。 手軽に電動100Vで家庭電源で使用できます。 【用途】左官業 塗装業 、板金業、工場 潤滑オイルを大量に使用する工場 、自動車業者【材質】スチール【質量 kg 】68. 5kgの軽さで、持ち手付きなので持ち運びが女性やお年寄りでも楽々です。 力が集中し、動きづらいV字構造なので、2リットルの大きいペットボトルや硬いスチール缶・アルミ缶を少ない力でしっかり潰すことができます 置き方が判りやすい表示付き。 固定バックルでしっかりロックでき、立てられるので収納スペース 厚み約6cm も取りません。 【材質】カバー・ベース・バックル部:ABS樹脂、プレス部・底補強部:スチール亜鉛メッキ、シャフト・バネ:スチールクロームメッキ【質量 kg 】約1.

次の

ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ?

ペット ボトル つぶし

ペットボトルのサイズ・大きさの種類一覧 引用元: ペットボトル飲料の魅力といえば、 豊富なサイズのバリエーションがあります。 一人で飲み切れるサイズから、家族で数日使えるサイズまで、これほど多くのサイズのラインナップがある容器は、他にはありませんよね。 そこで、ペットボトル飲料の主なサイズの種類を、内容量別に一覧にしてみました。 5L 2L 4L〜5Lなど なんとなくの大きさの感覚をタイトルにつけましたが、これだけでは分かりにくいですよね。 そこで、それぞれサイズ別に詳しく見てみましょう。 HOT飲料などに多い280ml〜350ml (画像をクリックすると楽天リンクに飛びます) まずは、一番小さな 「280ml」「350ml」のサイズからです。 高さは 15センチ程度の小さなペットボトルで、重さは 25g〜30g程度です。 これらは、冬に販売される ホット飲料に使用されていることが多いですが、その理由は、 冷めきる前に飲み干すことができるサイズだからだそうですね。 ちなみに、昔、この小さなサイズのペットボトルは、飲料業界の自主規制により製造されていませんでした。 しかし、1996年、自主規制が緩和され、これら小さなサイズのペットボトル飲料が誕生したのです。 個人的には、たくさん飲みたい時にこのサイズしかなかったり、一つ上のサイズとあまり値段が変わらないと、物足りなさを感じてしまうんですけどね。 クリックすると楽天に飛びます ここからは、少し大きめのサイズとなっていきます。 まずは、人によって飲み方が変わる 「1L」サイズ。 ペットボトルの高さは 25センチ程度、重さは 45gほどです。 1Lサイズは、 大きい種類のペットボトルの中では小さめなので、夏の暑い時期には、一人でこのサイズを飲みきる人もいるでしょう。 もちろん、数日に分けたり、家族数人で飲む時にも使えるサイズです。 この大きさは、あまり飲み物の種類が多くなく、水やお茶の少し大きめという感じで売られていることが多いですね。 また、コーヒーもこのサイズでよく売られていますが、「900ml」の量になっていることがあります。 そして、飲料ではないですが、 1Lペットボトルは醤油やみりんといった調味料の容器としても、よく使用されていますね。 大きいサイズの主流 1. 5L〜2L クリックすると楽天に飛びます ペットボトルのサイズに規格はある? 引用元: ペットボトルには、様々なサイズがあることがわかりました。 しかし、ここで気になるのが、 「ペットボトルって、商品によって細かい大きさやデザインがバラバラだなぁ」という点です。 それには、ちゃんと理由があります。 というのも、 ペットボトルのサイズには「規格」がないのです。 規格とは、何かを製造するにあたり、共通のサイズや形などの「決まりごと」のことです。 規格がないので、ペットボトルを作るにあたっては、 各メーカーが好きなサイズ・形で作っているんですね。 というわけで、上の章でご紹介した「ペットボトルサイズ」でも、高さや重さはおおよその目安になります。 実際には メーカーや商品により、少しずつ異なってくるのでご注意ください。 増量サイズが中途半端なのはなぜ? 引用元: ペットボトル飲料で時々見かけるのが、 「お得な増量タイプ」です。 お茶などで見かけることが多いですが、 気になってしまうのが、その「微妙な増量」具合です。 「525ml」の場合、わずか「25ml」ですから、「そんな少しの量を増やす意味があるの?」と思ってしまいますよね。 「どうせお得感を出すなら、もっとたくさん増やして欲しい。 メーカーケチくさいなぁ」 なんて思っていた私ですが、 その理由には「ペットボトルのサイズ」が関係していたのです。 というのも「増量をしよう」とした場合でも、 今までのペットボトルのサイズを変えずに増やせる範囲にするようなんですね。 あれ? ペットボトルの規格はないんでしょ? 増量した容量に合わせて好きなサイズに変えればいいじゃない! そう思ってしまいがちですが、それにもちゃんと理由がありました。 ペットボトルのサイズを、大きく変えられない 規格は自由なのに、増量に合わせてペットボトルのサイズを変えたくない。 その理由の一つ目は、 ペットボトルの生産ラインから作り直すのは、大きなコストがかかってしまうためです。 今までと同じペットボトルを使用し、中身だけを増やすのであれば、ペットボトルの製造に関して変更しなくて済みますからね。 そして、二つ目の理由は、 ペットボトルのサイズを大きく変えると、流通や販売でも、様々な変更をしないといけなくなるためです。 例えば、 ペットボトル飲料を入荷する時の段ボール箱です。 ペットボトルのサイズが大きく変わると、従来の箱には入らないかもしれません。 そうなると、段ボール箱まで専用のものに作り変える必要が出てきて、余計なコストがかかります。 また、 お店の陳列棚や冷蔵ケースは、通常の500ml用にスペースが作られています。 他のペットボトルと違うサイズのものは、500ml用の場所に入らないので、別スペースで販売するしかなくなってしまいます。 これは、自動販売機でも同じことで、最悪の場合、自動販売機に入らないかもしれません。 これらの理由から、 ペットボトルの増量は、ペットボトルのサイズを大きく変えない範囲でしか行われないようです。 逆に微妙な減量は何のため? ここまで「微妙な増量」について調べてきましたが、逆に 「微妙な減量」をされている商品も見かけますよね。 どう見ても500ml入りのペットボトルと似たサイズなのに、 よく見ると「490ml」しか入っていない商品です。 しかも、値段も同じなんですよね……。 一体、どんな理由で、こんな微妙な量を減らしているのでしょうか。 その理由は、ペットボトルの形にありました。 ペットボトルは規格がないため、各社が自由にデザインした形にペットボトルを使用しています。 そして、 商品に合わせてペットボトルの形をデザインした結果、500mlが入らなくなるケースがあるんですね。 それが、微妙に減量された「490ml」の正体だったんです。 そういわれてみれば、 490mlなどのペットボトルは、若干スリムな形状だったり、大きく凹んだデザインが多いような気もします。 490mlなどのペットボトルがある理由は、内容量ではなくデザイン優先でペットボトルを作っているからだったとは、驚きですね。 中にどれくらいの容量があるか、計るやり方はある? 引用元: ペットボトル飲料は、一回で飲み干せない時もあります。 そんな時、 残っている容量を簡単に計る方法があったら便利かもしれない、と思い、調べて見ました。 しかし、ペットボトルは各社が自由な形で作っているので、残った容量を簡単に調べる方法は見つかりませんでした。 ただ、例外として、 残容量がはっきりと分かるペットボトル飲料が見つかりました。 それは、 「伊藤園」の500ml系ペットボトルのお茶シリーズです。 「お〜い、お茶」シリーズなどのお茶は、ペットボトルのラベルに工夫がしてあり、 なんと残量がわかる目盛りがラベルについているんです! しかも、その目盛り部分は透明になっているので、中に残っているお茶の量が簡単に分かるようになっているのです。 こういった細かいアイディアが、さすが「伊藤園」といったところですね。 一目でわかる外見の特徴を持っており、 「キャップを外した後の口部が白いこと」です。 これは、耐熱用のペットボトルを作る際に、口部が白くなることが原因です。 また、 キャップがオレンジの場合も、それは「ホット飲料用」の目印なので、当然ながら耐熱用ペットボトルになっています。 ここまで読んで、「ん? 耐熱用ペットボトルだから、ホット飲料用に決まっているでしょ」と思うかもしれませんが、そうとは限りません。 ホットで飲むことはない果汁飲料などにも、耐熱用ペットボトルが使われているんです。 その理由は、飲料の製造過程にあります。 ペットボトル飲料は、保存期間を長くするため、内容物を殺菌する必要があります。 殺菌方法の一つに、 飲料をペットボトルに入れる前に高温殺菌し、その熱い状態のまま、ペットボトルに充填する方法があります。 この方法の時に、「耐熱用ペットボトル」が活躍するんですね。 ちなみに、ペットボトルに充填した後は冷めるのを待つのですが、 熱い飲み物が冷めると体積が減ります。 この時、内側に「減圧」が発生します。 分かりやすく言えば、内側に凹んでしまうんですね。 この減圧でペットボトルが歪むのを防ぐために、 耐熱用ペットボトルには「減圧吸収パネル」という側面の凸凹があります。 この凸凹のおかげで、内容物が冷めた後も、ペットボトルが歪まずにいられるのです。 耐熱も耐圧も兼ねているなんて、最強のペットボトルという感じですよね。 外見も、 耐熱の特徴である「白い口部」と、耐圧の特徴である「胴体の丸さ、ペタロイドの底」など、それぞれの特徴を併せ持っています。 なぜ、このようなペットボトルが必要なのかというと、やはり製造過程に理由があります。 このペットボトルを使用する飲料は、主に 「果汁入りや乳性入り炭酸飲料」です。 これらの飲料は、 内側からの炭酸ガスの圧力に耐えるために、「耐圧」の機能が必要です。 また、殺菌の方法が、 ペットボトルにつめてから、熱水シャワーをかけて熱殺菌をするので、「耐熱」の機能もいるんですね。 普段は気にもせず飲んでいる「果汁入り炭酸飲料」が、こんなに手間がかかっていたとは知りませんでした。 このペットボトルには、 「耐圧」の機能も「耐熱」の機能もありません。 なぜなら、炭酸飲料には使用しないことと、製造過程で熱い飲料を入れる事がないからです。 このペットボトルを使う場合、 飲料、ペットボトル、キャップの三点を、それぞれ殺菌しておきます。 その上で、 常温の飲料を「無菌室」でペットボトルに充填し、封をするので、ペットボトルに耐熱機能が必要ないんですね。 各機能がない分、 軽くて薄く省資源なペットボトルになっています。 ペットボトル各種の見分け方 ペットボトルの種類を見分けたい時には、以下の目安で考えると良いでしょう。 基本は、 「口部の色」と 「胴体の特徴」の二つを組み合わせて考えれば、判断ができますよ!.

次の

Plastic bottle compressor [PET & ECO (PETANCO)]

ペット ボトル つぶし

ペットボトルのサイズ・大きさの種類一覧 引用元: ペットボトル飲料の魅力といえば、 豊富なサイズのバリエーションがあります。 一人で飲み切れるサイズから、家族で数日使えるサイズまで、これほど多くのサイズのラインナップがある容器は、他にはありませんよね。 そこで、ペットボトル飲料の主なサイズの種類を、内容量別に一覧にしてみました。 5L 2L 4L〜5Lなど なんとなくの大きさの感覚をタイトルにつけましたが、これだけでは分かりにくいですよね。 そこで、それぞれサイズ別に詳しく見てみましょう。 HOT飲料などに多い280ml〜350ml (画像をクリックすると楽天リンクに飛びます) まずは、一番小さな 「280ml」「350ml」のサイズからです。 高さは 15センチ程度の小さなペットボトルで、重さは 25g〜30g程度です。 これらは、冬に販売される ホット飲料に使用されていることが多いですが、その理由は、 冷めきる前に飲み干すことができるサイズだからだそうですね。 ちなみに、昔、この小さなサイズのペットボトルは、飲料業界の自主規制により製造されていませんでした。 しかし、1996年、自主規制が緩和され、これら小さなサイズのペットボトル飲料が誕生したのです。 個人的には、たくさん飲みたい時にこのサイズしかなかったり、一つ上のサイズとあまり値段が変わらないと、物足りなさを感じてしまうんですけどね。 クリックすると楽天に飛びます ここからは、少し大きめのサイズとなっていきます。 まずは、人によって飲み方が変わる 「1L」サイズ。 ペットボトルの高さは 25センチ程度、重さは 45gほどです。 1Lサイズは、 大きい種類のペットボトルの中では小さめなので、夏の暑い時期には、一人でこのサイズを飲みきる人もいるでしょう。 もちろん、数日に分けたり、家族数人で飲む時にも使えるサイズです。 この大きさは、あまり飲み物の種類が多くなく、水やお茶の少し大きめという感じで売られていることが多いですね。 また、コーヒーもこのサイズでよく売られていますが、「900ml」の量になっていることがあります。 そして、飲料ではないですが、 1Lペットボトルは醤油やみりんといった調味料の容器としても、よく使用されていますね。 大きいサイズの主流 1. 5L〜2L クリックすると楽天に飛びます ペットボトルのサイズに規格はある? 引用元: ペットボトルには、様々なサイズがあることがわかりました。 しかし、ここで気になるのが、 「ペットボトルって、商品によって細かい大きさやデザインがバラバラだなぁ」という点です。 それには、ちゃんと理由があります。 というのも、 ペットボトルのサイズには「規格」がないのです。 規格とは、何かを製造するにあたり、共通のサイズや形などの「決まりごと」のことです。 規格がないので、ペットボトルを作るにあたっては、 各メーカーが好きなサイズ・形で作っているんですね。 というわけで、上の章でご紹介した「ペットボトルサイズ」でも、高さや重さはおおよその目安になります。 実際には メーカーや商品により、少しずつ異なってくるのでご注意ください。 増量サイズが中途半端なのはなぜ? 引用元: ペットボトル飲料で時々見かけるのが、 「お得な増量タイプ」です。 お茶などで見かけることが多いですが、 気になってしまうのが、その「微妙な増量」具合です。 「525ml」の場合、わずか「25ml」ですから、「そんな少しの量を増やす意味があるの?」と思ってしまいますよね。 「どうせお得感を出すなら、もっとたくさん増やして欲しい。 メーカーケチくさいなぁ」 なんて思っていた私ですが、 その理由には「ペットボトルのサイズ」が関係していたのです。 というのも「増量をしよう」とした場合でも、 今までのペットボトルのサイズを変えずに増やせる範囲にするようなんですね。 あれ? ペットボトルの規格はないんでしょ? 増量した容量に合わせて好きなサイズに変えればいいじゃない! そう思ってしまいがちですが、それにもちゃんと理由がありました。 ペットボトルのサイズを、大きく変えられない 規格は自由なのに、増量に合わせてペットボトルのサイズを変えたくない。 その理由の一つ目は、 ペットボトルの生産ラインから作り直すのは、大きなコストがかかってしまうためです。 今までと同じペットボトルを使用し、中身だけを増やすのであれば、ペットボトルの製造に関して変更しなくて済みますからね。 そして、二つ目の理由は、 ペットボトルのサイズを大きく変えると、流通や販売でも、様々な変更をしないといけなくなるためです。 例えば、 ペットボトル飲料を入荷する時の段ボール箱です。 ペットボトルのサイズが大きく変わると、従来の箱には入らないかもしれません。 そうなると、段ボール箱まで専用のものに作り変える必要が出てきて、余計なコストがかかります。 また、 お店の陳列棚や冷蔵ケースは、通常の500ml用にスペースが作られています。 他のペットボトルと違うサイズのものは、500ml用の場所に入らないので、別スペースで販売するしかなくなってしまいます。 これは、自動販売機でも同じことで、最悪の場合、自動販売機に入らないかもしれません。 これらの理由から、 ペットボトルの増量は、ペットボトルのサイズを大きく変えない範囲でしか行われないようです。 逆に微妙な減量は何のため? ここまで「微妙な増量」について調べてきましたが、逆に 「微妙な減量」をされている商品も見かけますよね。 どう見ても500ml入りのペットボトルと似たサイズなのに、 よく見ると「490ml」しか入っていない商品です。 しかも、値段も同じなんですよね……。 一体、どんな理由で、こんな微妙な量を減らしているのでしょうか。 その理由は、ペットボトルの形にありました。 ペットボトルは規格がないため、各社が自由にデザインした形にペットボトルを使用しています。 そして、 商品に合わせてペットボトルの形をデザインした結果、500mlが入らなくなるケースがあるんですね。 それが、微妙に減量された「490ml」の正体だったんです。 そういわれてみれば、 490mlなどのペットボトルは、若干スリムな形状だったり、大きく凹んだデザインが多いような気もします。 490mlなどのペットボトルがある理由は、内容量ではなくデザイン優先でペットボトルを作っているからだったとは、驚きですね。 中にどれくらいの容量があるか、計るやり方はある? 引用元: ペットボトル飲料は、一回で飲み干せない時もあります。 そんな時、 残っている容量を簡単に計る方法があったら便利かもしれない、と思い、調べて見ました。 しかし、ペットボトルは各社が自由な形で作っているので、残った容量を簡単に調べる方法は見つかりませんでした。 ただ、例外として、 残容量がはっきりと分かるペットボトル飲料が見つかりました。 それは、 「伊藤園」の500ml系ペットボトルのお茶シリーズです。 「お〜い、お茶」シリーズなどのお茶は、ペットボトルのラベルに工夫がしてあり、 なんと残量がわかる目盛りがラベルについているんです! しかも、その目盛り部分は透明になっているので、中に残っているお茶の量が簡単に分かるようになっているのです。 こういった細かいアイディアが、さすが「伊藤園」といったところですね。 一目でわかる外見の特徴を持っており、 「キャップを外した後の口部が白いこと」です。 これは、耐熱用のペットボトルを作る際に、口部が白くなることが原因です。 また、 キャップがオレンジの場合も、それは「ホット飲料用」の目印なので、当然ながら耐熱用ペットボトルになっています。 ここまで読んで、「ん? 耐熱用ペットボトルだから、ホット飲料用に決まっているでしょ」と思うかもしれませんが、そうとは限りません。 ホットで飲むことはない果汁飲料などにも、耐熱用ペットボトルが使われているんです。 その理由は、飲料の製造過程にあります。 ペットボトル飲料は、保存期間を長くするため、内容物を殺菌する必要があります。 殺菌方法の一つに、 飲料をペットボトルに入れる前に高温殺菌し、その熱い状態のまま、ペットボトルに充填する方法があります。 この方法の時に、「耐熱用ペットボトル」が活躍するんですね。 ちなみに、ペットボトルに充填した後は冷めるのを待つのですが、 熱い飲み物が冷めると体積が減ります。 この時、内側に「減圧」が発生します。 分かりやすく言えば、内側に凹んでしまうんですね。 この減圧でペットボトルが歪むのを防ぐために、 耐熱用ペットボトルには「減圧吸収パネル」という側面の凸凹があります。 この凸凹のおかげで、内容物が冷めた後も、ペットボトルが歪まずにいられるのです。 耐熱も耐圧も兼ねているなんて、最強のペットボトルという感じですよね。 外見も、 耐熱の特徴である「白い口部」と、耐圧の特徴である「胴体の丸さ、ペタロイドの底」など、それぞれの特徴を併せ持っています。 なぜ、このようなペットボトルが必要なのかというと、やはり製造過程に理由があります。 このペットボトルを使用する飲料は、主に 「果汁入りや乳性入り炭酸飲料」です。 これらの飲料は、 内側からの炭酸ガスの圧力に耐えるために、「耐圧」の機能が必要です。 また、殺菌の方法が、 ペットボトルにつめてから、熱水シャワーをかけて熱殺菌をするので、「耐熱」の機能もいるんですね。 普段は気にもせず飲んでいる「果汁入り炭酸飲料」が、こんなに手間がかかっていたとは知りませんでした。 このペットボトルには、 「耐圧」の機能も「耐熱」の機能もありません。 なぜなら、炭酸飲料には使用しないことと、製造過程で熱い飲料を入れる事がないからです。 このペットボトルを使う場合、 飲料、ペットボトル、キャップの三点を、それぞれ殺菌しておきます。 その上で、 常温の飲料を「無菌室」でペットボトルに充填し、封をするので、ペットボトルに耐熱機能が必要ないんですね。 各機能がない分、 軽くて薄く省資源なペットボトルになっています。 ペットボトル各種の見分け方 ペットボトルの種類を見分けたい時には、以下の目安で考えると良いでしょう。 基本は、 「口部の色」と 「胴体の特徴」の二つを組み合わせて考えれば、判断ができますよ!.

次の