ネツァク ロボトミー。 ネツァク(lobotomy corporation)

ミッション:Vroid→MMDで「長髪」をなんかいい感じに動かしてみよう:izayatoのブロマガ

ネツァク ロボトミー

DAY28 この前鎮圧によるEGO武器獲得をあきらめた火の鳥が再度登場。 前と違ってALEPH装備がそろっているので今回は何とかなると信じたい。 ホド戦開始。 教育チームらしく職員のステータスを下げてくる。 これカウンターが付くアブノーマリティによっては詰みでは?やり直してDAY29に再挑戦することにした。 火の鳥を見るとどうしても手塚治虫の方を思い出す。 あれはかなりギリギリな描写や未来に生きてる発想が多かったと思う。 さすがケモナーの第一人者。 DAY29 ホド戦再挑戦。 こっちには運よくリスクの小さいドーピングツール型アブノーマリティが3つもある。 (脳手術、ノート、心臓) 心臓は前衛の誰かに、手術は各チームのエースに、ノートはこまめに使うことでステータス低下の影響を緩和する。 進めると画面が古いビデオみたいになった。 職員教育用ビデオってこんなに画質悪いの? 3人早期退社しつつも強引にクリアした。 ホドちゃんのアホ毛をアンテナで再現してあって笑った。 コア抑制成功ボーナスである雇用職員のステータス底上げが優秀すぎる。 初期職員がギリギリWAW作業や鎮圧に使えるくらいにはなった。 DAY27 ハートの中に兵隊が浮いているアブノーマリティが来た。 ランクはZAYINなのにエネルギー量やその他もろもろはALEPHの挙動である。 これは…ランク詐欺じゃな? オフィサー大量死で脱走しおった!やはりALEPHだった。 なんか部門の中央まで来て自爆した。 連鎖脱走がいくつが出たが巻き込まれた職員がいなくて助かった。 優秀な装備のために作業をしまくったが職員はたいして成長しなかったので、そこらへんはZAYINらしい。 正直おとなしめのWAWのほうがましである。 次はたぶん呼ばない。 DAY28 3羽合体のアブノーマリティ最後の1羽「大鳥」が来た。 (審判鳥は巻き戻しで今いないけど) 結構脱走しやすく面倒臭い。 DAY29 ネツァク戦開始。 回復阻害が主な妨害のようだ。 とにかくダメージを蓄積させないことを主目的として、カウンター以外はチマチマとHE以下のアブノーマリティだけを作業して進めてクリア。 ネツァクは実験体として覚めない夢を見続けることとなったのか。 そしてAを気に入らない発言、Aは本当に人望がない。 ロボトミー社の創設者なのに。 ロボネツァクはなんか機体から漏れてた。 DAY30 ティファレト(エノク・男の子の方)は聡明ゆえに「気付いて」しまって精神が摩耗していった感じみたい。 ティファレトからの嫌い発言。 本当にA嫌われてるな! 今までの回想を見ても他人に無関心だがとびきり優秀なプロジェクトリーダー感が強かったからしょうがないが。 装備集めとほかのミッションをクリアするためにDAY1からやり直し。 そういえばコア抑制後のセフィラはみんなロボ姿になっている。 DAY1 バグだろうけど初日にルドルタが来た。 ホド抑制効果と豊富な装備があるから何ともないが、本当の序盤だったらリセット案件だった。 DAY4 どう見てもアイアンメイデンなツール型アブノーマリティが来た。 早速使用してみたが、ほぼ見た目通りの使い方だった。 生贄職員を数人用意して開放。 DAY8 羊みたいなアブノーマリティが来た。 ランクはTETHなのでサクッとエネルギー集めは終わったが、記録を見るとネツァクを思い起こさせる。 DAY11 本家SCPでみたようなペストマスクのアブノーマリティが来た。 作業後抱きしめられた。 祝福を受けたらしいが、物々しいカウントダウンをされるので、ぜったい祝福を受けた職員が増えるとろくでもないことが起こる。 情報では脱走情報が実質開放不能になっているので、ものすごい脱走をしてくれるのだろう。 DAY13 キングスマン2でみたミンチマシンのようなアブノーマリティが来た。 かなりクソなアブノーマリティで、作業後の職員がギフトが付いたことにより即死条件が発動してミンチになってしまいやり直した。 わざわざ作業中に即死条件を満たそうとするのをやめろ。 DAY18 名前だけは知っていたALEPH「何もない」到着。 遊星からの物体Xを思い起こさせる乗っ取り擬態型アブノーマリティ。 EGO武器が寄生獣のブレードっぽくてかっこいい。 DAY23 「溶ける愛」と「静かなオーケストラ」のALEPH同時到着。 さすがに同時攻略は難しく、欲を出すと必ずどちらかが脱走する。 溶ける愛もそうだが元職員のアブノーマリティは多い。 職場環境のせいだろうか。 DAY27 イヌカレー的な繭に包まれた少女のアブノーマリティが来た。 割とすぐ脱走し、チョウチンアンコウみたいな化け物になった。 琥珀の夕暮れと同じく正面に立つとヤバい系と推測。 その通りで指示だし不可能のオフィサーが大口に突っ込んでいって血煙と化していた。 この「貪欲の王」は魔法少女の慣れの果てのようだが、記録を見ると物質的に満たされすぎた作中世界への嘆きともとれる。 DAY30 ゲブラーさんのアブノーマリティへの憎悪は常軌を逸している。 そもそもロボトミー社はエネルギー生産のために多少(かなり?)の非人道的行為は見逃している会社なのだが、社そのものを否定しかねない勢いだ。 DAY31 内部告発者BはAを慕う助手的ポジションの人間だった。 自分のことを天才という人間はかなり癖が強い気がするが、それに尊敬されるAはもっとすごいことになる。 何気にAに好意を見せた人間は初めてかもしれない。

次の

Netzach

ネツァク ロボトミー

DAY14 最初はスピーカーのツール型アブノーマリティかと思ったが、シェルターと判明した。 情報開示が中地半端だったがいい感じでエネルギーを稼げたため、犠牲を恐れてこの日は途中で使用停止。 マッチガールと案山子の脱走と試練の発生が同時に重なりそうになったが、何とかタイミングをずらして対処した。 何とか夢見る流れのEGO防具を作成、尖ったところはないが全体的に優秀で何よりランクがWAWなのがありがたい。 1着しか作れなかったので、ロストしないように大事に使っていきたい DAY15 新セフィラ「ティファレト」が登場した。 CV釘宮っぽい。 テーマカラーは黄。 上層のセフィラを欠陥だらけというが、アンジェラはセフィラが哀れな姿をさらすのも役目の一つと言う。 エネルギー生産だけが目的ではなさそう。 ネツァクの新ミッションは人数制限。 人材の育成ができないが、高ランク職員でスピードクリアを目指せば達成できそうな感じ。 DAY12 白い毛でモフモフのチョウチンアンコウのようなアブノーマリティを迎えた。 作業時間反応型アブノーマリティで高レベル職員が手短に済ませるとだめなのが面倒臭い。 脱走するとトラップみたいな感じで犠牲者を待ち構える。 この「肉の灯篭」は情報のために観測レベルを上げると、ますます作業時間が短くなって許容範囲が狭まるのはクソ。 とりあえず専属職員を用意するが、やり直し後はたぶん呼ばない。 DAY13 スナイパーみたいなアブノーマリティが来た。 愛着作業が依頼に置き換わっている。 作業失敗で横一直線に発砲して大勢退社した。 そのまんまモチーフは「魔弾の射手」。 依頼もモチーフ通り最後は依頼通りに撃ってくれずどこに飛ぶかわからない。 アブノーマリティの物語で、最後に愛する者の頭を打ちぬく悪魔の契約なら、最初に愛するものを撃ち殺してしまえばいいという逆転の発想は面白かった。 こういう人が悪魔を超える恐ろしさを見せつけて逆にひかれる展開好き。 シェルターは外の状況を悪くしていくから結果的には「世界で一番安全な場所」か。 非常に質が悪い。 一時避難くらいには使えるかもしれない。 DAY16 甲冑のアブノーマリティが来た。 事故を避けたいなら愛着と抑圧をせず、赤耐性持ちが本能と洞察をするのがいいだろうか。 EGO武器が貴重なPALE属性なのでありがたい。 DAY17 アンジェラは当たり前のように内部告発者Bについて知っていた。 教育チームの研究は新職員の能力強化を選択した。 ほんのりと新米職員のステータスが上がった気がする。 DAY18 多面のカオナシのようなアブノーマリティが来た。 生産エネルギーの量から察するにこれはALEPHでは? WAW防具でも作業失敗時のダメージがきつい。 抑圧以外だとわが社の最高ランクの職員でも死んでしまう。 オフィサーが死ぬと動きが活発になっていき、おそらく脱走する。 こっちには現在死体の処理方法がないので素早く終わらすしかない。 今の装備の感じだと鎮圧しきれないだろうし。 DAY19 アンジェラの発言からBは消されてしまったようだ。 ホドがエンケファリンに手を…。 何か「いい人」にこだわっているようだが、すごいカモにされそう。 DAY17 SCP-173の女性バージョンのようなアブノーマリティが来た。 この「壁に向かう女」は作業しているといつか必ずこっちにダメージを与えてくる。 EGO武器はワンランク上でかなり優秀なので、装備を作り終わったらおさらば。 DAY18 顔が半分真っ黒の蒼い姫のようなアブノーマリティが来た。 かなり白ダメージが強くおそらくWAW。 武器、防具ともに優秀だが一品ものである。 特にEGO防具がPALE属性耐性なのが素晴らしい。 かなりレアものの装備である。 しかも情報開示でわかったがこの「絶望の騎士」は良判定を作業で出すと、作業不可のデメリットはあるものの加護を付与してカッチカチにしてくれる。 この日は幸か不幸かステータス不足で普通判定しか出なかった。

次の

ゲブラーとは (ゲブラーとは) [単語記事]

ネツァク ロボトミー

ロボトミー社の社員であり、マルクトのモデルとなった女性。 ロボトミー社の設立時にAのチームに加わった、おっちょこちょいで情熱的な職員。 ロボトミー社では「コギト」と呼ばれる薬品を用いた実験を行っており、それら一連の実験は「コギト実験」と呼ばれていた。 エリヤはコギト実験に参加したかったが、能力不足としてコギト実験に参加することができなかった。 それでも諦めきれなかったエリヤは許可なくコギトを持ち出し、実験の手順に従って自身に投与してしまう。 コギトは人体に投与してはならない危険な薬物であり、エリヤはコギトを自身に投与したことで苦痛にまみれながら死んでしまう。 このコギト実験によって悲惨な死を迎えたあと、エリヤはセフィラ「マルクト」として生まれ変わることとなった。 ロボトミー社の社員であり、イェソドのモデルとなった男性。 エリヤと同じく、ロボトミー社の設立時にAのチームにいた。 しかしエリヤが死に、さらにはコギト実験によってアブノーマリティが生まれてしまう。 もう後戻りはできないし、してはならないという強迫観念にとらわれたガブリエルは、精神的なストレスから全身を掻きむしる異常な行動を見せ始める。 未知の感染症の疑いをかけられたガブリエルは、全身を拘束されたまま精密検査を強行される。 しかし「精密検査の結果、健康に異常はない(全身を掻きむしるのは精神的なストレスによるもの)」と診断され、「平然と振る舞っているが、精神的に追い詰められている」という事実をつきつけられた結果、さらに精神が追い詰められ、強迫観念は強くなり、最終的にロボトミー社からいなくなり、命を落とした。 その後、ガブリエルの遺体を用いてセフィラ「イェソド」が誕生した。 ミシェル カルメンの元で治療を受けていた入院患者の一人で、ネツァクのモデルとなった男性。 ロボトミー社の職員ではなく、カルメンの会社の入院患者の一人であった。 ロボトミー社がコギト実験の被験者を募集したときに実験台として名乗りをあげ、コギト実験の被験者として採用される。 当時のジェバンニはコギト実験が何であるかについてまったく知らなかったが、それでも被験者に名乗り出たのは幼少期からの友人であったカルメンのためであった。 被験者募集の時にはカルメンはすでに死んでおり、コギト実験の成功がカルメンを生き返らせるためと信じていたからこそ、被験者となったのである。 しかし実際にはコギト実験は成功せず(=カルメンを救うことはできず)、そのままジェバンニも実験によって命を落としてしまう。 その後、ジェバンニの遺体を用いてセフィラ「ネツァク」が誕生した。 エノクとリサ カルメンが保護していた子どもたちであり、ティファレトのモデルとなった少年と少女。 ティファレトは双子のセフィラとして登場するが、モデルとなった2人に血縁関係はない。 2人とも両親はおらず、孤児。 外郭(スラム街)で暮らしていたところをカルメンに保護された。 エノクはカルメンに感謝の気持ちを抱いており、カルメンがいなければ自分たちが生きていけなかったことを理解している。 子供ながらに成熟しているエノクとは反面、リサは子供らしい思考能力のままで、エノクの言う「自分たちの境遇は幸運である」ということが飲み込めていなかった。 エノクがカルメンのためにコギト実験の被験者になることを決めた時も、エノクが言った「何の心配もなく生きていくことが自分の存在理由ではない」という言葉の意味がわからなかった。 自分たちは両親がいないから不幸な境遇であり、子供だから大人たちに保護されるのは当然と思っておるリサはエノクの言うことを理解できないまま、エノクはコギト実験により死亡する。 リサはAとカルメンに強い嫌悪感を抱き、カルメンのもとを離反。 天涯孤独となったリサはすぐに死亡してしまった。 その後、エノクとリサの遺体を用いてセフィラ「ティファレト」が誕生した。 ロボトミー社の社員であり、ケセドのモデルとなった男性。 Aやカルメンのもとで働いていたダニエルは、モニターを使った施設の監視やセキュリティの開閉などの施設全体のコントロールが業務であった。 ミシェルの裏切りによってロボトミー社に「頭」がやってきた時も、セキュリティ用の障壁などを使用して職員を逃がそうと奮闘していた。 しかしモニターの向こうで死んでいく同僚の姿を見せられ、「お前が扉を開ければ、お前だけは助けてやってもいい」と言われたことで、恐怖に屈したダニエルはセキュリティを解除しアブノーマリティの収容室を解放してしまう。 結果としてこの行動がロボトミー社を壊滅状態に陥れ、さらに数多くの職員を死なせてしまった。 そこまでやったにも関わらず、「頭」は「考えると言っただけで助けるとは言っていない」として、ダニエルは殺害されてしまった。 その後、ダニエルの遺体を用いてセフィラ「ケセド」が誕生した。

次の