クワガタ メス 寿命。 オオクワガタの寿命ってどのくらい?オスとメスで違いは?【詳しく解説します】

オオクワガタを長生きさせる7つのコツ【弱らせないために】

クワガタ メス 寿命

一般的にクワガタはカブトムシと同じエサを食べます。 ただしカブトムシほど大食ではないので、与える量は若干少なめで大丈夫です。 食べる量はクワガタの大きさに比例しますから、国産の小型種には少なく、外国産の大型種にはたくさんエサをやりましょう。 また、クワガタは越冬しますが、夏場と冬場では食欲が違います。 冬は夏の半分以下しかエサを食べないので、様子を見て与える量を調節してください。 それではクワガタに最適なエサをご紹介します。 バナナ バナナはクワガタの大好物です。 バナナにはクワガタに必要な栄養素が豊富に含まれており、含有水分が少ないため飼育環境が汚れにくいという利点があります。 個体によって一日に食べる量は違うので、最初は1センチほどにカットしたものを個体数分入れてあげて様子を見てください。 食べた分量を確認し、次回は量を調節するようにすると良いです。 バナナは糖分が高いので主食として毎日与えるより、週に1~2回に与えた方が良いでしょう。 また、生のバナナは腐敗が早く、蟻やコバエも寄ってくるので、クワガタがあまり食べていなくても夏場は適当な時間に回収した方が良いです。 腐ったものを食べるとお腹を壊して弱ってしまいます。 リンゴ リンゴもクワガタは大好きです。 リンゴは果物の中で比較的水分が少なく、果汁で飼育環境が汚れにくいので使いやすいエサです。 皮ごとカットして皮を下にして与えてください。 大事なのは、あまり農薬を使っていないリンゴを与えることです。 残留農薬はクワガタを弱らせる原因になります。 無農薬のリンゴが手に入るなら、それが一番でしょう。 リンゴは主食にすることもできますが、生のエサなので衛生管理に気を付ける必要があります。 特に夏場の腐敗は早く進むので、頻繁にエサの交換をするようにしましょう。 昆虫ゼリー 最近のエサの主流は昆虫ゼリーです。 クワガタの生育に最適な栄養素が詰まった昆虫ゼリーは主食として非常に便利です。 安価に手に入り、飼育環境を汚さず、エサの交換が簡単に行えるというメリットもあります。 そんな昆虫ゼリーには2種類あります。 1つは透明な黒糖ゼリー、もう1つは白っぽい色付きの高たんぱくゼリーです。 どちらも毎日の主食としオススメです。 特に、産卵前のメスはタンパク質を大量に必要としているので、交尾をし始めたら高たんぱくゼリーを中心にエサをあげると良いでしょう。 クワガタのメスは、たんぱく質が不足すると、幼虫や蛹、一緒に飼われているオスまで食べてしまうことがあるので注意が必要です。 スイカを与えるなら皮に近い部分を スイカやメロン、モモといった果物は水分量が多すぎて、クワガタが下痢になるからエサに向かないというのが最近の通説です。 しかし昔はこのようなエサを与えてきましたし、実際にこれらの果物が原因でクワガタが早死にしたという調査結果があるわけではありません。 ですが不安が残るので、水分の多い果肉部分を切り落とし、皮に近い部分を与えてあげましょう。 赤い果肉が1センチほど残してあれば十分です。 それから、大量に与えないことと、主食にしないことを守れば平気です。 果汁の多い果物は飼育環境を汚すので、現在はあまりオススメされていないのです。 薄めた乳酸菌飲料と薄めた蜂蜜 クワガタには市販の乳酸菌飲料や蜂蜜を水で薄めたものを与えても喜びます。 どちらも五倍程度に薄めてください。 特に蜂蜜はそのまま与えてしまうと粘度が高すぎてクワガタの体にくっついてしまい、動けなくなってしまいます。 そうなるとクワガタは弱って寿命を縮める結果になってしまうので、十分注意してください。 蜂蜜も触ってべたつかない程度に水で薄めると良いです。 また、夏場は蟻やコバエが寄ってきやすいので、ある程度時間が経過したら回収してください。 どちらも脱脂綿に含ませて与えてください。 夏場は乾きやすいので、滴らない程度に十分含ませておくと良いでしょう。 昆虫ゼリーのカップのような容器に入れておくと飼育環境を汚さず便利です。 また、割りばしの先に脱脂綿をくくりつけてクワガタの口元に差し出してあげると、しがみついて食べてくれます。 クワガタが好むエサを見つけよう クワガタは基本的にカブトムシと同じエサを食べるので、飼育はそれほど難しくありません。 羽化したばかりのクワガタは体に蓄えた栄養だけで一定期間過ごすので、エサを食べなくても焦る必要はありません。 断食期間は個体の大きさ、種類にもよりますが、動き方をよく観察してエサを無駄にしないようにしてください。 心配であれば常時少な目のエサを入れておき、たまにエサの種類を変えて食いつき具合を確認すると良いでしょう。 体内の栄養を使い果たしたら食欲が出てきます。 栄養バランスの良いエサを与えて、長く飼育してあげましょう。

次の

クワガタは何歳まで生きる!?種類別寿命や飼い方まとめ

クワガタ メス 寿命

クワガタの寿命ってどれぐらい? 自然界のクワガタ虫は、幼虫のまま1年〜2年間を朽ち木のなかですごし、夏の終わりに成虫になって朽ち木の中で一冬越します。 次の年の夏に野外へ出てきて活動しはじめますが、その年の夏が終わる頃には死んでしまいます。 クワガタ虫の種類によっては幼虫が1年で成虫になったり、成虫になった年冬を越さずにその夏に活動を開始するクワガタもいます。 幼虫で一年すごすものを『1年型』、二年すごすものを『2年型』といいます。 オオクワガタやミヤマクワガタは幼虫のまま冬を3度越す3年型もあります。 成虫になってからも蛹室(ようしつ)で一冬越して翌年に野外活動をするクワガタを『1越型』といい、夏の初めに成虫になり夏の終わりにすぐ野外活動を始めるクワガタを『1化型』といいます。 2年型と1年型の違いは卵を産みつけられた時期や、卵から孵化(ふか)した幼虫が育つ時のまわりの環境が関係しています。 簡単に言えば早い時期の卵は夏を長くすごせるので栄養をよく吸収して幼虫の成長がはやくなる為1年で成虫になる1年型が多い。 逆に時期が遅いと冬が早く来る為幼虫の活動が鈍くなり育つ期間が短くなるので、2年かけてゆっくり栄養をとって成虫になる2年型が多くなります。 1年型は幼虫期間が短いため成虫も小型が多く、逆に長い2年型は大型になるのです。 1化型のクワガタは夏の初めに幼虫が充分成長していて急に温度が上がった時に起こりやすいようです。 1越型のクワガタは夏の終わりに成虫になっているのに出てこれないなんてもったいないですね。 成虫で越冬した分寿命も短いんです。

次の

カブトムシの寿命はどれくらい?!こんな兆候があった!!

クワガタ メス 寿命

《コクワガタのメスの上からの画像》 大きさ:18~33ミリ ヒラタクワガタのメスに良く似ているが翅(背中の羽根)に点刻状の細かいスジが入りザラザラとした感じが有ります。 夏の野外の個体は、汚れがついて白っぽく見えます。 (ヒラタに比べてツヤがありません) 《コクワガタのメスの裏からの画像》 ヒラタクワガタのメスとの大きな違いは、前脚の腕の頚節(けいせつ)が直線的で真っすぐな方がコクワガタ、湾曲しながら先端に向かって太くなっているのがヒラタクワガタです。 裏から見たコクワガタのメス 裏から見たヒラタクワガタのメス 前脚の肘から先の形を良く見ると一目瞭然で違いが分かります。 因みにコクワガタの学名の「rectus」は、真っすぐという意味なので覚えやすいと思います。 このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。 当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。 ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。 あらかじめご了承下さい。 《ヒラタクワガタのメスの表からの画像》 大きさ:19~42ミリ 上翅(背中)がツルツルとした感じがします。 (ぼやけたスジが有ります) やや光沢がありツルツルしていますが老化が進むと艶がなくなります。 《ヒラタクワガタのメスの裏からの画像》 前腕が先端に向かうにつれて広がり湾曲します。 脚がガッチリとした感じがあります。 表から見たヒラタのメス 表から見たコクワのメス 前述の説明のとおり、体に丸みと光沢(ツルツル感)があり、ザラザラ感が全くありません。 コクワの様に上翅の細かいヤスリ状の点刻列(スジ)がありません。 裏から見たヒラタのメス 裏から見たコクワのメス 前述の説明のとおり、前腕が先端に向かって湾曲しながら広がって行くのに対し、コクワは直線的な形をしています。 脚や腕が太く見えます。 表から見たヒラタのメス 表から見たオオクワのメス 上翅(ハネ)に顕著な無数の点刻列(ゴリゴリした感じのスジ)がなく、平べったいので区別が付きやすいです。 名前の由来のとおり、体の厚みがなく「平たい」です。 自然界では、老化や産卵による摩耗で極端に光沢が無くなったコクワのメスの様になってしまった個体をよく見かけます。 前述の腕の形状や上翅のスジで見分けが可能です。 このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。 当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。 ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。 あらかじめご了承下さい。 《オオクワガタのメスの上からの画像》 大きさ:25~50ミリ 全身が真っ黒で光沢が強いのが特徴です。 背中 上翅 にハッキリとしたスジ 点刻 があるのでヒラタクワガタとの区別がつきやすいです。 またコクワガタのメスに比べてツヤがあります。 ヒラタクワガタのメス ツヤがありますが背中の羽根に はっきりとしたスジが有りません。 コクワガタのメス 背中の羽根に細かいスジが何本もありますが ツヤが無く白っぽく見えます。 《オオクワガタのメスの裏からの画像》 裏から見たヒラタクワガタのメス 裏から見たコクワガタのメス ヒラタクワガタは、前腕が先端に行くにつれて内側に湾曲しながら広がって行くのに対し、 オオクワガタとコクワガタは若干直線的な形をしています。 実は、オオクワガタとコクワガタは、近縁種的な存在です。 このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。 当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。 ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。 あらかじめご了承下さい。 《ノコギリクワガタのメスの上からの画像》 大きさ:19~40ミリ 体の色が赤褐色~黒の個体が殆どで背中には鈍い光沢が有ります。 (産卵が終わり寿命が近付くと光沢が無くなる個体もいます) 全体的に丸みを帯びており、特に横から見ると背中の羽根の部分が盛り上がっています。 体の色が赤褐色である事と体の丸みからヒラタクワガタとの見分けもつきやすいです。 またミヤマクワガタのメスは、背中の羽根の光沢やアゴの太さの他に脚の大腿(太もも)の部分にオレンジ色の紋が有る事から容易に判別出来ます。 光沢が強く黒光りしてノコギリクワガタに比べて丸みが有りません。 《ノコギリクワガタのメスの裏からの画像》 ミヤマクワガタのメスとの違いは、アゴの形状や大腿の色でも容易に識別可能です。 表から見たミヤマクワガタのメス 裏から見たミヤマクワガタのメス ノコギリクワガタは、朽ち木にも産卵するので鋭利に尖ったな鋭いアゴを持っているのに対しミヤマクワガタは土に産卵を行なうので穴を掘るのに適した太くて立派な横広いアゴを持っています。 また、光沢や体の丸みの他にミヤマクワガタは、裏返すと大腿部分にオレンジ色の紋が有るので見分け方も簡単です。 このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。 当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。 ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。 あらかじめご了承下さい。 《ミヤマクワガタのメスの上からの画像》 大きさ:24~48ミリ 体の色は黒く背中の羽根には強い光沢が有ります。 (稀に赤茶色っぽい個体もいます) アゴが他の種類のメスに比べて太いのも特徴です。 《ミヤマクワガタのメスの裏からの画像》 また、裏返しにすると大腿(太もも付近)にオレンジ色の斑紋が有るので他の種類と容易に区別する事も可能です。 同じ場所に棲んでいるノコギリクワガタとの比較を行います。 表から見たミヤマのメス 表から見たノコギリのメス ミヤマの方が光沢が強く、角ばった体型でノコギリの様な楕円形(卵型体型)ではありません。 アゴの太いさや形状の違いも明らかです。 裏から見たミヤマのメス 裏から見たノコギリのメス 大腿のオレンジの斑紋の他に写真の様にミヤマは、驚くとカクカクしたポーズや動きをします。 (時々、固まった様な面白い動きもします。 ) このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。 当店ではメスのみ単品販売は行なっておりません。 ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。 あらかじめご了承下さい。 《アカアシクワガタのメスの上からの画像》 大きさ:23~36ミリ コクワガタに近い種類ですが標高が高い地域にしか棲息していません 体全体に鈍い黒褐色の光沢が有ります。 ただしコクワガタよりも若干光沢が有り、背中の羽根に顕著な筋が見当たりません。 また裏返しにすると脚の付け根が赤いので簡単に識別する事が出来ます。 また同じ赤褐色のノコギリクワガタとの違いは体の丸みの他にコクワガタやオオクワガタの仲間には、頭部に左右1対のコブ上の突起がある事から識別可能です。 表から見たコクワガタのメス 表から見たノコギリクワガタのメス 表から見たノコギリクワガタのメス 《アカアシクワガタのメスの裏からの画像》 名前の由来通り大腿(太ももの部分)が赤いのは、このクワガタだけです。 裏から見たコクワガタのメス このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。 当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。 ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。 あらかじめご了承下さい。 《スジクワガタのメスの上からの画像》 大きさ:14~24ミリ(天然個体は20ミリ以下が多い) 若干標高が高い場所にも生息しており飛行製も強い。 コクワガタのメス同様に翅(背中の羽根)に点刻状の細かいスジが入りザラザラとした感じが有ります。 但し、コクワガタのメスに比べて、独特の鈍い光沢が有り翅の点刻が明瞭で粗い。 (全体的にザラザラした感じ) 《スジクワガタのメスの裏からの画像》 コクワガタの様に前脚の腕の頚節(けいせつ)が直線的で真っすぐではなく、ヒラタクワガタの様に前方に向かって広がっているのが特徴。 裏から見たコクワガタのメス 裏から見たヒラタクワガタのメス 3種類のメスの写真を見るとヒラタクワガタのメスの様に前腕(前脚の頚節)が前方(爪の方向)に向かって広がっているのが判る。 このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。 当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。 ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。 あらかじめご了承下さい。 また、一度会員登録されますとお買い物の際に、会員IDとパスワード入力だけで、ご住所などを入力する手間がかかりません。 折り合えし、ご注文の確認の連絡を差し上げます。 【お電話、FAXでのご注文】9:00から19:00 【メールでのご注文】24時間受付しています。 代引き手数料は330円となります。 ・銀行名:ジャパンネット銀行 ジャパンネット銀行 すずめ支店(002)4701599 オザワ ヒロキ ゆうちょ銀行17410-72353571 オザワ ヒロキ VISA,MASTER,JCB,AMEX,DINERSがご利用頂けます。 ----------------------------------------------------- 当サイトはベリサイン社のデジタルIDにより証明されています。 データ入力、送信は、SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信がすべて暗号化されるので、ご記入された内容は安全に送信されます。

次の