ファミリー リンク 解除 裏 ワザ。 【最新版】あんしんフィルターをバレずに突破する方法!

iPhoneパスコード忘れ解除の最新裏ワザ?/初期化や解除法まとめ【令和元年版】

ファミリー リンク 解除 裏 ワザ

アイフォン修理のダイワンテレコム新宿店です。 この記事では、アクティベーションロックを解除したいのにアップルIDのパスワードも忘れてしまったという方への対処法をご案内します。 アクティベーションロックとは アクティベーションロックとは、【iPhoneを探す】設定に含まれている アイフォンの盗難予防機能です。 この機能を有効にすると、アイフォンと指定のApple IDが紐付けられます。 iCloud上のデータを変更する場合や本体のデータを全部削除する場合などに、Apple IDのパスワードを求められるため、 自分以外の人間が操作することができなくなります。 このように、このロックは本来自分のデータを守るためのロックですが、パスワードを忘れた場合は結果的に自分の首を絞めるロックになってしまいます。 (当然ではありますが、「iPhoneを探す」機能自体を無効にするときにもApple IDとパスワードの入力が必須となりますので忘れてしまうと厄介です。 ) Apple IDに対するロックとは アプリを購入するときやリカバリー・強制初期化後にアクティベートをしたいときなど、Apple IDとパスワードを求められることがありますよね。 そのときにApple IDのパスワードを忘れて何回も(3回くらい)入力を間違えてしまった場合、そのApple IDには ロックがかかってしまいます。 秘密の質問も答えられなかったら完全にアウトです・・・。 Apple IDのロックは、アップル社に問い合わせをしないと解除できない部分になります。 Apple IDもロックがかかってしまった・・・ アクティベートしたくてもApple IDがわからない・・・ という、てんやわんやなこの最悪な状況の方へ。 実際アップルに相談をするしかないのですが、 その中でも複数の対処方法がございますので、詳しくご案内していきます。 「Apple IDは使用が停止されています」 Apple IDがわからずアクティベートができない場合、アイフォンの電源は入るのにこんな画面になってしまいます。 ( 待ち受け画面に進めない) Apple IDに対するロックがかかっている状況ですね。 これはアップルでしか対応できないので、に電話をすることになります。 自分の手元でパソコンを開きつつ、アップルの担当者と話しながらアップルのログイン画面に進みます。 IDに対してロックがかかっている場合、対象のApple IDを入力すると 【 このApple IDはセキュリティ保護のためロックされています。 】という画面になります。 下にスクロールをすると【 アカウントロックを解除】というリンクがありますので、 そこをクリックして進み、対象のIDを入力します。 次に、解除を申請するために電話番号が必要となりますので、 対象のアイフォン(さっきまで壊れていた端末)の契約電話番号を入力します。 ここまでくれば、アップルが解除の処理を進める状態になります。 ただし、 この復旧処理は2~3週間くらいかかります。 気長に待てる方はこの処理が終わったらしばらく待ってましょう。 アクティベーションロック解除の方法 2~3週間も待ち受け画面に進めずにiPhoneの操作が何もできないのは さすがに困るという方( 皆さんそうでしょう) Apple IDのロック解除を早めることはできませんが、アクティベーションロックだけなら 1週間程度で解除が可能なようです。 ただ、この処理をしてもらうのには購入証明書が必要なのでまた一つ、手間が増えることに・・・。 購入証明書には ・購入者(契約者)の名前 ・電話番号 ・購入日 ・販売担当者の名前 ・購入店舗の住所と店舗名 ・アイフォンの名前・容量・色 ・アイフォンのシリアルナンバー ・証明書発行時の担当者の名前 以上の内容が書いてあります。 普通は持ってないです。 これは購入したショップに問い合わせれば作成して頂けます。 【購入証明書】という正式な名前の書類ではなく、簡易的な書類でもこの 内容が表記されていればとりあえず大丈夫なようです。 作成してもらえたら別の端末で証明書全体が写るように写真を撮りましょう。 (デジカメでも携帯でもなんでもいいです) 後ほどインターネットからアップルに画像を送信するので、 デジカメ等のネットに繋げないもので撮る場合は パソコンに写真を移動しておくといいですね。 購入証明書を入手できたら、新しくApple IDを作成します。 ロックがかかっているIDでは何もできないので、アップルのサイトにログインするために必要となります。 もう登録できる新しいメールアドレスがないという方は、フリーメールを作成しましょう。 Yahoo! メールやGメール、Exciteメールなどが代表的です。 (無料で作成できます) パスワードは絶対に忘れないようにしてください。 すぐに使いますが、どこかにメモしておくといいですね。 忘れたら元も子もない。 Apple IDの作成ができたら、アップルのサポートに電話をして担当者に今までの流れと新しいApple IDを伝えてください。 電話が切れた後、伝えたApple ID(メールアドレス)宛にアップルの担当者から【 ファイルの送信方法のご案内】というメールが届き、メールの中に購入証明書を送信する為のリンクがありますので、リンクをクリックします。 そうすると下の画像のようにログイン画面に進みますので、 先ほど作成した新しい方のApple IDでログイン(サインイン)してください。 そうすると規約が出てきますので、同意をしてから説明書きに従って 先ほど撮影した 証明書の写真をアップロードしてください。 アップロードが完了するとこのような画面になります。 アップロードが完了したら改めてアップルに電話をして、 データが正しいかを担当者に確認してもらいます。 これで問題がなければ、 ここから1週間程度でアクティベーションロックを解除してもらえます。 約1週間後・・・ 1週間ほど待っていればアクティベーションロックが解除されます。 アクティベーションロックを解除できただけの段階ではまだ以前のApple IDは利用できませんが、アイフォンとIDとの紐づけ自体は解除できているのでアクティベートできなかった時とは違い、アイフォンの待受画面に進むことができます。 あとは以前のApple IDが復活するのを待つだけ・・・です! その間Apple ID関連のものは触れないですが、本体は動かすことができるので メールや電話もすることが可能になります。 ただし、お手持ちの端末はリカバリーをした後の状態で、バックアップデータを本体に戻したいという方はまだ戻すことができませんので、Apple IDが復活してからデータを同期しましょう。 その後は今まで通り利用することができます。 まとめ.

次の

Androidロック解除セキュリティバグ発見!下手したらAndroidパスコードロック、指紋認証が突破される場合も。

ファミリー リンク 解除 裏 ワザ

目次から探す• iPhoneのパスコードロック忘れとは? 1-1. パスコード入力が必要な場面 普段お使い頂いているiPhoneでTouchIDの指紋認証で画面のロックを解除していると iPhoneのパスコード入力を求められる場面に遭遇したときに忘れてしまっている方が多いかと思います。 TouchIDの指紋認証で画面のロックが解除できず、パスコードの入力が必要になる場面は下記になります。 iPhoneの充電が切れてしまった時• iPhoneを再起動した時• ソフトウェアアップデート後 上記の3つの場面になったときにパスコードの入力が必要になります。 1-2. パスコードは何回失敗できるのか?• iPhoneのパスコードを入力する画面で何回まで失敗できるのか?• 失敗し続けるとどうなるか?なのですが、 パスコードを失敗できる回数とどうなるかは下記のようになります。 「iPhoneは使用できません」 の文言のあとに 失敗した回数によって下記の文言が変わります。 6回失敗で「iPhoneは使用できません。 1分後にやり直してください」• 7回失敗で「iPhoneは使用できません。 5分後にやり直してください」• 8回失敗で「iPhoneは使用できません。 15分後にやり直してください」• 9回失敗で「iPhoneは使用できません。 60分後にやり直してください」• 10回失敗で「iPhoneは使用できません。 そして11回失敗で 「iTunesに接続」の文言が表示されます。 11回目の失敗で 「iTunesに接続」つまり 初期化を行ってください。 になりますので、 11回目までに パスコードの入力を 成功させれば、 問題ないわけです。 1-3. 最初の「1分後にやり直してください」表示が出るまでに、6回の失敗が出来るのですが、 「あれかな?」「これだっけ?」と平常心でない状態で、パスコードを入力すると、 間違っている 同じパスコードを 2回入力してしまって貴重な入力機会を無駄にしてしまいます。 なので、パスコードを2回、3回入力しても画面ロックが解除できない場合は、「これだっけ?」というものをまず、 紙の上に書き出すことを オススメ致します。 そして、紙に書き出したものから 可能性が高そうなものから 順番に入力していき、 入力したものは、 チェックマークや 打ち消し線で消すなど、入力したことを分かるようにした方がいいです。 パスコード入力で貴重な入力回数を無駄打ちしないために大切なことは、• パスコードの候補を紙に書き出す• 可能性が高いものから並び替える• 入力して入力済みをチェックする になります。 一番まずいのは、 頭の中に パスコードの候補を とどめておくことです。 1回1回パスコードを間違えるごとに平常心は失われ焦りが出てきますので正常な判断が できなくなります。 紙に書き出して チェックしながら、 計画的にパスコードを 試すということが大切になります。 またがきちんと行われている状態で、 出来る環境下にある場合は、いっそのことしてしまうことも手ですが、 iPhoneを初期化する&時間や手間を考えると、 まずは、最大限パスコード入力に尽力したほうが得策かと思います。 パスコードがロックしてしまう2大原因とは 2-1. 指紋認証に頼り、パスコードを忘れてしまう パスコードロックがかかってしまうよくある原因として 一番多いものは、TouchIDの指紋認証に頼っていて パスコードを入力する場面に出くわしたときにパスコードを忘れてしまったというのが一番多いですが、 2-2. iPhoneのパスコードが勝手に入力される 画面を触っていないのに パスコードロックが 勝手にかかってしまったというシチュエーションもよく耳にします。 画面を触っていないのにパスコードロックが勝手にかかってしまった原因としては、iPhone本体の タッチパネルの不具合が 原因になっている場合が多いです。 ゴーストタッチというiPhoneのタッチパネルが勝手に反応してしまうという不具合があります。 ゴーストタッチが原因でパスコードの入力画面で数字が勝手に入力がされてしまいパスコードロックがかかってしまうという場合もあります。 ゴーストタッチが原因のパスコードロックの場合は、パスコードロック解除をやることも必要ですが、まずは、タッチパネルの不具合を解決することが先決です。 ゴーストタッチの解決法は、 関連: 3. パスコード解除前にバックアップを確認 3-1. 新規でバックアップを取る 要iTunes パスコード解除はiPhoneの初期化が必要になり 初期化によって iPhoneのデータが すべて消失しますので、 パスコードロックがかかってしまった iPhoneでバックアップが 出来る状態か確認します。 バックアップを取るには過去にiTunesに接続したことがあるかどうかが大切になってきます。 3-2. 過去のバックアップを確認する3つの方法 3-2-1. パソコンでのバックアップ確認方法 パソコンをお持ちの方に限られますが、 過去にiTunesを使ってする方法を解説していきます。 または、特定のバックアップの場所を調べることができます。 iTunes を起動します。 メニューバーの「iTunes」をクリックし、 「環境設定」を選択します。 「デバイス」をクリックします。 目的のバックアップを「control」キーを押しながらクリックし、「Finder で表示」を選択します。 または、以下の手順でも探せます。 検索バーを探します。 Windows 7 では、「スタート」をクリックします。 Windows 8 では、右上にある虫眼鏡のアイコンをクリックします。 Windows 10 では、スタートボタンの横にある検索バーをクリックします。 「Return」キーを押します。 引用先: パソコン上に過去のバックアップ履歴があれば、 最後に作成した日付に近い状態の iPhoneに戻すことが可能になりますので、 ある程度心に余裕がある状態でiPhoneの初期化などの作業を進めることができるようになると思います。 3-2-2. iCloudでバックアップ確認方法 iPhoneを過去にiCloud経由でバックアップしたかどうかを確認する方法を解説していきます。 パソコンまたは他のiOS端末からします。 「設定」のアイコンをクリックします。 「ストレージ」と「マイデバイス」を確認します。 「ストレージ」項目にバックアップがあれば、バックアップの最終日時は分かりませんが、iCloud上にバックアップデータが保存されていることは、間違いないです。 また、「マイデバイス」項目にパスコードを忘れたiPhoneが紐付かれているかが重要です。 「マイデバイス」項目に パスコードを忘れた iPhoneがない場合は、 バックアップが作成されていない可能性があります。 3-2-3. アップルサポートに聞いて確認する方法 過去にiCloudでバックアップをとった方に限られますが、 iCloud. comにアクセスするための端末やパソコンが手元にない場合は、アップルサポートの電話に問い合わせて確認することで iCloudでのバックアップ履歴とバックアップの作成日時を確認することができます。 アップルサポートのお問い合わせ先 受付時間:午前9時から午後9時(年中無休) 4. パスコード解除する3つの方法 パスコードを11回以上失敗してしまって、 「iPhoneは使用できません」 「iTunesに接続」になってしまった場合や いち早くiPhoneを使える状態にしたい場合は、iPhoneを初期化して工場出荷状態にすることで iPhoneを使える 状態することが可能です。 パスコードロックがかかってしまったiPhoneを初期化する方法は、ユーザー様が置かれている環境下によって提案が変わってきます。 初期化する方法としては下記の3点があります。 iTunesを使って初期化する• 別のスマホやiOS端末 古いiPhone で初期化する• Apple正規の修理拠点でiPhoneを初期化する それでは、パスコードロックの初期化方法について順番に解説していきます。 4-1. iPhoneの初期化として、一番安全なのは、パソコンを使っての初期化がオススメです。 iPhone本体に依存した初期化は初期化の失敗率がiTunes接続に比べて高いからです。 4-1-1. 4-1-2. 4-2. 4-2-1. 「iPhoneを探す」アプリをインストールします。 4-2-2. comから初期化 Androidのスマホがある場合は、 Firefoxブラウザと phonyアドオンを使ってにサインインをして iPhoneを探すからアプリと同様にパスコードロックがかかってしまったiPhoneの初期化を行うことが可能です。 4-3. どちらもない場合のパスコード初期化 パスコードロックがかかってしまったiPhoneを初期化するための パソコン他のiOS端末Androidのスマホを用意できない場合は、 Apple正規の 修理拠点でiPhoneの初期化を行うことが可能です。 Apple正規の修理拠点で行う初期化の場合 初期化の手数料が かかる場合がありますので 最寄りのApple正規の修理拠点へ確認されることをオススメ致します。 最寄りのApple修理拠点は「サービス」から探すことが可能です。 バックアップを復元する パスコードロックがかかってしまったiPhoneの初期化が完了しましたら、 5-1. iTunesでバックアップを復元 iTunesのバックアップがある方はiTunesから復元を行ってください。 5-2. iCloudでバックアップを復元 バックアップがiCloudにある方はiCloudからバックアップの復元を行ってください。 5-3. iPhone初期設定する iPhoneのバックアップがない場合は、iPhoneの初期設定を行い使える状態にします。 パスコード忘れしないための3つの予防策 パスコード忘れを防止するための方法を考えてみました。 6-1. パスコードの桁数を少なくする iOS9からパスコードの桁数が 6桁がデフォルト設定になったのですが、 6桁のパスコードのせいでパスコード忘れが増えたように感じます。 iPhoneの初期設定の段階で 桁数を減らす設定が 分からないがために6桁でそのまま設定してしまっているからでないかと思います。 6-2. パスコードは使い慣れた数字を使う パスコードの設定に使い慣れた数字を使うことはとても大切なことだと感じます。 先程の桁数を4桁に減らす作業と組み合わせて、使い慣れた4桁の組み合わせにしておくことで うっかり忘れてしまったときなどに対処がしやすくなります。 6-3. パスコードは手帳などアナログに記録しておく• 作成したパスコードは、 紙のメモ帳などアナログの 媒体に記録しておくことをオススメ致します。 パスコードロック解除でiPhoneの初期化を希望されている方を見ると、 意外と iPhoneの「メモ」アプリに パスコードをメモしていて、 パスコードを忘れたいざという時にiPhoneの中を確認することが出来ず慌てて初期化してしまうという方もいらっしゃいます。 メモ帳や手帳などの紙媒体にメモを残しておくといざという時に安心かと思います。 パスコード初期化に失敗した場合 パスコード解除の初期化を行ったときにまれにiPhoneのデータ消去が完了したが、 iPhoneが起動してこないといった問題が起こる場合があります。 具体的には、• リンゴループを繰り返すか• iTunes接続の画面になってしまう などがあります。 iPhoneが起動してこない場合の有効な対策方法は、• リカバリモードによる初期化を行うか• iPhoneのパスコードを忘れたので初期化をしたいがパソコンがない場合はコチラ パスコード忘れで初期化をしたいがパソコンが手元にない場合は、Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダでiPhoneの初期化を代行することが可能です。 無償で承ることができる店舗もありますが、有償の場合もありますので数千円の現金や電子マネーを持参して来店されることをオススメ致します。 最寄りにApple正規店がなくiPhoneを初期化出来ない場合は 友人のiPhoneや昔使っていた古いiPhoneやiPadの「」に自分のiCloudのAppleIDでサインインをして端末のiPhoneの消去から初期化する方法も取れますし、知り合いにiPhoneを探すアプリを利用させてくれる人がいない場合は、ネットカフェにiPhoneを持参してiTunesをネットカフェのパソコンにインストールしてiPhoneを初期化する方法もあります。 iPhoneパスコードの初期値とは? iPhoneのパスコードの初期値は無いです。 何もパスコードが設定されていない状態であればパスコードの入力を求められることはありません。 「0000」や「1111」「9999」「1234」などにパスコードの初期値が設定されているのでは?とお問い合わせを頂くのですが、ご自身で何かしら設定されない限りパスコードの入力は発生しません。 機能制限パスコードを初期化したい場合はコチラ iPhoneのパスコード忘れた問題と同じ割合くらい機能制限パスコード忘れた問題も多いです。 機能制限パスコードはご自身で設定される場合もありますが、中学生や高校生の方など未成年の方がお持ちになっているiPhoneの場合ですと保護者の方が機能制限パスコードを設定している場合をよくお見受けしますので、保護者の方が設定している場合には初期化する前に一度確認されることをオススメ致します。 機能制限パスコードを初期化する場合もと同じになります。 これが何かしらの裏ワザやツールで突破ができてしまうと、Apple製品の信用を損なってしまいます。 一度設定したパスコードは本人が分かる簡単な数字や英数字の組み合わせだとしても油断せず、メモ帳やノートなどのアナログ媒体に残しておくのが、ご自身の中の最後の突破口になってきますので、常日頃から気をつけて頂けましたら幸いです。 iOSバージョンの脆弱性を狙って一時的にパスコードを解除できるような裏技も昔はありましたが現在はパスコードロックが掛かった状態で突破することはできないです。

次の

サイトフィルタリング「iフィルター」を強制的に解除・回避する方法(PC・スマホ対応)

ファミリー リンク 解除 裏 ワザ

アイフォン修理のダイワンテレコム新宿店です。 この記事では、アクティベーションロックを解除したいのにアップルIDのパスワードも忘れてしまったという方への対処法をご案内します。 アクティベーションロックとは アクティベーションロックとは、【iPhoneを探す】設定に含まれている アイフォンの盗難予防機能です。 この機能を有効にすると、アイフォンと指定のApple IDが紐付けられます。 iCloud上のデータを変更する場合や本体のデータを全部削除する場合などに、Apple IDのパスワードを求められるため、 自分以外の人間が操作することができなくなります。 このように、このロックは本来自分のデータを守るためのロックですが、パスワードを忘れた場合は結果的に自分の首を絞めるロックになってしまいます。 (当然ではありますが、「iPhoneを探す」機能自体を無効にするときにもApple IDとパスワードの入力が必須となりますので忘れてしまうと厄介です。 ) Apple IDに対するロックとは アプリを購入するときやリカバリー・強制初期化後にアクティベートをしたいときなど、Apple IDとパスワードを求められることがありますよね。 そのときにApple IDのパスワードを忘れて何回も(3回くらい)入力を間違えてしまった場合、そのApple IDには ロックがかかってしまいます。 秘密の質問も答えられなかったら完全にアウトです・・・。 Apple IDのロックは、アップル社に問い合わせをしないと解除できない部分になります。 Apple IDもロックがかかってしまった・・・ アクティベートしたくてもApple IDがわからない・・・ という、てんやわんやなこの最悪な状況の方へ。 実際アップルに相談をするしかないのですが、 その中でも複数の対処方法がございますので、詳しくご案内していきます。 「Apple IDは使用が停止されています」 Apple IDがわからずアクティベートができない場合、アイフォンの電源は入るのにこんな画面になってしまいます。 ( 待ち受け画面に進めない) Apple IDに対するロックがかかっている状況ですね。 これはアップルでしか対応できないので、に電話をすることになります。 自分の手元でパソコンを開きつつ、アップルの担当者と話しながらアップルのログイン画面に進みます。 IDに対してロックがかかっている場合、対象のApple IDを入力すると 【 このApple IDはセキュリティ保護のためロックされています。 】という画面になります。 下にスクロールをすると【 アカウントロックを解除】というリンクがありますので、 そこをクリックして進み、対象のIDを入力します。 次に、解除を申請するために電話番号が必要となりますので、 対象のアイフォン(さっきまで壊れていた端末)の契約電話番号を入力します。 ここまでくれば、アップルが解除の処理を進める状態になります。 ただし、 この復旧処理は2~3週間くらいかかります。 気長に待てる方はこの処理が終わったらしばらく待ってましょう。 アクティベーションロック解除の方法 2~3週間も待ち受け画面に進めずにiPhoneの操作が何もできないのは さすがに困るという方( 皆さんそうでしょう) Apple IDのロック解除を早めることはできませんが、アクティベーションロックだけなら 1週間程度で解除が可能なようです。 ただ、この処理をしてもらうのには購入証明書が必要なのでまた一つ、手間が増えることに・・・。 購入証明書には ・購入者(契約者)の名前 ・電話番号 ・購入日 ・販売担当者の名前 ・購入店舗の住所と店舗名 ・アイフォンの名前・容量・色 ・アイフォンのシリアルナンバー ・証明書発行時の担当者の名前 以上の内容が書いてあります。 普通は持ってないです。 これは購入したショップに問い合わせれば作成して頂けます。 【購入証明書】という正式な名前の書類ではなく、簡易的な書類でもこの 内容が表記されていればとりあえず大丈夫なようです。 作成してもらえたら別の端末で証明書全体が写るように写真を撮りましょう。 (デジカメでも携帯でもなんでもいいです) 後ほどインターネットからアップルに画像を送信するので、 デジカメ等のネットに繋げないもので撮る場合は パソコンに写真を移動しておくといいですね。 購入証明書を入手できたら、新しくApple IDを作成します。 ロックがかかっているIDでは何もできないので、アップルのサイトにログインするために必要となります。 もう登録できる新しいメールアドレスがないという方は、フリーメールを作成しましょう。 Yahoo! メールやGメール、Exciteメールなどが代表的です。 (無料で作成できます) パスワードは絶対に忘れないようにしてください。 すぐに使いますが、どこかにメモしておくといいですね。 忘れたら元も子もない。 Apple IDの作成ができたら、アップルのサポートに電話をして担当者に今までの流れと新しいApple IDを伝えてください。 電話が切れた後、伝えたApple ID(メールアドレス)宛にアップルの担当者から【 ファイルの送信方法のご案内】というメールが届き、メールの中に購入証明書を送信する為のリンクがありますので、リンクをクリックします。 そうすると下の画像のようにログイン画面に進みますので、 先ほど作成した新しい方のApple IDでログイン(サインイン)してください。 そうすると規約が出てきますので、同意をしてから説明書きに従って 先ほど撮影した 証明書の写真をアップロードしてください。 アップロードが完了するとこのような画面になります。 アップロードが完了したら改めてアップルに電話をして、 データが正しいかを担当者に確認してもらいます。 これで問題がなければ、 ここから1週間程度でアクティベーションロックを解除してもらえます。 約1週間後・・・ 1週間ほど待っていればアクティベーションロックが解除されます。 アクティベーションロックを解除できただけの段階ではまだ以前のApple IDは利用できませんが、アイフォンとIDとの紐づけ自体は解除できているのでアクティベートできなかった時とは違い、アイフォンの待受画面に進むことができます。 あとは以前のApple IDが復活するのを待つだけ・・・です! その間Apple ID関連のものは触れないですが、本体は動かすことができるので メールや電話もすることが可能になります。 ただし、お手持ちの端末はリカバリーをした後の状態で、バックアップデータを本体に戻したいという方はまだ戻すことができませんので、Apple IDが復活してからデータを同期しましょう。 その後は今まで通り利用することができます。 まとめ.

次の