明日 私 は 誰か の 彼女 ネタバレ。 明日、私は誰かのカノジョ・第59話(4巻)ネタバレ感想|サイコミ|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

【明日私は誰かの彼女 59話】ネタバレ・あらすじ

明日 私 は 誰か の 彼女 ネタバレ

「明日、私は誰かのカノジョ」読んでみましたよ! この女の子儚そうな美人でかわいいですよね。 この子は雪さんといい、レンタル彼女の仕事をしている女の子です。 「明日、私は誰かのカノジョ」は、悲惨な幼少期を過ごし人との関りを打算的に考えているレンタル彼女の雪と平凡な家庭で過ごし成長したサラリーマンの客壮太のちょっと歪んだビターラブストーリーです。 他の漫画でもレンタル彼女を取り上げている作品など見たことがあり、レンタル彼女はもう世間一般知られているものだと思います。 私は最初に知ったときはだいぶ驚きましたねー。 私は勝手に作品タイトルのカノジョがカタカナなのは偽物だからカタカナで表現しているのかと思いました。 レンタルを安直に偽物といっていいのか悩みますが、雪は仕事だからと割り切っています。 お客さんの情報をノートに書いて自分なりにまた来るかどうか分析していて雪はこうやっていろんな人間を見ているのか仕事だとしてもと思うとちょっと切なくなります。 そこで壮太という青年 サラリーマンなんですが と出会い、不自由なく生きてきた壮太と幼少期から一人で生きてきた雪との差を感じたり近くなったりしていきます。 そしてレンタル彼女ものの話はレンタルするお客さん目線で書かれている作品が多いと思います。 ですがこの作品は、レンタル彼女目線で話が進んでいきます。 なかなか珍しいと思いますが、これはレンタル彼女ものでも今までのものとは毛色が違うから彼女目線であっているのだと思います。 実際に雪自身の心情は何ともリアルで、誰もが感じたことがあるような何とも言えない孤独感など語っていて引き込まれるようです。 この先雪と壮太がどうなっていくのかが気になる作品になっています。 それはぜひ自分の目で見て感じてほしいです。

次の

明日、私は誰かのカノジョ・第57話(3巻最終話)と番外編のネタバレ|サイコミ|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

明日 私 は 誰か の 彼女 ネタバレ

レンタル彼女のビターラブストーリー「明日、私は誰かのカノジョ」について、雪に対して思うところ。 レンタル彼女、雪を見ているとなにか心の奥からこうなにかしてあげたくなったり、言ってあげたくなったりモヤモヤした感情が出てくるので書き出してみます。 まず自分で言ったことですが、「あげたくなったり」という言葉自体本当は使ってはいけないんだろうなあと思います。 あげるという言葉自体上から目線ですし、その言葉が出てくる時点で自分より下だと思っている証拠なのかなと。 人間いろいろ思うところがあって生きていると何気ない言葉の細かいところが妙に心に引っかかったりするときありませんか? 私は雪を見ているとうまく言えませんが、心に引っかかるものがあります。 私は雪を下に見てる気はありませんが、人に対してなにかしてあげようと思うのは自分に余裕があるからであり無意識にでも自分より下の人間を見ると安心してしまうのが人間だと思います。 雪には人には見られたくないあるものがあるんですが、壮太は偶然にもそれを見てしまい取り乱す雪に対して「愛しい」と言うシーンがあります。 正直ここで愛しいと言われた雪はばかにされているとしか感じないと思いました。 もちろん、実際にそういう場面に自分があったときになんて言っていいかなんて正解はわからないですし、私なら黙ってしまうかもしれないです、、 でもここで愛しいと言うのは、同情されているのと同じことだとしか感じれないと思います。 昔のドラマで「同情するなら金をくれ!」という名言があるのを聞いたことがあります。 この言葉は同情されるということがどれだけ哀れで屈辱的なことなのかよくわかる言葉だなと思っていました。 壮太に見られた雪が「私が私のことを可哀想だと思っていなくても、その視線が私を哀れにさせるの!!」と言っていて雪はどれだけ周りの無遠慮な目に晒されてきたのか感じてしまってこの言葉は私の胸に響くものがありました。 私はこの時の雪を抱きしめてあげたいと思ったので、壮太が愛しいと言ってしまった気持ちはよくわかります。 でも私が抱きしめてあげたいと思ったこと自体、同情心なのか庇護欲からなのかなんなのかよくわかりません。 また「あげたい」と言ってしまったり、庇護欲なんて厄介な感情が出てきて堂々巡りになりそうなので今回はここまでにします。 でも雪が心から幸せになってほしいと思う気持ちは、本物であり応援したくなり大丈夫だと言いたくなります。 自分でも結局なにが言いたいのかまとまってなくて意味が分からなかったと思いますが、私はモヤモヤが吐き出せてちょっとすっきりしました。 もし読んでくれた方いましたら本当にありがとうございました。 また、人によっては全く違うことを思った方などいたかもしれませんが、あくまで個人的に思ったことだということをご了承ください。 人によって思うことが違うのは当たり前なことであり、また違った思いなどぜひ聞いてみたいと思いました。 読んでみたくなった方いましたら、ebookjapanおススメですよ。 本当にありがとうございました。

次の

【明日私は誰かの彼女 4巻 53話】ネタバレあらすじ

明日 私 は 誰か の 彼女 ネタバレ

「明日、私は誰かのカノジョ」読んでみましたよ! この女の子儚そうな美人でかわいいですよね。 この子は雪さんといい、レンタル彼女の仕事をしている女の子です。 「明日、私は誰かのカノジョ」は、悲惨な幼少期を過ごし人との関りを打算的に考えているレンタル彼女の雪と平凡な家庭で過ごし成長したサラリーマンの客壮太のちょっと歪んだビターラブストーリーです。 他の漫画でもレンタル彼女を取り上げている作品など見たことがあり、レンタル彼女はもう世間一般知られているものだと思います。 私は最初に知ったときはだいぶ驚きましたねー。 私は勝手に作品タイトルのカノジョがカタカナなのは偽物だからカタカナで表現しているのかと思いました。 レンタルを安直に偽物といっていいのか悩みますが、雪は仕事だからと割り切っています。 お客さんの情報をノートに書いて自分なりにまた来るかどうか分析していて雪はこうやっていろんな人間を見ているのか仕事だとしてもと思うとちょっと切なくなります。 そこで壮太という青年 サラリーマンなんですが と出会い、不自由なく生きてきた壮太と幼少期から一人で生きてきた雪との差を感じたり近くなったりしていきます。 そしてレンタル彼女ものの話はレンタルするお客さん目線で書かれている作品が多いと思います。 ですがこの作品は、レンタル彼女目線で話が進んでいきます。 なかなか珍しいと思いますが、これはレンタル彼女ものでも今までのものとは毛色が違うから彼女目線であっているのだと思います。 実際に雪自身の心情は何ともリアルで、誰もが感じたことがあるような何とも言えない孤独感など語っていて引き込まれるようです。 この先雪と壮太がどうなっていくのかが気になる作品になっています。 それはぜひ自分の目で見て感じてほしいです。

次の