演技 ワーク ショップ。 俳優の「真実の演技」を手に入れる為のワークショップのシリーズ

ATC_WORKSHOP

演技 ワーク ショップ

演技未経験の方や自信が持てない演技初心者の方に向けて、 ENTRY ACT(エントリーアクト)は東京都豊島区を拠点に「演劇ワークショップ」や「習い事演技レッスンクラス」を開講しております。 演劇ワークショップってなに? 時々ご質問頂くことなので、この場でお答えします! 演劇ワークショップとは、 【演劇体験講座】のことです! ENTRY ACTでは、演劇体験講座を定期的に開講し、2014年から毎年約500名の方にご参加いただいております。 殆どの方が「今日が初めての演劇」という方。 次に多いのが「演劇をやったことはあるけれど、自信はありません・・・ほぼ未経験です」という初心者の方。 演劇ワークショップのカリキュラムは担当講師(演技の専門家)がメンバーさんの目的に合わせて考案し、 みなさまの状態を見ながら進めていきます。 メンバーさんの目的は様々です。 『普段の生活ではPCとばかり向き合っていて、人と向き合うことがないんです。 なので、感情を出す機会も無いので解放したくて来ました。 』 『観劇が好きで、自分もやってみたいと思った。 』 『表情が乏しいと自分で感じていて、表現力を身につけたいと思っています。 ほんの一部ですが、 今、演劇をやってみたい気持ちはあるのだけれど、あと一歩の勇気がどうにも出ない・・・という方の参考になればと思い、ご紹介させていただきました。 演劇ワークショップは体験講座のため メンバーさん同士が全員初対面ということが通常です。 みなさん最初はぎこちなく、表情がかたい・・・。 【自己解放】や【自由な、のびのびとした表現】や【円滑なコミュニケーション】とは程遠い状態から始まります。 これが通常です。 でもご安心くださいね。 ここが、演技講師(=体験講座のファシリテーター)の腕の見せ所なのです! ENTRY ACTの演劇ワークショップでは最初に「インプロゲーム」を行うことが多いです。 ほぼ毎回「インプロ」を行います。 インプロ=インプロヴィゼーション(improvisation) インプロの驚くべき効果は、 ご自身が子ども時代にやっていた手遊び感覚のゲームであっという間にメンバーさんの緊張が解(ほど)けて ゲラゲラと笑い合うほどに打ち解けてしまえるところ。 さっきまでカチコチに固まっていた身体も心も嘘のように自由になっていくのが感じられるのです。 ゲームを開始して僅か5分で笑顔が自然と出てきていることに気づいていただけるはず。 この「インプロ」は近年、企業の研修でも使われることが多いようで 人見知りの方でも【コミュニケーション】を容易にします。 人と目を合わせて、 「伝わるまで伝える」発信と「相手の気持ちを受け取る」受信をゲームで体験することができます。 さらに、 「不安・緊張」状態から脱却して緊張感を良いベクトルに修正し、「集中」を高めてご自身の最大のパフォーマンスを引き出す効果もあります。 積み重ねていくとより効果が増しますが、一度の体験でも経験のひとつとなり、それを身体は忘れません。 このようなトレーニングは 演劇のパフォーマンスはもちろんのこと、 人前で何かをする機会のある方や人と接する職業の方のパフォーマンスも向上します。 【演劇・演技】に対して 興味はあるけれど、いざやってみるとなるとものすごく勇気がいる・・・という方が多いです。 初対面の人たちの前で演技をやることに対する漠然とした不安 敷居の高さ 恥をかくかもしれない恐怖 一歩を踏み出せない理由はいろいろ。 でも、それもご安心ください。 演技講師はメンバーさんが「未経験」「初心者」で「不安」な気持ちで当日来場されることを重々承知のうえ担当させていただきます。 演劇で嫌な気持ちにならないように、と最大限の配慮をし、初めての演劇体験の場としてENTRY ACTを選んでくださったことへ責任を持ってメンバーさんおひとりおひとりと向き合います。 エチュード=即興劇 テキストレッスン のカリキュラムでは、 ENTRY ACTでは『演技をしない』でやってみてください、と毎回のようにお話ししています。 『演劇ワークショップなのに演技をしない!?』 驚かれるかもしれませんが、 (ワークショップ参加者さんも驚かれます) これはENTRY ACTの開講するワークショップやレッスンの理念です。 「感動を生む表現」は、「本物の感情」が乗った【良い演技】なのです。 「うまいね」と言われる演技は【上手な演技】。 エチュードやテキストレッスンは、インプロゲームに比べて正直「難しさ」を感じずにはいられないと思っています。 テキストを持つ手が震えたり、セリフをうまく言えなかったり。 でも、それでいいんです。 震えながらでも自分をさらけ出そうとしたり 相手と繋がろうとしたりする。 そんな一生懸命な表現には説得力があります。 どんなにセリフの言い方が上手でも 立ち居振る舞いが上手でも 「うまく見せよう」といういわゆる自意識が先立つ表現は予定調和でおもしろくありません。 やっている本人が「おもしろい!」のも前者。 演技経験者は「上手さ」に偏りがちで、 未経験者のほうがいい演技をやられる、なんてことは珍しくありません。 「すごく緊張したけど、おもしろい!!!」 自分の中に眠っている『自分も知らなかった自分』が目覚める可能性を秘めた演劇ワークショップ。 スケジュールページでは最新の情報を掲載しています。 ご参加心よりお待ちしております。 投稿ナビゲーション.

次の

全国・オンライン開催で人気の演劇(演技)ワークショップ ランキングTOP20【最新】|ストアカ

演技 ワーク ショップ

『(映画・テレビドラマ等)映像作品の撮影現場に出ること』を再優先に、実践形式による<映像演技ワークショップ>を行っています。 講師は第一線で活躍する映画監督やテレビドラマの演出家、キャスティングプロデューサーたち。 ここで講師陣の目に留まれば、一気に作品への参加に近づきます。 実績としては、ワークショップ受講の俳優たちが、東映作品をはじめ数多くの映画・テレビドラマに出演を果たしています。 「お芝居の経験はあるけれどマイク前での演技経験がない・・・」一歩前に踏み出せない方にとっては、新しい分野へ進出できるチャンスになってほしい。 また、すでに声優としてご活動されている方にとっては、さらなるスキルアップを目指し「今」現場で作品に携わっている方々との<出会いの場>となってほしい。 そんな想いで声優ワークショップを開講致します。 講師は、第一線で活躍する音響監督をはじめ、現役のプロデューサーや声優たち。 現場で必要とされる技術を生の声で聞くことができる実践的な講座をご用意しております。 料金 :1講座につき5,000円 場所 :東映東京撮影所 東京都練馬区東大泉2-34-5.

次の

【ワークショップ】ホワイトベアーズ|東映 ワークショップ

演技 ワーク ショップ

演劇的な手法を用いたワークショップといっても、単に劇の練習をするわけではありません。 演劇的な手法を取り入れながらコミュニケーションについて学ぶ内容となっています。 実際にとびコーさんらが、ワークショップのファシリテーターとして活動を行う場合に必要となる振る舞いや心構えなども交えてご指導を頂きました。 まずはじめは、グループをつくるワークショップからスタート。 「好きな色が同じになる人同士、グループをつくって下さい」と平田さんより指示がでます。 とびコーさんらは、周囲の人に声をかけあって、好きな色が同じ人を探し歩き、お互い確認し合いながら、共通の答えを持ったひとまとまりのグループをつくります。 一見単純な行動ですが、無秩序なところから、声と体をつかって秩序を生み出す体験は、すごく新鮮でした。 その他にも「好きな果物」「行ってみたい国」など、いくつものキーワードで試すうちに、とびコーさん同士の意外な共通点や、趣味の一致など、自己紹介などだけではなかなか見えないそれぞれの個性を知る機会となり、ワークショップ開始早々に平田さんのプログラムの効果に感心させられました。 次はカードを使ったワークショップです。 平田さんから「配られたカードの数字の大きさにあわせて、趣味を持った人を想定して演じてください。 1に近ければ近いほど大人しい趣味を持った人、50に近ければ近いほどアクティブな趣味をもった人を演じて下さい。 ただし、自分のカードの番号は他の人に見せないで下さい」と指示がでます。 おのおの趣味を決めて準備ができたところで「では、これからパートナーを探してもらいます。 自分のカードの数字とパートナーだと思う方の数字がなるべく近くなることを目指して下さい。 」と指示がでました。 それぞれ、自分に配られた数字にあわせて想定した趣味(ちなみに伊藤は17でしたので、趣味を将棋にさせて頂きました。 探すべきは16か18のカードを持つ方となります)を持つ人を演じながら、パートナー探しがはじまります。 恐らくこの人がパートナーだと思った方を見つけたら2人組になって着席。 じっくり探し過ぎてあまりもたもたしていると、相手がいなくなってしまいますし、焦って決めてもベストパートナーとは限りません。 なかなか難しい。。 全員がパートナーを見つけたところで、お互いの趣味と数字を発表します。 すると、自分の思っていた趣味の感覚と相手の感覚とに思いがけないほどの違いがあることに気付いたり、意外とぴったりあっていたりと、一喜一憂。 イメージを共有することの難しさと楽しさを体験することができました。 その後、実際のボールを使ってキャッチボールをしました。 イメージのキャッチボールと実際のキャッチボールでは少し感覚が違うことに気付きます。 実際の動きと演じたときの動作にどのような違いがあるのかを意識し、動作に修正を加えることで、より自然な演技が出来る様になり、相手に見えないボールを見せる(共有させる)演技が可能になるのだと理解することができました。 しかし、キャッチボールの様な動作は、個人の経験や記憶により、投げ方などのイメージが異なるため、なかなか「見えないボール」を共有することが難しいことも分かりました。 その反面、この後に実践した長縄をイメージして飛ぶ長縄跳び(縄は実際に無いのですが、あることを想定して大縄飛びをします)では、参加者全員でまさに長縄跳びをしているかの様な臨場感を味わうことが出来ました。 長縄飛びはキャッチボールとは逆に、集団で行われるため、動作のタイミングやリズムをあらかじめ共有することが前提になっている運動であり、個々人の飛び方の癖などが、全体の見え方に大きく影響しないことから、その場のイメージを容易に共有することができるそうです。 例えば、大縄飛びのようなイメージを共有し易いものからはじめ、イメージの共有し難いものを徐々に共有してゆく様に演劇を組み立てる。 すると、役者と観客との間に共感覚が生まれ易くなり、一見共有し難い複雑なイメージ(人の心の動きなど)が設定されていたとしても、徐々に共有可能な状態へと観客を導いてゆくことが出来る。 そして、より複雑なイメージを共有できたときこそ、そこにより強い感動が起こるのだなと思いました。 平田さんから「これからみなさんはファシリテータとなって、さまざまなワークショップに参加する機会があると思います。 そうした時、まずはイメージが共有し易いものからはじめて、徐々に共有し難いものを共有してゆくプロセスをどのように構築してゆくのかを考えなければなりません」とのアドバイスを頂きました。 ワークショップを通してイメージを共有できた時の感触や、共有の難しさなどを体験出来たことで、ぐっと実感がこもりました。 いよいよ、台詞を渡されました。 大学の研究室で交わされる何気ない会話が書かれていました。 とびコーさん、はじめてながら相当上手です。 しかし、平田さんから「通信販売のカタログを読む様に読んでみて」との指示がでます。 床に寝そべって、通信販売のカタログを読む様に台詞を読みます。 なるほど、力が抜けてより自然な印象になりました。 つぎつぎに平田さんから指示がでます。 「白い線の端から端までゆっくり歩きながら台詞を言ってみて下さい」それに加えて、「台詞の途中で、今何時って相手に聞いて下さい。 聞かれたら時計をみて答えて下さい」それに加えて、「後ろからどんどん挨拶してくる人が来ますから、台詞をいいながら挨拶を返して下さい」それに加えて、「目の前に恐竜のおもちゃを置くので、凝視しながら台詞を言って下さい」など。 とびコーさんも次々に指示がでるので、台詞に集中できません。 でも、不思議なことに、指示が多ければ多いほど、固さのないリラックスした会話に聞こえてきます。 台詞以外の動作が多く入ることで、意識に負荷がかかり、とびコーさんの集中力は分散されます。 しかし、その一方で台詞を保とうとする強い意識も強調されることから、台詞を話すことが他の動作と同等な状態に置き換えられた時、見る側からは柔らかな台詞回しに聞こえるとのこと。 なるほど。 しかし、演じているとびコーさんはとても大変です。 最後は、演劇の視点から日本の教育についてもお話を頂きました。 学校で習う花や星の名前よりも、道ばたでお母さんから教えてもらう花の名前や、キャンプ場でお父さんから教えてもらう星の名前の方が、子どもたちはずっと覚えていられるそうです。 教科書を覚えようとしても短期的な記憶になりがちですが、体験を通した記憶は長期的な記憶になる可能性が高いとのこと。 こうした体験を通した教育は、海外では比較的多く行われているそうで、ドラマティーチャー(演劇専門教員)が様々な科目の先生とペアになって授業を進めるなどの例も紹介頂きました。 体験を通して学習し、かつコミュニケーションについて学ぶことのできるプログラムが各国で実践されているようですが、現在、演劇を授業に取り入れている日本の学校は50校程度、しかも、都心に集中している傾向があり、なかなか普及は難しい状態だそうです。 アーカイブ•

次の