胡蝶カナエ 柱。 コスプレ鬼滅の刃 風 子供用 大人用 蟲柱 胡蝶しのぶ胡蝶カナエ 衣装 ウィッグ 靴 道具刀 鬼殺隊 隊服 着物 和服 コミケ 子供向け :qqdmqq05:昌華国際Yahoo!店

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

胡蝶カナエ 柱

【鬼滅の刃】胡蝶カナエのプロフィール まずは現在わかっているカナエのプロフィールと生い立ちを簡単にご説明します。 はっきりしている情報といえば、幼少期に両親を鬼に殺されてしまったことから 「同じような思いを他の人にはさせない」という強い信念のもと 人喰い鬼を討伐する特別な力を持った剣士が集う「鬼殺隊」に妹・しのぶと入隊しました。 また、両親に虐待されたあげく人買いに売られそうになっている栗花落カナヲを 助け、そのまま引き取り一緒に暮らしていました。 その後鬼殺隊のメンバーとして活躍していましたが17歳のころに 鬼との戦いに破れ命を落としてしまいます。 カナエは「 鬼とは仲良くできる」という持論を掲げていただけに悲しい結末です。 出身地に関しては明言されていませんが、しのぶの出身地が 東京府 北豊島郡 滝野川村(現 東京都北区滝野川)とされていますので おそらく同じかと思われます。 見た目の特徴は長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人ということで 人気が出るのもうなづけます。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエは柱だった? 続いてカナエは「柱」だったのではないかということが噂となっています。 「 柱」とは鬼殺隊の中でも 最高位に立つ剣士の総称です。 一般隊士とは隔絶した強さを持っており9名までしかなることができません。 カナエが「柱」だったことが判明したのが鬼滅の刃原作168話の 鬼殺隊メンバー・不死川実弥の回想シーンです。 ここでカナエが柱会議に出席していたことから元柱であったことが確定的となりました。 可憐な見た目とのギャップに驚いてしまいました。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエの死亡理由 カナエは鬼殺隊のメンバーとして活躍していましたが 17歳のときに鬼との戦いに破れて命を落としてしまいます。 カナエを死に追いやったのは十二鬼月上弦の弐である「 童磨」です。 十二鬼月とは鬼の始祖である鬼舞辻無残直属の12体の鬼のことで、 鬼の中でも別格の最強の集団です。 上弦の壱に近づくほど強く、下弦の陸に向かうにつれ力は弱くなるとされているので 「童磨」は鬼の中でNo. 2の力の持ち主ということになります。 これまでにも何人もの柱が上弦の鬼に殺されてしまい 上弦の鬼の顔ぶれは100年以上変わっていません。 最後には破れてしまいましたが カナエは 朝日が昇るまで「童磨」と戦ったとのことで 最後の最後まで諦めずに奮闘していた姿を思うと胸が痛いです。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエの強さ・柱としての実力 童磨との戦いには破れてしまいましたが カナエの剣士としての実力はどのくらいだったのでしょうか。 まずはカナエの剣士としての戦闘スタイルについてご説明します。 鬼殺隊のメンバーは「 全集中の呼吸」と呼ばれる特殊な呼吸法を習得し 自らの身体能力を高め、鬼と互角に戦えるように鍛えています。 「全集中の呼吸」にもいくつかの流派がありますが カナエが使っていたのは「 花の呼吸」という流派です。 技名に花の名前が含まれ、攻撃スタイルも華やかでカナエにぴったりの流派です。 しかしながら戦闘となると頼りなく感じてしまいます。 作中ではカナエの戦闘シーンは描かれておらず、 大人しそうな見た目からも戦っている姿が想像できません。 ですが強豪揃いの鬼殺隊に入隊し、その中でも「柱」という 最高位を獲得していること、また倒すことはできませんでしたが 鬼の中でも最強クラスの童磨と互角に戦い合っていることから 剣士の中でもトップクラスの実力者であったことが推測できます。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエとしのぶのエピソード 最後に仲の良かったカナエとしのぶのエピソードを振り返りながら カナエの過去と、いなくなってからも受け継がれているカナエの思いをまとめたいと思います。 ともに鬼殺隊に入隊する 幼少期に鬼に襲われ両親が殺されてしまいましたが、カナエとしのぶは駆けつけた 悲鳴嶼行冥によって助けられます。 悲鳴嶼行冥は鬼殺隊の中でも最強と謳われている柱でした。 二人は同じような悲しい思いをする人が増えないよう鬼殺隊に入ることを決意し 悲鳴嶼行冥の元を訪れ訓練を受け、無事に入隊しました。 とりわけカナエの能力は群を抜いていて、 カナエは柱まで上り詰めます。 カナエが鬼に破れ死亡 ある日カナエは、上弦の鬼「童磨」と遭遇し致命傷を負います。 死期が迫ったカナエはしのぶを守るために鬼殺隊を辞めるよう伝えます。 しかししのぶはカナエの死後も鬼殺隊を辞めず、逆に 姉の仇を打つことを決意します。 そして努力を重ねてしのぶも柱となります。 炭治郎との出会い カナエはどんな時も鬼をも憐む情け深い性格で、 「人間と鬼が仲良くする」ということを夢見ていました。 カナエの思いを胸に抱き戦い続けてきたしのぶですが 鬼への恨みが強いしのぶはカナエの思いを理解できないでいました。 そんなところへ主人公である竈門炭治郎が鬼殺隊に入隊してきます。 鬼となってしまった妹・禰豆子と支え合いながら鬼狩りをする炭治郎を見て 炭治郎にはカナエと同じ鬼を憐む気持ちを持っていることを感じとり 炭治郎に自分が叶えられなかったカナエの夢を託すようになります。 以上がカナエの主な登場シーンとなります。 カナエは誰に対しても優しく、しかし芯のある強い女性だったようですね。 鬼滅の刃はそれぞれのキャラクターの過去を知ると物語にさらに深みが出て 楽しめますので、ぜひ今後も注目して読んでみてください。 人気記事• 112,703件のビュー 2019年1月11日 に投稿された• 42,120件のビュー 2019年1月15日 に投稿された• 38,234件のビュー 2019年10月7日 に投稿された• 30,710件のビュー 2019年7月15日 に投稿された• 20,092件のビュー 2019年1月16日 に投稿された• 19,164件のビュー 2019年1月8日 に投稿された• 13,825件のビュー 2019年7月13日 に投稿された• 13,511件のビュー 2019年9月17日 に投稿された• 13,004件のビュー 2019年7月22日 に投稿された• 12,849件のビュー 2019年1月31日 に投稿された.

次の

【鬼滅の刃】ハゲ柱をディスる胡蝶カナエ【アフレコ・きめつのやいば・MAD・胡蝶しのぶ・胡蝶カナエ・栗花落カナヲ・過去・竈門炭治郎・神崎アオイ・冨岡義勇・アテレコ・ラップ・柱チャレンジ・考察・完結】

胡蝶カナエ 柱

がシェアした投稿 — 2020年 3月月23日午後11時31分PDT カナエは 幼少期に鬼に親を殺され、しのぶとともに悲鳴嶼行冥に助けられました。 その後、 自分達と同じ思いを他人にされないために妹しのぶとともに鬼滅隊へ。 自分の両親を殺した鬼を恨んでもおかしくはないのですが、 カナエは「鬼とは仲良くできる」という考えをもっていた事がしのぶの言葉からわかっています。 鬼滅隊への入隊理由も他人への思いからであり、幼少期の頃からとても優しい人物だったことがわかりますね。 悲惨な過去をもっていますが、常に笑顔であり人を安心させる雰囲気があったのでしょう。 妹のしのぶが慕うのもわかります。 カナエは17歳に亡くなっているので、その前に柱になっていた可能性がありますね。 実力に関しては一切不明ですが、 しのぶが倒せずカナヲも手こずった童磨と、朝日が上るまで戦えたのですから、相当の実力者だったのではないかと思います。 しのぶの回想シーンでは、いつも笑顔で優しい雰囲気のカナエですが、戦闘になると雰囲気が変わっていたのかもしれませんね。 カナヲと出会い.

次の

【鬼滅の刃 考察】今の柱が柱になった時期について【きめつのやいば ネタバレ】まとめ

胡蝶カナエ 柱

おしながき• 柱入り 今回は、現在の柱の、柱になった時期について考えてみました。 ハッキリとした日付というものはないため、大体の考察になります。 時期の目安となるのは、お館様の病気の進行具合や、柱の年齢などです。 今の柱の中で一番最初に柱になったのは、悲鳴嶼さんでほぼ間違いないと思います。 根拠は、悲鳴嶼さんがお館様と出会った時、お館様は病気のような痣がまだ無かったからです。 ただ、お館様と出会った時に柱になったわけではありません。 悲鳴嶼さんとお館様が初めて会ったのは、悲鳴嶼さんが18才の時。 そして、悲鳴嶼さんが柱になったのは、19才の時です。 悲鳴嶼さんは、約1年で柱になっています。 そして、実弥が柱になる際の柱合会議では、悲鳴嶼さん、宇髄天元、胡蝶カナエ、冨岡義勇は、既に柱になっています。 これらもヒントとなりそうです。 以上のことからほぼ間違いなく、悲鳴嶼さんが最初に柱になった人物として間違いないでしょう。 宇髄天元 天元は23才。 悲鳴嶼さんの次は、おそらくこの人で間違いないでしょう。 根拠は悲鳴嶼さんと同じ、お館様との出会いにあります。 天元がお館様と出会った時、お館様の病気の進行具合は、左目に少し痣がかかる程度でした。 この事から、悲鳴嶼さんの次に入隊しているということが分かります。 柱になった時期については、根拠というものはありません。 おそらく、悲鳴嶼さんの次で間違いないものと思われます。 胡蝶カナエ 今の柱ではないですが、今の柱と関連性が高いので一応触れておきます。 胡蝶カナエの年齢は分かっていません。 流れ的に、悲鳴嶼さんが27才、天元が23才だということを考えると、カナエは22才前後といったところでしょう。 妹の胡蝶しのぶが18才だったので、それくらいでもおかしくはありません。 冨岡義勇は1話の時点で柱になったばかりでしたので、カナエのほうが先に柱になっていたのではないかと、私は予想しています。 冨岡義勇 義勇は21才。 意外にも古参だった義勇さん。 悲鳴嶼さん、天元、胡蝶カナエと共に、実弥の柱入りの際に義勇も柱として同席しています。 義勇は1話の時点で、柱になったばかりでした。 炭治郎と出会った頃のことです。 そして、その後義勇はしのぶと外伝で、共に任務をこなしていました。 なので時系列としては、実弥が柱入りする柱合会議があり、同時期に義勇は炭治郎と出会った。 そして、そこから2年間の間で胡蝶カナエが亡くなり、しのぶが柱入りした。 2年間というのは、1話から炭治郎が鬼殺隊に入隊するまでの期間のことです。 その頃にはもうしのぶは、既に柱になっていました。 さらにその2年間の間で、義勇としのぶは協力して任務をこなしています。 こう考えてみると、しのぶが柱になったのは、胡蝶カナエが亡くなってわずか1年~2年の間です。 これは、スピード出世と言える部類です。 義勇に関しては1話の時点で19才でしたので、13才頃に鬼殺隊に入隊後、柱になるまで6年程かかっています。 通常で5年程度かかると言われる柱入りですので、義勇はかなり苦労したのだろうと思います。 この事も、自分は水柱ではないと言ってしまう程、自信がないことに繋がっていたのかもしれないですね。 不死川実弥 実弥は現在21才。 実弥が柱になったのは、19才の頃だと思われます。 実弥の柱入りの際、既に悲鳴嶼さん、天元、カナエ、義勇は、先に柱になっていました。 他にも柱はいたと思うのですが、この時は登場していません。 お館様の痣の進行は、額から左目にかけて進行しており、ここではまだ失明していないように見えます。 匡近から紹介してもらった、実弥の育手も気になるところです。 伊黒小芭内 小芭内は21才。 ここは情報が少ないため、いつ入隊したのかもハッキリとしないところです。 ただ、実弥と仲が良さそうなのと年齢が近いということで、実弥の少し後くらいに入隊したのではないかと予想しています。 煉獄杏寿郎 杏寿郎は20才。 ほぼ確実なのは、実弥よりは後に柱になっているということです。 杏寿郎が父に柱入りを報告したときも、今と容姿はさほど変わっていません。 なので、胡蝶しのぶと同時期あたりに柱入りしたのではないかと、私は予想しています。 ちなみに杏寿郎は、蜜璃を継子にしていた時期がありました。 無一郎の回想では、杏寿郎が無一郎に声をかけていました。 なので、蜜璃と無一郎の二人よりは、杏寿郎のほうが先輩だということが言えます。 胡蝶しのぶ しのぶは18才。 実弥の柱入りの後カナエが亡くなり、そのあと必死に頑張って、しのぶは蟲柱になりました。 その時期は、炭治郎が修行して鬼殺隊に入るまでの間です。 何故そう言えるかというと、義勇が柱になってすぐ、炭治郎に出会っていたということ。 そして、実弥の柱入りの際の柱合会議で、義勇はいたけどしのぶはおらず、そこにはカナエがいたからです。 その後カナエが亡くなり、しのぶは蟲柱になっています。 義勇が炭治郎と出会った頃は、カナエは生きていた可能性が高いのです。 最終選別では、しのぶの継子のカナヲもいましたので、そこで既にしのぶは柱になっていたと思われます。 時透無一郎 無一郎は14才。 無一郎の回想に出てきたお館様は、実弥の柱入りの頃よりも病気が進行し、目は失明しています。 お館様に助けられた無一郎は、たった2ヶ月で柱になりました。 恐るべき天才ですよね。 無一郎に関しても、炭治郎の修行期間の2年の間に、柱入りしていると思われます。 甘露寺蜜璃 蜜璃は19才。 蜜璃が入隊した際のお館様の病気の進行は、無一郎がお館様に助けられた時と、ほぼ同じです。 同時期に入隊した無一郎と蜜璃。 無一郎は2ヶ月で柱入りをしましたが、蜜璃はもう少しかかったのではないかと思われます。 蜜璃は、一旦は杏寿郎の継子となっていましたので、その分の時間も考えると、おそらく蜜璃が最後に柱入りしたのではないかと思います。 あと、蜜璃は隊服の事でしのぶに相談をしていた時がありましたので、蜜璃よりしのぶのほうが先に柱になっていると思われます。 まとめ的なもの 一応何だか形になってきました。 でも、どこか見落としている可能性もあります。 一旦結論を出しておきます。 順番としては、古い順から悲鳴嶼行冥・宇髄天元・冨岡義勇・不死川実弥・伊黒小芭内・煉獄杏寿郎・胡蝶しのぶ・時透無一郎・甘露寺蜜璃、というのが、現段階の私の結論です。 今回のポイントは、義勇が1話で柱になったばかりだったという事と、お館様の痣の進行具合でした。 小芭内だけ過去について何も分かっていないので、まだまだ謎が多い人物です。 もしかしたら、小芭内の過去からトンデモない事実が明らかになるかもしれないですね。 それにしても、炭治郎が修行中の2年間の間に、何人も柱が入れ替わっていますよね。 それだけ鬼にやられてしまう者も多かった、ということなのでしょう。 たまにコメントで頂く、柱の数の上限についてですが、一応9名であるということが言えます。 公式ファンブックには柱の上限の数についても触れられているのですが、そこで9名と言われているからです。 ただ、ちょっとこれは解釈の仕方にもよると思うので、実際に公式ファンブックを読んで判断してください。

次の