三井ダイレクト損保保険 自動車保険 口コミ。 「連絡がなかなか繋がらず...」三井ダイレクトの自動車保険の評判・口コミを紹介!

[自動車保険]三井ダイレクト損害保険株式会社の口コミ・評判比較:

三井ダイレクト損保保険 自動車保険 口コミ

対人賠償保険のちがい 自動車保険のなかで最も重要な補償の1つが「」です。 交通事故で人を死傷させてしまったとき、事故の相手を補償するための保険です。 補償を比べるときにどこを見るべきですが、やはり保険金がいくら支払われるかのチェックは欠かせません。 なぜなら、対人事故は損害賠償金が億単位になることもあるからです。 以下は実際の判例ですが、ちょっとゾッとする金額が並んでいます。 人身総損害額 被害者職業等 被害者性別 年齢 裁判所・判決日 5億 843万円 眼科開業医 男 41 横浜地裁 平成23. 1 3億7,829万円 大学3年生 男 21 名古屋地裁 平成23. 18 3億6,756万円 会社員 男 33 名古屋地裁 平成17. 17 3億5,936万円 会社員 男 23 大阪地裁 平成19. 10 3億5,250万円 整形外科・ 内科開業医 男 38 大阪地裁 平成18. 21 ソニー損保の対人賠償額• ・5,000万円〜2億円• (1000万円単位で設定)• ・無制限 ソニー損保は対人賠償保険の金額を柔軟に決めることができます。 5,000万円〜2億円は1000万円単位で自由に設定可能。 2億円超は無制限です。 基本的には 無制限がおすすめです。 無制限にすれば保険料を節約できますが、そこまで変わりません。 万が一のことを考えれば、無制限のほうが絶対に安心です。 三井ダイレクト損保の対人賠償額 三井ダイレクト損保の対人賠償保険は無制限のみとなります。 基本的に対人賠償保険は無制限のほうが絶対にいいのですが、「自分で保険金額を決めたい」という人はソニー損保のほうがいいでしょう。 対物賠償保険のちがい 対物賠償保険は、交通事故で相手の車やモノを壊してしまったときに使う保険です。 車同士の事故であれば相手の車、自損事故であれば壊してしまった対象物の補償に使えます。 結論としては、対物賠償保険も無制限がおすすめです。 対人賠償保険と同じように、無制限以外にしても保険料がそこまで安くなりません。 ソニー損保の対物賠償額• 【ソニー損保】• ・無制限• ・1,000〜9,000万円• (1,000万円単位で選択可能) 「対物賠償は2,000〜5,000万円で十分」という考え方もありますが、わたしはおすすめしません。 すでに説明したように、対物賠償保険を無制限にしても保険料はそこまで高くなりません。 そして、誰にも賠償金の金額はわからないからです。 「事故が起きて補償金が足りない」なんてことは絶対に避けたいですから、迷わず無制限を選びましょう。 三井ダイレクト損保の対物賠償額 三井ダイレクト損保は基本的に無制限です。 対物賠償を無制限にしても、保険料はほとんど変わらないので無制限でいいと思います。 人身傷害保険のちがい 人身傷害保険は、車に乗っている人の死傷を補償するための保険です。 車に同乗する人だけでなく、運転者自身の死傷もカバーしてくれる保険ですので、よほどの理由がない限りは加入をおすすめします。 ソニー損保の人身傷害補償額• ・3000万~2億円までの間が1000万円刻み• ・それ以上は無制限 ソニー損保ではかなり細かく人身傷害保険の金額を決めることができます。 5,000万円未満が一番人気で、加入者の9割を占めています。 無制限を選ぶ人は非常に少ないです。 車両保険のちがい 車両保険は、自分の車を補償するための保険です。 加入すると自分で車を傷つけてしまっても(たとえば車庫入れなど)、車の修理代を保険金で支払うことができます。 入っておくと安心感がありますが、保険料が高くなるため慎重に検討する必要があります。 国産車は比較的安い保険料で済みますが、高級車や希少車の場合には車両保険をセットにすると保険料が跳ね上がることもあるので注意しましょう。 必ず見積もりをとって比較するべきです。 によっても保険料は変わってきます。 結論からいうと、ソニー損保と三井ダイレクト損保で車両保険に大きな違いはありません。 ソニー損保の車両保険• ・一般型• ・エコノミー型 ソニー損保の車両保険は上記の2つのプランから好きなほうを選ぶ仕組みになっています。 それぞれのちがいは、補償される範囲です。 一般型のほうが補償範囲は広いけど保険料が高い。 エコノミー型は補償範囲はせまいけど、保険料が安いです。 出典:ソニー損保公式サイト ちなみにソニー損保加入者の約半数が車両保険をセットにしており、そのうち約40%の人が一般型を選んでいます。 三井ダイレクト損保の車両保険 三井ダイレクト損保の車両保険も、ほとんど仕組みは同じです。 以下の2つのプランで分かれています。 ・一般タイプ• ・限定タイプ 名称こそちがうものの、一般タイプは広く、限定タイプはせまくというのが基本的な仕組みです。 出典:三井ダイレクト損保公式サイト 特約のちがい 特約は基本補償とは別にセットするタイプで、契約者の必要に応じて追加するオプションのようなもの。 保険料は高くなりますが、加入しておくと安心感があります。 とにかく保険料を節約したい、という人は加入する必要はありません。 ソニー損保と三井ダイレクト損保のちがいを比較すると、ケガを補償する特約でちがいが見られます。 ソニー損保の「おりても特約」 ソニー損保の「おりても特約」は、車での外出先で降車中(車外)でケガをしたときに補償が受けられる特約です。 おりても特約は2つの補償内容で構成されています。 ・おりても傷害特約• ・おりても身の回り品特約 たとえばスポーツやレジャーでケガをしたときにも保険金が受け取れます。 さらに、たとえばスマホ(身の回り品)を落として故障させてしまった場合の修理代にも保険が使えます。 補償範囲がかなり広いので、ソニー損保に加入する人は「おりても特約」をセットしておくことをおすすめします。 三井ダイレクト損保の「ファミリー傷害特約」 三井ダイレクトは「ファミリー傷害特約」という名称で、ケガを補償する特約です( 身の回り品は補償されません)。 ファミリー傷害特約は2つの種類に分かれています。 【ファミリー傷害アウトドアタイプ】• ・ 自宅外でのケガを補償• 【ファミリー傷害ワイドタイプ】• ・ 自宅内外でのケガを補償 ファミリー傷害アウトドアタイプだと、スポーツでケガをしたりなど屋外でのケガが対象になります。 ファミリー傷害ワイドタイプは、スポーツなど屋外でのケガに加えて、家でのケガも対象となります。 より広い補償を求める人は、ファミリー傷害ワイドタイプを選んだほうがいいでしょう。 ちがいは保険金額の細かさと特約 ソニー損保も三井ダイレクト損保も基本的な補償に大きなちがいはありません。 ソニー損保のほうが保険金額を細かく決められるので、たとえば「対人・対物を無制限以外にしたい」という希望がある人は、ソニー損保のほうがいいでしょう。 特約については人それぞれです。 わたしは、補償範囲が広い三井ダイレクト損保の「ファミリー傷害ワイドタイプ」が魅力的なので、こちらを選びます。 保険料については等級や年齢によってバラツキがあるため、 見積もりをとってみないとどちらが安いかはわかりません。 インターネットの無料一括見積りを使えば、ソニー損保と三井ダイレクト損保をまとめて比較できます。 保険を決める前に、チェックしてみましょう。

次の

[自動車保険]三井住友海上の口コミ・評判比較

三井ダイレクト損保保険 自動車保険 口コミ

対人賠償保険のちがい 自動車保険のなかで最も重要な補償の1つが「」です。 交通事故で人を死傷させてしまったとき、事故の相手を補償するための保険です。 補償を比べるときにどこを見るべきですが、やはり保険金がいくら支払われるかのチェックは欠かせません。 なぜなら、対人事故は損害賠償金が億単位になることもあるからです。 以下は実際の判例ですが、ちょっとゾッとする金額が並んでいます。 人身総損害額 被害者職業等 被害者性別 年齢 裁判所・判決日 5億 843万円 眼科開業医 男 41 横浜地裁 平成23. 1 3億7,829万円 大学3年生 男 21 名古屋地裁 平成23. 18 3億6,756万円 会社員 男 33 名古屋地裁 平成17. 17 3億5,936万円 会社員 男 23 大阪地裁 平成19. 10 3億5,250万円 整形外科・ 内科開業医 男 38 大阪地裁 平成18. 21 ソニー損保の対人賠償額• ・5,000万円〜2億円• (1000万円単位で設定)• ・無制限 ソニー損保は対人賠償保険の金額を柔軟に決めることができます。 5,000万円〜2億円は1000万円単位で自由に設定可能。 2億円超は無制限です。 基本的には 無制限がおすすめです。 無制限にすれば保険料を節約できますが、そこまで変わりません。 万が一のことを考えれば、無制限のほうが絶対に安心です。 三井ダイレクト損保の対人賠償額 三井ダイレクト損保の対人賠償保険は無制限のみとなります。 基本的に対人賠償保険は無制限のほうが絶対にいいのですが、「自分で保険金額を決めたい」という人はソニー損保のほうがいいでしょう。 対物賠償保険のちがい 対物賠償保険は、交通事故で相手の車やモノを壊してしまったときに使う保険です。 車同士の事故であれば相手の車、自損事故であれば壊してしまった対象物の補償に使えます。 結論としては、対物賠償保険も無制限がおすすめです。 対人賠償保険と同じように、無制限以外にしても保険料がそこまで安くなりません。 ソニー損保の対物賠償額• 【ソニー損保】• ・無制限• ・1,000〜9,000万円• (1,000万円単位で選択可能) 「対物賠償は2,000〜5,000万円で十分」という考え方もありますが、わたしはおすすめしません。 すでに説明したように、対物賠償保険を無制限にしても保険料はそこまで高くなりません。 そして、誰にも賠償金の金額はわからないからです。 「事故が起きて補償金が足りない」なんてことは絶対に避けたいですから、迷わず無制限を選びましょう。 三井ダイレクト損保の対物賠償額 三井ダイレクト損保は基本的に無制限です。 対物賠償を無制限にしても、保険料はほとんど変わらないので無制限でいいと思います。 人身傷害保険のちがい 人身傷害保険は、車に乗っている人の死傷を補償するための保険です。 車に同乗する人だけでなく、運転者自身の死傷もカバーしてくれる保険ですので、よほどの理由がない限りは加入をおすすめします。 ソニー損保の人身傷害補償額• ・3000万~2億円までの間が1000万円刻み• ・それ以上は無制限 ソニー損保ではかなり細かく人身傷害保険の金額を決めることができます。 5,000万円未満が一番人気で、加入者の9割を占めています。 無制限を選ぶ人は非常に少ないです。 車両保険のちがい 車両保険は、自分の車を補償するための保険です。 加入すると自分で車を傷つけてしまっても(たとえば車庫入れなど)、車の修理代を保険金で支払うことができます。 入っておくと安心感がありますが、保険料が高くなるため慎重に検討する必要があります。 国産車は比較的安い保険料で済みますが、高級車や希少車の場合には車両保険をセットにすると保険料が跳ね上がることもあるので注意しましょう。 必ず見積もりをとって比較するべきです。 によっても保険料は変わってきます。 結論からいうと、ソニー損保と三井ダイレクト損保で車両保険に大きな違いはありません。 ソニー損保の車両保険• ・一般型• ・エコノミー型 ソニー損保の車両保険は上記の2つのプランから好きなほうを選ぶ仕組みになっています。 それぞれのちがいは、補償される範囲です。 一般型のほうが補償範囲は広いけど保険料が高い。 エコノミー型は補償範囲はせまいけど、保険料が安いです。 出典:ソニー損保公式サイト ちなみにソニー損保加入者の約半数が車両保険をセットにしており、そのうち約40%の人が一般型を選んでいます。 三井ダイレクト損保の車両保険 三井ダイレクト損保の車両保険も、ほとんど仕組みは同じです。 以下の2つのプランで分かれています。 ・一般タイプ• ・限定タイプ 名称こそちがうものの、一般タイプは広く、限定タイプはせまくというのが基本的な仕組みです。 出典:三井ダイレクト損保公式サイト 特約のちがい 特約は基本補償とは別にセットするタイプで、契約者の必要に応じて追加するオプションのようなもの。 保険料は高くなりますが、加入しておくと安心感があります。 とにかく保険料を節約したい、という人は加入する必要はありません。 ソニー損保と三井ダイレクト損保のちがいを比較すると、ケガを補償する特約でちがいが見られます。 ソニー損保の「おりても特約」 ソニー損保の「おりても特約」は、車での外出先で降車中(車外)でケガをしたときに補償が受けられる特約です。 おりても特約は2つの補償内容で構成されています。 ・おりても傷害特約• ・おりても身の回り品特約 たとえばスポーツやレジャーでケガをしたときにも保険金が受け取れます。 さらに、たとえばスマホ(身の回り品)を落として故障させてしまった場合の修理代にも保険が使えます。 補償範囲がかなり広いので、ソニー損保に加入する人は「おりても特約」をセットしておくことをおすすめします。 三井ダイレクト損保の「ファミリー傷害特約」 三井ダイレクトは「ファミリー傷害特約」という名称で、ケガを補償する特約です( 身の回り品は補償されません)。 ファミリー傷害特約は2つの種類に分かれています。 【ファミリー傷害アウトドアタイプ】• ・ 自宅外でのケガを補償• 【ファミリー傷害ワイドタイプ】• ・ 自宅内外でのケガを補償 ファミリー傷害アウトドアタイプだと、スポーツでケガをしたりなど屋外でのケガが対象になります。 ファミリー傷害ワイドタイプは、スポーツなど屋外でのケガに加えて、家でのケガも対象となります。 より広い補償を求める人は、ファミリー傷害ワイドタイプを選んだほうがいいでしょう。 ちがいは保険金額の細かさと特約 ソニー損保も三井ダイレクト損保も基本的な補償に大きなちがいはありません。 ソニー損保のほうが保険金額を細かく決められるので、たとえば「対人・対物を無制限以外にしたい」という希望がある人は、ソニー損保のほうがいいでしょう。 特約については人それぞれです。 わたしは、補償範囲が広い三井ダイレクト損保の「ファミリー傷害ワイドタイプ」が魅力的なので、こちらを選びます。 保険料については等級や年齢によってバラツキがあるため、 見積もりをとってみないとどちらが安いかはわかりません。 インターネットの無料一括見積りを使えば、ソニー損保と三井ダイレクト損保をまとめて比較できます。 保険を決める前に、チェックしてみましょう。

次の

【知らずは危険!】口コミ・評判からみる「三井ダイレクト損保」の正体

三井ダイレクト損保保険 自動車保険 口コミ

三井ダイレクト損保の基本補償とは? 自動車保険を選ぶ上で、もっとも重要なのが「基本補償」です。 特に対人事故・対物事故は損害賠償金が高額になることもあるので、しっかりと選ぶべきです。 三井ダイレクト損保の基本補償は大きく3つに分けられます。 ・対人賠償保険• ・対物賠償保険• ・他車運転特約 自動車保険の基本的な補償としては、ほかの他の損害保険会社と大きなちがいはありません。 対人賠償保険とは? 対人賠償保険とは、事故相手(人)のケガや死亡を補償する保険です。 補償金額はすべての契約で「 無制限」となります。 対人事故は、損害賠償金が「 億単位」になることも少なくありません。 ですから、無制限で契約しておくのがおすすめです。 三井ダイレクト損保は 全プランで無制限が自動でセットされるので安心できます。 対物賠償保険とは? 対物賠償保険とは、事故によって相手の「 モノ」を壊したときに使える補償です。 対物賠償保険については無制限以外にも「2000万円超」「1000万円超2000万円まで」といった、細かい補償を決めることができます。 対物賠償も無制限が理想ですが、三井ダイレクト損保では加入者の 90. 保険料を安くしたい人は金額を個別に設定することも可能です。 他車運転特約とは? 自分の車ではない(友人の車)を運転しても補償が受けられる「他車運転特約」。 これが三井ダイレクト損保では自動でセットされます。 三井ダイレクトの車両保険にはどんなタイプがある? 自分の車のキズやヘコミ、その他の故障を修理するときに費用を補償してくれるのが車両保険です。 三井ダイレクト損保の車両保険は以下の2パターンから選ぶことができます。 ・一般タイプ• ・限定タイプ 三井ダイレクト損保では車両保険を以上の2つのタイプからしか選べません。 他社では「一般タイプ」「車対車+A」「車対車」といった3つから選べる自動車保険があります。 そのため、車両保険で細かく補償を決めたい人にとって三井ダイレクト損保は不都合といえるでしょう。 評価が分かれる1つのポイントともいえます。 さて、それでは2つの車両保険についてくわしく見ていきましょう。 一般タイプってなに? 一般タイプは盗難、イタズラ、当て逃げなど、車の修理にかかわる あらゆる補償をフルカバーしてくれます。 補償される範囲が広いので、万が一のときにでも安心ですが、保険料はそのぶん高くなります。 保険会社によって呼び方がちがっていて「 一般条件」という名称だったりします。 呼び方はちがいますが、基本的な仕組みはどの自動車保険でも同じです。 限定タイプってなに? 限定タイプは当て逃げや単独事故などが補償されませんが、そのぶん保険料を安くすることができます。 一般タイプよりは補償される範囲がせまくなりますが、保険料は安くなります。 「保険料を節約したいけど、車両保険をつけたい」という人は、限定タイプがオススメです。 車両保険のちがいについて、くわしくは【】をごらんください。 車両保険の特約に注意しよう! 1つ気になるのは、車両保険の特約としてセットできる「 事故付随費用補償特約」です。 事故付随費用補償特約とは、事故や故障などによって自力で走れなくなった場合に 「宿泊費用」や「交通費用」を補償する特約のこと。 三井ダイレクト損保では、自分で特約を付けないとこうした補償が受けられないのが気になります。 この特約は他社の自動車保険ではロードサービスに自動でセットされていることがあるからです。 1社だけ見るのではなく、保険を選ぶときは他社の見積もりを比較するようにしましょう。 三井ダイレクト損保の特約。 評判は? 特約とは、基本的な補償のほかに「自分で自由にカスタマイズできる補償」のことです。 三井ダイレクト損保の特約について見ていきましょう。 ・ファミリー傷害特約• ・弁護士費用補償特約• ・原付特約• ・年齢条件と運転範囲に関する特約 ファミリー傷害特約は家族がケガで入院・通院した場合に保険金が受け取れます。 車以外のケガでも補償されるので、家族への補償を充実させたい人にはオススメです。 そのほかの特約については、他社と大きなちがいはありません。 三井ダイレクト損保のロードサービス。 評判は? 続いては事故や故障のときの対応について見ていきましょう。 三井ダイレクト損保のロードサービスは以下のとおりです。 それ以外はサービス内容に制限があるのが気になりますが、大きく劣っている点はありません。 ただし、さきほど説明したように事故時の宿泊・運搬サービスを受けるには車両保険の特約が必要です。 自分で細かくチェックする必要があるので、やや不便な点があるのは否定できません。 三井ダイレクト損保の評判・口コミは? 保険を契約するときに気になるのが、やはり実際に利用している人の口コミです。 三井ダイレクト損保を契約している人は、どんな評価をしているのでしょうか? 実際にあがっている評価や口コミをチェックしていきましょう。 ・契約手続きがカンタン。 保険料も安い(50代女性)• ・大手損害保険会社の系列なので安心感がある(60代男性)• ・ロードサービスが迅速で良かった(30代男性)• ・電話対応が横柄で不愉快だった(30代女性)• ・事故への対応に時間がかかり質が低い(20代男性)• ・コールセンターにつながらず、事故時に不安があった(40代女性) 三井ダイレクト損保は保険料の安さには定評があるようで、保険料に対しての高評価がよく見受けられます。 一方で、コールセンターや担当者の対応の悪さも多く聞かれます。 あくまでも担当者レベルの評価ですが、契約者にとっては悩ましいところです。 加入の決定打となる口コミはほぼ見られませんが、悪評も見られません。 評価としては平均点といったところでしょう。 保険料は安い?高い? 三井ダイレクト損保の保険料については、ほかのダイレクト型自動車保険と大きな差はありません。 ただ、三井ダイレクト損保は 割引サービスが充実しています。 ・インターネット割引• ・保険証券不発行割引• ・ご紹介割引• ・セカンドカー割引• ・新車割引• ・ECO割引• ・新規複数割引 これだけ割引サービスが充実している保険会社は、ほかでもあまり見られません。 インターネット割引は契約条件に応じて最大で 1万円割引になります。 それ以外としては「ご紹介割引」「ECO割引」が特徴的です。 エコカーに乗る人の割合は増えてきていますので「ECO割引」は大きな節約につながります。 割引額は決して大きくありませんが、組み合わせることで確実に保険料を安くできるところが評判です。 ダイレクト型自動車保険のなかでは、三井ダイレクト損保は有力な選択肢の1つといえます。 他社とも比較しながら、少しでも安い自動車保険を見つけましょう。 【 ナビクルって? 】• 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる• スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ• その場でスグに査定額の目安が表示される• 査定はすべて無料 車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。 1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。 たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。 これは大変ですよね。 でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。 なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。 あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。 わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。 申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。 最短即日で査定してもらうこともできます。 なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。 早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

次の