株式 会社 ソシオ ネクスト。 ソシオネクスト(その20)

ソシオネクスト、超音波診断装置を開発 持ち運び可能 :日本経済新聞

株式 会社 ソシオ ネクスト

この求人の特色 ()• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 面接1回 富士通、パナソニックの最高技術を結集した新会社。 新たな半導体事業の歴史をここからつくりましょう。 富士通とパナソニックのシステムLSI事業が統合し、 「新しい価値を創造し社会に貢献する」ことを目的に 2015年3月に誕生したばかりの「ソシオネクスト」。 私たちが展開していくビジネスの大きな特徴は、 生産工場を持たないファブレス形態として、 両社が長年培ってきた世界トップクラスの技術を融合し、 映像、イメージング、および光ネットワークなどの技術を核に、 お客様や世界中の人々の体験を革新する 新たなソリューションの提供を目指しています。 社内は、2社の技術力を最大限活かしながらも 従来のやり方に固執することなく、 「新しいこと」にチャレンジし、創造していくムードに満ち溢れています。 スタート時点から2600名の社員を有する企業ですが、 毎月トップ自らが社員に向け生放送でメッセージを伝え、 それに対して、社員が感想を述べることも可能なこと。 また、各事業の活動状況について、 海外を含めた全社で共有する場も設けられるなど、 一人ひとりの意見を反映しやすい風土がある企業です。 また、数年後には株式公開する計画もあり、それに向けて すべてをオープンにする透明性の高い組織にしていく予定です。 誕生したばかりの今だからこそ、 ここから新たなビジネスの潮流をつくりあげ、 会社を成長させていくダイナミズムを体感してください。 募集要項 株式会社ソシオネクスト【日本政策投資銀行、富士通、パナソニック出資会社】が募集している求人の詳細です。 今年3月に誕生したばかりの当社。 社員数の増加および数年後の株式公開へ向けたバックオフィス体制の強化が急務です。 そのため、総務、人事、採用・教育の各分野で 即戦力となる人材を求めています。 その中で、数年後の株式上場を目指している企業というのも、さらに少ないはず。 また、知名度のある大手メーカー2社の事業部を統合した新会社のバックオフィスを担当できる機会も決して多くはないでしょう。 これらすべてを備えた環境で組織のインフラをイチから創り上げていけることは、希少な経験であり、あなたのスキル向上にも大いに役立つはずです。 本社は横浜市に置き、京都市ほか日本国内に合計7つ、 またアジア各地、米国およびヨーロッパなど海外に合計15の事業所を持ちます。 また7つの事業部門がそれぞれの事業を営む上で最適な地域 (日本国内に5事業部、米国およびヨーロッパにそれぞれ1事業部ずつ)に本拠を置いて 設計・開発および販売を推進する、真にグローバルな体制とします。 選考プロセス 【type】の専用応募フォームからご応募ください。 皆様のご応募は株式会社キャリアデザインセンターで 受理・管理させて頂きますので予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

次の

ソシオネクストとルネサス、わが妄想

株式 会社 ソシオ ネクスト

l 、、. : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ! ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ`ヽ/:. :ノ:. ノ ヘ ヽ三 ミ、. \::゙、: : : :. バカシノ ヾ! ミリl. ゙'i ヾ. l lト. l 、、. : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ! ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ`ヽ/:. :ノ:. ノ ヘ ヽ三 ミ、. \::゙、: : : :. バカシノ ヾ! ミリl. ゙'i ヾ. l lト. l 、、. : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ! ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ`ヽ/:. :ノ:. ノ ヘ ヽ三 ミ、. \::゙、: : : :. バカシノ ヾ! ミリl. ゙'i ヾ. l lト. ノ ヽ |!.. ノ ヽ |!.. l l i l. l l 丶. ヾ:::: /!

次の

株式会社ネクスト

株式 会社 ソシオ ネクスト

パナソニックは11月28日、パナソニック セミコンダクターソリューションズ PSCS を中心に行ってきた半導体事業を台湾Winbond Electronics傘下のNuvoton Technologyに譲渡すること、ならびに同社との間で株式資産譲渡契約を締結することを決定したと発表した。 同社の半導体事業は、かつては家電などの高性能化に向けたSoCなどの設計、製造を中心に行っていたが、近年はそうした家電分野から車載・産業分野へと軸足をシフトさせ、併せて製造される半導体もロジックなどのデジタルから、アナログやイメージセンサへと変更。 システムLSIの設計事業を富士通セミコンダクターと事業統合したソシオネクストとして切り出していたほか、ロジックの製造を担っていた主力3工場 新井、魚津、砺波 をタワーセミコンダクター タワージャズ との合弁会社「パナソニック・タワージャズ セミコンダクター TPSCo 」へと移管。 海外の後工程工場もUTAC Manufacturing Servicesに譲渡するなど、アセットライト化を進めていた。 パナソニック・タワージャズ セミコンダクターの新井工場 編集部撮影 今回の事業譲渡は、Nuvotonがパナソニックがそうしたアセットライトの動きの中で残してきた技術や商品設計力などを評価。 持続的な成長が期待できるという判断をしてくれたことから、決定されたという。 具体的には、パナソニック デバイスシステムテクノ PIDST 、パナソニック デバイスエンジニアリング PIDE の全株式を会社分割によりPSCSに継承させるほか、パナソニックおよび同社子会社が保有する半導体事業関連の知的財産権および契約の一部、ならびに保有する半導体事業関連資産・負債の一部を会社分割または資産譲渡によりPSCSに継承。 PSCSの親会社であるパナソニック出資管理合同会社 PEMJ が保有するPSCSの全株式を、新たに設立するPEMJの完全子会社 PSCS持ち株会社 に株式譲渡により継承。 そしてPSCSの半導体関連部品 リードフレーム 事業を、会社分割によって新たに設立されるPEMJの完全子会社に継承させた後、これらの事業再編を前提年、2020年6月1日を効力発生日 予定 として、PEMJが譲渡前事業再編後のPSCS持ち株会社の全株式をNuvotonに譲渡するほか、パナソニックのシンガポール法人であるパナソニック アジアパシフィック PA における半導体の開発・販売事業を担当する社内カンパニー「パナソニック デバイスセミコンダクターアジア PIDSCA 」の事業をNuvotonのシンガポール法人に譲渡。 さらに、パナソニック セミコンダクター蘇州の半導体事業にかかる設備・在庫などをNuvotonの中国法人に譲渡する流れとなっている。 なお、パナソニックは、今回のNuvotonへの事業譲渡に先立ってPSCSのディスクリート半導体事業のうち、ダイオードおよび小信号トランジスタ事業をロームに譲渡することでも合意しており、今回の事業譲渡により、半導体デバイスそのものの設計、製造から撤退することとなる。 予めご了承ください。 関連記事•

次の