グリーンベレー なんj。 ランボー 怒りの倍返し!! シリーズ史上最大かつ豪快に敵にナメられる!? 『ランボー ラスト・ブラッド』

GReeeeN(グリーン)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

グリーンベレー なんj

61 ID:xEi1BkWO0 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した問題で、米紙ウォールストリート・ジャーナルは3日、 ゴーン前会長が米陸軍特殊部隊出身とみられる男性ら2人の助けを借り、音響機器を入れる箱に隠れて日本を出国したと報じた。 同紙によると、ゴーン前会長は12月29日、プライベートジェットで関西空港を発ち、30日にトルコ・イスタンブールに到着。 大雨の降る中、車で約90メートル移動してより小型のジェット機に乗り換え、 レバノンにたどり着いた。 いずれも機内にはゴーン前会長ら乗客の他にパイロット2人、乗務員1人が乗っていたという。 トルコの航空会社は、ゴーン前会長の逃亡に際して記録を改ざんしたとして、従業員を刑事告訴。 同紙はトルコ当局の捜査に詳しい関係者らの話として、 この従業員が、ゴーン前会長が関空で飛行機に乗り込むまでに箱がどのように使われたかを捜査員に証言したと伝えている。 同紙が写真で確認したこの箱は… >ゴーン前会長が米陸軍特殊部隊出身とみられる… アメリカ陸軍特殊部隊(アメリカりくぐんとくしゅぶたい、英: U. Army Special Forces)は、アメリカ陸軍特殊作戦コマンドの隷下の特殊部隊のことである。 グリーンベレー(Green Berets、グリンベレーとも表記)という通称で知られるが、これは特殊部隊資格課程を修了し該当部隊に所属する将兵だけが着用を許される緑のベレー帽にちなむ。 ベレーの記章は「交差した2本の矢の上に短剣、下にリボン」。 リボンにはラテン語で「DE OPPRESSO LIBER」(抑圧からの解放)と入れられている。 また、単純に「Special Force」を省略してSFと呼称することもある。 97 ID:bbiVVZTO0 「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。 山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」 「ははん。 ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」 魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。 「……へへへ、そうだな。 お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。 何しろ、」 「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」 「……へっへへははははは! そうだろうな。 そうだろうよ。 ……なら聞かせてくれ。 お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」 「隊長なんて興味ないね。 部長でいいね。 」 「……部長…。 英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。 」 「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!! 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね! 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ! トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!! そして期待の新人古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」 「…………勝てねぇ…。 ……勝てねぇよ……。 …こんなヤツが隊長だったんじゃ、 …勝てるわきゃねぇやな…。 07 ID:Llzend0iM 二重スパイとかだったんだろか。 んで、危うい状態に陥りつつあったので急遽国外へ逃したのだろうか。 でもアメリカがバックなら日本国内の米軍基地に一歩足を踏み入れるだけで済むはずだし。

次の

海外の友人「車はアメリカで生まれました。日本の発明品じゃありません」ワイ「…」

グリーンベレー なんj

95 ID:ihDKbn1b9 元米軍に元英軍、さらにはトルコの航空会社、日産のカルロス・ゴーン元会長の密出国劇を手助けしたネットワークの国際性が明らかになるなか、ゴーン元会長は、レバノンを除く世界の国々を敵に回し始めたことに気付いているだろうか。 なかでも元米軍グリーンベレーの男は米国で服役した経験も持つ、いわば「米政府の敵」だ。 その正体を探ると、ゴーン元会長をめぐる人脈の薄気味悪さもみえてくる。 なぜゴーン氏は「特殊作戦」のエキスパートと繋がった? 男の名は「マイケル・テイラー」。 英米圏で最もありふれた名前と名字の組み合わせの一つだろうが、その名前を持つ人物が、ゴーン元会長が脱出したのと同じ航空機に搭乗したことが判明した瞬間、一部の人は、それがどの「マイケル・テイラー」か、見当が付いたはずだ。 こうした「特殊作戦」のエキスパートの世界では知られた男だからだ。 テイラーの妻はレバノン人 ゴーン元会長は大型荷物のX線検査ができない関西国際空港のプライベートジェット用の出国審査を、大型の音響機器用ボックスに潜り込むことですり抜け、トルコ経由で祖国レバノンに出国した。 その一連の動作を同乗しながら指南したとみられているのがこの男だ。 法廷資料や過去の報道によると、1960年生まれのテイラーはグリーンベレーとして知られる米陸軍特殊部隊に所属し、その後は米連邦捜査局(FBI)への情報提供者として麻薬組織に関与。 またアフガニスタンやレバノンなどで現地兵の訓練に携わるなど、多彩なキャリアを積んできた。 レバノン時代に出会って結婚した妻はレバノン人だ。 安全対策のコンサルタントとしても活躍しており、過去には米フォックスニュースのインタビューに応じ、空港の安全対策の不備について言及していたというから、今回の密出国にこれほど適任な人材もいなかっただろう。 《リスク評価、複雑なリスク軽減などのあらゆるサービスを、最も困難な状況下でも提供する会社です》 CEOを務める「アメリカン・インターナショナル・セキュリティー」の削除されたホームページには、そんなうたい文句が掲げられていた。 テイラーの名が一気に高まったのは2008年のこと。 ニューヨーク・タイムズの記者がアフガニスタンでタリバンの人質となり、米政府が救出しあぐねていた際に同紙と人質奪還の契約を結び、実際に記者が脱出に成功したからだ。 ただ、記者自身は自力で脱出したと報告しており、テイラーが実際にどこまで関与したかはいまだに謎に包まれている。 テイラーには他の米国人家族に人質奪還を持ちかけ、実質的な成果を上げないまま、その家族に著書で騙されたと糾弾された経験まであるから、なおさらだ。 次ページは:テイラーは「ダークサイドに墜ちた男」米国で詐欺罪で服役 ゴーン元会長は米国の上場企業勤務を10年間禁じられている ただ、そんな星条旗を騙した男を利用したゴーン元会長を各国政府や当局が見る目は、いっそう厳しくなるとみていいだろう。 すでに米証券取引委員会は、東京地検特捜部による逮捕後に日産とゴーン元会長に対し1. 4億ドル(150億円)の報酬を隠したとして告発し、日産から1500万ドル、ゴーン元会長から100万ドルを受け取ることで和解を済ませたが、この過程でゴーン元会長は米国の上場企業に勤めることを10年間禁じられている。 米国ではのけ者扱いなのだ。 知恵を貸すだけだし。 バーカ。 02 ID:2bjfppRb0 つか、ここまで名前出て、なんで海外いけるの? 普通に日本はもう入国できないでしょ。 76 ID:NqN3ucAQ0 >日産とゴーン元会長に対し1. 4億ドル(150億円)の報酬を隠したとして告発し、日産から1500万ドル、ゴーン元会長から100万ドルを受け取ることで和解を済ませた 1. それに加えて引き渡し条約ない国でも、特に他国民の手配犯なら 逮捕&日本への引き渡しが無いというわけでもないし。 13 ID:ymOsX7Kw0 マジな話、グリーンベレーほど過大評価されてる特殊部隊は無い。 w スーパーマンの集団のように描かれる映画や小説の影響だろうけど。 実際のところ、グリーンベレーって結構オペレーションで失敗してるしな。 イメージ堕ちるから発表されてないだけで。 65 ID:cPOI97ep0 米国はいつでもどんなことをしても正義の味方 には見えない今回のことは、 関係者は10年間かけて全員死亡で決着つけるな。

次の

【文春】アメリカを敵に回したゴーン 密出国で暗躍した「元グリーンベレー」マイケル・テイラーと薄気味悪い人脈

グリーンベレー なんj

その経緯を説明しますと、そもそも本作の製作が決まったのは2009年。 この時、「今度はランボーがメキシコの人身売買と麻薬王と戦う」とストーリーも発表。 この物語は、もともと『最後の戦場』のために企画されたものですが、「ランボーはまだ故郷に帰れずにさまよっているはずだ」というスタローンの判断でボツになったもの。 しかし、実家暮らしとなったランボーにはピッタリの物語だな! とファンたちが期待に胸を躍らせていると、その半月後、スタローンは「やっぱメキシコの犯罪組織と戦う話にはしない」と前言を撤回。 そして新たなストーリーを発表しました。 A post shared by officialslystallone on Dec 30, 2019 at 5:26pm PST それは——米軍の極秘実験によって生み出された、人間が変異した怪物が研究施設から脱走。 驚異的な戦闘能力のオーナーである怪物に米軍の特殊部隊は1ミリも歯が立たない。 そこで政府は秘密裏にランボーに怪物の追跡を依頼する……という、僕らの予想を壮大にフライングしたSFアクション路線。 ちなみにこの物語は、スタローンが以前から映画化を狙っていたジェイムズ・バイロン・ハギンズ原作のSFアクション小説「極北のハンター」をベースにしたもの。 スタローン的には念願の企画なんですが、世間の『ランボー』観を木っ端みじんに破壊した路線変更に、世界中のファンがおおいに困惑……。 個人的には観たかったんですが、その空気を察知したスタローンは、すぐに「やっぱり次のランボーはメキシコの犯罪組織と戦います!」と撤回。 良かった……と皆が安心したら、なんと翌2010年に「これ以上、『ランボー』の続編は必要ないと思う」とシリーズ終了宣言を発表……。 まじっすか……とあきらめていたら、今度は2012年に「やっぱりランボーの新作を作ります!」と発表……。 このように世界中のファンが振り回され続けた挙句、そこから7年間たっぷりジラされて2019年、遂に完成したんです。 とはいってもランボーは、もうすぐ大学生になるガブリエラに入学祝いとして手作りのペーパーナイフをプレゼントするんですが、それがどう見ても殺傷能力の高い凶器……。 受け取った彼女はちょっぴり引いてる、というランボーならではブレのない一面をアピールしてくれます。 変わらないといえば、彼がベトナム戦争で負った心の傷は、歳を重ねるごとに深くなっています。 そのため、牧場の地下にベトナム戦争時代の地下壕を思わせる迷路のようなトンネルを掘ったり、その中に大量の銃器を装備したり、ベトナム時代に戦友と聴いていたザ・ドアーズの「Five to One」を地下壕で聴いたり、常に精神安定剤を服用していたり と精神的にはかなり土俵際な状態……。 A post shared by officialslystallone on Oct 9, 2018 at 9:15am PDT それでも、ランボーを「ジョンおじさん~!」と慕うガブリエラたちとの生活は、ジョン・ランボー史上最高に平和な日々。 そんな生活がいつまでも続くのでした。 以上、『ランボー ラスト・ブラッド』の説明おしまい! ってことにはならないんですが、そう言いたくなる気持ち、ファンの方ならわかっていただけますよね……? これまで孤独で平穏とは無縁すぎる生活を送って来たランボーを見守ってきたファンなら 「お願いだから、今回の映画だけはこの穏やかな日常が永遠に続いて! ランボーを幸せにして!」と願わずにはいられないはず。 しかし、 スタローンのハードコアなサービス精神が、そんな甘い考えを許してくれません……。 シリーズのお約束である 「ランボー 怒りの倍返し」がスタート! ちなみに、シリーズ1作目『ランボー』(1982年)といえば、田舎町の保安官たちが、身なりの汚い無職だと思ってナメた相手が、実は元グリーンベレーでした! という「ナメてた相手が、実は殺人マシンでした」ムービーの秀作でした。 そして今回はなんと、1作目を上回る 「ナメてた相手が、実は殺人マシンでした!」ムービーに仕上がっているんです。 人身売買組織のメンバーは全員もれなくコンプライアンスや#Me Tooというワードとは無縁すぎる男尊女卑スピリッツ満載なクズばかり。 そんな連中が、ランボーのことを「ただのクソ親父だぜ!」と高笑いしながら、『ランボー』シリーズ史上最大かつ豪快にランボーのことをナメます……。 当然、ランボーは怒ります。 間違えました。 そして、シリーズのお約束である 「ランボー 怒りの倍返し」がスタート! 倍返しといえば、前作『最後の戦場』のクライマックス、ランボーがミャンマー政府軍にブローニングM2重機関銃を奪って、ミャンマー兵たちに撃ち込むシーンはヴァイオレンス映画史に残すべき名シーンという認識で間違いないですよね? でも、どうやら当のスタローン的には反省点があったようなんですよ。 「一気にまとめて殺しすぎてしまったかも……」と。 あくまで僕の推測ですが、今回の戦闘シーンを観るとそんな気がしちゃうんです。 今回のランボーは、お得意の特大マシンガンを完全封印。 その代わりに、元グリーンベレーならではの知略を駆使したゲリラ戦術をシリーズ史上最も念入りに展開! さらに、人身売買組織のメンバー1人々々に対して、丁寧かつ真心を込めた殺人スタイルを披露してくれるんです! 掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。 Copyright C 2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved. All rights reserved. ,Ltd. 2016 All Rights Reserved. All rights reserved. All rights reserved. All Rights Reserved. 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。

次の