双日 株価予想。 双日【2768】の業績・財務推移[通期・半期・四半期]|株探(かぶたん)

双日(2768)の株価 買いサイン分析

双日 株価予想

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

双日【2768】の業績・財務推移[通期・半期・四半期]|株探(かぶたん)

双日 株価予想

最後は下記赤枠の期間で予想は1日のみです。 こちらは下落銘柄の反発期待での「買」推奨。 デイトレの投機理由にしては、アバウトすぎると感じます。 管理人としては、このあたりのポイントこそ上昇トレンドを期待してのスイング的な「買」で保有した方が、利幅が取れるような気がします。 基本的にチャートの流れに沿った売買をした方が、リスクが少なく大きな利益を確保できる為にお勧めです。 ただしテクニカル分析を元にしたトレードは難易度が非常に高いです。 投資初心者であれば、株価予想を信じてリスクを取るよりも売買しやすい銘柄を選んで、のような値動きの再現性を利用した戦略が簡単でお勧めです。 何より売買タイミングが自分で判断できる点が良いと思います。 管理人が感じた双日の株価見通し バブル経済で多額の不良債権(2004年の3月時点で有利子債務は、なんと1兆5000億円)を抱えていた2社が「生き残りに迫られた弱者連合」として合併し、現在の総合商社である双日になりました。 事業セグメントは再編後、「自動車」「航空産業・情報」「環境・産業インフラ」「エネルギー」「石炭・金属」「化学」「食料・アグリビジネス」「生活資材」「リテール事業」の計9事業です。 特別に利益が大きいセグメントがある訳では無く平均的で、売上自体は4兆円近くありますが、営業利益率は5%以下と効率は悪い部類に入ります。 過去4年程は、売上・利益共に横ばい状態で将来の成長性をイマイチ感じません。 参考に日本市場の平均を表す日経平均株価指数と比べたチャートがこちらです。 なぜか2015年1月から出来高が激増し、株価が急上昇しています。 決算書やIRニュースを見ても株価爆発の理由がよく分かりません。 紺色線:双日 ピンク色線:日経平均株価指数 ニュースを調べてみると「年来の原油安で低迷した商社株が出直り基調 代表格が双日」と見出しがあるのですが、双日は原油安に関係なく元々安値近辺を数年漂っていました。 このコメントは株価が天井の頃に出ていますから、何とでも表現できますよね。 業績の数字を見ても、驚くべき改善をしたように見えないので ファンダメンタルズ分析だけで、この株価爆発を初心者が推測するのは至難の業だと感じます。 上がる株を事前に予想するのは難しいという事です。 上がる株を確実に見極める方法も実はあります。 下記のような投資戦略も参考にして良いかと思います。 参考: なお2009年頃まで遡って過去の値動きを見ても、値動きすら特徴が無いので扱いが難しい銘柄だと管理人は思います。 世の中に多くの銘柄がありますから、売買がやりすい銘柄を扱えば良いのです。 2015年12月時点で管理人がチェックした卸売業 銘柄.

次の

【双日(2768)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた【2018年度版】

双日 株価予想

こんにちは! 総合商社マンです! 今期減配ほぼ確実の双日は買いか?売りか?最新の株価チャートを分析してみたよ!• 双日の今期減配はほぼ確実 双日の今期減配がほぼ確実となってきています。 以下記事で株主総会の質疑応答について書いています。 詳しくは上記記事を見て頂ければと思いますが、6月のこのタイミングでも今期業績予想は400億円~450億円と言っていますので、現在のコロナの状況を鑑みると前期並みの600億円まで回復するのはまず難しいでしょうね。 双日の2019年度決算おさらい 双日の2019年度決算を簡単におさらいしておきましょう。 前の項でも少し触れましたが双日の2019年度の税後利益は608億円となりました。 2018年度は史上最高益の704億円でしたが、2019年度はコロナショックの影響もあり50億円程度の減損損失も発生していたのですね。 減損の影響を除いた実質利益は660億円だったようです。 それでも配当は2018年度と同額の17円を維持しました。 さて、2018年度に過去最高益を叩き出し、2019年度はコロナで減益、そして2020年度は減配ほぼ確実となってきている双日株は「買いなのか?」、「売りなのか?」についてチャート分析をして見ていきたいと思いますよ。 双日株は買いか?売りか? 双日株は買いか?売りか?これは非常に気になるところですね。 双日の現在の株価は240円程度で、100株買っても24,000円程度で購入可能ということもあり、常に個人投資家には結構人気な株です。 投資関連雑誌にもよく「5万円以下で買える株」という特集でピックアップされていたりもしますからね。 では早速双日の株価チャートを見て行きましょう!今回見る指標は以下の3つで、全て日足ベースで見て行きます。 RSI• 一目均衡表• MACD また今回チャート分析にするにあたり参考にした図書はこちらです。 リンク RSI RSIは株価が「買われ過ぎ」もしくは「売られ過ぎ」かを見る指標です。 RSIの数値のおおまかな使い方は以下の通り。 RSI<30 :売られ過ぎ RSI 30~40 :少し売られている RSI 40~60 :だいたい中立 RSI 60~70 :少し買われている 70<RSI :買われ過ぎ この数字を参照しながら双日のRSIを見てみましょう。 このチャートの下部分の緑色線の部分がRSIの推移です。 現在双日のRSIは40. 65と「だいたい中立」という水準ですが、もうすこしで「少し売られ過ぎ」の水準となりますね。 少しRSIが上向き始めているので「少し売られ過ぎ」ゾーンに入るかどうかはなんとも言えませんが、下方向に行く場合、過去の例を見ると30を少し切ったところまで下げると反発する傾向があることが分かります。 現在は中立ゾーンなのでRSIからは今後どう動くが読めない感じですね。 一目均衡表 続いて双日株を一目均衡表で見てみましょう。 一目均衡表の詳細説明は本記事の趣旨とはずれるのでしませんが、簡単に3つのことが分かります。 緑線が転換線で、赤色の線が基準線です。 「転換線が基準線よりも下にある場合は下落トレンド」ですが、6月22日双日はデッドクロスをしてしまっており、転換線が基準線よりも下にあるので 下落トレンドであることが分かります。 遅行スパンと26日前の株価の関係で買いか売りかが見れます。 ピンク線が遅行スパンで、現在の株価が26日前の株価とほぼ同じ位置にあることが分かります。 この点は 中立ですね。 現在の株価と雲の関係を見ることで株価の上値目途や下値目途が見れます。 灰色に塗られた部分が雲になりますが、 双日の株価は現在この雲の下に位置しています。 しかも上には分厚い雲がありますので反発しても雲の下である240円前後となる可能性が高そうだということが分かります。 上値は少なくとも重そうな状況ですね。 MACD 最後にMACDを見ておきます。 この指標では上昇トレンドか下落トレンドかをみることができます。 こちらをご覧ください。 下のチャート部分がMACDの部分です。 赤線がMACD、灰色線がシグナル線と呼ばれるものです。 ちなみにこのチャートの緑色と赤色の棒グラフですが、緑色の部分は下落トレンド中、赤色部分は上昇トレンド中となっているので見やすいですね。 現在は緑色なので下落トレンド中ですね。 結論:双日株は短期的には売りか 今回3つの指標を見ましたが、纏めると以下ですね。 RSIは中立• 一目均衡表はデッドクロスで下落トレンド、分厚い雲の下• MACDはデッドクロスで下落トレンド 結構下落トレンドサインが出ているので、短期的には売り、今買おうとしている人は少し様子見をしてもいいかもしれません。 あくまで日足チャートで分析していますので、長期ホルダーの人はもっと長いスパンで見てみてもいいかもしれませんね。 分析はこんな感じです。 尚、冒頭紹介した記事の中でも触れていますが、双日は今期減配ほぼ確実となってきているものの、会社としては配当金は未定としたままです。 万が一ポジティブニュースが出てくればチャート関係なしに動く可能性もありますので、その点はご注意ください。 ただ、6月の株主総会で今期業績予想を400~450億円と言っているので、すぐにはポジティブニュースは出にくいのかなーなんて思っていたりもします(あくまで私見です)。 またこれは言わずもがなですが、コロナ第二波の懸念が高まってきているので双日だけに限らず株式市場全体が売られるというような可能性もありますので、そうなってくると現在のチャートなんかもう関係なくなってくるのでご注意くださいね。 尚、先ほども紹介しましたが、今回チャート分析をするにあたり参考にした書籍は以下の「株チャートがおもしろいくらいわかる本」というやつです。

次の