ロジクール ヘッド セット g331。 【楽天市場】ロジクール Logicool ヘッドセット G331

ロジクール、50mmドライバに大型化した無線ゲーミングヘッドセット「G933s」 ~有線版のG633sや下位モデルのG431/G331も投入

ロジクール ヘッド セット g331

スピーカー、マイクボリューム調整 ロジクールゲームソフトウェアのレベル項目にて、「音量」、「マイク」、「サイドトーン」、「ベース」、「トレブル」の調整ができますのでそれぞれどのようなことが出来るのか解説します。 音量では、ヘッドホン部分から聞こえる音量を調整できます。 マイクでは、自分の話す声の音量を調整できます。 サイドトーンでは、自分の話した声が聞こえるボリュームを調整できます。 ベースは低音の調整ができます。 トレブルは高音の調整ができます。 ドンシャリ感が好みな方はベースとトレブルを上げると楽しめると思います。 CheckロジクールG433のドライバ・設定まとめ ・ドライバは公式サイトからロジクールゲームソフトウェアをダウンロードする ・各設定はロジクールゲームソフトウェアで変更する ドライバのインストールは公式サイトからダウンロードしてインストールするだけなので簡単です。 専用のロジクールゲームソフトウェアで各設定を変更する場合、ゲームなど再生する物によってプリセットを保存したり、イコライザを調整することができます。 余談ですが、ロジクールのバーチャルサラウンド7. 1chの技術がとても優秀なのでPUBGなどのFPSゲームで他のプレイヤーの足音がどこからしたのかなどの定位がすごく良いので丸わかりです。 このような感想はレビュー記事でまとめていますので気になる方は下記リンクまでお願いします。

次の

【G331 レビュー】新しくなったLogicoolのゲーミングヘッドセットが一新!エントリーモデルのG331を徹底レビュー

ロジクール ヘッド セット g331

ロジクールのヘッドセットの特徴3つ• プロゲーマーとのコラボレーションによる開発• サラウンドサウンドが味わえる• 快適な装着感が得られる プロゲーマーとのコラボレーションによる開発 ゲーミングギアを多数開発しているロジクールは、プロのeスポーツ選手と密接にコラボしたヘッドセットを開発しています。 そのため、音質や着け心地はもちろん、ゲームで勝つために必要な性能・機能をしっかりと搭載しているヘッドセットが多く、高いクオリティを誇ります。 また、プロでも満足できるハイスペックモデルから、初心者でも購入しやすいエントリーモデルまで、豊富なインナップを揃えている点もロジクール製ヘッドセットの魅力です。 サラウンドサウンドが味わえる ロジクール製ヘッドセットの多くのモデルがサラウンドサウンドに対応しています。 1chのサラウンドに対応していることで、プレイヤーがゲーム内にいるような感覚でゲームサウンドを聴くことができます。 敵の足音や物音のした方向が分かりやすく、素早い敵の発見につながるので、FPSやTPSゲームなどにも最適です、また、音質は歪みが少なくクリアなモデルが多いので、ゲームサウンドが聴き取りやすい点もロジクール製ヘッドセットの魅力です。 快適な装着感が得られる ロジクール製のヘッドセットは、サウンド再生やマイクの性能にこだわるだけでなく、着け心地にもこだわって開発されています。 イヤーパッドのクッションは、耳へのフィット感を高めるだけでなく、遮音性も考慮されており、ゲームへの没入感を高める役割をしっかりと担っています。 また、ヘッドセット本体のの軽量化をはかることで、長時間のゲームプレイ時でも頭や耳への負担が軽減される設計になっています。 耐久性の高さにも定評があるので、気に入ったヘッドセットを長く使いたい方にもおすすめです。 ロジクールのヘッドセットの選び方 ロジクールのヘッドセットの選び方を以下の3つのポイントから解説します。 ロジクールのヘッドセットの選び方3つ• 接続方式で選ぼう• シリーズで選ぼう• マイクの性能で選ぼう 例)機能、性能、タイプ、用途、サイズなど 各200文字以上 結論、核心、もっとも重要なことから記述する。 ユーザーにとって重要な情報、言及すべき情報は漏れなく記述する。 接続方式で選ぼう ロジクールのヘッドセットには、有線接続タイプと無線接続タイプが存在します。 有線接続タイプは、文字通りケーブルで接続するモデルです。 電波干渉による遅延や接続の途切れがなく、音質に優れている点がメリットです。 無線接続タイプは、ケーブルによって可動範囲が制限されることがなく、パソコンやゲーム機から離れた場所でも使用できます。 最近では、音の遅延がほとんどないヘッドセットを多数販売されているので、人気も高まりつつあります。 シリーズで選ぼう ロジクールのヘッドセットには、ゲーミング向けの「PROシリーズ」「Gシリーズ」「Aシリーズ」と、スカイプなど音声通信向けの「Hシリーズ」いう3つのシリーズが存在します。 「PROシリーズ」と「Gシリーズ」は、どちらもゲーミング向けですが、プロゲーマーとのコラボレーションによって開発された「PROシリーズ」や外部に専用ヘッドホンアンプを接続して使う「Aシリーズ」の方が、よりこだわったモデルになります。 また、「Hシリーズ」は比較的リーズナブルながら、価格以上の性能を搭載しているモデルが多く、ライナップも豊富なので、初めてヘッドセットを購入される方にもおすすめです。 マイクの性能で選ぼう ヘッドセットとヘッドホンの1番大きな違いが、マイクの有無です。 ヘッドセットのイヤーカップ部分から伸びるマイクの性能は、各モデルによって異なります。 ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルであれば、周囲の雑音をカットしてくれるので、よりクリアな通信が可能になります。 また、マイク部分が可動式のモデルであれば、使用しない時に耳の横など邪魔にならない位置に移動させられます。 中にはイヤーカップ内にマイクを収納できるモデルも存在するので、視界に入るのが邪魔に感じる方はチェックしてみましょう。 ロジクールのヘッドセットのおすすめ9選 ロジクールのヘッドセットのおすすめ9選を紹介します。 ロジクール Logicool H540 USB COMPUTER HEADSET 高解像度サウンド 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool H540 USB COMPUTER HEADSET」です。 USBでの接続が可能• 高解像度サウンド• ノイズキャンセリング機能搭載 ロジクール Logicool H540 USB COMPUTER HEADSETのレビューと評価・評判 USB Type-Aポートに接続できるヘッドセット ロジクール H540 USB COMPUTER HEADSETは、USBポートを利用して接続するヘッドセットなので、パソコンでスカイプなどオンラインチャットを行う際におすすめです。 音質面では、レーザーチューニングされたドライバーと内蔵イコライザーにより、高解像度サウンドを実現しています。 イヤーカップにはシンプルなコントローラーを備えており、ノイズキャンセリング機能付きマイクは、不要時にヘッドバンド内に回転させられるなど、使いやすいヘッドセットです。 ロジクール Logicool H600 ワイヤレスヘッドセット ノイズキャンセリングマイク搭載 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool H600」です。 最長6時間のバッテリー駆動が可能• 折りたたみ式でコンパクトにできる• オンイヤーコントロール搭載 ロジクール Logicool H600のレビューと評価・評判 USBレシーバーを使用したワイヤレスヘッドセット ロジクール H600は、USBレシーバーを経由したワイヤレス接続に対応しているヘッドセットです。 接続は、パソコンなどのUSBポートにレシーバーを挿し込むだけなので簡単です。 バッテリー駆動は最長で約6時間ですが、充電用のUSBケーブルが付属しているので、パソコンなどと接続してすぐに充電できます。 右側のイヤーカップには、電源のON・OFFをはじめ、音量調節やミュートなその操作が可能なコントローラーを搭載しています。 ロジクール Logicool H800 BLUETOOTHワイヤレスヘッドセット H800R ノイズキャンセリングマイク搭載 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool H800」です。 USB Type-A小型レシーバー付属• イヤーカップにコントローラー搭載• また、Bluetooth非対応のでばいすであっても、USBポートを備えていれば、付属のUSB小型レシーバーを利用することで、ワイヤレス接続が可能になります。 イヤーカップ部分に、音量・ミュート・通話処理などができるコントローラーを搭載しているので、デバイスをいちいち手に取らなくても操作が可能です。 マイクは、周囲の音を取り込まないノイズキャンセリング機能を踏査しており、使わないときはイヤーカップ内側に収納しておけます。 ロジクール Logicool G331 ゲーミングヘッドセット 2. 1ch 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool G331」です。 リーズナブルな価格のゲーミングヘッドセット• マイクミュート機能搭載• 大口径の50mmオーディオドライバーを採用しており、豊かで迫力のあるサウンド再生を可能にしています。 マイクを使わないときは、跳ね上げるだけでミュートがONになってくれます。 イヤーカップにボリューム調節ダイヤルを搭載しているので、ゲーム機やディスプレイに近寄らず、手元で音量を上げ下げできる点も便利です。 になる機能を搭載しています。 ロジクール Logicool G433 7. 1サラウンド ゲーミングヘッドセット 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool G433」です。 重厚な低音と透き通るような高音• 軽量ながら耐久性抜群• DTS Headphone:X対応 ロジクール Logicool G433のレビューと評価・評判 迫力のある低音とクリアな高音が魅力 ロジクール G433は、「ハイブリッドメッシュ」と呼ばれるイヤーカップの構造により、重厚な低音と透き通った高音をほぼ歪みなく再生することが可能です。 「DTS Headphone:X」にも対応しているので、7. 1chサラウンドサウンドによる臨場感あふれるゲーム音声が楽しめます。 本体重量は約259gと軽量ながら、繊維強化ポリカーボネイトやステンレススチール、T-90ナイロンを用いることで、耐久性も高めています。 また、マイクロファイバー製のイヤーパッドも同梱されているので、好みにあわせてメッシュ製イヤーパッドと使い分け可能です。 ロジクール Logicool G533 ワイヤレス 7. 1サラウンド ゲーミングヘッドセット 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool G533」です。 15時間ものバッテリー駆動が可能• 音質カスタマイズ可能• DTS Headphone:X対応 ロジクール Logicool G533のレビューと評価・評判 長時間のバッテリー駆動が可能なワイヤレスヘッドセット ロジクール G533は、最長で約15時間者バッテリー駆動が可能なワイヤレスヘッドセットです。 接続にはUSBワイヤレスアダプター使用した2. 4GHz無線接続方式で、最大15mの受信距離を誇ります。 音質面では、DTS Headphone:X対応しており、7. 1chサラウンドサウンドが楽しめます。 ロジクールが無償提供しているソフトの「G HUB」を利用すれば、イコライザーやサラウンドサウンド、マイクレベルなどを細かくカスタマイズできるので、音質にこだわりたい方におすすめです。 ロジクール Logicool G933S ワイヤレス7. 1サラウンド LIGHTSYNC ゲーミングヘッドセット 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool G933S」です。 4GHzワイヤレス通信対応• 有線接続にも対応• DTS Headphone:X 2. 4GHzワイヤレス接続と3. 5mmステレオミニプラグの2種類の接続方式に対応しています。 バッテリーのみで最長12時間も駆動しますが、USBケーブルで充電しながらでも使えるので、電池切れでゲームを中断する心配もいりません。 音質面では、「DTS Headphone:X 2. 0」に対応しており、一般的な7. 1chサラウンドサウンドを凌ぐ正確なサウンドが得られます。 ブームマイクを使わないときは、視界に入らないように跳ね上げてイヤーカップ内に収納しておけます。 ロジクール Logicool BLUE VO! CE搭載 PRO X ゲーミングヘッドセット G-PHS-003 次に紹介するおすすめのロジクールのヘッドセットは、「ロジクール Logicool BLUE VO! CE搭載 PRO X」です。 マイクテクノロジーBLUE VO! CE搭載• USB外付けサウンドカード付属• 1chサラウンドサウンド対応 ロジクール Logicool BLUE VO! CE搭載 PRO Xのレビューと評価・評判 プロレベルの音声コミュニケーションが可能 ロジクール BLUE VO! CE搭載 PRO Xは、マイクテクノロジである「BLUE VO! CE」を搭載しており、スタジオ品質のゲーム内通話が行えます。 音質面では、7. 1chサラウンドサウンド対応しており、臨場感あふれる音声を満喫できます。 また、付属のUSB外付けサウンドカードを使用すれば、よりクリアなサウンド再生が可能になります。 合成皮革やアルミ、スチールを使用した本体は高級感があり、耐久性にも優れています。 5mmステレオミニプラグ チャンネル数 5. MixAmp TRがセット• Dolby 5. 1chサラウンドサウンド対応• 無料のカスタマイズソフトである「ASTROコマンドセンター」を使用すれば、イコライザーやマイクレベル、入出力レベルなどの細かい設定が可能です。 音質面では、5. 1chのDolbyサラウンドサウンドに対応しているので、臨場感あふれるゲームサウンドが楽しめます。 ロジクールのヘッドセットのまとめ 今回はおすすめのロジクール ヘッドセットをご紹介しました。 ロジクールでは、スカイプなどのオンラインチャットに最適なモデルから、PS4・パソコンゲームに最適なモデルまで、たくさんのヘッドセットが製造されています。 今回の記事を参考にして、自分好みのヘッドセットを見つけてみてくださいね。 関連記事.

次の

ゲーミングヘッドセットのおすすめ14選【2020年版】

ロジクール ヘッド セット g331

ロジクールから発売されたばかりのゲーミングヘッドセット、G331をPCやPS4でFPSをプレイすることを前提に実機レビューしました。 動画版はこちら 目次• 主な仕様 接続:有線3. 5mmジャック1極or2極 ch数:2chステレオ(これ単体での7. このG331はステレオ2Chですが、同時に発売された G431はUSBオーディオコンソールを介して7. 1chが使用できます。 この2製品の違いそこだけっぽいですね。 外観 正面 イヤーカップ正面 Gのロゴがメタリックなんですが、イマイチカッコ悪いです。 イヤーカップ内側 内部フレーム 目盛りはありませんが、スチールフレームです。 ヘッド部クッション 妙に柔らかいです。 ゲルみたいな? イヤーパッド こちらもヘッド部のクッションと同じくぷにぷにと柔らかいです。 コントロール 左のイヤーカップの後ろ側にあります。 回転式ボリューム。 マイク部 取り外しは不可。 柔らかくて曲げられれます。 マイクを跳ね上げるとミュートになります。 コードはラバー 非常に残念ながらコードはラバーです。 音質 PC版のApex Legends,レインボーシックスシージにて使用。 Apex Legendsは少し離れた部屋の音まで聞けるので、索敵能力が上がります。 レインボーシックスシージは足音の方向、上下はっきりと聞き取れます。 最初は味方の足音まで気になってしまいましたが。 インピーダンスが低めなのでマザーボードやPS4のコントローラーに直刺ししてもしっかりと音量が取れるのが良いですね。 特にPS4のコントローラーは一部のヘッドセットだと最大にしても音量が物足りなかったですが、G331はしっかり?うるさかったです。 ただ、低音はそこまで強くでないので迫力を楽しみたい人には物足りないかもしれません。 着け心地 以前、G231という見た目の似た製品を使用していました。 その時は耳側のフィットが非常に非常に緩く、頭を振るとグラついてい非常着け心地は悪かったです。 似たような形状なので正直期待していなかったのですが・・・ 驚いたことに、全く違う着け心地。 耳にしっかりとフィットし、頭を振ってもビクともしません。 私は結構ツルの大きいメガネを使用していますが、 2時間程度の使用では全く耳が痛くならないですね。 見た目は変わらないの着け心地は天と地。 正直これはロジクールが微調整を頑張ったんだなと思います。 (逆なんでG231はあんなにひどかったのか) マイク G231を使わなくなった一番の理由がマイクでした。 音量が取りにくく、かといって音量上げると周囲音を拾い出すという劣悪なマイクでした。 このG331のマイクはその辺りも良くなっていました。 まあ、普通です。 これといって特徴もないですが、8千円前後でシンプルなステレオヘッドセットが欲しい人にオススメです。

次の