テイク ディス ワルツ。 ヨドバシ.com

テイク・ディス・ワルツ(ネタバレ)/ペディキュアを変えてはみても、寂しさは埋まらない

テイク ディス ワルツ

解説 女優サラ・ポーリーの長編監督第2作。 「アウェイ・フロム・ハー君を想う」で認知症に直面した老年夫婦の愛と葛藤を描いたポーリーが、今度は結婚5年目の若い夫婦に訪れる変化を描いた。 結婚して5年がたつマーゴとルーは、まだ子どもはいないが仲睦まじく穏やかな日々を過ごしていた。 そんなある日、マーゴは仕事で訪れた島で出会った情熱的な青年ダニエルにひかれるものを感じてしまう。 さらに、ダニエルが偶然にも自分たちの家のすぐ向かいに住んでいることを知り、マーゴの心は揺れ動いていく。 あの自然体の演技と、悲壮感のある表情が今作でも光ってましたな。 ただ、良い雰囲気は漂えど、深みに関して言えば、ない。 彼女の葛藤がメインに描かれるんだけど、結果的にやっぱり一人だなって。 欲で揺らぎ、一大決心をした女性の末路。 あのラストシーンはだいすきなんですけど、それまでの過程で あのシーンに哀愁を感じさせるまでの説得力はなかった。 気がする。 ただね~、あの悲しいシーンで、 明るい曲調であるラジオスターがかかるのが素晴らしい。 曲自体がそうだしね。 結局さ、別の男のところにいって、欲に溺れてるだけな気がしたんだよね。 本人もそれに気づいてラストシーンに繋がるんだろうけど… それだけ。 プールのシーンとか初めてのときとか あんなにいいのにね~ そもそも町がいいからね~ ネタバレ! クリックして本文を読む いくつかの恋愛をしてきた人なら、既婚・未婚に関わらず、主人公に共感するはずだ。 恋の糸口を見つけると、人はそれがあたかも「そうなるべきだった」かの様に、振る舞い始める。 主人公マーゴは、夫と魅力的な男性との間で、顔をくしゃくしゃにして悩む。 その姿が、愛らしい!けど危なっかしい! 夫はいい人なんだけど、どこか噛み合わない。 出会った男性はなんだかミステリアスでチャーミング。 パートナーとの関係が、安定していればしている程、心が揺れ動きそうな状況。 マーゴは、"I'm afraid of being afraid 不安でいる事が不安なの "と作中で言ったり、自分に自信がなさそうだったり、素直じゃなさそうだったり... 世に言うこじらせ女子?な感じだから、さぁ大変! 監督サラ・ポーリーが、マーゴの表情の変化を丁寧に切り取るから、心の葛藤が手に取るように分かる。 恋をすると全てが"meant to be そうなる運命 "に感じてしまうけれど、それは心がそう思うことを望んでいるから。 その"meant to be"こそが、一歩踏み出す勇気とか、ぐっと耐え忍ぶこととか、諦めることとか、そのすべての行動の原動力になる。 彼女は決断を下すけれど、その内容はどちらでも良くて、結局は心がその決断をどう思い続けられるか、なのだと思い知らされる。 夫のルーが、マーゴに毎日していたいたずらについて語る下りが忘れられない。 もしかしたら"meant to be"と、思えるのは今ではなく、何十年も先なのかもしれない。 C 2011 Joe's Daughter Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

テイク・ディス・ワルツ : 作品情報

テイク ディス ワルツ

の長編映画監督2作目である。 キャッチコピーは『しあわせに鈍感なんじゃない。 さみしさに敏感なだけ』。 ストーリー [ ] フリーライターのマーゴ(ウィリアムズ)は、取材で訪れた地でダニエル(カービー)という青年と出会う。 帰りの飛行機からタクシーまで一緒になったダニエルはマーゴの向かいの家に越してきたばかりだという。 マーゴは結婚5年になる夫ルー(ローゲン)と一見幸福な結婚生活を送っているが倦怠期気味であり、その満たされぬ気持ちからダニエルに急速に惹かれて行く。 一方のダニエルもマーゴに惹かれて行くが、2人はキスすら交わすことなく、な関係を続ける。 しかし、想いを抑え切れなくなったダニエルはある朝突然引っ越して行ってしまう。 それを黙って見送るマーゴの姿を目撃したルーは全てを察する。 マーゴに別れを告げられたルーは激しいショックを受けるもののマーゴを優しく送り出す。 マーゴはダニエルの後を追い、2人は新居で暮らすようになる。 しかし、はじめは激しく愛し合った2人だったが、しばらくしてダニエルとの関係もかつてのルーとの関係のようになり、マーゴは一抹の寂しさを感じるようになる。 そんなある日、ルーの姉で親友のジェリーがを再発して起こした騒動をきっかけに、マーゴは久しぶりにルーと再会する。 仕事は順調だが恋愛はしていないと言うルーにマーゴの心は揺れるが、ルーはマーゴへの未練を残しながらも「終わったこと」とマーゴを見送る。 マーゴはかつてダニエルとのデートで乗った遊園地の乗り物に1人で乗る。 キャスト [ ]• マーゴ - : フリーライター。 結婚5年目。 ルー - : マーゴの夫。 自宅で料理本を執筆している料理人。 ダニエル - : の。 イラストを描くのが趣味。 ジェラルディン(ジェリー) - : ルーの姉でマーゴの親友。 公開 [ ] 2011年9月11日にでプレミア上映された。 他に、 、 、のシネフェスト 、で上映された。 アメリカ合衆国では2012年6月29日に配給で公開された。 受賞 [ ]• Chlotrudis Awards オリジナル脚本賞• 主演女優賞• 主演女優賞• バンクーバー映画批評家協会主演女優賞 参考文献 [ ]• 2013年9月26日閲覧。 Smith, Ian Hayden 2012. International Film Guide 2012. , September 10, 2011. , September 11, 2011. Evans, Ian 2011 , , DigitalHit. com , 2012年4月5日閲覧。 2012年8月30日, at the.. , September 8, 2011. , September 9, 2011. Toro, September 11, 2011. 関連項目 [ ]• - 劇中に使用される曲 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

テイク・ディス・ワルツは幸せになれない女の不倫物語!感想

テイク ディス ワルツ

の長編映画監督2作目である。 キャッチコピーは『しあわせに鈍感なんじゃない。 さみしさに敏感なだけ』。 ストーリー [ ] フリーライターのマーゴ(ウィリアムズ)は、取材で訪れた地でダニエル(カービー)という青年と出会う。 帰りの飛行機からタクシーまで一緒になったダニエルはマーゴの向かいの家に越してきたばかりだという。 マーゴは結婚5年になる夫ルー(ローゲン)と一見幸福な結婚生活を送っているが倦怠期気味であり、その満たされぬ気持ちからダニエルに急速に惹かれて行く。 一方のダニエルもマーゴに惹かれて行くが、2人はキスすら交わすことなく、な関係を続ける。 しかし、想いを抑え切れなくなったダニエルはある朝突然引っ越して行ってしまう。 それを黙って見送るマーゴの姿を目撃したルーは全てを察する。 マーゴに別れを告げられたルーは激しいショックを受けるもののマーゴを優しく送り出す。 マーゴはダニエルの後を追い、2人は新居で暮らすようになる。 しかし、はじめは激しく愛し合った2人だったが、しばらくしてダニエルとの関係もかつてのルーとの関係のようになり、マーゴは一抹の寂しさを感じるようになる。 そんなある日、ルーの姉で親友のジェリーがを再発して起こした騒動をきっかけに、マーゴは久しぶりにルーと再会する。 仕事は順調だが恋愛はしていないと言うルーにマーゴの心は揺れるが、ルーはマーゴへの未練を残しながらも「終わったこと」とマーゴを見送る。 マーゴはかつてダニエルとのデートで乗った遊園地の乗り物に1人で乗る。 キャスト [ ]• マーゴ - : フリーライター。 結婚5年目。 ルー - : マーゴの夫。 自宅で料理本を執筆している料理人。 ダニエル - : の。 イラストを描くのが趣味。 ジェラルディン(ジェリー) - : ルーの姉でマーゴの親友。 公開 [ ] 2011年9月11日にでプレミア上映された。 他に、 、 、のシネフェスト 、で上映された。 アメリカ合衆国では2012年6月29日に配給で公開された。 受賞 [ ]• Chlotrudis Awards オリジナル脚本賞• 主演女優賞• 主演女優賞• バンクーバー映画批評家協会主演女優賞 参考文献 [ ]• 2013年9月26日閲覧。 Smith, Ian Hayden 2012. International Film Guide 2012. , September 10, 2011. , September 11, 2011. Evans, Ian 2011 , , DigitalHit. com , 2012年4月5日閲覧。 2012年8月30日, at the.. , September 8, 2011. , September 9, 2011. Toro, September 11, 2011. 関連項目 [ ]• - 劇中に使用される曲 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の