首 里 城 火事 原因。 【決定版】首里城の火災発生状況まとめ|原因・犯人・現状・募金・支援の方法

首里城で火災の原因は放火?出火場所と現在の被害状況・不審者の目撃情報は

首 里 城 火事 原因

2019年10月31日に火災が発生した、沖縄に世界遺産、首里城。 10月31日の午後には鎮火したものの、正殿、北殿、南殿が全焼し、かなり悲惨な状態になってしまいましたね。 テレビやネットでも、かなり大きく取り上げられ、多くの人がショックを受けています。 地元住民の方たちも、中には涙を流している方もいました。 それだけ沖縄にとって大きな存在であったことがわかります。 ネットでも、 修学旅行で観たあの素晴らしい建造物がなくなった・・ 復元したばかりだったのに。 ショックでハッピーハロウィンどころではない。 などといった声もきかれます。 鎮火した現在、 出火の原因や防火、消化が間に合わなかった理由について話題になっています。 今回は、 首里城出火の原因と、燃え広がった理由についてまとめていきます。 さぁ目次です。 世界遺産の首里城火災…出火原因が気になる!首里城祭りの機材から出火?放火の可能性も 2000年に世界文化遺産に登録された首里城。 正殿から出火し、燃え広がって南殿、北殿も全焼してしまいました・・ そこで気になるのが、 「出火原因」 です。 2019年10月31日夜の時点で、 出火原因についてはまだ特定されていません。 しかし、火が上がる直前、 10月31日1時頃まで、週末に予定されていた 「首里城祭り」 の準備が、敷地内で行われていたそうです。 このことから、 「イベント準備やその機材による放電、誤作動による出火ではないか」 という話が現在のところ有力のようです。 ネットではデマ情報が横行!「放火した」との犯行声明を出す人も そんな中、ネットでは 「放火の疑いがある」 「原因はたばこ!」 「中学生が焚火をしていた」 「私が放火した」 などと、かなり デマ、誤情報が流されている事態となっています。 10月31日夜の時点で、 まだ出火原因は明らかになっていないので、 この間違った情報で混乱する人も多くいるようです。 こんな時、 間違っても火災の現場にいってはいけません。 2次被害につながる可能性があります。 首里城は燃えてしまいましたが、これ以上被害を広げないよう配慮する必要があります。 首里城正殿、北殿、南殿が全焼。 消火設備、防災対策に不備があった?全焼した理由をまとめてみた 首里城火災の出火元は、正殿の内部であったと報道されています。 出火当時、正殿の内部は無人だったそうです。 そこから燃え広がってしまったんですね。 ここで気になるのが、 防火設備です。 報道によると、外側からの延焼を防ぐための放水設備や、放水銃は備わっていたものの、 自動消火設備、スプリンクラーなどは設置していなかったということです。 文化財に属する建造物には、ほとんど備わっている設備のようですが、 首里城にはなかったんですね・・ 景観を損なうからでしょうか。 しかも、レプリカであるものの過去の建造物を忠実に再現していたため、 木造の建物。 そのため、燃え広がるのが早かったとのことです。 また、 出火した深夜帯は態勢も手薄になっており、発見が遅れたことも要因であるとされています。 このため、防災対策に疑問の声も上がっていますが、 消火設備の点検は年に2回。 訓練は年に1回以上行われており、役所への報告も3年に1度、報告の義務に沿って行われていたとのことです。 Sponsored Link 首里城はなんで燃えたの?出火原因は未特定。 風で燃え広がり消火活動間に合わず。 沖縄県の世界遺産、首里城はなぜ燃えたのか。 出火してから約11時間燃え続け、ようやく鎮火した首里城。 無人だったため怪我人はいなかったものの、消防隊員は脱水になった方のいたようです。 これだけ長く燃え続けていたら、対応していた消防のかたもかなり大変だったと思います。 また、首里城には歴史的な貯蔵物も数多く展示、保管してあったということなので、 書物などが燃えてしまっている可能性もあるそうです。 出火原因は未特定ですが、燃え広がった要因として、風がかなり影響していたそうです。 火が風にあおられ、隣接している南殿、北殿をも巻き込んで大きな火事になったとのこと。 燃えている映像は本当に心がいたかったですね・・ 燃え終わった状態もかなり悲しかったです。 首里城の復元、再建は現在、まだ未定ではありますが、どうなるのか気になりますね。 ノートルダム大聖堂もショッキングでしたけど、今回の首里城もかなりショックでしたね。 復興するとしてもかなり時間も、お金もかかりますし、 そもそも再建するのかも、今後注目ですね・・.

次の

首里城火災:火災原因などより、管理者の責任は?

首 里 城 火事 原因

首里城の火災の原因は? 今の所出原因は分かっていません。 深夜にいきなり火が起きる可能性はあるんでしょうか? 【沖縄 首里城で火災と通報】(続き) 消防によりますと何が燃えているのか現時点ではわからないということです。 建物の周りの地中に防水システムがあったようですが、人が起動しないと作動しないということでした。 炎が燃え広がり延焼した原因は、建物の中からの出火想定した防水システムがなかったとかんがえられるとのことです。 首里城の火災の被害総額は? ノートルダム寺院でも火災がありましたが、未だにその被害総額は分かっていないようです。 被害額というより、歴史的価値の損失のほうが多いのは明らかですよね。 首里城も相当な被害総額となるとは思いますが、何より歴史的価値やみなさんが訪れた思い出が失われるのが、心痛いところです。 平成29年度の首里城公園(有料施設)の入館者数 181万4041人ということでした。 入場料が大人830円、子供310円です。 首里城の建設費や維持費、首里城で働く人の収入、何より観光費用を考えると、被害総額はどれくらいになるのでしょうか? 沖縄県にとっては、観光地としての首里城の役割は大きかったと思います。 ひとつの火災の被害の大きさはとてつもないですよね。 首里城の被害総額は分かりませんが、莫大な損害ということだけは分かると思います。 出典:国営沖縄記念公園事務所 首里城地区 建設費用はなんと73億だったらしいです! すごい被害金額ですよね? 【首里城の保険金最大70億円】 火災で焼失した那覇市の首里城について、沖縄県は5日、年間294万円の保険料が支払われており、支払限度額は70億円であることを明らかにした。 5日の県議会土木環境委員会で、県土木建築部が答弁した。 焼失した正殿や北殿など7棟の建設費用は約73億円だった。 県の説明によると、保険料の支払いは首里城の管理・運営を委託されている「美(ちゅ)ら島財団」が行っており、保険金の受け取りは首里城公園を所有する国となっている。 ただ、保険金額に関し、担当者は同委で「現段階でいくらというのはまだ把握していない」と述べた。 沖縄県の玉城デニー知事は沖縄の本土復帰50年に当たる令和4年までに首里城の復元計画策定を求めており、政府も復元へ全力を挙げる考えを示している。 焼失した建物の復元時と比べ、人件費や資材費は高騰しており、周辺整備費とあわせて復元費用は73億円を上回る可能性もある。 引用:首里城の保険金最大70億円(産経新聞) — Yahoo! ニュース 首里城は過去にも火災が! 首里城は、1945年の第二次世界大戦の沖縄戦にて全焼されたようです。 450年も続いた琉球王国が空襲で焼かれた悲しい歴史があったのです。 しかし、1992年沖縄の本土復帰20年を記念して国営公園として復元されました。 2000年12月に世界遺産に登録されていました。 今回の悲しい火事で首里城の正殿が、全焼したことはとても悲しい出来事だと思います。 再び復元されることを願いますが、首里城が無くなってしまったことで沖縄の皆さんが悲しみから復帰することを願うばかりです。 首里城の火災の動画や画像で状況を確認! これは、凄まじい光景です。 首里城へは何度も旅行で行っていたから、とても切ないです。 家から撮影 — 池田竜晟 rRBdKC22AAplz6k 二次火災が起きないように祈ります。 怪我人が出なければ良いですが。 首里城燃えてます。 寒川方面に火の粉飛んでます。 お気をつけください。 — かでかる商店街振興組合琉球支部 kamavokoRKFR 目の前で見たら、本当にショックですよね。 嘘だろ。 首里城。 燃えてる。 — かでかる商店街振興組合琉球支部 kamavokoRKFR どんな気持ちで撮影されたのか、心情をお察しします。 本当に悲しい光景です。 【動画】沖縄県那覇市にある首里城で火災。 城の正殿が激しく燃えています。 本当ショックです! 梁もなす術なく焼け落ちた。 跡形も無い。。 — 宗次郎 🇭🇰 zirosou 午前五時半のニュースでは、住居にも火災が起きているようです。 近隣の方は不安でしょうが、お怪我がないことをお祈りします! まとめ 今回は、首里城の火災の原因や被害総額、動画や画像で被害状況について調べました。 詳しい情報が分かりしだい追記します。

次の

首里城は火災でどこが燃えたの?出火元の場所や火災原因は?

首 里 城 火事 原因

2019年10月31日、沖縄県の那覇市にある「首里城」に火災が発生した、というショックなニュースがありました。 城の「正殿」などが全焼したようです。 午前8時現在の段階でも消火活動は続けられているということです。 首里城の火災 10月31日午前2時40分過ぎに、「首里城」から煙が上がっていると通報があったそうです。 消防車30台が出動、懸命な消火活動が行われたものの、「正殿」のほか、「北殿」や「南殿」も全焼したようです。 また、正殿前にある御庭(うなー)に入る入り口の「奉神門」や、南殿に隣接する「書院」にも燃え広がっているそうです。 「正殿」から出火か 目撃者の証言などから、火はどうやら「正殿」から出火したとみられているようです。 「正殿」には、延焼を防ぐための設備が備えられていたそうです。 また、正殿の周辺にも放水装置などがちゃんとあったそうです。 それでも、火災があまりにもすさまじく、熱も強かったために、消防隊が現場に近づけないという事態だったようです。 その間に、火は次々とほかの建物に燃え広がったということのようです。 「正殿」とは 首里城の「正殿」は、別名「百浦添御殿」とも呼ばれています。 琉球王国最大の木造建築物で、首里城のシンボルのような位置づけです。 独自の建築様式として、2層3階建ての木造づくり、そして龍の形に装飾された柱があります。 また、「正殿」の1階は、「下庫理」と呼ばれていました。 「下庫理」にある玉座で、主に国王が政治や儀式を行っていたそうです。 この玉座は「御差床」と呼ばれていました。 ここに座って、国王は様々な政務を行っていたのですね。 御差床の両脇の朱柱には金の龍と五色の雲が描かれていたそうです。 2階は「大庫理」と呼ばれていたそうです。 「大庫理」では、国王と親族、女官らが儀式を行っていたようですね。 首里城とは 首里城は、琉球王国時代(1429年~1879年)に建てられました。 現在の那覇市首里当蔵町にあります。 琉球王国の政治や文化の中心でした。 昭和8年に国宝に指定されたものの、残念ながら、太平洋戦争の沖縄戦で焼失したのです。 1992年(平成4年)に正殿が復元、そのほかの建物も順次復元され、2000年(平成12年)に城跡が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。 火災の原因は 火災の原因はまだ明らかにされていません。 現在、警察や消防が調査中のようです。 ただ、首里城では、10月27日から毎年恒例の「首里城祭」というイベントが開かれていました。 来月11月3日まで、琉球王国時代の儀式を再現する様々なイベントが行われている最中の火災です。 火災のあった31日未明までも、開催予定の催しの準備などが行われていたそうです。 火事の直接的な原因はまだ分かりませんが…。 nhk. html? asahi. html? nhk. html?

次の