膝 裏 の 痛み 腓腹筋。 膝を伸ばすと裏側が痛いのは膝裏の筋肉痛?膝裏の痛みの原因と対処法

ウォーキングで膝裏の痛みは何故おきる?

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

もくじ• 膝を伸ばすと膝裏が痛い原因は? 膝の痛みをお持ちの方で、以下のようなお悩みがある方はいませんか?• 立ち上がると膝の裏がビーーンと痛む• 歩き始めに膝の裏側に痛みが出る• 膝の裏を伸ばすと痛く、膝が伸び切らない• 常に膝が曲がった形になってしまっている• 体重をかけると膝の内側が痛む 膝の痛みもいろいろな種類があります。 膝の内側が痛い 膝の外側が痛い お皿の上が痛い 膝の裏が痛い などなど・・ その痛みはそれぞれ実は原因が異なるって知っていましたか?? 今まで膝の痛みといえば定番の解決方法 膝の痛みを解決するためには ・太ももの筋肉を鍛える ・ウォーキングをする ・注射を打つ ・サポーターをする このような治療を受けてきた方がほとんどではないでしょうか? この治療法で痛みが改善しないのには原因があります。 それは、膝の痛みの原因は、痛みの出ている部位によって全く原因が異なるからです。 膝の痛みを解決するためには 「なぜ膝が痛くなったのか」 これをしっかりと分析して施術をしていかなければいけません。 今回はその膝痛のうち 「 膝裏の痛み」の原因に関してお話ししていきます。 膝裏って何が痛んでいるの? 膝の裏には様々な筋肉が集中しています。 この中でよく痛みを発している代表的な筋肉は 下腿三頭筋(腓腹筋)と ハムストリングスです。 膝の裏の痛みの原因1 腓腹筋 腓腹筋(ひふくきん)とは、ふくらはぎの部分の筋肉です。 ふくらはぎが丸く盛り上がるのはこの筋肉の働きによるもの。 内側と外側の2つに分かれている筋肉は、アキレス腱へとつながっています。 この部分は立っているだけでも使われるものですので、疲労をためやすい筋肉とも言えます。 踵重心になるにつれ、痛みが出やすくなります。 また、内股や外股が極端な場合も、外側か内側、どちらかのみに負担がかかって痛みが出やすくなります。 膝の裏の痛みの原因2 ハムストリングス ハムストリングス筋群とは、ももの裏の筋肉の総称です。 内側と外側の2つに分かれていて、 内側は半腱様筋、半膜様筋、外側は大腿二頭筋と呼ばれるものです。 特にこの外側の筋肉である大腿二頭筋は、膝裏に痛みを感じている人の大半はがちがちになっています。 この大腿二頭筋は、膝の曲げ伸ばしや、足を後ろに上げるような動きをする際に使われます。 また、外に足を回すような動きをする際にも深くかかわってきます。 なんで膝の裏が伸ばすと痛くなるの? 膝の裏を伸ばした時の痛み 膝の裏を伸ばした時の痛みは、基本的に筋肉が伸ばされた時に出る 伸張痛です。 つまり、 ・筋力が落ちている ・変形している が原因の痛みではありません。 そのため、この痛みに対して膝の筋トレや注射をしても痛みは改善しません。 なんで伸ばされると痛みが生じるのか? 筋肉は伸ばされただけでは強い痛みは生じません。 痛みを生じる場合は、柔軟性がなくなった筋肉が無理に伸ばされた際に生じます。 つまり、膝の裏の痛みの場合は、「腓腹筋」「ハムストリングス」に硬さが生じ、そのまま立ち上がりなどで伸ばされることを強要されると痛みが生じているんです。 なんで膝の裏の筋肉が硬くなるのか? 筋肉が固くなる原因は1つではありません。 筋肉疲労が起こる原因は、骨盤にきちんと体重が乗っていないこと、 膝裏の筋肉に負担をかけるような動きを日常的にしていることなどが挙げられます。 体重がきちんと骨盤の上に乗っていない 私たちの骨盤は、体の真ん中にあります。 左右にきちんとバランスよく体重を分散させられれば問題ないのですが、 骨盤が傾いたり、左右のバランスが乱れたりするとどうしてもそこからつながる足や腰にトラブルが起こりやすくなります。 膝も、左右きちんとバランスよく体重が乗っていないとどうしてもどちらかに負荷がかかり、 ストレスがかかって痛みが生じてしまうのです。 これを放置すると、膝の痛みはどんどん強くなります。 一時的にマッサージなどで柔らかくしても、また元に戻りやすいですね。 日常生活の動きに問題がある 常に左右どちらかに重心をかけて立ってしまうくせがあると、膝裏の筋肉には当然ながら負担がかかります。 きちんと左右均等に体重がかからないと、膝にも強い負担がかかるようになってしまいます。 立ち方だけではなく、座り方や歩き方、寝方なども関係してきます。 この癖を治さない限り、たとえ骨盤矯正をしたとしても、また元通りにゆがんでしまう可能性が高いです。 身体の重心が踵よりである 通常の立ち姿勢の重心位置はくるぶし周囲になります。 しかし、膝の裏が痛い人は重心が踵の割合がとても多いです。 あなたの立ち姿勢での重心はどこにありますか? 踵重心だと常に後方に突っ張ってしまい身体の後面の背中やふくらはぎがパンパンになります。 もちろん膝の裏もです。 重心をくるぶし周囲の正しい位置に修正するだけで身体の無理な力が抜け楽になりますよ。 膝の裏の痛みに対する対処方法 膝の裏を伸ばした時に出る痛みに対して、何をすればいいのか? 一番簡単にできるのは ・太もも裏 ・ふくらはぎ 太ももの裏のエクササイズ 簡単です。 良く準備体操でやると思います。 紹介するのは本当に簡単です。 難しく考えないでくださいね。 この二点をしっかりとマッサージ・ストレッチすることです。 膝の裏だから膝に問題があることはほとんどありません。 膝以外の近くの関節や筋肉からの影響を受けていることが多いんです。 また、筋肉が硬くなってしまう原因を姿勢から見つけ出し直していく為には、専門家(整体院)の治療が必要です。 1度自分の姿勢のどこに問題があるのかをチェックしてもらうのもいいでしょう。 諦めないで頑張りましょう。 追伸 膝の痛みの治療は世の中に沢山あります。 しかし、その中のほとんどが間違った治療法であることはご存知でしょうか? 当院には、多くの膝痛を抱えた患者様が来院されています。 悲しいことに、ここに初めて来られる患者様の多くはこんなことを口にしています。 「正直私は膝の痛みは諦めています」 「どうせ変形しているから一生付き合うんでしょ?」 「手術をするしかないのは分かっています」 このブログを読まれているあなたも思っていることではないでしょうか? 膝の痛みでたくさん悩まれれて・・ たくさんの治療を試して・・ 整形外科に手術を勧められて・・ そんな追い込まれた状況で来院されているのです。 私からあなたへ、これだけ伝えさせてください 「まだ諦めないでください」 膝の痛みに対する原因を明確にし、正しいアプローチを行うことで必ず痛みは快方に向かいます。 信じない。 手術をしたい。 そう思うのであれば、このままそっとページを閉じてください。 もしあなたが、本気で「膝を治したい」そう持っているのであれば、このままお読みください。 必ずあなたのお役に立てるはずでしょう。 膝痛に対する5つの勘違い もし以下の5つのことがすべて「間違い」だとしたらどうしますか? 膝痛治療の勘違い その1 膝の痛みは太ももを鍛えれば治る 膝痛治療の勘違い その2 膝痛は注射をすればそのうち良くなる 膝痛治療の勘違い その3 運動不足だからウォーキングが膝にいい 膝痛治療の勘違い その4 膝の痛みは変形しているから起きている 膝痛治の療勘違い その5 痛み止めを飲むことが治療だと思っている あなたはいくつ信じていますか? ハッキリ言います 「 すべて間違いです」 その膝痛治療をしてきて何ヶ月・何年経ちますか? それで効果が出ていないのなら、間違い無くその治療は「間違っています」 治っていればこのブログはご覧になっていないはず。 1度その膝痛に関する「治らない治療」の常識から離れて私の話を聞いてくれませんか? 膝の痛みの3大原因はコレだ。 膝痛の原因 その1「太ももの筋肉の使いすぎ」 よく整形外科で言われると思います。 「太ももの筋力が弱いからだよ」 「運動してないからだよ」 「歩いてないからだよ」 「年のせいだよ」 「体重のせいだよ」と。 独立するまでは私もそう思ってました。 しかし、実際に検査をしたところ筋力がない方は誰一人として居ませんでした。 逆に太ももの筋肉を使い過ぎていることが臨床上明らかになりました。 動画を見て確認してください。

次の

膝痛の軽減に効果的なストレッチ方法|膝の痛み|痛みwith

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

この記事の目次• 膝裏の痛みが出る5つの原因 まずは膝裏に痛みが出る原因についてお話をしていきます。 痛みが出るのには5つの原因があります。 その原因を一つずつお伝えしていきます。 反張膝というのは膝が曲がり過ぎている状態の逆で膝が伸び過ぎている状態です。 この状態を簡単に説明すると太ももの裏側とふくらはぎの裏側の筋肉が伸ばされ過ぎてピーンとずっと張っている状態です。 無理やり引っ張られて伸ばされている状態が続くと、膝裏に痛みを感じる様になってしまいます。 それは筋肉が伸ばされてかたく緊張した状態になっているためです。 膝の関節には関節が動きやすい様に関節液というものが入っています。 この関節液が溢れ出してしまい膝の裏に溜まって袋状になったものをベーカー嚢腫と呼びます。 これがあると膝を伸ばした時に痛みや違和感を感じる様になります。 この靭帯を損傷した時に膝裏の痛みを感じる時があります。 膝の靭帯の中では一番損傷しにくい靭帯ですが、膝の前側から後ろ側に向けて強い外力が加わった時に痛めてしまう可能性があります。 日常生活ではあまりそんな機会はありませんが、スポーツなどをやっておられる方は後十字靭帯を損傷してしまう可能性があります。 自己免疫疾患とは自分の細胞で自分の細胞を誤って敵だと認識して攻撃してしまう疾患です。 この場合だと自分の細胞が膝の関節を敵だと認識してしまい、関節をどんどん破壊してしまいます。 膝の関節が破壊されるにつれて膝裏の痛みを感じる様になってしまいます。 ・腓腹筋 ・ヒラメ筋 ・膝窩筋 この三つが緊張してかたくなってしまうと、筋肉が付着している膝裏の部分を無理に引っ張ってしまいその部分に炎症が起きて痛みに変わる訳です。 膝裏の痛みに対する対策とは 膝裏の痛みを改善するには、自分で出来るものと出来ないものがあります。 筋肉に原因があるものは自分自身で対策出来ますが、靭帯や関節リウマチに起因する膝裏の痛みは病院でしっかり診察・治療をしてもらう必要があります。 まずはそこの判断をしっかりしなければいけません。 筋肉に原因がある場合は、少しマッサージやお風呂に入った後などに痛みがましになります。 これは筋肉というのは温めてあげるとやわらかくなり緊張が緩和されるという性質があるからです。 靭帯や関節リウマチに痛みが起因していると、温めても痛みにあまり変化を感じることが出来ません。 まずは筋肉に対してアプローチをしていき改善を目指すのが第一選択です。 明らかなスポーツによる外傷や激痛がある場合は、病院にて診察を受けて下さい。 まとめ 膝裏の痛みの原因はほとんど筋肉の緊張に起因しています。 反張膝の場合も結果的に膝裏の筋肉が緊張してしまいます。 ベーカー嚢腫の場合も関節液を抜いても原因をしっかり取り除かないとすぐに再発してしまいます。 関節に水が溜まる原因は膝の筋肉の緊張や関節を上手く使えていないことにあります。 なのでそこを変えていかないといけません。 靭帯に関しては損傷の度合いによりますが安静が一番必要です。 断裂していれば手術をしなければいけません。 関節リウマチは今だに原因が不明なので、投薬治療で症状をいかに進行させないかが現実的な治療になってきます。 基本的には膝裏の筋肉の緊張が痛みに繋がっている可能性が高く、まずはそこに対してアプローチをしていくのが一番改善する確率が高いです。

次の

膝裏の痛みはなぜ起こる?膝の専門家が5つの原因と対策をお伝えします|京都・等持院駅前整体院

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

ランニング中、膝の内側の靱帯を痛めた 「ランニングをしていて、膝の内側の痛みが出現し、関節が不安定に感じられるようであれば、「内側側副靭帯(MCL)損傷」の可能性があります。 また関節の不安定性がないようであれば、「鵞足炎」かもしれません。 靭帯の損傷となると、よほど大きな力が膝にかからない限り、痛めたり、切れたりすることはないのではないかと思います。 なので、ランニングでは、膝の曲げ伸ばしを繰り返すことになるので、 多くは、 縫工筋・半膜様筋・薄筋の付着部の総称である鵞足(がそく)に炎症が起こる「鵞足炎」が考えられます。 」 原因は? 「内側側副靭帯の損傷は、膝のスポーツ外傷や大きな外反力(足が外方向への加わる力)などで、膝の靭帯の損傷の中で、発生頻度の多いケガです。 足場が悪いところを接地をしたときに、膝が思いっきり内側に入ってしまったり(knee in)、 ひざ下から足部の間を外側へ蹴られたといった、「膝への一時的な負荷が大きい」ときに起こります。 また「鵞足炎」は滑液包(かつえきほう)と呼ばれる腱の動きをスムーズにするものが、 膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで擦れてしまい、炎症が起きてしまっている状態です。 縫工筋・薄筋・半膜様筋の柔軟性が低下して、硬くなってくると擦れやすくなりますので、 ストレッチなどで筋肉の柔軟性を高めたりしておくと、良いと思います。 」 どういう走り方がいい? ランニングをしている人のフォームに気を配っていると、つま先を外側に向けている人や、膝が内側に入っている人などがいます。 膝に負担が少ない走り方は、接地するとき足に対して膝のお皿がまっすぐ前に出ながら、 膝が少し曲がるようにすると、内側・外側の腱や靭帯などへの負担が少ないです。 足に対して膝のお皿が内側に位置している人は、「内側側副靭帯」や「鵞足(がそく)」の部分に負担がかかりやすくなります。 女性に比較的多くみられ、 脚組みをしていたり、股を閉じるような姿勢をとることが多いのが原因ではないかと思います。 これらの姿勢により、股関節を外側に開く(外転)筋や外側に捻る(外旋)筋肉の力が弱くなっていたり、 股関節を内側に閉じる(内転)筋肉や内側に捻る(内旋)筋肉の長さが短いや力が強くなっている可能性があります。 また膝のお皿が外側に位置している人は、「腸脛靭帯」への負担が大きくなってきます。 」 靴はどういうのものがいい? 「ランニングをする場合、上下の動きが大きくなり、踵を垂直に接地していくので、ある程度のクッション性があった方が、良いと思います。 ですが、クッション材が柔らかすぎると接地が不安定になり、 膝だけでなく足関節への負担が大きくなることが考えられるので、 一度試し履きしてもらい、その場で片足ジャンプや少し歩いたりしてみて、グラつく感じがあれば、硬めのものに変えられるといいかと思います。 またウォーキングをするときは、逆にクッション性が少ないものを選ばれた方がいいかと思います。 クッション性が高くなるということは、 ヒールの部分が高くなっていることが 多いので、つま先立ちに近い状態で歩いていたり、 膝を曲げる角度が大きくなり、膝への負担が大きくなってしまうからです。 メーカーによって、採用している素材は異なりますので、自分に合ったものを見つけるようにしていけるといいですね。 ランニング中、足を曲げる時に膝裏が痛む原因は? 「ランニングをしていて、膝裏が痛くなったことがあるかと思います。 原因として考えられるのは、 膝関節をまたいで付着している筋の筋緊張が高まり、付着部のあたりが引っ張られたり、 膝を曲げたときに腱や関節包(関節の動きをスムーズにするもの)が擦れて炎症を起こしたりしているからです。 」 ふくらはぎの上のあたりも痛くなる原因は? 「ふくらはぎの上のあたりが痛くなるのは、「腓腹筋」の緊張の高まりが原因なのではないかと思います。 ランニング中は、 膝関節の屈伸や足関節の底背屈が繰り返されたり、 地面からの反発による衝撃が大きくなりますので、 足関節・膝関節をまたいで付着している腓腹筋は疲労しやすいと考えられます。 股関節の伸展が少なく、つま先で地面を強く蹴るクセがある人は、痛みを感じやすいかもしれません。 」 ランニング中、膝裏の両側にあるスジの痛み原因は? 「ランニングをしている時、膝裏のスジが痛む人は 「ハムストリングス(半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋の総称)」や「腓腹筋」の緊張が高くなり、痛みを感じているのではないかと思います。 膝関節の外側であれば「腸脛靭帯」、内側であれば「鵞足」の炎症が起きていることが痛みにつながっていると考えられます。 」 ランニング中、膝裏からふくらはぎにかけて、強い電気が走るような痛み 「ランニングをしているとき、膝裏からふくらはぎにかけて、 電機が走るような痛みがでることがあると思います。 それは筋肉が硬くなり、うまく伸びなくなった状態で無理やり伸ばされながら力を発揮していたり、炎症などにより痛みの物質が多く生産されることで痛みを感じているのではないかと思います。 」 原因 「ランニングは筋肉の収縮と伸張を繰り返すので、だんだん神経は疲れてしまいます。 疲れていくと同時に、筋肉の収縮を抑える神経がうまく働かなくなったり、伸張されたときに縮まろうとする信号(ストレイン信号)が強く働いてしまい、筋肉は硬くなると言われています。 また反復運動による筋膜や筋肉・腱の摩擦による炎症により、痛みの物質が多く生産されている部位に痛みを感じるようになっていると思います。 」 ケア方法 「痛みが出ている部分が熱をもっているようであれば、氷のうなどで冷やして炎症を抑えてあげてください。 炎症がひどくなると腫れや膝関節に水が溜まったりして痛みが増したり、関節の可動域が小さくなってしまうようであれば、お医者さんに診てもらうようにして下さい。 靭帯や腱の損傷が起きている可能性もありますし、注射で痛みを和らげたり、水を抜いてもらったりしてもらう必要があります。 」 治る? 「人の身体は「恒常性」という元の健康な状態に戻ろうとする能力があるので、炎症が起きていれば冷やしたりして抑えることで、早く健康な状態に戻りやすくなります。 しかし、休みなくトレーニングを続けていたり、筋力が弱い状態で強度の大きいことを行なっていると、身体は悲鳴をあげて痛みを感じるようになります。 なので、痛みを感じるようであれば、ランニングフォームが悪いのではないか? トレーニングのし過ぎ(時間・距離など)ではないか? 運動の強度(傾斜・不定地・足首への重りなど)が大きすぎていないか?などを考えていく必要があると思います。 」 サポーターは? 「サポーターは、膝関節の動きを抑える効果や温める効果があります。 関節の安定性が低下している場合やランニングはじめの時、膝まわりの動きが寒さでぎこちないと感じるようであれば、サポーターを使用してもらえれば良いかと思います。 サポーターで、根本的に痛みが取り除けるわけではないので、なぜ痛みが出るのか分からずサポーターをつけて我慢しながらランニングをしたりすることは、控えてもらい、リハビリで運動指導を受けてもらうことをおススメします。 」 ランニングで膝に水が溜まる 「ランニングで膝に水が溜まってしまう原因は、炎症(発赤・疼痛・腫脹・熱感)が起こり、それを抑えようとするために、水が溜まっていると思います。 なので、体内の水が集まることは、身体が異常な状態なので、ランニングを中止し、治療をする必要があると思います。 」 膝蓋骨亜脱臼、膝蓋腱炎、たな障害、膝蓋骨不安定症と診断された 「膝蓋骨(亜)脱臼は内側・外側とに分かれていて、 多くは膝を曲げたときに膝のお皿が大腿骨の外側に移動してしまう状態の「外側(亜)脱臼」、 非常にまれに起こる内側に移動する状態の「内側(亜)脱臼」があります。 また膝関節(亜)脱臼は、膝関節不安定症とも呼ばれ、10歳台の男女に頻度が高いです。 成長期であるため、大腿骨の成長が早く、筋肉の伸びが追い付けていないのも、10歳台に多いのかもしれません。 膝蓋腱炎は、膝を伸ばす運動を行いすぎて起こります。 運動時に膝の前面が痛みを感じ、膝のお皿の下の部分を押すことで、痛みを感じると思います。 たな障害は、 滑膜ひだと呼ばれる組織が、膝の屈伸のときに膝のお皿と大腿骨の内側顆という部分との間に挟まり、機械的な刺激を受けて大きく・厚くなります。 それによって、膝を曲げたときにその膝が損傷して、引っかかり感や膝のお皿の下付近に痛み、違和感を感じます。 原因は 膝関節(亜)脱臼は、 大腿前面の筋肉(大腿四頭筋)の異常、 大腿骨の顆部の形が正常でなかったり、 膝下の骨(脛骨)の正面に隆起している部分(粗面)の外方向への偏位、 全身の関節のゆるみ、 膝のお皿が高い位置である、外反膝(いわゆるX脚)などが、 原因となってきます。 膝蓋腱炎・たな障害は 膝関節の曲げ伸ばしが繰り返し行われることで、起こる病態です。 予防法は 膝関節(亜)脱臼は、運動時にテーピングや膝のお皿用のサポーターを使います。 また大腿の全面の筋(大腿四頭筋)や大腿の裏面(ハムストリングス)のストレッチを行ない、 筋肉の伸張性を高めてあげることも、障害の予防につながります。 これは、他の膝関節の障害の予防にもつながるので、 運動後や風呂上がりなどの筋肉が温まっている時に行うと良いかと思います。 参考文献:標準整形外科学 第11版 内田淳正(監修).

次の