南天 剪定 時期。 オタフクナンテンの剪定方法と剪定時期について

ナンテンとは

南天 剪定 時期

ナンテンは日当たりが良い場所、もしくは半日陰で育てます。 日当たりにしっかり当てることによって花付きも良くなります。 また、ナンテンは暑さ・寒さに強いです。 北海道以外であれば地植えでも冬越しは可能です。 とはいえ、ナンテンはやはり温かいところで育てう植物なので、やはり温かい地域の方が育てやすいといえます。 寒い地域で育てる際には冬は室内に取り込むのもいいでしょう。 南天 ナンテン の水やり ナンテンの鉢植えの場合には、土が乾いたら水を与えます。 地植えの場合には、やりは基本的に降雨だけで大丈夫です。 しかし、夏場はかなり乾燥することがあります。 もしも雨が振らない日が続いたら地植えの場合でも水やりしておきましょう。 南天 ナンテン の肥料 ナンテンは、肥料なしでも育つ丈夫な植物です。 しかし、しっかり実をつけさせたい場合には9月頃に緩効性肥料を与えると良いでしょう。 植え付け ナンテンの植え付け時期は、4月もしくは9月頃です。 苗を購入してきたら、一回り大きい鉢に植えましょう。 地植えする場合には、西日があまり当たらないところに植えます。 また、種を購入してきて育てることもできます。 種まきの時期は、4月頃です。 種をポットや鉢に撒いたら、水をかけて日陰で管理しましょう。 その後、発芽するまで土を乾燥させないようにします。 種で育てるのは時間がかかり、難しいですが、種でしか手に入りにくい品種もあります。 植え替え 2年に一回程度植え替えしましょう。 植え替えは根詰まり防止のためにも必要です。 根詰まりを起こすとしっかりと根が水を吸収できなくなります。 南天 ナンテン の増やし方 ナンテンは種まき、もしくは挿し木で増やします。 種まき 種まきの場合、植えてから開花までに4年以上かかります。 種は園芸店で購入するか熟した果実から取りましょう。 挿し木 一方、挿し木は3月頃に行います。 枝を15cm程度の長さに切って赤玉土などに植え付けましょう。 乾燥させないように水を適度に与えて管理します。 根が出てきたら鉢などに移します。 基本的には挿し木のほうが簡単で早く育つので、挿し木で育てると良いでしょう。 南天 ナンテン の実をうまくつける方法 ナンテンは、実の収穫を目的に育てる人も多いでしょう。 実をしっかり実らせるために、花にビニール袋をかぶせておくのもおすすめです。 これにより良い雨除けになり、実がつきやすくなります。 また、ナンテンは乾燥には弱いです。 土を乾燥させると実がつきにくくなるので気をつけてください。 ほかに肥料の与え過ぎも禁物です。 肥料を与え過ぎることで窒素分過多になって、実がつきにくくなることもあります。 種とりしないならば、実が付いたら早めに収穫することも大切です。 風によって落ちること、外気にさらされてダメになることもあります。 南天 ナンテン の剪定 ナンテンの剪定は、絶対に必要というわけではありません。 そこまで大きくならないので、まったく剪定しなくとも問題ないです。 とはいえ、剪定すると形が整うので、しておくと良いでしょう。 剪定する際には、育ちすぎた枝などを取り除いておきます。 葉なども適度に刈り取ります。 南天 ナンテン の種類 ナンテンには数々の種類があります。 オタフクナンテン 中でも人気なのは、オタフクナンテンです。 オタフクナンテンは園芸店でもかなり見つけやすい、実をつけない品種です。 樹高は高い個体でもせいぜい50cm程度。 寄せ植えなどにも向いています。 紅葉時に葉の色が黄色から赤へ変化するのが美しい品種です。 チモトナンテン 赤い実をつけます。 赤い実と緑の葉のコントラストが美しい品種です。 ササバナンテン 黄色い花を咲かせます。 尖った葉が特徴的です。 紅葉時期にも美しい品種。 オリヅルナンテン 葉がオリヅルのように曲がるのが特徴です。 葉は秋になると赤く高揚します。 見ていて楽しいナンテンです。 シロミナンテン 黄色の実をつけます。 葉は紅葉しないのも特徴です。 野生のナンテン ナンテンは四国や九州などの温かいところに自生しています。 ナンテンは山野の木の下などの日陰を好みます。 また、天然記念物である山口の「川上のユズおよびナンテン自生地」もあります。 ナンテン好きは行ってみるのも良いでしょう。 南天 ナンテン の選び方 ナンテンを選ぶときには、実の色に注目しましょう。 例えば、正月に利用したいならば、チモトナンテンなどのような赤い実のナンテンがおすすめです。 紅葉を楽しみたいならば、葉が紅葉する品種がおすすめです。 南天 ナンテン の実について.

次の

【南天の剪定】初心者でも簡単!手入れをして害虫や病気被害を防ぐ|伐採・草刈り(草取り)・草むしりなどお庭のことなら3000円~|お庭110番

南天 剪定 時期

赤い南天の花言葉は「良い家庭」「わたしの愛は増すばかり」、黄色い南天(白南天)の花言葉は「機知に富む」「深すぎる愛」などです。 南天(ナンテン)を剪定する方法や時期 南天(ナンテン)の剪定時期は2 月から4月に行ないます。 基本的には放任でも樹形はまとまるので、元気よく花が咲く程度に大きくなるまでは剪定しない方が良いです。 花芽は伸びた新梢の先に付くので、4月に花芽が付き始めてから剪定すると花を楽しめなくなります。 ある程度成長すれば株立になって混み合ってくるので、その段階になったら古い枝や枯れた枝を間引きつつ、高さを制限するように剪定します。 南天(ナンテン)の強剪定をする時期は? 南天の 強剪定は通常の剪定と同じく2月から3月頃に行います。 南天は強剪定をすると徒長枝ばかりが伸びてしまい花や実を付けなくなってしまいますが、強剪定で強く切り戻しをすることは問題ありません。 出来れば、強剪定で小さくして剪定するよりも、太くなったモノから地際で切って除去してしまい、若く背の低いモノを残すようにして更新するのがおすすめです。 種や挿し木などで苗レベルから植えた場合は、早くても3年は花も実もつかないのでのんびりと様子を見ましょう。 南天の植え付け時期は? 南天の植え付け時期は一般的には厳寒期を除く2月から3月、または10月から11月です。 庭植えであれば 水はけがよく水もちが良い日なたで、腐葉土や堆肥を多めにして植えましょう。 1日の半分くらいで日が当たるような半日陰でも育ちますが、日当りが悪いと花付きが悪くなります。 また、中が込みやすくなりますので、風通しが悪い場所だと害虫が付きやすいので注意しましょう。 2月頃に寒肥として緩効性の化成肥料や有機肥料を混ぜたものを施し、様子を見ながら9月初旬頃にもリン酸やカリを多めに含む肥料をすと良いですね。 生育状況によっては追肥は必要ありません。

次の

南天を剪定してあげよう!真っ赤で綺麗な実を楽しむための育て方|生活110番ニュース

南天 剪定 時期

南天の剪定で押さえておきたいポイント 南天の剪定で押さえておきたいポイントとして「剪定の時期」「剪定の形」の2つがあります。 具体的な選定方法に入る前に、まずはこのポイントについて押さえておきましょう。 剪定の時期 剪定時期を考えるにあたっては、まずは南天の1年を確認することが重要です。 南天は梅雨どき、5~6月の時期に花を咲かせます。 しかしすぐに実に変わるわけではなく、成熟するのは冬になってから。 つまり花の時期と実を楽しむ時期には差があります。 この夏から秋の時期に剪定をしてしまうとせっかくの実のなるところを落としてしまうそれが出てくるのです。 そのため剪定は花の咲く5~6月か、実のなる12~3月ごろが適しているといわれています。 とくに実の付いた枝を剪定した後も飾るなどして楽しめる冬の時期が、後ほど解説する事情とも相まって最適といえるでしょう。 剪定の形 南天をはじめとする低木は届く範囲に枝があり、ついつい大きく手を加えてしまいがちです。 しかし低木だからこそ、自然に仕上げることを大切にしましょう。 とくに枝の形には意識を向けてみてください。 たとえば根元から伸びる枝の数。 ついつい見た目を整えやすい左右対称にしてしまいがちですが、実際は日当たりなどで成長度合いに違いがあるはずです。 左右同じだけ伸ばすのではなく少し寄せる意識を持つなど、違和感のない形に仕上げたいもの。 また南天は生長が早い木です。 そのため「少し先の姿」を意識において剪定していくことも大切です。 思ったよりも伸びすぎたら、軽く手を入れて形を整えていくのもよいでしょう。 南天の剪定方法 では南天の剪定方法を、より具体的に見ていきます。 基本は枝の根元から 植物は切り口を作ると、そこから新しい枝がさまざまな方向に向かって生えてきやすい傾向にあります。 南天も例外ではなく、枝を途中で切るとそこから分かれてしまい、見た目が悪くなってしまうのです。 南天はそれほど太い枝ではありません。 ほとんどは剪定ばさみでも切れる範囲なので、枝の分かれ目となる部分で切り落とすようにしましょう。 茂りすぎているなら株の根元から切ってしまう 南天は一か所の根元から複数の幹が枝分かれしています。 その幹同士が込み合ってしまい、葉が多いと感じるようであれば幹のひとつを切ってしまうのも選択でしょう。 その場合も枝と同じく、根元から切り落としてください。 枯れてしまった部分は取る! 日当たりなどの状況で葉が変色してしまった部分に関しては、優先的に取り除くようにしましょう。 病気や害虫がつく原因になります。 実の付いた枝は切るべき? 南天において気になるのが「実の付いた枝は切っていいのか」という点です。 もし特定の枝へ花や実が付くのであれば、その実を切ってしまうと数年は南天の実の姿を見られないのではないか、そう思う気持ちはわからないでもありません。 しかし実の付いた枝は切ってしまっても構わないのです。 むしろ「切るべき」といってもいいでしょう。 同じ枝に2年連続実はならない 南天は毎年異なるところに実をつけます。 これは花芽(つぼみ)ができるのが「前年の花が終わった直後」の時期であるため。 よって最短でも翌年、通常3年ほどは同じ枝に実をつけないといわれているのです。 一方で実を付けない枝が増えすぎるとそちらに栄養が集中してしまい、花や実を付けなくなってしまうというおそれも出てきます。 そのためむしろ実がなった枝はその後、落としてしまうことが推奨されています。 実のあるうちに枝ごと切り取り、花瓶などを使って玄関に飾るといいかもしれません。 南天をよりよく管理するために 南天は比較的強い木ですが、管理を怠ると枯れてしまったり、十分にその魅力を味わえないおそれも出てきます。 一度次のポイントも確認してみてください。 肥料を与えすぎない より多くの実がなるよう、肥料をたくさん与えようとしている方もいるかもしれません。 しかし南天はもともと養分が少ない土でも育つ植物。 土の養分が多いと南天はその場で定着すること、つまり枝を伸ばすことを優先させます。 そのために実をつけないどころか木の丈だけが高くなってしまい、「せっかく手間をかけたのに……」となるかもしれないのです。 もちろん植物の健康のために多少の肥料を与えることは問題ありませんが、与えすぎないよう気を付けてください。 病気について 比較的元気に育ちやすい南天ですが、いくつか病気もあり注意して観察してください。 【モザイク病】 植物の多くがかかるといわれる病気です。 葉や茎などに濃淡が生まれて植物全体に広がり、最終的には枯れてしまうこともあるといわれています。 庭木ではアブラムシによる媒介が多いため、この寄生を防ぐことがポイントとなってくるでしょう。 【すす病】 南天にはカイガラムシという害虫がつきやすいです。 この害虫の排せつ物などが栄養源となってすす病菌が繁殖し、葉の表面が真っ黒になることがあります。 【葉枯病】 葉が黄色に、そして褐色へと変化し最後には枯れてしまう病気です。 寄生菌による病気ですが栄養の与えすぎなどでも発症のおそれが高まるといわれており、注意が必要でしょう。 いずれの病気も剪定で風や日光の通りをよくすることで、ある程度防ぐことができます。 放置せず、定期的に南天の剪定をおこなってあげてください。 また病気拡大を防ぐため、病気になった枝は切ってしまうことも必要になってきます。 グランドカバーにも?南天の園芸品種や南天に似た植物 最後に少し変わった南天の品種や、南天に似た植物について見てみましょう。 グランドカバーになるオタフクナンテン(お多福南天) 糸のように細長い葉を持つ品種で、とくに盆栽や鉢植えとして育てるのには人気のある園芸品種です。 南天に似た赤い実をつける植物 南天に似た赤い実をつける植物もいくつかあります。 代表的な例をご紹介しましょう。 【イイギリ(飯桐)】 ナンテンギリとも呼ばれるように、南天に近い赤い実を付けます。 南天の実は人体にとって有毒な成分が含まれておりそのままでは食べられないです。 しかし、このイイギリの場合は無毒で食べることができますが、苦みが強いためおすすめしません。 【ナナカマド(七竈)】 別名はヤマナンテン。 落葉樹で、北海道から九州にかけて涼しい山地を中心に自生しています。 寒さに強く、北海道や東北では街路樹として植えられていることも多い樹種。 実は秋になりますが、氷点下で分解されるまでは毒が残ります。 まとめ 南天は厄よけの意味合いもあり私たちにとって身近な庭木ですが、剪定などで手入れをしないと思うように実を付けてくれないことも少なくありません。 また「前年実をつけた枝には花や実は付かない」という性質も参考に、長く確実に楽しめるよう手入れをしましょう。 ただし南天も生長すれば5mほどになります。 そのため放置してしまうと自分では作業が難しくなることもあるでしょう。 自然な樹形に近づけるためにも剪定のプロに依頼し、木に余計な負担をかけず南天の剪定をおこないたいですね。 剪定を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2019年2月18日に加筆・修正しています).

次の