麒麟 が くる 1 話。 麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧

麒麟がくる第1話 感想あらすじ「光秀、西へ」【麒麟がきた】

麒麟 が くる 1 話

Contents• 麒麟がくる【第1話】ネタバレとあらすじ 【第一回あらすじ更新】 1月19日(日)「光秀、西へ」 [総合] 午後8時 [BSP] 午後5時30分(初回のみ) [BS4K] 午前9時 いよいよ来週!初回は75分放送! また、HPでは「あらすじ」と共に、よりドラマを楽しんで頂くための『トリセツ』を毎週更新していきます。 馬に乗った野盗が徒党をくんでやってきた。 迎え撃つ準備をして、身をひそめる。 もみ殻に火を放ち、米俵を持ち出そうとする輩を、やっと追い払ったと思った時、野盗の頭領が鉄砲を撃ち放った。 玉は十兵衛(明智光秀)のほほをかすめ、仲間の肩に当たった。 野盗は去ったが、捕まって連れてこられた 菊丸が「堺でしか手に入らない」と言った。 十兵衛は、その鉄砲が気になって仕方ない。 美濃を出て、その鉄砲というものを売っている堺に行ってみたい。 叔父(明智光安)に言っても相手にしてくれないので、稲葉山城の門前で城主の斉藤利政(道三)を待っていると、利政の息子の高政に会い、運よく城の中に入れてもらうことができた。 そして、斉藤利政の前で、いかに鉄砲がすごかったか、美濃を出て見分を広めるために、旅に出る許可が欲しいと頼むのだった。 しかし、利政は「自分の得にならないことはしないことにしている」と相手にしてくれなかった。 そこで十兵衛は、利政の正室が病に伏せっているならば、京から名医を連れて来ると約束して、許可をもらい、旅の資金も手にいれることができた。 商人の町 十兵衛が、美濃を出て、ようやく堺に到着すると、見たことのないくらい多くの人で賑わい、見たことのないような品物がたくさんある堺の町に圧倒される。 目的の店にたどり着くと、十兵衛は鉄砲が欲しいと店の者に言うが、2、3か月待ってもらわないと買えないと言われてしまう。 そこに三淵東英という役人が、鉄砲を試し打ちするので、見ていかないかと十兵衛を店の裏に連れていく。 鉄砲が的に当たると、的の板も完全に割れ落ち、すごい威力。 だが、三淵は、矢の方が使い勝手が良いと言った。 鉄砲は、何回も続けて打つことができないのだという。 そこに松永久秀が突然現れて、店主は鉄砲を自分用に蓄えているから、もらってやると言ってくる。 松永は、美濃の斉藤氏が好きだと言ったが、飲みすぎた十兵衛はつい斎藤利政を悪くいってしまう。 (お金出してくれたのにね) 酔いつぶれて、朝目覚めると、懐の金がなくなっていて焦るが、代わりに鉄砲が置いてあった。 こうして鉄砲を手に入れた十兵衛は、次の目的地、京に向かうのだった。 京の都の名医 十兵衛が京に着くと、京は度重なる戦や内乱で荒れ果て、貧しい者の巣窟になっていた。 望月東庵のうちに行くと、診療所の手伝いをしている駒という娘に出会う。 十兵衛は、百かん出すので美濃に来てほしいと東庵に頼むが、美濃には行かないし、自分は名医でもないと。 東庵が、大名や公家の脈をとることをやめた事情に十兵衛は納得して、帰ろうとしたとき、近くの家が放火され火の手があがっていた。 家は火に包まれていたが「うちの娘が火の中にいるんです」と泣いている母親。 十兵衛は、水をかぶり火の中に飛び込んでいった。 その小さな娘はうめと言い、倒れた柱に足をはさまれていた。 十兵衛はいっしょに家に入った娘の父親をともに、柱をどけて、うめを火の中から助け出すことができた。 そして丸太に座って休んでいると、駒が近ずいて来て話し始めた。 「私も三つのときに、戦の火事で親といっしょに死ぬところを助けられたんです。 まだ何もわからなくて、でも助けてくれた人の大きな手だけは覚えています」 「私はこわくて泣いていたら、その大きな手の人は「いつか戦は終わる。 戦のない世の中を作れる人が出てくる。 その人は麒麟を連れてくる。 麒麟というのは、おだやかな国にだけやってくる不思議ないきものだよ。 だからもう少しの辛抱だよ」と言ってくれたんです」 「大きな手の人は、私が泣き止むまであやしてくれて、引き取り手が現れたら行ってしまった。 りっぱなお武家様だったそうです」 「明智さまも、うめちゃんを助けた大きな手の人ですね」とにっこり駒は笑った。 東庵は、家も焼けてしまい、直すお金もないので美濃に行くと言ってくれた。 だがその頃、美濃では、戦に向かう不穏な空気が流れていた。 そして、 最後の駒との「麒麟を呼べる人」の話が、すごくよかった。 でもこの時にいろいろ見て回ったけど、 麒麟はどこにもいなかったと言っているのです。 だから、 何かを変えないとと。 十兵衛にとって、世間を見て回ったこの旅はきっと、これからの道筋を決める礎になっていったんだろうな?と思いました。 それから、駒を火事から救い出してくれた人はだれなんでしょうか? 気になります。 そんな感動的な話をしてくれるなんて、きっとただ者じゃないはず。 【麒麟がくる】はレンタル作品ですが、 無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!.

次の

【麒麟がくる】1話あらすじ(ネタバレ)(1/19)十兵衛初めて鉄砲に出会う

麒麟 が くる 1 話

2020年大河ドラマ『 麒麟がくる』第1話『 光秀、西へ 』放送終了後の感想です! Twitterで面白いなと思ったツイートも交えながら、好き勝手に感想を言いまくります。。。 なんやらかんやらとドタバタと、お薬騒動やらなんやらしてたから仕方ないんやろーけどね。 麒麟じゃなくてゴジラが来る感ハンパない。 — tunei harukou7 昭和の香り満載の曲と画像。。。 でもこのオープニング曲を担当したのが、アメリカ人のジョン・グラムさん。 アメリカ人が考えたんや・・と思いながら見ておりました。。 ジョン・グラムさんって、軍師官兵衛のファンで、大河ドラマも結構見ていたらしいから、大河らしい雰囲気で考えはったんやろね。 てか、オープニング曲の画面見てたら、上のツイートじゃないけど、ホンマ、ゴジラやエヴァ感出てたわ。 なかなか興味深げなオープニングやな。。。 しかし今回のツイートで、多かったんが、『 衣装』についての事! 衣装がカラフルな感じで、印象深かった。 ってなツイートが多かった。。 (ん?ちょっとダジャレ??) カラフルで、なんかおかしいやん!的なツイートじゃなく、鮮やかで工夫されてて素敵!てな意見多数! 確かにこの長谷川博己さんの着てる着物の緑が鮮やかな事。。。 (関係ないやろけど。。 ) 本木雅弘さん演じる斎藤道三の根性悪さアピールも、なんかムカつく感じで、なかなか良かった。 それに対して『 くーっ!』って感じになる長谷川博己さんが、ええ感じよ。 (コレコレて言うてますけど、画像なし) いや~・・・でも、谷原章介さんの含み笑いの顔! この表情やらせたら右に出るもんおらんで!(いや、おるか・・) で、その含み笑い男を嫌ってる松永久秀。 松永久秀役の吉田鋼太郎さんも、なんかおもろい感じやわー。 しかし、この『 麒麟がくる』の長谷川博己さん。。。 てか実際、中部2府11県でキリン一番搾りのラベルが『 麒麟がくるバージョン』のものが限定発売されるらしいしね! ・・・と、話が横道に逸れてしもうたばってん。 おいどんは・・・と、これは一昨年や! えーと。。。 そうそう!キリンキリン! (カタカナで書くと、ビールか動物園しか浮かばんなー) と、まぁそんな事はさておき・・・ 『 麒麟がくる』というタイトルの意味って、1話で伝えておきますがな。 って回やったんかな。 今回・・・ 誰かが麒麟を連れて来なければ・・・ そして『 麒麟』とは誰の事なのか・・・? てな話なのね。。。 てか、急に・・ 『 どこにも 麒麟はいない!』て、めちゃくちゃはっきり言うてはったから、びっくり。。。 そこは信じましょ。。。 あと、刀鍛冶屋の宗次郎と松永久秀ご対面した時、どっちがどっちか解らんくなったぞ! オラ!(ガラ悪くしてみました。。。 ) 吉田鋼太郎に大塚明夫とかイケボすぎてヤバイ — わんわん丸 hanamaron 私は、あんまりこのお二方に詳しくないもんで、『 むむむっ・・・!』っと、このシーンが釘付けになってしまったわさ・・今回。 今回のドラマの癒し系は誰なんやろ。。 と期待に胸膨らます大河山武士子でした。。。 (武士子て・・・💧) スポンサーリンク•

次の

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧

麒麟 が くる 1 話

Contents• 麒麟がくる【第1話】ネタバレとあらすじ 【第一回あらすじ更新】 1月19日(日)「光秀、西へ」 [総合] 午後8時 [BSP] 午後5時30分(初回のみ) [BS4K] 午前9時 いよいよ来週!初回は75分放送! また、HPでは「あらすじ」と共に、よりドラマを楽しんで頂くための『トリセツ』を毎週更新していきます。 馬に乗った野盗が徒党をくんでやってきた。 迎え撃つ準備をして、身をひそめる。 もみ殻に火を放ち、米俵を持ち出そうとする輩を、やっと追い払ったと思った時、野盗の頭領が鉄砲を撃ち放った。 玉は十兵衛(明智光秀)のほほをかすめ、仲間の肩に当たった。 野盗は去ったが、捕まって連れてこられた 菊丸が「堺でしか手に入らない」と言った。 十兵衛は、その鉄砲が気になって仕方ない。 美濃を出て、その鉄砲というものを売っている堺に行ってみたい。 叔父(明智光安)に言っても相手にしてくれないので、稲葉山城の門前で城主の斉藤利政(道三)を待っていると、利政の息子の高政に会い、運よく城の中に入れてもらうことができた。 そして、斉藤利政の前で、いかに鉄砲がすごかったか、美濃を出て見分を広めるために、旅に出る許可が欲しいと頼むのだった。 しかし、利政は「自分の得にならないことはしないことにしている」と相手にしてくれなかった。 そこで十兵衛は、利政の正室が病に伏せっているならば、京から名医を連れて来ると約束して、許可をもらい、旅の資金も手にいれることができた。 商人の町 十兵衛が、美濃を出て、ようやく堺に到着すると、見たことのないくらい多くの人で賑わい、見たことのないような品物がたくさんある堺の町に圧倒される。 目的の店にたどり着くと、十兵衛は鉄砲が欲しいと店の者に言うが、2、3か月待ってもらわないと買えないと言われてしまう。 そこに三淵東英という役人が、鉄砲を試し打ちするので、見ていかないかと十兵衛を店の裏に連れていく。 鉄砲が的に当たると、的の板も完全に割れ落ち、すごい威力。 だが、三淵は、矢の方が使い勝手が良いと言った。 鉄砲は、何回も続けて打つことができないのだという。 そこに松永久秀が突然現れて、店主は鉄砲を自分用に蓄えているから、もらってやると言ってくる。 松永は、美濃の斉藤氏が好きだと言ったが、飲みすぎた十兵衛はつい斎藤利政を悪くいってしまう。 (お金出してくれたのにね) 酔いつぶれて、朝目覚めると、懐の金がなくなっていて焦るが、代わりに鉄砲が置いてあった。 こうして鉄砲を手に入れた十兵衛は、次の目的地、京に向かうのだった。 京の都の名医 十兵衛が京に着くと、京は度重なる戦や内乱で荒れ果て、貧しい者の巣窟になっていた。 望月東庵のうちに行くと、診療所の手伝いをしている駒という娘に出会う。 十兵衛は、百かん出すので美濃に来てほしいと東庵に頼むが、美濃には行かないし、自分は名医でもないと。 東庵が、大名や公家の脈をとることをやめた事情に十兵衛は納得して、帰ろうとしたとき、近くの家が放火され火の手があがっていた。 家は火に包まれていたが「うちの娘が火の中にいるんです」と泣いている母親。 十兵衛は、水をかぶり火の中に飛び込んでいった。 その小さな娘はうめと言い、倒れた柱に足をはさまれていた。 十兵衛はいっしょに家に入った娘の父親をともに、柱をどけて、うめを火の中から助け出すことができた。 そして丸太に座って休んでいると、駒が近ずいて来て話し始めた。 「私も三つのときに、戦の火事で親といっしょに死ぬところを助けられたんです。 まだ何もわからなくて、でも助けてくれた人の大きな手だけは覚えています」 「私はこわくて泣いていたら、その大きな手の人は「いつか戦は終わる。 戦のない世の中を作れる人が出てくる。 その人は麒麟を連れてくる。 麒麟というのは、おだやかな国にだけやってくる不思議ないきものだよ。 だからもう少しの辛抱だよ」と言ってくれたんです」 「大きな手の人は、私が泣き止むまであやしてくれて、引き取り手が現れたら行ってしまった。 りっぱなお武家様だったそうです」 「明智さまも、うめちゃんを助けた大きな手の人ですね」とにっこり駒は笑った。 東庵は、家も焼けてしまい、直すお金もないので美濃に行くと言ってくれた。 だがその頃、美濃では、戦に向かう不穏な空気が流れていた。 そして、 最後の駒との「麒麟を呼べる人」の話が、すごくよかった。 でもこの時にいろいろ見て回ったけど、 麒麟はどこにもいなかったと言っているのです。 だから、 何かを変えないとと。 十兵衛にとって、世間を見て回ったこの旅はきっと、これからの道筋を決める礎になっていったんだろうな?と思いました。 それから、駒を火事から救い出してくれた人はだれなんでしょうか? 気になります。 そんな感動的な話をしてくれるなんて、きっとただ者じゃないはず。 【麒麟がくる】はレンタル作品ですが、 無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!.

次の