かわせみ 河原 キャンプ。 かわせみ河原キャンプ&バーベキュー場の下見調査と周辺施設

【穴場】飯能河原でキャンプ、焚き火の下見に行ってきた!駐車場、アクセスをチェック!

かわせみ 河原 キャンプ

スズ「またキャンプですよ、さっさとシェルを張るですよ。 ボクは退屈ですよ」 ちょいと小雨がちらつく中、急いで設営。 なかなか慣れてきたので設営もなかなか早く済んだです。 ここの河原は風が強く吹いて、タープが壊れた人もいるとネットで見ていたので、 今回は全部のペグダウン。 追加購入したソリッドステークを全部投入。 なかなかピチピチに張れました。 その後、kenboさんがソロキャンプを目指して購入した、 SPのソロテントを初張り。 練習なのでモチロン手伝ってあげない(笑) だけど、テントは軽いは、風があるわで、なかなかグランドシートさえひけない(笑) 設営の説明書も無いに等しいから、kenboさんアワアワ。 っていっても説明書があってもアワアワなんですけどね、kenbo氏(笑) そんでもやっと張り終わって大満足。 ソロ用なんだけど、すんごいラブラブカポーなら、二人でも寝れるかも。 なので我が家はム〜リ〜(爆) そんな設営の途中にバズ家も到着。 バズ「兄ぃ、遅くなったデシ!でも兄ぃのうちの忘れ物を買いだししてたからデシよ!」 ちょうど雨も収まってきたところでバズ家も設営開始。 待ってるバズ君がとってもカワイく撮れたので、載せてみた。 意味は無し(笑) スズマルさんの画像はどれもブチャイクでちた・・・orz ココは改めて言いますが、キャンプ場じゃありません。 なので環境美化協力費(?)300円を払うだけ。 そのかわり設備もその程度。 トイレは水洗で、紙もあるんだけど、水はこの水道一本。 上は飲み水用の上向き水道なので、実質一本だけ。 おまけに河原からは道を一本隔てていて、しかもけっこう遠い。 水は汲んでおいた方がいいかも。 お風呂はモチロンありませんが、トイレの隣の老人センターのお風呂が使えます。 圏外(寄居周辺という意味ね)のひとは500円で入れるのです。 時間は10:30〜16:00と短いし、温泉じゃあないけど、綺麗で広い。 ってなんで風呂のことを知ったかは、この後で(笑) とりあえず設営が済んだので昼ご飯タイム。 出てきたのはなんとフレンチのさくらちゃん。 ブリンドルで、ちょっとチョコちゃん似のお嬢さん。 スズマルさんより5日お姉さんの同い年。 どこでキャンプしようか考えてたところで本日は かわせみ河原に決定したようです。 ナカ〜マ。 ニンゲンがまったりするのに付き合って、スズマルさんとバズ君もお休みタイム。 バズ君がemizoさんに乗ってきたのでそのままお休みさせてると スズマルさんが寂しそうに。 なので、スズマルさんも上に乗せたら、そのまま二ブヒはお休みに。 重いっての。 のんびりしているところに、実は事件が! 急に雨がドシャ〜っとバケツをひっくり返したように降り出したのですよ。 おまけにリビシェルが揺らぐほどの強風が! 「こりゃやばい、リビシェルの入り口を閉じろ〜!」 とファスナーを閉めようとしたら、頭にガ〜ンと何かがあたった! 外でさくらちゃんちのパパさんの声が! 「タープがとばされちゃうよ!」 なんと昼食を作ってたキッチン代わりのタープが強風吹っ飛んでるではないですか! それがどうも頭に当たった模様(笑)別にケガはなかったですけどね。 あまりの風の強さでタープも思うようにたためない。 雨は横殴りで視界も悪い。 もう大騒ぎさ。 そんな中でバズ家のテントも一部潰れて更に一騒動。 一応、さくら家に手伝ってもらってタープをたたみ、 テントの中を吹いて、濡れたいろいろな道具をしまったところで雨風も収まってきました。 だけど、みんな全身ビチョヌレ。 (kenboさんはシェルの中でブヒのこもりだったので無傷。 オイオイ) この夕立ですっかり気温が下がってビチョヌレの3人は寒さでブルブルガクガク。 そんなわけで、閉まる直前のお風呂に入りにいったのですよ。 ホントお風呂万歳でした。 こんなに風呂っていいものだったのね、って(笑) そうそう、河原に張ってたテントの中には数百メートル飛ばされてたテントも有り。 「あんなところにテントあったっけ?」 と思ってたテントがあったんだけど、 雨が上がったら持ち主がテントを拾いに来てました(笑) 大きなてんとだったんだけど、偶然どこにも当たらず200mくらいの距離を 転がってった模様。 ペグダウンはきっちりとしないとあきまへんね。 なので、この後の写真が激減してしまうんですが、 夕食には肉を焼いたり、エビを焼いたり、 さくら家から、コーラ煮や煮卵をおすそわけ頂いたりと オナカは大満足。 本当は串揚げをしようと思ってたんだけど、 kenboさんが大量に焼いた肉のお陰でみんな満腹。 串揚げは次回に持ち越しです。 更にもう一組のキャンカーのご夫妻を交えて、焚き火大会。 いつものキャンプより随分と夜更かししたのです。 で、スズ家とバズ家は翌日のBBQへとイベントを持ち越しです。 その模様は・・・・・つづく。 頭、大丈夫?(笑 ぶっ飛んでいった先が川の上だったら、そのまま流されてドンブラコになるところだったのねー。 無事に回収できてよかったなり。 それにしても、うまそーな料理の数々。 やっぱキャンプのときは、キャンプのために前もって食材を揃えとけっつー話ですわな(汗 雨風強いときは、揚げ物は怖いし、他の食い物が沢山あってよかったよね。 シェル閉め切って中で揚げ物やったら、油の匂いが染み付いて後で大変なことになるっちゃ〜。 ところで川の水って、綺麗だったすか? 河原のキャンプだったら、カヌーやカヤックも出せるんぢゃないかなーと、ちょっと羨ましかったっすよ。 我が家からは遠くて、そう簡単には行けそうにないんだけども…。

次の

【関東】川・河原でバーベキュー12選!手ぶらBBQできる場所は初心者にもおすすめ

かわせみ 河原 キャンプ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、閉鎖しておりましたかわせみ河原ですが、6月27日(土)から利用を再開いたします。 再開にあたり、感染予防ため河原の利用制限を行う場合もございますのでご了承ください。 ご不便をおかけいたしますが、ご協力よろしくお願いいたします。 バードウォッチングをすれば、名前の由来である「カワセミ」に出会えることもあります。 河川敷上には埼玉県立川の博物館もあり、夏休みには小さなお子様連れの家族で賑わいます。 また、炭や飲み物を冷やす氷なども売店にて販売しております。 バーベキューを楽しむ方々にも、より便利に利用していただけます。 詳しい状況などを知りたい方は、観光協会までお問合せください。 秩父山地に大雨が降ると、短時間でかわせみ河原まで到達します。 気を付けましょう。 尚、上流の玉淀ダムが放水する際はサイレンを鳴らし河原にいる人達に避難を呼びかけることになっています。 サイレンが鳴ったら避難するようお願いします。 皆様が河原を気持ちよく利用できますよう、 リードを付けて散歩させ、糞尿の処理は適切に行ってください。 ご協力お願いします。 かわせみ河原の特徴と基本情報 バーベキューやカヌーなどが楽しめる人気のスポットです。 広々とした河川敷は車の乗り入れが可能ですので、キャンピングカーやテントを張ってキャンプを楽しむ家族やグループも多く訪れます。 近隣の埼玉県立川の博物館で荒川を学び、かわせみ河原で本物の川を体験することが出来るので、夏休みには多くの家族連れで賑わいます。 ご利用の皆様のおかげでごみの分別も年々良くなり、係一同、大変喜んでおります。 川と緑の再生に向けて、今後共ご協力の程よろしくお願いいたします。 駐車場 あり。 河原へ車の乗り入れも可能。 キャンプ&バーベキュー 道具の販売およびレンタルはなし。 トイレ あり(すべてウォシュレット)。 BBQなど火を取り扱う際には、コンロやグリルなど専用の道具をご利用下さい。 河原に進入する際には、注意して進入下さい。 皆様が河原を気持ちよく利用できますよう、リードを付けて散歩させ、糞尿の処理は適切に行ってください。 ご協力お願いします。 尚、引き抜く際は、周囲に十分注意して抜くようお願いいたします。 当所では、一切責任を負いませんので、十分ご注意ください。 迷惑防止にご協力お願いいたします。 2016年12月のかわせみ河原の様子を空撮していただきました。 かわせみ河原とは寄居町内を流れる荒川の河川敷の俗称です。 広々とした河川敷は車の乗り入れが可能です。 キャンピングカーやテントを張ってキャンプを楽しむ家族やグループも多く訪れます。 シーズンにはキャンプを楽しむ人々で、河原が賑わいます。 車の乗り入れが可能なので、キャンプをお手軽に楽しめます。 昨年の台風の影響で河原の状況が変わり、玉石が多くなっております。 (2016年3月現在)• 家族連れやグループの方々にご利用いただいています。 カヌーなどを行う方々にも人気のスポットです。 水上のカヌーからは普段と違った景色を楽しむことができます。 冬になると、白鳥が訪れることもあります。 河原には桜の木が多く植えられています。 上流の玉淀ダムが放水する際はサイレンを鳴らし河原にいる人達に避難を呼びかけることになっています。 サイレンが鳴ったら避難するようお願いします。 (重要)荒川の増水や水難事故にご注意ください。 かわせみ河原は、季節により水の流れや水量は変わります。 また、上流の秩父山地に大雨が降った場合、短時間でかわせみ河原まで増水した川の水が到達し水量も大きく変わります。 尚、上流の玉淀ダムが放水する際はサイレンを鳴らし河原にいる人達に避難を呼びかけることになっていますので サイレンが鳴ったら速やかに避難するようお願いします。 水量や増水などの詳しい状況などを知りたい方は、観光協会までお問合せください。 ご参考までに、平常時と増水時のかわせみ河原の様子をご紹介いたします。 その為、水の事故に注意が必要となりますので、基本ルールをしっかり守って楽しみましょう。

次の

(閉鎖中)かわせみ河原のキャンプレポート!

かわせみ 河原 キャンプ

かわせみ河原 かわせみ河原は、寄居町内を流れる荒川の河川敷の俗称。 釣り、カヌ-、キャンプ、バ-ベキュ-とアウトドアを楽しむ家族やグループに人気のスポットです。 バードウォッチングをすれば名前の由来である「カワセミ」に出会えることもあります。 河川敷上には埼玉県立川の博物館もあり、夏休みには小さなお子様連れの家族で賑わいます。 また、炭や飲み物を冷やす氷なども売店にて販売しております。 バーベキューを楽しむ方々にも、より便利に利用していただけます。 バーベキュー可能エリアはフリースペースとなりますので、マナーを守り楽しみましょう。 ご利用時間は9:00~16:00までとなっており、直接車で河原まで入ることができます。 バーベキュー用器材のレンタルや食材の販売は行って無いので、事前に準備しておきましょう。 設備は水洗トイレ、水道があります。 真夏には日陰が無いのでタープテントが必需品となります。 川での水遊びは十分気をつけてください。 又、川で器材や食器類を洗うのは決して行わないでください。 自然環境を守るのは最低限のマナーです。 情報は変わる事がありますので、詳しくは各公園へ直接お問合せください。 公園名 かわせみ河原 住所 埼玉県寄居町大字保田原321 区画予約電話番号 受付時間 予約 不要 ご利用時間 利用自由 定休日 通年営業 BBQ広場 道具の販売およびレンタルはなし。 河原へ車の乗り入れも可能。 html その他 MAP.

次の