成田空港駅 構内図。 JR成田駅構内図、改札、出口案内

駅情報

成田空港駅 構内図

5 合計3. 5 解説 成田国際空港 成田空港 へのアクセス駅の1つで、成田空港第1ターミナルに直結している駅です。 京成線の隣にJRのホームや改札口もありますが、一度改札口を出ないと入れないので当サイトでは別の駅としています。 1日の乗降客数が2万人強で、成田空港と言う場所柄、一部の時間帯に混雑が集中する事はないので終始トイレは空いています。 個室トイレは和式トイレが2つ、洋式トイレが1つに入口付近に男女共用の多目的トイレが1つです。 外国人の利用客が多い駅ですが、和式トイレが洋式トイレより多い意外な駅です。 観光立国を進める日本の玄関口としてはどうかと思う人もいると思いますが、混雑することはありません。 トイレ自体は若干古めできれいさにやや欠ける気がしますが、気になる人は成田空港のきれいなトイレがオススメです。 空港のトイレはきれいでウォシュレット完備されています。 場所 構内図 1階入口改札向かって 成田空港に向かって 右側です。 案内図 ワンポイント 空港にきれいなトイレが沢山あります。 敢えて駅のトイレを使う必要はないと思います。 ゴールデンウィーク等の混雑時や駅改札口でテロ対策のセキュリティチェックがある場合で空港に入るのに時間がかかる場合のみ利用すると良いかもしれません。 駅から一番近い空港のトイレ ローソンの奥 まで徒歩1分程度です。

次の

駅情報

成田空港駅 構内図

概要 [ ] (成田空港)へのアクセス駅の一つで、成田空港第1ターミナルに直結している。 JR東日本はで、を管理する。 京成電鉄はの被管理駅である。 第2ターミナルおよび第3ターミナルへは無料連絡バスが運行されている。 当駅には、JR東日本の(空港支線)と、京成電鉄のならびにが乗り入れており、いずれも当駅が終点となっている。 ただし、JR・京成とも線路を保有しないであり、を保有しているはである。 JR東日本成田線空港支線の駅番号は JO 37、京成本線・成田空港線(成田スカイアクセス線)のはいずれも KS42である。 開業当初の英語表記は Narita Airport であり、一部の案内や路線図で Narita Airport Terminal 1 が使われていたが、の第3ターミナル開業以降はごく一部を除いて Narita Airport Terminal 1 に統一されている。 同様に当駅の・での駅名表記についても、第1ターミナルを表す語句が含まれている。 歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年12月) 現在の - - 空港第2ビル駅 - 成田空港駅間は、空港建設決定時に京成電鉄の空港新線として計画された区間である。 京成電鉄では、現在の空港第2ビル駅と当駅の位置に、当初から「第2ターミナル駅」と「第1ターミナル駅」(いずれも仮称)の建設を計画し、に空港新線の免許を取得している。 しかし、は成田空港への鉄道アクセス手段としてを計画していたため、が京成の旅客ターミナル直下への乗り入れに難色を示し、翌に京成成田駅から5. 2キロメートル(km)地点までの施工が認可されたものの、旅客ターミナル直下までの施工認可は保留された。 その後、最終的に空港公団は京成の乗り入れを認めず、やむなく旅客ターミナルから約1キロメートル(km)離れた場所に(初代)成田空港駅を建設することとなり、に(初代)成田空港駅までの施工が認可された。 しかし、成田新幹線は沿線の反対運動などにより工事が進まず、に計画を断念。 第1・第2旅客ターミナル直下に建設されていた新幹線用の路線および駅は在来線用に転用され、JR東日本および京成電鉄の駅としてに2代目となる現在の成田空港駅(当駅)が、翌に空港第2ビル駅が開業した。 前出の(初代)成田空港駅は、と改称し、として営業を継続している。 年表 [ ]• (3年):開業。 (平成12年):に選定される。 選定理由は、「世界の空の玄関口として、内外の多くの人々に利用される国際空港ターミナル駅」。 (平成13年):JR東日本で「」の利用が可能となる。 (平成19年):京成電鉄でICカード「」の利用が可能となる。 (平成22年):成田空港線(成田スカイアクセス線)が開業し、当駅の京成本線コンコースに中間改札が設置される。 (平成23年):()発生。 京成本線経由の「シティライナー」の当駅への乗り入れはこの日を最後に休止(のちに正式に乗り入れ廃止)。 以降、当駅に乗り入れる京成本線経由の有料列車は「モーニングライナー」と「イブニングライナー」のみとなる。 (2年)• :JR東日本での使用を開始。 :京成電鉄の3・5番線での使用を開始(予定)。 未定:京成電鉄の1・2・4番線でホームドアの使用を開始(予定)。 駅構造 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年12月) 成田空港第1ターミナルの地下1階にあるである。 駅改札外のJRコンコースには、の引き換えや訪日外国人向けの旅行サービスを提供するJR東日本訪日旅行センターが設置されている(運営はの)。 このほかなどの飲食店、売店などが立地する。 JRは1面2線、京成はから成田スカイアクセス開業時に改造し、島式ホームと単式ホーム2面3線(うち島式ホームはのりばを4つに分けてある)を有する。 内での両線ホーム間の行き来はできない。 また、出口改札は前述の検問所に直結しているため、検問所を通過しないと再入場や両社間の乗り換えはできない。 セキュリティエリア [ ] 「」も参照 空港建設時の経緯から、改札を出た所に「セキュリティエリア」と呼ばれる空港の所があり、ここでは若しくはの提示を求められるとともに手荷物検査(実際に荷物を開ける)が行われていた。 そのため、当駅の開業時には主要駅に(当時)名で、その旨と空港に用のない人は他の駅を使うよう求める旨が書かれた張り紙が掲示された。 なお、成田新高速鉄道(京成成田空港線)の開業前をめどに、セキュリティエリアの廃止を検討していることが報じられていた が、開通後も続けられていた。 その後、2010年10月以降は再国際化した(羽田空港)との競争の激化を理由に、再び検問廃止を検討しているとも報じられた。 そして2015年3月30日の正午をもって、ついに開港以来実施してきた検問が廃止された。 のりば [ ] JRホーム 番線 路線 行先 1 ・ ・・方面 2 京成ホーム 番線 路線 行先 番線 路線 行先 3 京成本線 ・・・・ 方面 5 成田スカイアクセス線 (「」) 北総線・日暮里・京成上野・押上・ 都営浅草線方面 2 4 1 成田スカイアクセス線 (一般電車()) 北総線・日暮里・京成上野・押上・ 都営浅草線方面• 番線はJR側から、JR1・2番線、京成3・5、2・4、1番線となっており、京成3・5番線と2・4番線は同一線路上にある。 JRについては原則として、1番線に「成田エクスプレス」、2番線に一般列車が発着する。 平日6時57分発のアクセス特急は4番線から発車する。 スカイライナーは成田空港 - 空港第2ビル駅間のみの利用はできない。 京成本線は中間改札がある。 京成4・5番線 スカイライナー専用ホーム(2012年1月) 京成線ホームの改修 [ ] 2010年7月17日ダイヤ改正より成田空港線(成田スカイアクセス線)が乗り入れているが、それに伴い京成線の外側(北ウイング側)に新たに躯体を建設し、成田スカイアクセス線専用のホーム1面(新1番線)を設けた。 これによって当駅は京成3線・JR2線の計5線となった。 なお、改修工事完了後も京成線の駅前後の線路はのままである。 躯体工事はが担当し、その後株式会社が躯体の内部にレールを敷設し、信号機器やなどの諸施設を整備している。 成田スカイアクセス線の開業と同時に当駅 - 京成高砂駅間のルートは2通りとなっているが、2つのルートは運賃が異なるので、ルートの特定と運賃の算定を行うため、当駅のホームを成田スカイアクセス線専用ホーム(単式ホーム・1番線)・京成本線専用ホーム(島式ホーム上野方、2・3番線)・スカイライナー専用ホーム(島式ホーム車止め側、4・5番線)に分け、京成本線コンコースに中間改札が設置されている。 また京成本線ホームと成田スカイアクセス線ホームとの間に信号機が設けられており、縦列停車も可能である。 4・5番線から電車が発着する時は、2・3番線で通過を知らせる放送が流れる。 駅弁 [ ] かつて、(現)が改札外(成田空港内テナント)に販売店を出店していたが、現在は閉店している。 当時販売されていた主な駅弁は下記の通り(・と同様の駅弁)。 チキン弁当• 30品目のバランス弁当• たれカツ重• さば風弁当• 五目わっぱめし 利用状況 [ ]• JR東日本 - 2019年度の1日平均は 7,248人である。 京成電鉄 - 2019年度の1日平均は 27,303人である。 京成線内69駅中第17位。 の第2ターミナル開業時に多くの主要の便が第2ターミナル発着とされたため、第2ターミナルに併設されるの乗降人員は当駅の2倍近くになった。 その後、より第1ターミナルが拡張され、や加盟航空会社などが第2ターミナルから再び第1ターミナルへ配置換えしたため再度増加している。 京成ではに成田スカイアクセス線が開業した後、増加傾向が続いている。 年度別1日平均乗降人員 [ ] 近年の1日平均 乗降人員の推移は以下の通りである(JRは除く)。 年度別1日平均乗降人員 年度 京成電鉄 京成本線 成田空港線 1日平均 乗降人員 増加率 1日平均 乗降人員 増加率 2003年(平成15年) 11,970 未 開 業 2004年(平成16年) 13,246 10. 年度別1日平均乗車人員 年度 JR東日本 京成電鉄 出典 1990年(平成 02年) 6,648 8,596 1991年(平成 03年) 6,496 10,094 1992年(平成 04年) 6,008 9,871 1993年(平成 05年) 3,885 6,145 1994年(平成 06年) 3,993 5,765 1995年(平成 07年) 4,141 5,927 1996年(平成 08年) 4,250 6,319 1997年(平成 09年) 4,144 6,204 1998年(平成10年) 3,969 5,947 1999年(平成11年) 3,623 5,983 2000年(平成12年) 3,668 6,118 2001年(平成13年) 3,236 5,761 2002年(平成14年) 3,342 5,849 2003年(平成15年) 3,094 5,647 2004年(平成16年) 3,564 6,293 2005年(平成17年) 3,699 6,426 2006年(平成18年) 5,411 9,367 2007年(平成19年) 5,734 9,729 2008年(平成20年) 5,660 10,016 2009年(平成21年) 5,546 10,051 2010年(平成22年) 5,844 11,488 2011年(平成23年) 5,061 9,977 2012年(平成24年) 6,042 10,644 2013年(平成25年) 6,586 10,924 2014年(平成26年) 6,948 10,188 2015年(平成27年) 6,739 10,898 2016年(平成28年) 6,952 11,466 2017年(平成29年) 7,240 11,951 2018年(平成30年) 7,622 12,890 2019年(令和元年) 7,248 13,162 備考• 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2020年4月24日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , PASMO協議会/パスモ, 2006年12月21日 , の2020年5月1日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月4日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 京成電鉄, 2010年5月28日 , の2020年5月4日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月9日閲覧。 PDF プレスリリース , 成田空港高速鉄道/東日本旅客鉄道千葉支社, 2020年2月28日 , の2020年2月28日時点におけるアーカイブ。 , 2020年2月28日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 京成電鉄/成田空港高速鉄道, 2020年6月25日 , の2020年6月26日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月27日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 京成電鉄/成田空港高速鉄道, 2020年2月27日 , の2020年2月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年2月27日閲覧。 PDF プレスリリース , 京成電鉄, 2020年5月15日 , の2020年5月17日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月17日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 京成電鉄/成田空港高速鉄道, 2020年2月27日 , の2020年2月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年2月27日閲覧。 PDF プレスリリース , 京成電鉄, 2020年5月15日 , の2020年5月17日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月17日閲覧。 新聞記事 [ ].

次の

成田駅

成田空港駅 構内図

1937年の成田駅• (30年)• :(初代)佐倉駅 - 成田駅間の開通に伴い開業。 旅客・貨物の取り扱いを開始。 :成田鉄道当駅 - 滑河間延伸開業。 (明治34年):成田鉄道当駅 - 安食間延伸開業。 (明治44年):千葉県営鉄道開業。 (9年):成田鉄道(初代)がされ、の駅となる。 (2年):千葉県営鉄道多古線がに譲渡。 (昭和10年):駅本屋改築。 (昭和19年):成田鉄道多古線がとして休止(敷設に要する資材供出のため)。 (昭和21年):成田鉄道多古線が。 (昭和52年):空港アクセスのバス発着場所として駅前広場確保のため、在来駅舎より20mバックして新駅舎の建て替え工事を開始。 (昭和54年):駅舎の建て替え工事が完了、現在の橋上駅舎となる。 (昭和58年):貨物の取り扱いを廃止。 (昭和62年)4月1日:により、(JR東日本)の駅となる。 (3年):成田線支線の当駅 - 成田空港間開業。 (平成13年):「」の利用が可能となる(佐原方面以外)。 (平成21年):佐原方面でICカード「Suica」の利用が可能となる。 」に変更。 (平成30年):この日をもってが営業を終了。 駅構造 [ ] 成田駅の駅名標(2014年3月) 1面1線と2面4線、計3面5線のホームを有する。 4番線はホームのない通過線(3・5番線の間にある)となっている。 駅構内には複数のを持ち、夜間などを中心に車両が留置される他、用施設もある。 成田線は線区であるが、当駅は運転取扱駅であり信号制御はにて行っている。 1・2・3番線は千葉方がカーブしているため、1番線は上下7両以上、2番線は下り9両以上、3番線は下り13両以上の列車は駅員による乗降終了合図が行われる。 駅員はITVにて乗降状況を確認し、上り列車は手旗または合図灯にて、下り列車は閉扉時機合図器にて合図を出す。 はとなっており、側の東口と側の西口を連絡する自由通路がある。 であり、として本線の・・、我孫子支線の・を管理している。 駅舎内には、(7時 - 19時、旧びゅうプラザカウンターを利用)、、(初電 - 23時55分)が設置されている。 東口側の駅舎は4月に完成したもので、デザインはに象徴される信仰の町と国際色豊かな新空港を踏まえて、社寺建築風の表現にモダンさを取り入れている。 具体的には神社風の趣を出すために高を高く、屋根を大きく張り出し緩やかなアールを持たせ、柱はエビ茶、壁には鉄砲を思わせる縦長スリットを入れ白色とし、色調にコントラストを持たせたものとしている。 当初建設時は、正月波動の著しさに合わせ波動用券売機、精算窓口、臨時集札口の設備が設けられていた。 西口は、の造成や西口土地区画整理事業に合わせ自由通路設置の要望があり、1979年にできた自由通路及び階段により出入りができるようになった。 自由通路の工事までは取付道路もない湿原地であったため、成田市が道路を先行して施工し、工事用道路として使用して工期内に施工が完了した。 西口の1・2階部分は成田市営の「JR成田駅西口」(有料)となっており、4月に完成した。 から春にかけて駅構内の大規模リニューアルを行い、団体専用やが数台撤去された一方で改札内外に冷暖房完備のが設置された他、指定席券売機の設置やみどりの窓口・びゅうプラザの移設・一体化が実施された。 なお、びゅうプラザは閉店している。 改札口から各ホームへは、、、で連絡している。 東口には階段はないが、西口の場合階段があるため、エレベーターが設置されている。 供用時間は6時から22時までであり、自転車・オートバイは不可。 改札口は幅広の通路が1か所あり、構内および東口にはも設置されている。 なお、5・6番線ホーム南側のトイレは職員用である。 その他、連絡通路に、、(以前はが出店)が、東口に成田駅前観光案内所、、(JRバス関東が経営)、、公衆トイレが設置されている(トイレは西口南側にも設置されているが、多機能トイレは設置されていない)。 なお、専用券売機はホーム上にはなく、改札脇の横に設置されている。 成田空港駅から直通する快速は1番線、千葉方面の普通列車は2番線を使うことが多い。 毎年1月には「成田臨」と呼ばれる当駅発着のやが多数発着する他、正月3が日には「」の一部が臨時停車する。 からにかけて2番線に待合室用の電車が停車する。 から3月までは5両編成が停車し、機能が使用されていた。 運転番線 営業番線 ホーム 我孫子方面着発 佐原方面着発 成田空港方面着発 千葉方面着発 電留線着発 備考 1 1 15両分 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 不可 2 2 11両分 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 一部入出区可 上り主本線 3 3 15両分 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 一部入出区可 4 ホームなし 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 一部入出区可 下り主本線 5 5 10両分 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 入出区可 6 6 10両分 到着・出発可 不可 不可 到着・出発可 入出区可 7 ホームなし 到着・出発可 不可 不可 不可 不可 主に保守用車で使用• 主本線を発着する場合は通過が可能。 ただし我孫子方面は不可。 当駅から成田線(佐原方面)と空港支線の分岐点までは約2kmあり、複線のように使用され、ここで行き違いすることがある。 当駅から分岐点に向かって、左側の線路は上り・下り共用、右側は1・2番線に到着する上り専用。 も参照。 電留線とホーム番線とは、入出区可能な番線が限られる(例:2・3番線は南入換線のみ可能。 電留1番 - 電留6番線は不可)。 夜間には、1・3・6番線や、寄りにある留置線(電留1番 - 電留6番、南入換線)に用車両や我孫子支線用車両、普通列車が留置される。 改札(2020年3月) 駅弁 [ ] かつては地元の「桑原」が製造したが販売されていたが、限りで構内営業から撤退した。 店舗は3番線ホームの寄りにあった。 その後、土曜・休日や正月などにで駅弁を販売しているが出張販売していたこともあったが、現在では駅弁販売はない。 主な販売品目(12月当時)• とんかつ弁当(500円)• 五色弁当(590円)• 鶏御飯弁当(700円) 利用状況 [ ] (令和元年)度の1日平均は 16,103人である。 JR東日本および千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均 乗車人員の推移は以下の通り。 年度別1日平均乗車人員 年度 1日平均 乗車人員 出典 1990年(平成 02年) 16,467 1991年(平成 03年) 16,921 1992年(平成 04年) 17,588 1993年(平成 05年) 17,998 1994年(平成 06年) 17,830 1995年(平成 07年) 17,802 1996年(平成 08年) 17,771 1997年(平成 09年) 17,077 1998年(平成10年) 16,651 1999年(平成11年) 16,553 2000年(平成12年) 16,461 2001年(平成13年) 16,176 2002年(平成14年) 16,136 2003年(平成15年) 15,811 2004年(平成16年) 15,554 2005年(平成17年) 15,423 2006年(平成18年) 15,566 2007年(平成19年) 15,594 2008年(平成20年) 15,432 2009年(平成21年) 15,093 2010年(平成22年) 14,553 2011年(平成23年) 14,298 2012年(平成24年) 14,551 2013年(平成25年) 14,959 2014年(平成26年) 14,769 2015年(平成27年) 15,151 2016年(平成28年) 15,563 2017年(平成29年) 15,797 2018年(平成30年) 16,197 2019年(令和元年) 16,103 駅周辺 [ ] 東口 [ ] 緑が植えられた成田駅東口前 京成成田駅が隣接しており、成田山新勝寺の表参道入口がある。 また、駅前からの道を下ると成田市役所と国道51号へとつながっている。 成田の旧市街地の玄関口となっている。 2015年春には、成田市が駅前に整備したマンション、商業施設などが入る再開発ビル(スカイタウン成田)が完成、JR成田駅東口第二種市街地再開発事業は2016年3月にすべて完了した。 (・) - 連絡通路が整備されている。 成田駅前交番• 成田駅前観光案内所• 成田山新勝寺表参道• 千葉交通駅前ビル• 成田支店• 成田市役所• 成田駅前郵便局• 成田支店• 成田支店• 成田支店• 成田(駅前庁舎)• 成田市文化芸術センター(スカイタウンホール・スカイタウンギャラリー)• 西口 [ ] 成田ニュータウンが広がっており、計画的にされた地域が広がる。 成田の新しい市街地の玄関口となっている。 から国鉄成田駅西口区画整理事業により造成工事が行われ、4月6日に現在の西口広場が完成し、開通式が行われ、駅からニュータウンへ大通りで結ばれた。 駅西口広場は、地形の高低差を活かして東口と結ぶ自由通路を4階の高さに、3階部分が駅前ロータリーを跨ぐ空中回廊を形成し、1階(地上)のバス停、タクシーターミナル、ロータリーの対岸へ横断歩道を渡ることなく移動できるようになった。 しかし、西口と東口を自転車利用者が行き来する場合には、駅から長い坂道の南周りで約2km、急勾配の北まわりで約1kmと遠回りせざるをえない。 成田工場• 成田市駅前番所(市営交番)• 成田U-シティホテル• 成田西口郵便局• 印旛健康福祉センター成田支所()• 成田公共職業安定所(ハローワーク成田)• 成田税務署• バス路線 [ ] 整備されたバス停と、動線がわかりやすく彩られた駅前広場 東口、西口ともにがあり、そこに、のが乗り入れている。 至近の 京成成田駅停留所も利用可能。 中央口(東口) [ ] 成田駅再開発事業に伴い2015年10月8日から以下の乗り場に変更となっている。 千葉交通• 5番線:前経由 ファミリータウン行• 6番線:経由 ・八代・はなのき台・方面/日赤病院経由 ・方面 JRバス関東• 1,2番線:・・ ・・方面/ ・インパレスホテル・三里塚・航空科学博物館・成田空港・貨物管理ビル前方面 千葉交通・成田空港交通・JRバス関東• 5番線:行・病院南行 西口 [ ] 千葉交通• 1番線:ボンベルタ・吾妻・・成田湯川駅方面• 2番線:中台・成田北高校・成田湯川駅方面、成田郵便局・玉造五丁目・成田湯川駅方面• 3番線:加良部・橋賀台・はなのき台方面• 4番線:美郷台・・成田病院・竜角寺台車庫・房総のむら方面(成田病院非経由便あり、房総のむら行きは臨時運行) 成田空港交通• 深夜急行バス 成田空港(第2・第3旅客ターミナル)行(AM2:25発)• 1番線:深夜急行バス 成田空港(第2・第3旅客ターミナル)行(AM2:45発) その他 [ ] 成田線経由千葉行の旧行先表示(2000年代後半以前)• 当駅から東京都心へ直通する列車は、我孫子経由直通上野行(2015年3月14日のダイヤ改正で、朝夕の一部列車がまで乗り入れ)と佐倉・千葉経由直通東京方面行(快速)の2つがあり、それぞれ日中ほぼ毎時1本ずつ運行される。 都心の駅までは後者(総武快速線)の方が所要時間が短い。 総武快速線開業前は千葉経由直通行(総武線内快速、中央線内各駅停車)が運行されていた時期があった。 (旧:)のフリーエリアは当駅までであり、久住以遠から銚子方面へは使用できない(我孫子方面や成田空港方面へは使用可能)。 により総武本線の千葉駅 - 銚子駅間をかつて運行していた普通列車で、佐倉駅 - 間で成田線を経由する列車ではに「 成田回り」と表示されていた。 2000年代後半以降に導入された211系とは単に「 成田線」表示のみである。 まで使用されていた木造のは、へ移設された(同駅の橋上駅舎供用後に解体)。 不祥事 [ ] 、修学旅行中の立栗源中学校の団体が当駅で特急「成田エクスプレス」に乗車する際、全員が乗り終わらないうちにドアが閉まり、生徒の一部が乗車できず取り残された。 JR東日本千葉支社では、駅員がモニター画面で乗車の列が途切れているのを見てを出したためとしている。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2008年12月22日 , の2019年5月3日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月18日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道千葉支社, 2014年6月27日 , の2020年7月11日時点におけるアーカイブ。 , 2020年7月11日閲覧。 国鉄千葉動力車労働組合 2018年4月16日. 2020年4月18日閲覧。 東工30-3 国鉄東京第一工事局 1979年11月• 東日本旅客鉄道. 2019年8月11日閲覧。 「JR東日本全線【決定版】鉄道地図帳」 第4巻 「水戸・千葉支社管内編」 『』 2010年3月• 成田市 2017年3月7日. 2018年5月6日閲覧。 - 千葉日報、2015年6月17日• - 千葉日報、2015年6月18日 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ].

次の