小泉孝太郎兄弟。 小泉孝太郎

【画像】小泉進次郎の兄弟には三男がいた!弟の宮本佳永と結婚式で再会|RealVoice

小泉孝太郎兄弟

小泉信一郎さんと宮本佳代子さんの離婚理由に政治家一族に嫁ぐことの難しさがみえる?姑以上に恐ろしいのは… 母の話はNG? 俳優の小泉孝太郎さんは 父親は元内閣総理大臣の小泉純一郎さん、 曽祖父から続く政治家一家の長男として生まれながら 芸能界へ飛び込みました。 若いころはビジュアルの合わせたさわやかな役が多い印象でしたが、 最近では政治家もびっくりの腹黒い役柄も板についてきていますね。 弟の小泉進次郎さんは父親の跡を継いで政治家になっていますが、ふたりの兄弟仲が良いことは有名。 小泉進次郎さんのSNSには、 たびたび「おにい」こと小泉孝太郎さんとの写真がアップされています。 小泉孝太郎さんが出演するバラエティ番組やインタビューでも父親と弟の話はよく出てきますが 他方で 母親の話はあまり出てきません。 あまりに話題が出てこないことから死去説まで出るほど。 しかし、そこには悲しい秘密があるようで… 結婚5年での離婚 話は、今から30年以上前にさかのぼります。 小泉孝太郎さんの父・小泉純一郎さんは1978年に結婚。 お相手は エスエス製薬の元会長泰道照山(たいどう しょうざん)氏の孫・宮本佳代子さんでした。 二人の出会いのきっかけは結婚前年(1977年)のお見合い。 当時小泉純一郎さんは30代半ばで既に衆議院議員に当選しており、宮本佳代子さんはまだ青山学院大学に通う学生でしたが 小泉純一郎さんはお見合い当日にプロポーズしたのだそうです。 しかし 、宮本佳代子さんの祖父・泰道照山氏は小泉純一郎さんとの結婚には反対だったそう。 お見合いを受けたにもかかわらず反対した理由は不明ですが、 「出ていくならその身一つ出ていけ」とその態度はかなり強いものだった様子。 泰道家とは絶縁寸前にまでなっていたようです。 しかし小泉純一郎さんは、 「何の心配もいらない、僕たちの結婚には関係ない、白紙のままで来てほしい」 「政治家の世界は何も知らないでいい」 と宮本佳代子さんに伝え、二人は結婚しました。 結婚と同年の1978年7月に長男の小泉孝太郎さんが誕生、 (結婚反対の理由はこのあたりにあるのかも?) 1981年には次男の小泉進次郎さんが誕生し、順調に家庭を築いているように見えました。 しかし、小泉純一郎さんと宮本佳代子さんは結婚から5年後の 1982年に離婚。 長男の孝太郎さん・次男の進次郎さんは小泉純一郎さんが引き取ることになりました。 さらに、 離婚当時佳代子さんのお腹には小泉純一郎さんとの3人目の子供が。 離婚後実家のある鎌倉に戻った佳代子さんは1983年に三男・ 宮本佳長さんを出産。 小泉純一郎さんも親権を主張したようですが、 調停を経て佳代子さんが引き取ることになりました。 sponsored link 離婚の理由 離婚の理由は、 小泉家の実権を握っていた小泉純一郎の姉たちと 佳代子さんの関係がうまくいっていなかったことが一因ではないか、と言われているようです。 女性セブン2014年2月20日号の記事には 「結婚当時、小泉家の長男の嫁であるB子さんは何もさせてもらえず、小泉さんのふたりのお姉さんが家の実権を握り続けました。 そのためB子さんは孤独を感じるようになり、半ば追い出されるようにして家を出たんです」(小泉家関係者) またwikipediaには 関係者の話によれば、「小泉の面倒は姉で秘書をしている信子がみており、系図をみてもわかるように周囲は姉弟の身内で固めている。 離婚の理由は本人がおかしくなり、よほど結婚にはこりたようだ」(参考文献:神一行 『閨閥: 特権階級の盛衰の系譜』 改訂新版 角川書店) と書かれていました。 離婚当時小泉純一郎さんは 「君子、去る者は追わず、来る者は拒まず、だな」 と冷淡に言い放ったそうですが 実権を握る姉たちに逆らってまで奥さんを守ることはできなかった、ということなのかもしれません。 また、後に宮本佳代子さんに引き取られた三男・宮本佳長さんが小泉純一郎さんの事務所に 「父親と二人きりで会いたい」 と涙ながらに電話してきた際、 それを知った小泉純一郎さんの姉・信子さんは 「血はつながっているけど、親子関係はない」と冷たく言い放ち、結局会うことはかなわなかったそう。 小泉純一郎さんの姉と佳代子さんとの関係は良くないのは間違いなさそうです。 1982年の離婚から25年以上、 小泉純一郎さん達は、宮本佳代子さん・宮本佳長さんと会うことがなかったといいます。 しかし、2008年、その関係に変化が訪れました。 政界引退で前進 小泉純一郎さんは2008年、政界を引退し同時に次男の小泉進次郎さんを自身の後継者に指名しました。 その際、小泉純一郎さんは進次郎さんに 「家のことは任せた、お前たち3人は兄弟だから仲良くすればいい」と告げたそう。 それを受けて進次郎さんは初めて末弟・佳長さんに連絡。 その後は孝太郎さんも含めて兄弟3人で会う機会も増えたのだそうです。 また、2010年末には小泉家御用達のレストランで小泉純一郎さんも交えた4人での会食の様子が、 2013年には宮本佳長さんの結婚式に小泉純一郎さん・孝太郎さん・進次郎さんがそろって参加する様子が 週刊誌等で報道されていました。 小泉純一郎さんの政界引退を機に、 家族の関係は進展したようですね。 (もはや姉に気を使う必要がなくなったということかもしれません。 ) ちなみに、一番顔が母親に似ているのは小泉孝太郎さん。 宮本佳代子さんの名前をgoogle等で検索すると、 現在の画像や若かりし日の画像が出てきますが、 パッチリとした目と整った顔立ちはよく似ています。 逆に父親に一番似ているのは三男の宮本佳長さん。 名前を検索すると兄弟のスリーショットが出てきますが 目が細いところは確かに似ています。 それぞれ生き別れた親に似ているというのは何とも皮肉な話ですが、 だからそこ、30年間互いのことが心のどこかに残っていたのかもしれませんね。

次の

【画像】小泉進次郎の家系図・家族構成を総まとめ!弟・三男の宮本佳長は不動産業だった!

小泉孝太郎兄弟

小泉孝太郎と弟・小泉進次郎が仲良しすぎる!加藤綾子との関係は? 小泉孝太郎は弟・小泉進次郎と相思相愛?!仲良しぶりにファンが萌える 小泉孝太郎は、1978年7月10日生まれ、38歳となる俳優です。 言わずと知れた元総理大臣・小泉純一郎の長男にして、衆議院議員・小泉進次郎の兄でもあります。 両親が離婚したことで、父・小泉純一郎に引き取られた小泉孝太郎と小泉進次郎兄弟。 政治家の父と弟に、俳優の小泉孝太郎と、異色ともいえる男所帯ですが、家族仲はとても良好なようです。 弟の小泉進次郎は、ブログで、小泉孝太郎のことを「おにい」と呼ぶと明かし、兄弟2人で誕生日を祝う様子や、お鍋をする様子も披露しています。 小泉孝太郎と弟の小泉進次郎の仲睦まじい様子に、「かわいい」「萌える」など多くの声が。 実は、小泉孝太郎は、幼少期には弟をうっとうしく思い、猫嫌いな弟に、「口笛を吹くと猫が来る」と嘘をつき追っ払っていたと明かしていますが、それすらほほえましいエピソードですね。 小泉孝太郎とフリーアナウンサーの加藤綾子は「できてる」? 小泉孝太郎は、現在はフリーで活躍する元フジテレビアナウンサーの加藤綾子との熱愛が噂されています。 熱愛報道の発端は、27時間テレビでの、爆笑問題・太田光による「(加藤綾子は)小泉の息子とできてる」という一言でした。 実際には、「できてる」「小泉の息子」とは、弟の小泉進次郎を指していましたが、いずれにしても、熱愛を意味しているというと少し語弊があります。 実は、小泉孝太郎の父・小泉純一郎元首相は、自身が加藤綾子のファンであることから、「息子の嫁に来てほしい」と言ったことがあります。 加えて、小泉進次郎も「(自分の)取材に来てほしい」と言ったとか。 これらが重なり、太田光による「できてる」発言になってしまったようです。 小泉孝太郎の熱愛彼女や結婚願望は?母・宮本佳代子の現在! 小泉孝太郎の彼女は高級ホステス?!結婚は30代のうちにしたい? 小泉孝太郎には、長年交際していたといわれる熱愛彼女がいました。 彼女は、会員制クラブに勤める高級ホステスで、小泉孝太郎の自宅から出勤する姿をスクープされるなど、かなり親密な関係だったとされています。 スクープされたのは2011年春頃ですが、現在は、そのホステスとは別れているとか。 小泉孝太郎と熱愛彼女の破局の裏には、小泉家が因果を含めたのではないかという噂も聞かれました。 真実であるかは不明ではあるものの、代々続く政治家ファミリーの厳しさが垣間見えるようでもあります。 「30代のうちに結婚したい」と語っていた小泉孝太郎は、すでに38歳になりました。 家系にとっても、本人にとっても良いご縁に恵まれるといいですね。 小泉孝太郎の実母・宮本佳代子はキャリアウーマンだった 小泉孝太郎は、4歳の時に、両親が離婚したことで、母・宮本佳代子と離れて暮らすことになりました。 宮本佳代子は、エスエス製薬の創立者・泰道照山の孫娘。 政治家の嫁には相応しい、良家のお嬢様といえます。 息子たちからも想像できるように、宮本佳代子の容姿は美しく、また、賢い人でもあるようです。 60歳になったことを機に、報誌「いきいき」のインタビューに応じました。 離婚の理由や息子たちに対する想いや、小泉純一郎との離婚後に三男を出産したといいます。 すぐに三井不動産のグループ会社に勤め始め、宅地建物取引主任者の資格をわずか1カ月で取ると、キャリアウーマンとしての道を進んでいきました。 宮本佳代子は、小泉孝太郎らと会うことも許されず、辛い日々を過ごしていたといいます。 しかし、三男の結婚式には、小泉家の3人も出席。 ついに家族全員が揃うことができたそうです。 小泉孝太郎も感動!小泉家の家宝はあの大リーガーのサイン入りバット! 小泉孝太郎は、日本テレビ「PON!」にVTR出演した際に、小泉家の家宝について明かしました。 テレビで初公開だという家宝とは、元ヤンキースの松井秀喜からもらったというサイン入りのバット。 2004年に、父の小泉純一郎が、アメリカ大リーグで始球式をした時に、キャッチャーを務めた松井秀喜からプレゼントされたものです。 少年期には、弟の小泉進次郎と野球チームでバッテリーを組んでいたという小泉孝太郎は、松井秀喜のサイン入りバットを見て、触ることすらできなかったといいます。 「あれはもう触れなかったです。 さすがに。 あまりにも……宝物ですね」と、現在も大切に保管してあるそうです。 そんな小泉孝太郎が俳優を志したのは大学時代でした。 家族には一切相談せず、オーディションに応募しますが、経験のない小泉孝太郎は、ことごとく落ちていました。 そんな中、父の小泉純一郎が総理大臣に就任。 瞬く間に知名度が上がったことで、以前オーディションに落ちた芸能事務所からも、「小泉純一郎の息子」ということで連絡が相次ぐように。 こうして芸能界デビューを果たした小泉孝太郎は、「親の七光り」と言われながらも、芝居の勉強に精進し、今では主役を務めるまでの俳優となりました。 さらに現在は、バラエティ番組のMCを務めるなど、俳優のフィールド以外でも活躍しています。 今、小泉孝太郎が成功を収めているのには、もともと備わっていた俳優としての資質の影響ももちろんあるのでしょう。 しかし、演技力への評価がほぼゼロの状態から、努力を重ねて駆け上がってきた力強い足取りには、政治家の家に生まれた者の持つ胆力のようなものも感じさせられます。

次の

小泉孝太郎と弟・小泉進次郎が仲良しすぎる!加藤綾子との関係は?

小泉孝太郎兄弟

小泉孝太郎と弟・小泉進次郎が仲良しすぎる!加藤綾子との関係は? 小泉孝太郎は弟・小泉進次郎と相思相愛?!仲良しぶりにファンが萌える 小泉孝太郎は、1978年7月10日生まれ、38歳となる俳優です。 言わずと知れた元総理大臣・小泉純一郎の長男にして、衆議院議員・小泉進次郎の兄でもあります。 両親が離婚したことで、父・小泉純一郎に引き取られた小泉孝太郎と小泉進次郎兄弟。 政治家の父と弟に、俳優の小泉孝太郎と、異色ともいえる男所帯ですが、家族仲はとても良好なようです。 弟の小泉進次郎は、ブログで、小泉孝太郎のことを「おにい」と呼ぶと明かし、兄弟2人で誕生日を祝う様子や、お鍋をする様子も披露しています。 小泉孝太郎と弟の小泉進次郎の仲睦まじい様子に、「かわいい」「萌える」など多くの声が。 実は、小泉孝太郎は、幼少期には弟をうっとうしく思い、猫嫌いな弟に、「口笛を吹くと猫が来る」と嘘をつき追っ払っていたと明かしていますが、それすらほほえましいエピソードですね。 小泉孝太郎とフリーアナウンサーの加藤綾子は「できてる」? 小泉孝太郎は、現在はフリーで活躍する元フジテレビアナウンサーの加藤綾子との熱愛が噂されています。 熱愛報道の発端は、27時間テレビでの、爆笑問題・太田光による「(加藤綾子は)小泉の息子とできてる」という一言でした。 実際には、「できてる」「小泉の息子」とは、弟の小泉進次郎を指していましたが、いずれにしても、熱愛を意味しているというと少し語弊があります。 実は、小泉孝太郎の父・小泉純一郎元首相は、自身が加藤綾子のファンであることから、「息子の嫁に来てほしい」と言ったことがあります。 加えて、小泉進次郎も「(自分の)取材に来てほしい」と言ったとか。 これらが重なり、太田光による「できてる」発言になってしまったようです。 小泉孝太郎の熱愛彼女や結婚願望は?母・宮本佳代子の現在! 小泉孝太郎の彼女は高級ホステス?!結婚は30代のうちにしたい? 小泉孝太郎には、長年交際していたといわれる熱愛彼女がいました。 彼女は、会員制クラブに勤める高級ホステスで、小泉孝太郎の自宅から出勤する姿をスクープされるなど、かなり親密な関係だったとされています。 スクープされたのは2011年春頃ですが、現在は、そのホステスとは別れているとか。 小泉孝太郎と熱愛彼女の破局の裏には、小泉家が因果を含めたのではないかという噂も聞かれました。 真実であるかは不明ではあるものの、代々続く政治家ファミリーの厳しさが垣間見えるようでもあります。 「30代のうちに結婚したい」と語っていた小泉孝太郎は、すでに38歳になりました。 家系にとっても、本人にとっても良いご縁に恵まれるといいですね。 小泉孝太郎の実母・宮本佳代子はキャリアウーマンだった 小泉孝太郎は、4歳の時に、両親が離婚したことで、母・宮本佳代子と離れて暮らすことになりました。 宮本佳代子は、エスエス製薬の創立者・泰道照山の孫娘。 政治家の嫁には相応しい、良家のお嬢様といえます。 息子たちからも想像できるように、宮本佳代子の容姿は美しく、また、賢い人でもあるようです。 60歳になったことを機に、報誌「いきいき」のインタビューに応じました。 離婚の理由や息子たちに対する想いや、小泉純一郎との離婚後に三男を出産したといいます。 すぐに三井不動産のグループ会社に勤め始め、宅地建物取引主任者の資格をわずか1カ月で取ると、キャリアウーマンとしての道を進んでいきました。 宮本佳代子は、小泉孝太郎らと会うことも許されず、辛い日々を過ごしていたといいます。 しかし、三男の結婚式には、小泉家の3人も出席。 ついに家族全員が揃うことができたそうです。 小泉孝太郎も感動!小泉家の家宝はあの大リーガーのサイン入りバット! 小泉孝太郎は、日本テレビ「PON!」にVTR出演した際に、小泉家の家宝について明かしました。 テレビで初公開だという家宝とは、元ヤンキースの松井秀喜からもらったというサイン入りのバット。 2004年に、父の小泉純一郎が、アメリカ大リーグで始球式をした時に、キャッチャーを務めた松井秀喜からプレゼントされたものです。 少年期には、弟の小泉進次郎と野球チームでバッテリーを組んでいたという小泉孝太郎は、松井秀喜のサイン入りバットを見て、触ることすらできなかったといいます。 「あれはもう触れなかったです。 さすがに。 あまりにも……宝物ですね」と、現在も大切に保管してあるそうです。 そんな小泉孝太郎が俳優を志したのは大学時代でした。 家族には一切相談せず、オーディションに応募しますが、経験のない小泉孝太郎は、ことごとく落ちていました。 そんな中、父の小泉純一郎が総理大臣に就任。 瞬く間に知名度が上がったことで、以前オーディションに落ちた芸能事務所からも、「小泉純一郎の息子」ということで連絡が相次ぐように。 こうして芸能界デビューを果たした小泉孝太郎は、「親の七光り」と言われながらも、芝居の勉強に精進し、今では主役を務めるまでの俳優となりました。 さらに現在は、バラエティ番組のMCを務めるなど、俳優のフィールド以外でも活躍しています。 今、小泉孝太郎が成功を収めているのには、もともと備わっていた俳優としての資質の影響ももちろんあるのでしょう。 しかし、演技力への評価がほぼゼロの状態から、努力を重ねて駆け上がってきた力強い足取りには、政治家の家に生まれた者の持つ胆力のようなものも感じさせられます。

次の