オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー。 ラブラドールとプードルを交配した「ラブラドゥードル」生みの親が後悔

ラブラドールとプードルを交配した「ラブラドゥードル」生みの親が後悔

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

Welcome to Laradoodle Pradise!!! あらゆる知識と多くの体験を持つプロ意識の高い海外のブリーダーさんの元で、多くの知識と体験を 持つプロ意識の高い海外のブリーダーさんの元で、育てられたオーストラリアン・ラブラドゥードルを お迎えしてみませんか? Labradoodle Paradiseでは、オーストラリアン・ラブラドゥードルのFounderである二大犬舎、 Tegan Park、Rutland Manor で顧客対応に携わった後、オーストラリア、ニュージーランドの ブリーダーさんから 子犬をお客様にお届けするサービスをはじめて10年以上経ちました。 写真だけを見て海外から子犬をお迎えすること、検疫や通関など、いろいろ不安も多いことと思います。 初めて犬をお迎えされる方はもちろんのこと、先住犬との相性、お客様の生活スタイルに合う個体選びの アドバイスなど、あらゆる不安にも安心していただけるようアドバイスさせていただきます。 実際にオーストラリアン・ラブラドゥードルを飼っているスタッフ、またアメリカで交配にも関わって きたスタッフが、海外のブリーダーと、微妙なニュアンスも含めて、みなさまのご希望をお伝えさせて いただきます。 みなさまからのお問い合わせ、お待ちしております。 What's New! 【2020. 22】 【Tasmanian Labradoodlesからのお知らせ】 新型コロナウィルスの影響によるカンタス航空の欠航が10月30日まで期間延長になりました。 【2020. 20】 成田以外の到着をご希望のお客様からの新規お申込みを見合わせています。 ニュージーランドで新型コロナウイルスの第2波と思われる感染者の増加が見られるようになったので、 7月から予定していた経由便の再開が望めなくなったためです。 【2020. 24】 現在、パーティカラーをご希望のお申込みを停止しております。 パーティカラーご紹介再開の目途はまだ立っておらず、年内は難しいとお考えいただければと思います。 大変残念ですが、ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。 Sophieちゃんは2019年1月14日生まれ、ミニチュア、チョコレート、フリースの女の子。

次の

湘南ドゥードル

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

歴史 [ ] 1980年代にのオーストラリア王立盲導犬協会が、在住のから、犬の毛のある夫のためにを起こしにくいの依頼を受けた際に、盲導犬協会の仔犬繁殖マネージャーを務めていたWally Conronが、とを交配させたことがラブラドゥードルの始まりである。 知的で繊細な骨格を持ち、抜け毛が少なく症状を引き起こしにくいと、にぎやかで元気、愛嬌と忠誠心のあるの交配が試みられた。 誕生した3頭の仔犬のうち1頭の毛が、依頼者の夫にを起こさないことが分かり 、としての訓練の後、依頼者に引き渡された。 その後、交配の結果に一貫性が見られないことから、盲導犬協会はラブラドゥードルの繁殖を継続させることはなかったが、関心を持った少数の達によって、・フレンドリーな家庭犬、としてと改良が続けられた。 にオーストラリアン・ラブラドゥードル協会(Australian Labardoodle Association Inc. )が設立され、には、単なるとだけの雑種ではなく、、、、を交配した犬種として、 オーストラリアン・ラブラドゥードルが同協会によって正式に認定された。 とラブラドゥードルは厳密には異なる犬種であるが、同一視されることが多い。 一方、オーストラリアン・ラブラドゥードル協会(Australian Labradoodle Association)は、その保護と育成を進めながらの公認を受けることを目指している。 オーストラリアン・ラブラドゥードル協会の2009年改訂版の「グレーディングスキーム」では、交配に使用する先祖犬(parent breed)として、、、、の4犬種が示されている。 また同スキームの規定する純血のオーストラリアン・ラブラドゥードルの作出するプロセスによると、との2犬種のみの血統を持つものをラブラドゥードル・オリジン(LO)と呼ぶ。 LOは、コッカー・スパニエルの血統が加えられることにより、オーストラリアン・ラブラドゥードル・ファウンデーション(ALF)に昇格することができる。 LOどうし、ALFどうしの交配で世代を進めることができ、その進度は数字で示され「LO3」、「ALF2」のように表記される。 LOどうしの交配の場合、世代が大きい方の数字が1つ進み、ALFの場合、世代が小さい方の数字が1つ進む。 の基準に準じ 、純血の(purebred)オーストラリアン・ラブラドゥードルはALF4以上とされている。 ラブラドゥードルは2009年にに就任したが、犬の娘に配慮して、とともにファーストドッグの候補にしたことから注目を集めた。 またラブラドゥードルの作出は、後に抜け毛の少なさが特徴であるやといったのブームを起こすきっかけとなった。 特徴 [ ] ラブラドゥードルの最大の特徴は、のやとしての聡明で柔順な性格と、の抜け毛の少なさという身体的特徴を併せ持つことである。 ただし、誕生する犬すべてに必ず抜け毛が少ない性質が受け継がれるわけではなく、抜け毛が少ない個体から得られる仔が、親と同じ性質を備える保証もない。 大きさは、小さいものではコッカー・スパニエル程度で、大きいものではスタンダード・プードル程になる。 オーストラリアン・ラブラドゥードル協会では、オーストラリアン・ラブラドゥードルの犬種標準を作成しており、大きさはスタンダード(体高53-63cm、体重23-30kg)、ミディアム(体高43-52cm、体重13-20kg)、(ミニチュア:体高35-42cm、体重7-13kg)、 トイ:体高35cm以下、体重7kg以下 の4段階に分けられる。 毛色にはブラック、シルバー、クリーム、ゴールド、アプリコット、レッド、カフェ、ブラウンなどがある。 毛質は通常短くカールした房状だが、ウェーブまたはカールした長い毛の場合もある。 オーストラリアン・ラブラドゥードルでは、単色の毛色(ソリッド・カラー)では、チョーク、クリーム、ゴールド、キャラメル、レッド、ブラック、シルバー、ブルー、チョコレート、カフェ、ラベンダー、パーチメントと、バリエーションが豊富である。 通常は非常に賢く社交的、コミカルで嬉しそうでエネルギッシュであり、人に扱われている時には穏やかで静かである。 機嫌良くフレンドリーに人に接し、集中力があり訓練しやすい。 人の感情やニーズへの洞察力がある。 まつ毛が長く伸びる犬種。 脚注 [ ]• 2013年6月12日閲覧。 デズモンド・モリス著、福山英也監修『デズモンド・モリスの犬種事典』誠文堂新光社、2007年、457ページ• 2014年7月24日, at the. , (2007年7月10日). 2013年6月12日閲覧。 Trivedi. (2004年2月9日). 2013年6月12日閲覧。 Simon Hattenstone. (2010年11月13日). 2013年6月13日閲覧。 2013年6月13日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 Sharon Otterman. (2009年1月1日). 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ラブラドールとプードルを交配した「ラブラドゥードル」生みの親が後悔

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

犬種と名前の由来(ラブラドールとプードルだけのミックスではない) オーストラリアン・ラブラドゥードルは、 アレルギーを持つ視覚障害者のために、盲導犬として活躍するために作出されました。 もともと、ラブラドールは使役犬として活躍していましたが、抜け毛が多いため犬アレルギーを持つ人にとっては悩みの種となっていました。 そこで、抜け毛の少ないプードルと掛け合わせることで、 アレルギーの出にくいオーストラリアン・ラブラドゥードルを作り出すことに成功しました。 さらに改良を図るため、ラブラドール・レトリーバーとプードル以外にも、4犬種(アメリカン・コッカー・スパニエルやイングリッシュ・コッカー・スパニエル、アイリッシュ・ウォーター・スパニエル、カリー・コーテッド・レトリバー)が取り入れられ、それをオーストラリアン・ラブラドゥードルと名付けました。 オーストラリアン・ラブラドゥードルは、世界中からの使役犬としての評価が高く、現時点では血統書こそはないものの、希少価値が高い犬種とされています。 実際に、自閉症の子や服役囚の心のケアにも活躍しているほどです。 また、 とても社交的で、人だけでなく他の犬に対してもフレンドリーに触れ合うことができます。 そのため、小さなお子さんがいる家庭でも安心して飼うことができます。 さらに、 賢く従順なので、 しつけ・訓練しやすいだけでなく、介助を必要としている人にとって非常に高く評価されています。 活発なプードルの特徴を受け継いでおり、運動量が非常に豊富なので 朝晩の散歩(一日あたり30〜60分)は必須になります。 狩りや牧羊犬ほど運動はさせなくてもいいとは思いますが、人とのふれあいが大好きなので 室内でも知的ゲームなどをしてあげることも、信頼性を築くうえで大切です。 また、かじるのが大好きで、しかも力が強いため、子犬のときからの躾(しつけ)が重要になってきます。 無駄吠えは比較的少ないといわれています。 もちろん、定期的にトリミング等のお手入れをしないとフケや毛玉のもとになり、ニオイも発生するのでご注意ください。 かかりやすい病気は?• 股関節形成不全 股の関節部分に異常が出て、足を引きずったりする症状です。 遺伝性が強く、ラブラドールの血筋を引いているため注意が必要です。 運動誘発性虚脱 運動することで虚脱状態になることです。 これもラブラドールの遺伝性疾患とは判明しているものの現在の獣医学では治療方法が解明できていないので、この症状を飼い主さんは知識入れておいていただきたいですね。 進行性網膜萎縮症 目の病気です。 網膜の異常が原因で視力を奪っていく進行性疾患です。 白内障も併発するなど、最悪失明ともなります。 愛犬がものにぶつかったりとかを見つけたら、病院にご相談して検査をしてもらってください。 その他には、肘関節形成不全、耳、皮膚の病気などもあります。 オーストラリアン・ラブラドゥードルは、耳が垂れているため、耳のお手入れはしっかりとしてあげることが必要です。 フリースコート ヤギのような柔らかな毛質をしており、緩やかなウェーブな為、ブラッシングしやすいのが特徴。 ウールコート 羊のようにしなやかなカールをしていて、生え方は厚くしっかりとした見栄えが特徴。 羊程密集していないので手入れは容易です。 ヘアーコート 若干抜け毛が出てくるため、この毛質はややアレルギーフレンドリーではないですが、他の犬種ほどではありません。 抜け毛の量や、毛のお手入れは? 毛のお手入れですがタイプによって異なります。 フリース、ウールは抜け毛の量がさほど多くないですが、その分お手入れが大変になってきます。 以下に、トリミングとブラッシングの理想的な頻度をまとめました。 トリミング・カットについて(種類・料金など) 価格帯は個体差もあるのですが、 6,000円~10,000円が相場です。 犬アレルギー反応を起こしにくいといわれる理由 オーストラリアン・ラブラドゥードルは、抜け毛が少ないため、犬アレルギーを起こしにくいといわれています。 オーストラリアン・ラブラドゥードルは、フケや抜け毛がカール(巻き毛)によって舞い上がりにくくなっており、喘息などの症状では99%、皮膚疾患などの症状では95%の確率でアレルギーフレンドリーだと報告されています。 あのオバマ大統領は、アレルギーの娘のために、ペット候補としてオーストラリアン・ラブラドゥードルを挙げていたそうです。 結果的に、ラブラドゥードルではなくポーチュギーズ・ウォーター・ドッグにはなりましたが、それほどアレルギーフレンドリーとして知名度が高い犬種です。 購入方法と、価格・値段の相場は? 大きく次の2つの方法があります。 ブリーダーから購入 日本国内ブリーダー(ニチイグリーンファーム)による展示販売が行われている 「レイクウッズガーデンひめはるの里」で購入もしくは、オーストラリアなど 海外ブリーダー(仲介業者)からの(個人)輸入となります。 この犬種は、日本の ペットショップ・販売店での購入は困難な状態となっています。 日本のペットショップでプードルとラブラドールのミックスが販売されていてもそのほとんどが、単なるミックス犬で、ラブラドゥードルではありません。 毛色や性別によって異なりますが、 35万~45万円程が平均とされています。 *ワクチン・マイクロチップ代金は別途。 FCHシステムを利用する FCHシステムとは、ニチイグリーンファームという企業によって行われているシステムで、一定条件を満たした家族に対し、オーストラリアン・ラブラドゥードルを預けて飼育してもらうというものです。 契約期間があり、その期間内でブリーディング活動に協力するということです。 契約期間が満期を迎えると、所有権は家族に移行され、一緒に生活できるシステムになります。 保証金として120,000円が必要となっており、契約満了のときに健康に問題ない場合は、全額返金されるシステムです。 なお、交配・出産のときだけは、ニチイグリーンファームに預け、その後はまた家族に戻ります。 外飼い?それとも室内飼いにすべき? このオーストラリアン・ラブラドゥードルは、外飼いでも可能ではあります。 ただ、犬が苦手なご近所の方もいらっしゃるかもしれませんし、外の環境によっては無駄吠えにつながりかねません。 もともとアレルギーが出にくい犬種ですし、人とふれあうことが大好きな犬種ですので、室内飼いが好ましいと思います。 住宅環境にもよりますが、以上の理由でこの犬種は基本的に、室内での飼育をおすすめします。 そのため、単なる純血腫同士の一代かぎりの掛け合わせであるF1ミックス犬とは違います。 よって、オーストラリアン・ラブラドゥードルは、 一代かぎりの掛け合わせであるF1ミックス犬でもありませんが、 二重純血犬種でもありません。 さいごに 盲導犬、介護犬、セラピー犬として、人間をケアあるいはサポートするために誕生したオーストラリアン・ラブラドゥードル。 ラブラドゥードルは人間社会で必要不可欠な存在となっていますので、現在は正式な犬種として認められていませんが、そう遠くない日に、新たな犬種として認められる日が来るかもしれませんね。 最後に、生まれたばかりの8匹のラブラドゥードルが、1歳になった様子を動画でご覧ください。

次の