プロテインダイエット 方法。 プロテイン系ダイエットの効果とは?本当に・いつから痩せるのか [ダイエット食品・サプリ] All About

プロテインダイエット基本知識|プロテインの選び方・効果的なダイエット方法とは|トレンドコード

プロテインダイエット 方法

プロテインを摂るタイミングを間違えると、もしかしたら逆効果になってしまっている!なんてことにもなりかねません。 食事でしっかりタンパク質が摂れているのに、さらにプロテインでタンパク質を補給する必要はありません! タンパク質分のカロリーが単純に加算され、結果的にカロリーオーバーになってしまう…なんてことも。 1日に何回もたくさんプロテインを摂っている プロテインって、多ければ多いほどいいんでしょ?と、1回にたくさん、1日に何回もプロテインを摂っている方も… 要注意!!! 実は、タンパク質は人それぞれ1日に摂るべき量が決まっています。 特にハードな運動をしない人の場合、理想は体重1kgに対して約1g。 つまり、体重が60kgの人で約60g!! これを超えて摂っても、単純にエネルギーとして体に吸収されたり、尿として出されたりするので、意味ナシっ! 太る原因にもなってしまいます。 じゃあ…プロテインはいつ摂ったらいいのおおおお!? 適当に摂るだけじゃ効果が無いとなると… じゃあいつ摂るのがいいの!? いつ摂ったら効果的に痩せられるの!? と騒ぐことなかれ!! 大丈夫。 難しいことはありません! 逆に、摂るタイミングさえ正しければ、プロテインは最強のダイエットの味方なんです!! そう、プロテインは摂るタイミングが命! プロテインで痩せるも太るも、摂るタイミング次第です。 おすすめは…1食プロテインに置き換えること!! やり方は簡単。 簡単でしょ…? 1食置き換えタイミング。 効果的なのはいつ? ご飯やおやつを1食置き換える、プロテインダイエット。 置き換えるならいつでもOKなのですが…さらにもっと効果を高めたい!という方に。 とっておきのプロテイン置き換えタイミングをご紹介! 一番お腹が空いているとき 空腹のときは、入ってきた食べ物の栄養を一番吸収しやすくなっています。 特に、 夜ご飯は日中のストレスから解放される反動で、たくさん食べてしまいがち! そんなときに頼れるのがプロテイン!! タンパク質は、食欲を抑制してくれる作用がある優れもの。 プロテインでタンパク質を摂れば、その分食欲が安定し、食べたい気持ちを抑えられます。 しかも、もちろん摂取カロリーも抑えられるので、満腹感を感じながらカロリー制限もできちゃいます! 間食 仕事の合間に、3時のおやつに、ついついお菓子に手が伸びてしまっている方… そこが、絶好のプロテイン置き換えタイミング!! チョコレートやケーキ、スナック菓子など、おやつでは余分なカロリーを多く摂取してしまいがち。 そこでぐぐっと留まって、プロテインに変えてみましょう。 そこでタンパク質を摂れば、筋肉がしっかり作られるんです!! 筋肉にとってのプロテイン黄金タイミングを逃さないように、運動後はすぐプロテインを摂取しましょう。 夜中のプロテイン…摂っても太らない? 帰りが遅くなって、夜ご飯を食べるのが夜遅くなってしまう… すぐ寝ることになるけど、プロテインって摂ってもいいの?逆に太らない!? なんて状況に悩んでいるあなた。 大丈夫! タンパク質は、脂肪になりにくい ご存知のとおり、プロテイン=タンパク質のこと。 そしてこのタンパク質、三大栄養素「炭水化物」「タンパク質」「脂質」の中で、 一番脂肪になりにくいんです!! なので、夜食で他のご飯を食べるのと、プロテインを摂るのとでは話は別。 ついつい夜食を食べちゃう! 我慢してお腹が空きすぎて寝れない! って人は、プロテインを摂ったほうがむしろダイエットにいいかも!! でも、だからといってプロテインならなんでもいいってわけではありません。 夜遅くに摂るなら、糖質や脂質が低いものを選ぶのがとっても大切。 タンパク質を多く摂っても、その他の余分なカロリーが多いと意味がないので気をつけてくださいね。 それは、つまり筋肉量が多いカラダということ! タンパク質が不足すると筋肉量が落ちる原因になるので、常に体の中にタンパク質を絶やさないことが大切。 タンパク質は摂り溜めができないので、1回にたくさん摂っても意味ナシ。 こまめに摂ることが大事なんです! ちなみに、ボディビルダーの人は3時間おきにプロテインを摂るそう! ですが、ガチガチのマッチョを目指しているわけでなければ、そこまで気にする必要はありません。 運動の後などのタイミングを上手に利用して、こまめに摂ってみては? どんなプロテインでも一緒なの?どんなのがいいの!? 正しいタイミングで摂るプロテインが、ダイエットに有効ってことは分かった。 でも、プロテインならなんでもいいの? いろんな種類があって分からない!!! どうやって選んだらいいのおおお?? とプロテイン迷子になっている方へ。 ダイエットに使うプロテインを選ぶときに、気をつけるポイントは3つ! 低糖質・低脂質であること いくらタンパク質がしっかり摂れても、一緒に糖質や脂質もたくさんとってしまっては本末転倒。 プロテインダイエットをしているのに、痩せない…という事態に陥りかねません。 余分なカロリーを摂らないためにも、ダイエットに利用するプロテインは、低糖質・低脂質のものを選ぶのが鉄則です!! タンパク質が多く入っていること 1回のプロテインで必要なタンパク質量が摂れれば、余分なカロリーを摂る必要もなし。 なので、なるべくタンパク質量が多いものを選ぶのがおすすめ! 1回に体が吸収できるタンパク質が約20gと言われているので、1回のプロテインで20g摂れるものを選ぶのがベストです。 満腹感のあるもの どんなダイエットも、我慢をするのでは長続きしません。 ストレスが溜まり、反動でリバウンドしてしまうということも…。 それを避けるために、プロテインは満腹感のあるものを選びましょう! 1食置き換えのプロテインダイエットを行う場合などは特に、空腹にならないというのも大事。 ダイエットにおすすめのプロテインは…「SIXPACK プロテインバー」!! そんな条件を全て備えているおすすめのプロテインが… 「SIXPACK プロテインバー」!! このSIXPACK プロテインバー、ダイエットに活用するプロテインとしてとっても優秀なんです! まず、なんといっても低糖質・低脂質。 余分な糖質と脂質を極限まで落としていて、その数字はなんと、糖質5g・脂質4g クランベリー味。 他のプロテインバーと比べても格段に低いんです!! しかも、タンパク質含有量が非常に多い!! これ1本でタンパク質20gが摂れちゃうんです。 これは、他のバーの1. 5~2倍! カロリーを抑えながら多くのタンパク質が摂れるのでとても効率が良く、ダイエットにピッタリ!! 最強のプロテインバーなんです。 買ってみたい!!けど、安く買えないの…? そんなにいいなら、SIXPACK プロテインバーを使ってみたい!! でも、どうせ買うならできるだけ安く買いたい。 どうやって買うのがいいの? と悩んでいるあなたに! SIXPACK プロテインバーが安く買えるとっておきの方法を伝授。 正しく摂って、素敵なボディを手に入れましょう!.

次の

筋トレしたら太ったは本当?プロテインはNG?ダイエットに効果的な方法は?

プロテインダイエット 方法

<目次>• プロテインとは プロテイン(protein)は、タンパク質のこと。 食品では、肉、魚、卵、豆・豆製品、乳製品などに特に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも含まれます。 人が生きて行く上で必ず必要とされている三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のひとつでもあり、成人女性には一日に50g、男性には60gを摂ることが推奨されている栄養素です。 1gあたり4kcalのエネルギーがあります。 プロテインダイエット&健康食品の種類 市販のプロテイン系健康食品には、大きく分けて次の二つの種類の商品があります。 ダイエットを目的とした置き換え食 タンパク質を中心にビタミンミネラルなどが添加された食品で、水などで溶いて飲むタイプのダイエット用食品。 ほとんどの場合が食事代わりに(置き換え食)利用することを推奨しています。 商品は1食分ずつ分封されているものと、大袋に入ったものがあります。 アスリートの筋力増強を目的としたもの 精製されたタンパク質粉末を、水や牛乳に溶いて飲むタイプの商品。 運動とあわせて利用します。 アスリートに対しては、体重1kgあたり2gのタンパク質(例:50kgの人には一日100g、通常成人より多め)の摂取を推奨しているケースもあります。 今回は、1のダイエットを目的とした食品について取り上げていきます。 プロテイン系置き換えダイエット食品の利用方法 プロテインダイエット 水か牛乳で粉末の商品を溶かし、飲料として飲む食品がほとんど。 飲むタイミングとしては、食事代わりの「置き換え」が多く、朝・昼・夜の食事のどこか1食を、プロテイン食品に代えてカロリーセーブするというものです。 例えば、800kcal近い外食ランチをとっていた人が、ランチを200kcal未満のプロテイン系ダイエット食品に置き換えた場合、一日約600kcalのマイナスとなり、1ヶ月続ければ2. 5kg減! という理屈になるわけですね(A社広告説明を参照)。 要するに、食品そのものにヤセ効果があるわけではなく、カロリーセーブのサポートをしてくれる存在。 その点を理解しながら上手に利用したいですね。 プロテイン系置き換えダイエットのメリット 確実なダイエットのコツは、カラダに大きな負担をかけないで緩やかに体重を落とすことにつきます。 体脂肪を1kg落とすのには7000kcalほどのマイナスを作る必要があるので、短期間に何キロも落とすことはテクニック的に不可能です。 よって、継続できる方法を選ぶのが成功のポイント。 したがって、ご自分のライフサイクルや好みにあわせて続けられるダイエット方法を選ぶのが一番良いと言えます。 置き換え用のこのような食品を利用したダイエットがあまり負担なく続けられるという方には、メリットがあると言えるでしょう。 例えば、朝や昼はなかなか思うような食事がとれない方は、こうした置き換え方式を取り入れてみるのも良いと思います。 別の使い道として、おやつが止められない、夜食を食べたい、というときのカロリーセーブにこれらの食品を使うのも手です。 プロテイン系置き換えダイエットのデメリット プロテインダイエットのデメリット どんなダイエット方法にもメリット・デメリットの両面があります。 プロテイン系ダイエットのデメリットは、次の2点が考えられます。 ・利用方法を誤るとリバウンドにつながる ・長期的(数ヶ月)継続するのが難しい可能性がある 前述の通り、ダイエットは中長期継続が必須で、短期的な減食による減量を行った場合はその後の維持が難しいと言われています。 続けるためには、精神的にもテクニック的にも、飽きない方法を考える必要があります。 普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。 ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。 したがって、プロテイン系食品での置き換えは一日1食にし、継続は1ヶ月というのが目安ではないかと考えられます。 一日3食のうち、2~3食を置き換えるなどの方法は、結果的にデメリットが大きいと考えられるので、避けたほうが良いでしょう。 また食事として考えたときには、味わいの面での飽きが来ない工夫も必要です。 タンパク質は痩せる効果がある成分? タンパク質は身体に必要な栄養素ですが、ヤセる成分なのかというと、その答えはNOです。 また、現代ではタンパク質不足の人は多くはないと見られています。 特に主食を食べずにおかずだけ食べる欧米型の食事でダイエットを試みている人は、必要量を超えて多く摂っている可能性も。 多すぎる栄養素は体脂肪として蓄えられる構造になっているので、タンパク質なら太らないというのは残念ながら誤解です。 炭水化物抜きをしておかずだけ食べる方式がNGである理由のひとつがここにあります。 成人女性に必要なタンパク質量は一日あたり50gが目安と書きましたが、一日に肉か魚を100g程度、豆・豆製品を80g程度、乳製品を250g程度と卵1個を食べ、適量のごはんやパンを食べていれば、十分に補給できます。 【食品の中のタンパク質】 たまご 1個……6. 2g 鶏むね肉 100g……22. 3g アジ(魚) 100g……20. 7g ヨーグルト 100g……3. 6g ごはん 茶碗1杯150g……3. 8g 【プロテイン系置き換え用ダイエットドリンクの、1食あたりのタンパク質の量】 A社……0~0. 5g、144~165kcal(プロテインという表記はなし) B社……20. 5g、175~178kcal C社……10. 0g、81~83kcal このようにプロテイン系置き換えダイエット食品は、上手に利用すればダイエット成功に結びつくと言えますが、そのものに痩せる成分があるわけではないことを憶えておきましょう。 しくみや利用方法を十分理解して活用しましょう! 【関連記事】•

次の

プロテインで痩せる?ダイエットに効果的な飲み方について解説します。

プロテインダイエット 方法

この記事の目次• プロテインダイエットとは? プロテインダイエットはその名の通り プロテイン(タンパク質)を摂取するダイエットの方法です。 プロテインは美容や健康を作るうえで欠かせない栄養素です。 タンパク質は英語でプロテインと呼ばれており、実はプロテインには 第一にと言う意味があります。 それくらい人間にとっては必要不可欠な成分なのです。 事実、 成人の場合は体重に対して約1gのタンパク質が必要と言われております。 ですので 体重50kgの女性の場合は1日約50gのタンパク質が必要な計算になってきます。 タンパク質は筋肉を作る元になってくれます。 筋肉は脂肪に比べて燃焼率が高く基礎代謝が上がります。 基礎代謝が上がると痩せやすく太りにくいからだを作ることが出来ます。 今回ご紹介するプロテインダイエットは無理な食事制限やハードなトレーニングをするような非常識なダイエット方法では無く生活習慣を少しだけ変える事で効率的に痩せやすいカラダを作っていくダイエットの方法です。 具体的には日々の生活に意識してプロテイン(タンパク質)を取り入れるダイエットの方法です。 プロテインダイエット=タンパク質(プロテイン)を取り入れるダイエット方法 プロテインダイエットの効果は? プロテインダイエットの効果は、 基礎代謝が高まり痩せやすく太りにくいカラダになれる事です。 基礎代謝が高まる事で脂肪が効率的に燃焼されて今まで同じ量の食事でも痩せやすくなります。 また冷え性やむくみの改善にも繋がるので顔やカラダも細く見えるようになります。 プロテインを飲んでムキムキにならないの? よく筋肉が増えると男性のようなムキムキのカラダになるのではと思われがちですがその心配はありません。 まずウォーキングやジョギングのような負荷が少ないダイエット方法の場合、筋肉がムキムキになる事はありません。 それに女性の場合はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが少ない為、筋肉がつきにくいと言われています。 ですので筋肉が付きすぎる事が怖くてプロテインを飲むのが怖いと言う人はムキムキにはならないので安心して下さい。 プロテインダイエットは美容にも効果的 実は美容の代名詞とも呼ばれるコラーゲンやヒアルロン酸の主成分はアミノ酸です。 このアミノ酸の大元はタンパク質です。 ですのでプロテインダイエットをする事は同時に美容にも非常に効果があります。 基本的に美容に関するほとんどの成分の元はタンパク質と思ってもらって良いでしょう。 出典: お肌の内側にはコラーゲンやヒアルロン酸が含まれておりこれらの成分が若々しく、みずみずしいお肌を保ってくれます。 お肌の健康は質の高いターンオーバーを繰り返す事で美肌は保たれます。 ターンオーバーは平均して約6週間で細胞が入れ替わると言われています。 ですのでタンパク質を摂取する事はお肌のケアにはとても重要な事です。 特に22時から深夜2時に掛けて日々のターンオーバーは行われておりこの時間や ゴールデンタイムと呼ばれています。 また爪や髪の毛も細胞が入れ替わる過程で排出された蓄積物なのです。 体内に栄養価が少ないともちろん髪も爪もやせ細って老けて見えてしまいます。 ですのでタンパク質の摂取はダイエットにも美容に欠かせない事なのです。 小腹が空きにくくなる ソイプロテインには豊富な食物繊維も含まれています。 食物繊維は腸内環境を整える働きと満腹効果を与えます。 これにより小腹が空くことが減って間食も無理なく辞める事が出来ます。 プロテインダイエットの口コミ それではプロテインダイエットに取り組んだ人の口コミを見ていきましょう。 肌に悩みを抱えていました。 特にくすみがひどく悩んでいましたがプロテインダイエットを知りタンパク質の量を増やしたところ肌トラブルも減り本当に嬉しいです。 知る事が出来て良かったです。 このようにプロテインダイエットは無理なく続けれるところが人気の秘訣のようです。 実はファスティングは確かに痩せる事が出来ますがデメリットとして筋肉量も減ってしまいます。 筋肉量が減ると基礎代謝が下がるので痩せにくくなってしまう人もいるようです。 それとファスティング(断食)によるリバウンドも要注意です。 プロテインダイエットの方法 食事からタンパク質(プロテイン)を取り入れる方法 プロテインダイエットとは非常にシンプルです。 方法はタンパク質を積極的に取り入れるだけでOKなダイエットの方法です。 タンパク質は日々の食事からでも摂取が可能です。 例えばお肉やお魚などもタンパク質を多く含んでいます。 ですので日常的に食事をしているだけでもタンパク質(プロテイン)の摂取は可能です。 しかしお肉やお魚などのいわゆる動物性タンパク質を食事から取り入れる場合、タンパク質もとれますが同時にお肉やお魚に含まれる脂肪も一緒に吸収しています。 大丈夫!私はお肉を食べる時タンパク質だけ食べて脂肪は残してるから! これは非常に難しいです。 笑 お肉の脂肪は脂身部分が有名ですがもちろん赤身の部分にも脂肪は含まれています。 ですのでお肉からタンパク質を摂取する場合は牛肉や豚肉よりも鶏肉がおすすめです。 鶏肉は牛肉や豚肉に比べて脂肪分が少なく高タンパクで有名です。 それとお魚も脂肪分が少なくタンパク質も豊富なので積極的に取り入れましょう。 プロテインからタンパク質を取り入れる方法 もし効率的にタンパク質を取り入れたい場合はプロテインを食事に取り入れる事をおすすめします。 例えばプロテインと同じ量のタンパク質をお肉から摂取しようとした場合はステーキを何枚も食べないといけなくなります。 これでは逆にカロリーが増えすぎて太ってしまいます。 プロテインはタンパク質の栄養価を考えて作られているのでタンパク質を効率的に取り入れる事が出来てコスパも良いので今回のダイエット方法にはプロテインが向いています。 どんなプロテインが良いの?選び方 実はプロテインの中にも種類があります。 恐らく大半の人がプロテインと聞くと筋肉と思う人が多いのではないでしょうか。 確かにプロテインをして筋トレをすると筋肉は付きます。 しかしプロテインは、筋肉を付けるだけが、プロテイン(タンパク質)の役割ではありません。 タンパク質は髪やお肌、バストアップなど女性にとって必要なものは全てタンパク質が元になっていると言っても過言ではありません。 そしてダイエットにおすすめのプロテインは大豆から作られる ソイ(大豆)プロテインです。 ソイプロテインは栄養価が高く脂肪を含んでいない事で女性の間で人気のプロテインです。 大豆に含まれる大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする事から女性らしいカラダやバストアップやアンチエイジングには欠かせない成分です。 そんな嬉しい成分の大豆イソフラボンがソイプロテインには含めています。 一方で一般的に流通している筋肉を付ける為のプロテインの成分はホエイと呼ばれる乳清プロテインです。 これは牛乳などを原料にしている為、主に筋肉を付ける為の成分(アミノ酸)が多く含まれています。 原料が牛乳の為、脂肪も含まれる事からプロテインダイエットではカロリーが低くゆっくり栄養を吸収出来るソイプロテインの方がダイエットに向いているプロテインと言って良いでしょう。 人間のカラダには3大栄養素と呼ばれる炭水化物(糖)、タンパク質、脂質と呼ばれる栄養素が存在します。 この中で タンパク質だけは炭水化物と脂質の代わりが出来る万能な栄養素です。 しかしいきなり炭水化物を抜くとカラダがきついです。 私も炭水化物を抜いたファスティングを1日だけやった事がありますが私は続きませんでした。 ですので精神的に強い人はこの3食全てプロテインに置き換えるダイエット方法をオススメします。 3食は全ての置き換えが出来ないけど1食なら可能な人も多いのではないでしょうか。 オススメは朝食です。 朝食を食べないと言う人も中にはいると思いますが朝食は食べる事をオススメします。 朝食を抜くと腸内が刺激されず、便秘になる可能性がありますので朝食にプロテインは非常にオススメです。 ソイプロテインには 食物繊維も含まれています。 食物繊維は腸内の善玉菌のエサになってくれます。 善玉菌が増えると便秘の解消や基礎代謝アップ、お肌トラブルの解消など様々な恩恵を受ける事が出来ます。 またセロトニンと呼ばれる喜びや幸せを感じる為の成分の元になるのはタンパク質です。 このセロトニンは朝の日光を浴びる事で生成されます。 ですので朝に豊富なタンパク質を取り入れる事は1日を活き活きと過ごす為に重要な事です。 ソイプロテインはカロリーも低く、 低GI食品なのでカラダに脂肪を脂肪が溜め込まずにすみます。 低GI食品とはその名の通りGI値の低い食品です。 GI値は高い食品は血糖値を一気に上昇させてしまう食品です。 急激な血糖値の上昇は肥満の大きな原因となります。 また、カラダも大きく疲労させてしまいます。 昼食を急いで食べるとその後睡魔が襲ってくる事はありませんか?あれは体内の血糖値が一気に上昇してカラダが疲弊している状態です。 なので間食をお菓子からプロテインに変える事で脂肪を溜め込む事を防いでくれますし眠気も抑えてくれます。 ソイプロテインに含まれる食物繊維が満腹効果を与えてくれるので食事の量を抑える事が出来ます。 いつも食べすぎて自己嫌悪になる人はおすすめです。 プロテインを取り過ぎるとどうなるのか? カラダで吸収しきれないタンパク質は尿として体外に出ていきます。 この時タンパク質は腎臓でろ過されますので腎臓に負担が掛かる事もあります。 ですのでとりすぎには注意したいところです。 しかし日本人は慢性的にタンパク質が不足していると言われています。 恐らく50kgの女性の場合、50gのタンパク質が必要ですがこの数値を満たしている女性は日本には少ないのが現状です。 適度な運動を取り入れる ダイエット効果を最大限に引き出すには適度な運動がおすすめです。 いきなりジムに行ったりスポーツをしたりする事は不要です。 むしろしない方が良いです。 いきなり体を動かすとかえって怪我をしてしまいます。 そうなると日常的な歩いたりする事も出来なくなりますので筋肉量が減ってかえって太ってしまいます。 ですので最初はゆっくりしたウォーキングが1番おすすめです。 ウォーキングを続けていると基礎代謝が高まり痩せやすく太りにくいカラダを手に入れる事が出来ます。 それと運動はストレスを軽減する効果もあるとNHK内でも番組でも紹介されました。 ウォーキングは夜にすると1日のストレスを解消する事が出来て睡眠時も熟睡する事が出来ます。 熟睡する事で新陳代謝も高まるのでお肌にも効果的です。 ウォーキングの目標は最初は週に3日程、20分を目安におこなって頂ければ良いでしょう。 ウォーキングでの効果はすぐに求めずに1ヶ月くらいの中期的な目標を立てて貰う事をオススメします。 おすすめのプロテインは? ダイエットと目的とする場合、プロテインの種類は、ソイプロテイン(大豆)がおすすめです。 一般的な牛乳が原料のホエイプロテインと比較しても、脂肪分が低く、低カロリーです。 更に女性ホルモンと似た働きをする、大豆イソフラボンも、同時に摂取出来ます。 これは女性らしい、美しくしなやかなボディラインをサポートします。 有名なプロテインですと、ザバスやDHCのダイエットプロテインが有名ですね。 ザバスのダイエットは、大豆が使用されていますが。 DHCのダイエットプロテインの場合、一部では乳蛋白(牛乳由来)が使用されているものもあります。 それから、いくら大豆プロテインが、女性におすすめでも、タンパク質だけ摂取しても、効果が無い事はご存知ですか? タンパク質は『ビタミンB6』と一緒に摂取する事で、代謝されて効果を発揮します。 ですのでプロテインダイエットの理想形は、 プロテインとビタミンB6が含まれたソイプロテインが、もっともおすすめです。 この条件を綺麗にクリアした、女性のためのソイプロテインは、ジェシカズフォーミュラがおすすめです。 大豆由来のタンパク質を高配合して、更にアサイーやラズベリーも配合。 ダイエット効果と美容の両方からアプローチすることが出来るソイプロテインです。 プロテインダイエットのレシピ ここでは高タンパク質な大豆などを使ったプロテインダイエットにオススメのレシピをご紹介していきます。 プロテインクッキー 出典: 食材にプロテインを配合したレシピです。 栄養価抜群ですね! 詳しいレシピはこちらから お豆腐とかいわれ大根とツナと大豆のサラダ 出典: 高タンパクの豆腐と大豆が含まれたまさにプロテインサラダですね。 野菜にはタンパク質をエネルギーとして代謝させるビタミンB6が含まれているので一石二鳥です。 詳しいレシピはこちらから 榎あんかけソースの豆腐ステーキ 出典: ステーキ感覚でタンパク質を摂取出来る豆腐ステーキ。 プロテイン(タンパク質)とダイエットは非常に密接な関係性を秘めています。 食べないダイエットは日常生活に支障をきたします。 集中力が低下したりイライラの原因にも繋がります。 ですがプロテインダイエットの場合は食べても問題ないダイエット方法です。 そして食べる事が美容にも繋がります。 ダイエットにも美容にもどちらにとっても重要なプロテイン(タンパク質)を取り入れる事で女性らしい健康的なカラダを手に入れて下さい。

次の