ハチワレ 猫 性格。 ハチワレ猫さんの性格はとってもフレンドリー。ハチワレの種類や魅力

ハチワレの性格や特徴、飼う時の注意点とは

ハチワレ 猫 性格

【目次】• これは、 猫の額から八の字のように鼻に沿って割れている模様から付けられた呼び名です。 元々は漢字で「鉢割れ」と書くことから、頭(兜)が割れると縁起が悪いとされた時代がありました。 広がり栄える意で、祝い事に用いるもの」といった意味があります。 そして、漢数字の「八(はち)」は、その見た目の通り、裾が開いた形をしていることから、末広がりと呼ばれています。 そのため、ハチワレ猫の 「八(はち)」=「末広がり」の模様は縁起がいいと言われているのだそうです。 模様もハチワレの割れ具合も個体によって差がありますが、ちょうど髪の毛のような模様で、まるで人間のようなお顔に見える子もいます。 白黒のハチワレ猫の中には、口元に黒の模様があってちょび髭のように見える子や、鼻が真っ黒な通称「鼻ブチさん」もいますよね。 また、白のソックスや個性的な模様がキュートなハチワレ猫は、私達の心をグッとワシ掴みにする魅力を持っています。 ハチワレ猫と一言で言っても、ハチワレは額から鼻にかけての模様のことなので、毛色や柄の種類はいくつか存在します。 ハチワレ猫の種類はバリエーションが豊富で、その猫ちゃんの遺伝子の組み合わせで現れ、先天的に性格の特色があるとも考えられています。 白黒猫の最大の魅力は、その模様の現れ方が猫によって様々で、個性にあふれていることです。 今回は、白黒猫の模様や性格、ハチワレ猫との違い、白黒の模様を持つ猫種にはどんなものがあるかについてもご紹介します。 ハチワレ猫は多い?少ない? ハチワレ三姉妹(ムー・ミルク・フィガロ) 筆者は身近にハチワレ三姉妹が居ますのでそう珍しいとも思わないのですが、そう言えば中々野良猫ちゃんでもハチワレを見かけないなんて思っていました。 血統書付きで正式名称の付いた猫の種類は100種類を超えるとも言われていますが、模様を指すハチワレ猫は、血統書付きの猫種と雑種の猫どちらにも多数存在しているからです。 ちなみに、アイリスペットどっとコムが発表する「猫の国勢調査2019」によると、猫の模様で1番多かった柄は鳥のキジと動物のトラが混ざったような模様をしている「キジトラ」、そして2番目に多かった柄がハチワレ猫が多く存在する「黒白」だそうです。 ハチワレは模様の名称なので、サバトラやキジトラに白が混ざってハチワレの場合には「サバシロ」、「キジシロ」と呼ぶケースもあるようです。 少々ややこしいですが、ただ白模様の入った子ではなく、額から八の字に割れているのであれば、毛色は関係なくハチワレということです。 例えば、筆者の膝の上を常に陣取っているこちらの方は縞三毛のハチワレさんですし、 筆者が高校生の頃から10年以上ハチワレと気づいてなかったこのお婆ちゃんも立派なハチワレです。 そんな日本でも多い柄のハチワレ猫はとっても奥が深く、ハチワレならではの魅力も沢山あるんです。 次はその性格について探っていきましょう! ハチワレ猫の性格は? 人間でも血液型によって大まかな性格が分類されたりしますよね。 猫も柄や模様の種類、猫種によって性格が違うと言われています。 白黒の割合でも性格に差があるようで、ハチワレ模様の黒い部分が多いほど温和で協調性が高く、白い部分が多い猫は繊細でクール、そして賢い一面もあるとされています。 メスとオスでもまた性格に違いがあるようですね。 その二つ分かれる性格にもよりますが、サバトラのハチワレはお腹の白い範囲が広いほど賢く優雅な振る舞いをするそうです。 警戒心が薄く、天真爛漫とも言われており、自由気ままな性格が特徴です。 縞三毛やサビなど三毛の種類も様々ですが、三毛のハチワレに共通している性格はプライドが高く気分屋ということ。 また賢くてガサツな動きをしないなんて特徴もあるようです。 このように、同じハチワレでも柄によって性格にもかなり差があるようです。 ただ、もちろん大雑把と言われる人間のO型でもとても几帳面で綺麗好きの方もいるので、あくまで参考程度にお考えくださいね。 1というスコティッシュフォールドは、「fold」が日本語で「折れる」という意味を持つように、折れ曲がった耳が特徴の猫種です。 おっとりしていて人懐っこく甘えん坊な性格のスコティッシュフォールドは、初めて猫を買う方にもオススメの猫種で、綺麗なハチワレ模様を持つ子も多いようです。 短い足で歩くマンチカンの姿はとても愛らしく、見ていてとても癒されます。 一方で、マンチカンの短足が産まれてくる確率は全体の2割といわれていて、実は足長のマンチカンのほうが多いようです。 マンチカンはとても人懐っこく飼いやすい猫として有名ですが、短足と足長で性格の差はあるのでしょうか。 マンチカンの性格や迎える時の値段などについてご紹介します。 運動量が多くいたずらっ子な一面もありますが、とても気品に溢れる美しい外見の猫種です。 平均的に一般の猫種より大きく成長し、北欧の神話の中では雷神が地上から連れ去ろうとした際に重くて持てなかったなんて説もあるそうです。 「聞き慣れない」と感じる方もいるでしょう。 スノーシューはとても可愛らしく魅力的な性格を持つ猫です。 そこで、スノーシューについて特徴や性格、値段などを紹介しつつ、その魅力についてせまってみたいと思います。 このように、雑種の猫以外にもハチワレ模様の猫種が存在します。 ハチワレ猫まとめ 今回はハチワレ猫の種類や性格についてお話させて頂きましたがいかがでしたでしょうか? ハチワレの魅力はなんと言ってもその個性的でキュートな模様です。 左右対称でない柄の子はオシャレで斬新なデザインの服を着たモデルさんのように見えたり、まるで少し長めの前髪のように見えたりと、その模様でも私達を和ませてくれます。 また、末広がりの「八」のハチワレですから縁起が良いですし、日本でも多い柄とあって入手しやすいというのもポイントです。 柄や猫種によって性格も異なりますので、ご自身に合ったお気に入りのハチワレにゃんこを見つけてみてはいかがでしょうか?愛嬌のある模様や、彼らの様々な魅力にメロメロ必須です! — おすすめ記事 —.

次の

【獣医師監修】猫の柄・模様の種類を紹介! 柄・模様と性格の関係は?

ハチワレ 猫 性格

ハチワレ猫のイメージは白黒だけでしたが、言われてみると確かに他の模様や毛色のハチワレ猫もいますよね。 また、ハチワレ猫の鼻の色はピンクが多いと思っていましたが、黒や鼻の回りに斑がある子もいて、愛嬌がありますね。 ハチワレ猫もそうですが、猫の毛色や模様は種類も多く奥が深いです。 我が家の近所で時々野良猫を見かけますが、その中にオスの白黒のハチワレ猫がいます。 夏には母猫と子猫たちと一緒にいるのを見かけました。 どしっと寝そべって母猫と2匹で子猫たちを見守っているという雰囲気で「イクメン猫」でした。 窓の外から我が家の猫を近い距離で観察をしていたこともあります。 白色が多いように見えたので、賢い性格なのかもしれませんね。 が、保護してから5年が経ちましたが 今だに 私以外は苦手(ダメ)なようです。 我が家で猫を飼うまでは気にして見た事はなかったのですが、、意識して見てみると お隣の猫ちゃんも、庭に時々来るノラちゃんも「ハチワレ」ちゃん。 ウチのコに迎えてあげたい、、と思っているのですが、なかなか「クールなコ」で フードを食べ終わると居なくなってしまいます。 知人の猫ちゃんは「23歳」だったとか、、。 我が家の愛猫も白黒のハチワレ猫さんです。 ハチワレのかたちも、シンメトリーの子もいれば、我が家の愛猫もそうですが、よくみるとアシメトリーの子もいますよね。 私も色で猫ちゃんの性格がわかると昔聞いたことがあります。 記事にもあるように黒い毛色が多い子はフレンドリーで甘えん坊、白い毛色が多いと少しシャイが多いとか。 実際、我が家の愛猫は白いほうが多いハチワレ猫さんです。 でも、常にベッタリというタイプではなく、どこかクールな一面を持ち合わせています。 我が家の愛猫さんが白黒のハチワレなので、特に今では白黒のハチワレさんをみると勝手に親近感を抱いてしまいます。 大きくなれば模様が広がったり伸びたりして、面白い前髪のようになる子も多いみたいですよ。 黒が多い子は甘えん坊で懐きやすいと書いてありますが、おそらく黒猫がその性格だと言われているため、そこからの血でしょうか?黒猫自体は見た目が少し苦手で1度も飼ったことはありませんが、白黒のハチワレなら黒猫の性格を引き継ぎつつ、可愛い見た目なので良いかもしれません。 ハチワレ猫は好奇心が旺盛で、いつまでも子猫のように遊びまわると聞きますので、小さなお子さんがいるご家庭にもピッタリだと思います。 今まで近所の野良猫でハチワレさんは一度もみたことがなかったのですが、ついこの間自宅の玄関前でゴミ箱を漁ろうとしている、生後1か月くらいのハチワレ子猫を見ました。 すぐに保護しようと試みたのですが、生後1か月とは言えどもさすが野良猫。 警戒心がとっても強く私が一歩踏み出した瞬間にサササっとすごい勢いで逃げてしまいました^^; 次に来た時こそ保護しようと考えているのですが、その子はお口の横にも黒い斑点模様があり、とっても可愛らしい顔つきでした。 そして長毛だったので驚きました。 野良猫で長毛ハチワレは、ちょっと珍しいのでしょうかね? ハチワレ猫は知っていましたが、三毛猫でハチワレがいることはまったく知りませんでした。 そんな所も可愛いのですが、やはり外が怖いのか、それとも自分は外では生きていけないと分かっているのか、たとえ玄関のドアが開いていても脱走することはありません。 記事にはキジトラのハチワレは「母性本能が強い」とありましたが、確かに子供には優しく、子供を叱っていると「やめてにゃ!」とばかりにかばう時もあります。 4歳となった今も性格は子猫とあまり変わらず、いつも私の後をついて回る可愛い子です。 でも、こちらから近寄ったり、抱っこされたりするのはあまり好きじゃない、という猫っぽい面もあります。 我が家のキジトラハチワレちゃんは、とってもマイペースなお嬢様です! ハチワレの猫ちゃんは、それぞれ模様が少しづつ違うのが面白いですよね。 でも、性格にも違いが見られるというのは初めて知りました。 確かに、白毛が多い方が賢くてクールだというのは納得です。 (ウチの子は全身真っ白で性格はツンデレタイプなので!) どの色柄の猫ちゃんも可愛いですが、一度三毛柄ハチワレちゃんを家族に迎えたいなと思っています。 遺伝子が複雑になっているぶん社交的な子ではないようですが、そこもまた魅力の一つですね。 また、三毛猫は他の猫ちゃんより長生きなイメージがあるのでそれも魅力です。 家族の一員ですからできるだけ長く一緒に居たいですよね! 猫の性格は育った環境にも左右されるので毛色で性格を決めつけるのは賢明ではありませんが、おおかたの目安として飼う前の判断材料として覚えておくのは良いことだと思います。 初めて猫を飼う人は、黒多めの白黒柄かキジトラ、茶トラが飼いやすいようですね。 まぁでも、やっぱりどんな子でも可愛いです。

次の

白黒猫の種類は3パターンに分かれる!?性格やハチワレ猫とのちがいは?

ハチワレ 猫 性格

猫の柄・模様は24種類 アメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドなど、純血種の猫は今も人気がありますが、猫ブームにわく日本では、猫の柄・模様にも注目が集まっています。 MIX(雑種)だからこそ、愛嬌たっぷりの模様やユニークな模様の猫が生まれるのですね。 それぞれ呼び名もついているので紹介しましょう。 白い斑点(エンジェルマーク)を持つ猫もいますが、一見して黒ければ黒猫と呼びます。 com 猫の柄・模様によって性格が違うといわれています。 実際、猫の性格を研究している科学者もいますが、結論からいえば現段階では猫の柄・模様と性格の関係性を立証する根拠は見つかっていないようです。 とはいえ、平安時代に書かれた枕草子にも猫に関する話が出てくるほど、猫と人間の間には深くて長い歴史があります。 猫と関わった多くの人の共通認識としてそう伝えられてきたとしたら、あながち猫の柄・模様と性格はまったく関係ないとはいえないかもしれませんね。 そこで、いくつか日本でおなじみの柄・模様ごとに猫の性格を紹介します。 初めて猫を飼おうと考えている人は、参考にしてみるのもいいかもしれませんね。 キジトラ 日本で最も多い柄・模様で、昔から家猫として飼われていたせいか、人間に友好的です。 甘え上手である反面、猫に対しては警戒心が強く、野性味があります。 茶トラ 臆病な気質を持っており、それを隠すために逆に攻撃的になったりすることも多く、ひとことでいえば「やんちゃな猫」です。 白猫 まとわりついて離れないかと思えば、近寄らせない態度をとったりする「ツンデレ猫」で、プライドが高いのが特徴です。 黒猫 穏やかな性格で、頭がよく、甘えん坊の猫です。

次の