ナタリア 養子。 リアルエスター発生!画像あり!8歳少女が実は22歳のサイコパス?「ナタリア」事件と今後の裁判についても

リアルエスター発生!画像あり!8歳少女が実は22歳のサイコパス?「ナタリア」事件と今後の裁判についても

ナタリア 養子

ナタリア。 画像は「 」より そして今になってバーネット元夫妻(2015年に離婚)が逮捕されることになった。 なんと、2014年にナタリア本人が警察に対し、里親が自分を一人置いてカナダに行ったと証言していたそうだ。 それから5年間警察が何をしていたかは謎だが、今年9月5日に警察は元夫のマイケル・バーネットに事情聴取している。 さらにクリスティンから「ナタリアは子どもに見えるけど、実は22歳だと人には言え」と指示を受けていたとまで。 さらに、今年9月11日の宣誓供述書によると、2010年にナタリアの骨密度測定をしたリッグス医師は、ナタリアの年齢を8歳だとしており、2年後に行った頭蓋骨の測定では11歳だと結論していたという。 クリスティンの話と全く違う結果だ。 だが、これまた奇妙なことに、ナタリアの年齢が22歳であることは2016年の裁判で再確認されているのだ。 どこからナタリアの噂を聞いたのか、1組の夫婦が彼女の保護者になるため、ナタリアの元の生年(2002年)を回復するための裁判を起こしたのである。 この裁判はナタリアの医療記録から、彼女を知る人物の証人喚問まで徹底して行われ、最終的にナタリアは22歳であることが決定された。 結果、夫婦はナタリアの養育を諦めるより他なかった。 では、なぜマイケルは今になってナタリアは子どもであると警察に語ったのか? マイケルの弁護士であるテレンス・キナード氏によると、マイケルの取り調べは弁護士不在のまま急に行われたため、文脈から切り離された発言が記録されている恐れがあるという。 マイケル自身、ナタリアが子どもであるとは決して言っていないと主張しているそうだ。 また、2010年にナタリアを8歳だと認定した医療記録も恣意的に選ばれたものであり、それ以外のものが考慮されていないとも。 ナタリアを抱えるマイケル。 画像は「 」より 奇妙なことに、マイケルを取り調べた警察官は2016年の裁判にいた人物だったという。 そうであれば、ナタリアが公式に22歳だということは承知していることになるが……。 随分ややこしい事件だが、警察の動きは最初からおかしなものだった。 ナタリアについて警察が初めて動いたのは2012年のこと。 移民詐欺の線で調査し、FBI(アメリカ連邦捜査局)やICE(アメリカ合衆国移民・関税執行局)にも捜査協力が要請したが、当時のことを知る地元の警察官によると、FBIはその後調査を続けた様子はなかったとのことだ。 警察、そしてFBIはなぜ2012年当時に徹底した調査を行わなかったのか? なぜ公式にナタリアが大人であると決定した後に、バーネット元夫妻に疑いの目を向けているのか? 現時点では全てが謎である。 すでにバーネット元夫妻は保釈金を払い釈放されているが、現地時間24日に開かれる裁判所での聴聞会に出席する予定だ。 この事件はどんな結末を迎えるのか、そしてナタリアの素性とは……? 今回の裁判で全てが明らかになることに期待したい。 27日にリアルエスター事件の続報が出ました。 ナタリアの現在が明らかに……。 続報は 参考:「 」、「 」、「 」、ほか 編集部.

次の

まさに映画『エスター』の恐怖! 養子に迎えた小人症の子供が8歳ではなく22歳のサイコパスで、家族を襲う?! : 海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

ナタリア 養子

リアル「エスター」事件発生!?いま話題の事件が怖すぎる 皆さんは、ホラー映画「エスター」をご存じですか? 養子として9歳の少女をひきとったら、なんと本当は大人で恐ろしい本性を隠し持つサイコパスだった。 - という内容の映画なのですが、今回リアルエスター事件と呼ばれる事件が発生し、注目を集めています。 米ホラー映画「エスター」のネタバレあらすじ まずはここから!映画「エスター」あらすじ 【STORY】 かつて3人目の子供を流産したケイトとその夫のジョンの夫婦。 彼らはその苦しみを癒すため、エスターという9歳の少女を養子に迎える。 年齢の割にしっかりしていて、賢いエスター。 難聴を患う義妹のマックスとも仲良くなり、家族に順応していっているように見えた。 しかし、入浴の際は必ずカギを締めて入るなど、謎のこだわりや行動から、ケイトは奇妙な違和感を感じ始める。 そして、エスターは徐々に恐ろしい本性を見せ始める…。 というストーリー! エスターは養子になってから9歳とは思えない行動をとり始めます。 エスターの異常行動まとめてみた ・ 前の里親が放火による謎の死を遂げている ・ からかってきた同級生の女の子を滑り台から突き落とす ・ 弱った鳩を躊躇なく殺す ・ 孤児院のシスターをハンマーで撲殺 ・ 人がいると知りながら、小屋を燃やして殺そうとする ・ 病院に運ばれた義兄ダニエルの人工呼吸器を外す ・ 自分を傷つけてケイトに虐待を受けていると主張する ・ 義妹マックスを殺そうとする ・ マックスの事故をケイトのせいにする ・ 父親ジョンを誘惑 エスターを見たい方にはU-NEXTの 31日間無料体験がおススメ ! 映画「エスター」そっくりの事件が実際に起きた!? リアル「エスター」事件?気になる事件内容あらまし 報道によると、映画「エスター」そっくりの事件がアメリカで発生しました。 養女を育児放棄した罪に問われているクリスティン・バーネットさんが、養女は子どもではなく実際には22歳の成人女性だと主張しているというのです! 2010年 クリスティン・バーネットさんは、ウクライナ生まれの少女ナタリア・グレースちゃん(当時6歳?)を養子として引き取った。 2013年 里親となったクリスティン・バーネットさんは、ナタリアちゃんを米・インディアナ州のアパートに置き去りにし、カナダへ移住する。 育児放棄をした罪に問われるわけだが、その理由としてバーネットさんは「ナタリアは9歳ではなく、22歳であり、身の危険を感じた」という主張をしたのです! ナタリアちゃん(9歳?) 2010年の骨密度検査では、ナタリアちゃんは実年齢8歳という結果がでています。 しかし、2012年に裁判所では実年齢22歳と認定。 いったいどういうことなのでしょう…。 もう少し詳しく調べてみました。 詳しい事件内容!調べれば調べるほどリアル「エスター」 2010年、バーネットさんはウクライナ出身のナタリアちゃんを養子として迎えます。 この時、ナタリアちゃんの年齢は6歳とされていました。 さらに、極端に背の低くなる小人症で身長90cmほどしかなく、歩くのに障害があったそうです。 英国新聞 Daily mailなどによれば、ともに生活し始めると、バーネットさんは、ナタリアちゃんが見せる年齢にマッチしない行動や体の特徴に驚かされたそうです。 メンタルヘルスの専門家に診てもらったところ、主に大人が発症する精神障害がみられたことなどにより、娘は成人女性であると告げられます。 2010年の骨密度検査では、ナタリアちゃんは実年齢8歳という結果がでていましたが、2012年に裁判所で1989年生まれに誕生日を訂正する判決がでています。 骨密度検査は、成長障害による影響が疑われたようで、陰毛の発達や生理の状況などから母親のかかりつけ医師も「明らかに不正確な誕生日。 少女のふりをしている。 」と手紙を書いています。 バーネットさんは、ナタリアちゃんは殺意むき出しだったと話しています!こわい!! 「電気柵に押し付けられそうになったり、コーヒーに漂白剤を注がれたり、寝ているところを刺すと脅された」 身の危険を感じたバーネットさんは、ナタリアちゃんを置き去りにして、隣国カナダへ逃亡します。 2014年にナタリアちゃんは警察に「置き去りにされた」と通報し、バーネットさんは育児放棄の疑いで逮捕された。 そして、2019年9月27日にバーネットさんは出廷し、最大で5年半の懲役に問われています。 リアルエスター事件、時系列でまとめてみた。 2010年:ナタリアちゃんが養子で引き取られる(6歳・小人症で身長90㎝・歩行困難) 2010年:骨密度検査でナタリアちゃん実年齢8歳と判定 ・ナタリアちゃんの大人びた行動・驚きの身体的特徴に疑惑を持つ ・メンタルヘルスの専門家を受診 精神障害発覚 大人にみられる精神障害診断などにより疑惑は加速 ・バーネットさんかかりつけの医師から「誕生日は明らかに不正確。 少女のふりをしている。 時系列まとめにも書きましたが、ナタリアちゃんは現在別の家族の下で子どもとして生活しています。 今回の里親家族は、裁判所が下したナタリアちゃんは22歳だという判決にも「ありえない話だ」と異議を唱え、裁判を起こすも、棄却されているそうです。 現在は、新しい里親家庭で「なんの問題もなく」幸せに暮らしているそうです。 「エスター大勝利」というコメントをいっぱい見ましたが、怖いですよね。 これがすべて事実であれば、小人症で子どもに見えるサイコパスの女が養子になっているという状況も怖いですし、さらに脅迫によって命の危険を感じる日々。 そりゃ、全力で逃げますよねと思います。 さらに、新しい家では本当に問題なくやってるの? 問題なく生活できるその家族は何者? 強すぎない? など好奇心はつきません。 「事実は小説よりも奇なり」とはいいますが、なかなかの怪事件でした。 引き続き、続報に期待したいと思います。

次の

【これマジ?】8歳少女を養子に迎えたら、実は22歳のサイコパスと判明・・・

ナタリア 養子

んがしかし、この話には複雑な、そして映画以上に恐ろしい背景が潜んでいたのであります… マグショットを撮られてしまうマイケル&クリスティーン。 2010年の5月、当時まだ夫婦だったクリスティーンと夫のマイケルはフロリダ州から、 ウクライナ生まれの6才の少女、ナタリアを『緊急養子縁組』により、迎え入れます。 ナタリアには生まれつきの障害『小人症』があり、 それを承知で養子に迎えたクリスティーンとマイケルいわく、 ナタリアは歩くことすらできなかったと言います。 養子に迎えて数日後、ナタリアをお風呂に入れた際、6歳の少女であるにも関わらず、 陰部にフサフサの毛が生えていたことに驚いたというクリスティーン。 その後ナタリアのクローゼットに、ナタリアが隠していた 生理の血痕とみられる染みがついた服が見つかります。 6歳の少女が既に生理が始まっていることに驚くクリスティーンですが、 その後、ナタリアの数々の奇行に不安を募らせていきます 同年代の少女が喜ぶオモチャを買い与えても、興味を示さないナタリア。 ナタリアが使う言葉の数々も、とても子供の物とは思えない語彙力だったとか。 また、普段は歩けないナタリアを抱っこして移動させていた夫妻ですが、 ナタリアが待つ我慢が出来ない時、自分で普通に歩きだしたり、 ソファにナイフを隠し持っていたり、 夜中に家族全員が寝静まっているにも関わらず、 寝ている家族をベッド際からのぞき込み、 「タイミングを狙っているの」と不気味な発言などをしていたナタリア。 さらに、クリスティーンのコーヒーに掃除用の液体を注いでおり、 クリスティーンに「何やってるの」と聞かれると、 「ママに毒を盛っているのよ」と答えたというナタリア。 こえーって! またある時、赤ちゃんが寝ている部屋をクリスティーンが後にし、 防犯カメラを確認すると、赤ちゃんを攻撃するナタリアが写っていたと言います。 うーむ、確かに年齢不詳や… クリスティーンとマイケルはナタリアを精神科に入院させ、 そこで医師がナタリアの骨密度の検査をした結果、 ナタリアは少なくとも14歳以上であると診断。 そして裁判所も医師の診断を認め、ナタリアの戸籍上の生年月日を修正し、 2012年に、ナタリアは 22歳の大人であると、法的に認められたわけです。 ちなみに… 小人症だと背丈が伸びず、身体的な成長も分かりづらかったりするので、 実年齢を判断するのが尚更難しい、というのが本事件のネックでもあるわけです。 2013年、クリスティーンとマイケル一家は、ナタリアにアパートを貸し与え、 自分たちはインディアナ州を後にし、カナダへと移住しました。 (夫妻は2014年に離婚、マイケルは再婚しております) そして2014年にナタリア本人が警察に「両親に捨てられた」と報告したことで、 この件が明らかになったのですが、なぜ5年も経った今年に、 警察が夫妻を逮捕・起訴したのかが良く分かりません。 なんにしろ2013年から3年間は、ナタリアはインディアナのアパートで1人で暮らしていたと言うナタリア。 てか本当に子供だったのなら、3年間も1人で暮らすの、無理やろ… ちなみに警察側は、未成年であるナタリアを置き去りにしたネグレクトで クリスティーンとマイケルを起訴しているわけですが、 当時夫婦だった2人がカナダに移住したのは2013年。 つまり裁判所が2012年の時点でナタリアを22歳と認めていたわけで、 成人した娘をインディアナ州に残しても、それは犯罪ではないと元夫妻は主張しているわけです。 しかも、ナタリアにアパートを貸し与えていた元夫妻。 ナタリアがアパートから追い出された時も、 別のアパートの賃貸契約をし、ナタリアに新居を提供してあげたクリスティーンとマイケル。 お家賃は夫妻が1年間、払い続けていたそうです。 ナタリアにソーシャル・セキュリティ・ナンバーを与え、 障害者用の生活費や支援金をナタリアが受け取れるように手配・手続きをしていた元夫妻。 つまり、ナタリアはインディアナ州のアパートにて、 何不自由なく生活できていたわけです、クリスティーンとマイケルのお陰で。 ナタリアが暮らしていたアパート。 あら、可愛らしいアパートですこと… クリスティーンは自分たちは育児破棄の加害者ではなく、 年齢を偽った養子縁組に巻き込まれた、詐欺の被害者であると主張。 しかもその養子が、自分たち家族の命を襲うサイコパスだったわけです こういう映画ありましたよね? 邦題だと『エスター』。 ロシアから迎えた9歳の養子が、実は33歳のサイコパスで、 次々と周りの人が死んでいく、というホラー映画。 そのエスターの実写版みたいな感じですな、ナタリアは。 ちなみに海外のソーシャルメディアでの反応ですが、 多くの人がクリスティーンとマイケルの主張を信じ、支援しております。 ほいでもってナタリアはと言いますと、新しい里親の元で暮らしているそうです… そんな本日の英語表現は、私の個人的な感想ですが What a nightmare! なんつう悪夢なんだ!という表現ですが、 nightmare は夜中に見る悪夢の他に、 比喩的な意味での悪夢にも使えます。 年を偽ったサイコパスとの暮らしなんて、まさに nightmare っす。 養子って怖いって思っちゃうシリーズはこちらにも… やるせない話はこちらにも盛沢山….

次の