是非 意味。 「是非」の意味と使い方を例文付きで紹介!類語「可否」との違い、英語表現も

「是非」の2つの意味・使い方とは?類語「可否」との違いは?

是非 意味

では、「是非」とはどういう意味なのでしょうか。 まず、「是非」という単語をつくる「是」と「非」という二つの漢字が持つ意味を見てみましょう。 「是」とは「良いこと」といった肯定的な意味、「非」とは「悪いこと」といった否定的な意味を持つ、漢字です。 ここからわかるように、「是非」とは反対の意味を持つ二つの漢字でつくられた二字熟語となっています。 そんな「是非」には、大きく分けて、名詞としての「是非」と副詞としての「是非」があります。 名詞「是非」の意味 最初に、名詞の「是非」について紹介します。 名詞の「是非」が持つ意味は、「良いことと悪いこと」や「正しいことと正しくないこと」です。 具体的な例文を挙げますと、「是非を問う」や「是非について話し合う」などというように使用されます。 名詞の「是非」は、家族や友人との日常的な会話の中でよりは、ビジネスシーンで使用されることが多いです。 家族や友人との間では、「是非」と似た意味を持つ「善悪」や「賛成反対」などがよく使用されます。 名詞として使用される時は、「是」と「非」の持つ本来の意味として使用されます。 副詞「是非」の意味 名詞の「是非」は、「良いことと悪いこと」や「正しいことと正しくないこと」と言いたい場合に使用します。 「私の考えについての是非を聞かせてほしい」「私なりに今回のご判断についての是非を考えました」「この企画の是非を問う」というように使われる「是非」が、名詞の「是非」です。 副詞「是非」の使い方 副詞の「是非」は、強調を表す言葉です。 副詞の「是非」は、使用されなくても意味の通じることが多いですが、使用されることで、熱心さや前向きな気持ちが伝わりますし、意欲的な印象になります。 「とても良い方でしたので、是非もう一度お会いしたいです」「今回の試供品、是非感想をお聞かせください」「次回はご家族もご一緒に、是非お越しください」「こちらの商品も素敵なので、是非使ってみてください」というように使われる「是非」が、副詞の「是非」です。 「是非」の例文と意味 では次に、「是非」をどのように使用するのか、例文を見てみましょう。 使用する際の参考にしてください。 「是非もない」「是非もなし」と同じ意味です。 例文を挙げますと、「とうとう、是非に及ばずといった段階にまで来てしまった」というように使用します。 また、織田信成が、本能寺の変で、明智光秀の謀反だと知った際に言った言葉として、「是非に及ばず」は有名です。 「是非に及ばず」「是非もなし」と同じ意味です。 例文を挙げますと、「今回のプロジェクトのリーダーを務めることになったのは上司の指名なので、是非もない」「こんな状況じゃ是非もない」というように使用します。 「是非に及ばず」「是非もない」と同じ意味です。 例文を挙げますと、「とあれば是非もなし」というように使用されます。 例文を見てもわかりますが、時代劇や時代小説などでよく使用される、どちらかというと昔の表現です。 「是が非でも」「願わくば」「どうぞ」「どうか」「くれぐれも」「何卒」「何が何でも」「必ず」などがあります。 【人にものを勧める場合】の類語は「是非是非」、【相手に自分の願望を叶えてほしい場合】の類語は「どうぞ」「どうか」「くれぐれも」「何卒」、【押し通す】という意味の類語は「是が非でも」「何としてでも」「なにがなんでも」「必ず」「絶対に」など、副詞の「是非」も意味によってさまざまな類語があります。 副詞の「是非」は、熱心さや一生懸命な気持ちが伝わる言葉なので、あることをどうしても実現したい時に使用すると良いです。 それよりも丁寧でへりくだった表現がしたいという時には、「是非」ではなく「何卒」や「どうか」を使用すると、そのような印象になります。 「よろしければお召し上がりください」や「よかったら今度遊びにいらしてください」といった言葉に対して、「是非」や「是非是非」と返答することも、よくあります。 このように、「是非」のみで会話が成り立つ場合ですと、単独で使用することもできます。 ただ、「是非」だけよりも、「何が」是非なのかを具体的に言葉にすることで、丁寧になり、より良い印象となります。 例えば、「よろしければお召し上がりください」の返答の場合、「是非」でも問題なく通じますが、「是非いただきます」の方が丁寧で感じが良い印象になります。 「是非」と「ぜひ」 「是非」の文字表記ですが、漢字で「是非」と表記されていたり、ひらがなで「ぜひ」と表記されていたり、二通りの表現が見られます。 これはどうしてでしょうか。 どちらで表記するのかルールはあるのでしょうか。 「是非」は名詞 名詞の「是非」は、「是」と「非」という漢字が持っている意味として使用されるため、漢字の「是非」で表記されます。 「物事の『ゼヒ』」は、「物事の是非」で表記されることが正しく、「物事のぜひ」とは表記されません。 「ぜひ」は副詞 副詞の「是非」は、ひらがなの「ぜひ」で表記されることが、どちらかというと多いです。 「是非」に限らず、副詞とは、補足する語のことを指し、文章全体の読みやすさを考え、漢字で表記できるものも、あえてひらがなで表記されることが多いです。 「ぜひ 是非 」の他にも、「あらかじめ 予め 」「あえて 敢えて 」「ほとんど 殆ど 」「全て すべて 」なども同じです。 ビジネスシーンでの「是非」 名詞の「是非」は、前述しましたとおり、「良いことと悪いこと」「正しいことと正しくないこと」などといった意味を持ちます。 この意味として使用するので、特に問題はありません。 ビジネスシーンでは、新しく試みようとしていることや問題点、疑問点についてどうすべきかというような場面で、「是非について会議で話し合う」や「是非を検討する」などというように主に使用されます。 副詞「是非」は注意が必要 副詞は、「強調」「あることを実現したいと強く望む気持ち」を表します。 仕事に対する一生懸命さや熱心な姿勢が伝わりますが、強調を表す言葉なので、相手を断りづらい状況にさせてしまう可能性もあるため、使用する際は気を付ける必要があります。 何度も繰り返し使用しない、丁寧に言葉にするなどに注意して使用すると良いです。 似ている意味を持つ言葉でしたら、「是非」よりかは、「何卒」や「どうか」の方が、へりくだった表現ができるので、相手や状況も選ばず使いやすいです。 英語の「是非」 では、英語では、「是非」は何と言うのでしょうか。 日本語でよく使用されたくさんの意味を持っている「是非」ですが、「是非」にあたる英単語は存在しません。 会話の内容や状況によって「是非」と表現できる英文を考え話します。 名詞「是非」は英語で何というの? まず、名詞の「是非」について見てみましょう。 名詞の「是非」は、「善し悪し」の意味でしたら、「right or wrong」、「賛否」の意味でしたら、「agree or disagree」となります。 決して難しくはありません。 副詞「是非」は英語で何というの? では、副詞の「是非」を英語で表現すると、どのようになるのでしょうか。 副詞の「是非」は、意味によって、表現が全く違ってきます。 例文を見ていきましょう。 まず、「是非是非」という意味の「是非」を英語で表現したい時は、「Sure!」、「I'd love to!」と表現します。 「どうか」や「何卒」を意味する「是非」を英語で表現したい時は、「Please ~. (~しましょう)」、「Could you ~?(~してくれますか?)」などと表現します。 そして、「是が非でも」「何としてでも」といった意味の「是非」は、英語では、「I really want you to~. (本当に~してほしい)」というように表現できます。 英語で副詞の「是非」を表現する際は、意味によって、文の形も使用する英語も全く違います。 「是非」を深く理解し使ってみましょう.

次の

是非の2つの意味とは?使い方をわかりやすく解説【例文あり】

是非 意味

「是非」の意味・例文 「是」と「非」の漢字の意味 まず「是非」という言葉の漢字について説明します。 「是」は 「正しい事」を表し、肯定的な意味を持つ 「非」は 「正しくない事」を表し、否定的な意味を持つ 反対の意味を持つ「是」と「非」を組み合わせて「良し悪し」「正しいかどうか」といった意味となりました。 「是非」の1つ目の意味「善悪」と例文 名詞としての「是非」について説明します。 意味は、 「是と非」「正しいかどうかということ」「道理があることと、道理がないこと」「良いことと、悪いこと」です。 また、「物事の良し悪しを議論し判断すること、批評すること」といった意味もあります。 「幹部からはこのプロジェクト存続の是非を問う声も上がったらしい」 「社員が退職し、社員の中途採用の必要性の是非について議論する」 「契約終了時に継続契約の是非を判断する」 「現在、どうやらダム建設の是非をめぐり激しい論争が続いているようだ」 「他人の趣味や恋愛の是非を論じる女たちほど醜いものはない」 「是非」の2つ目の意味「強調」と例文 次に副詞として使う「是非」について説明します。 この場合は、何かを相手にお願いするとき、それを「強調」した意味になります。 「事情がどうあろうとも、あることを実現しよう、実現したいという強い意志や要望」を表す言葉です。 「どうあっても」「きっと」、また「心を込めて強く願うさま」「なにとぞ」として文章で用いられています。 「今日の懇親会には是非出てくれと上司に頼まれてしまった」 「是非ともこの問題解決について助言をいただけたらと思います」 「是非一度会いたいと思っています」 「このプロジェクトは是が非でも成功しなければならない」 「是が非でもそれを必要としているわけじゃない」 「是非」の使い方 「是非」の「善悪」という意味での使い方 ビジネスシーンなどで、とある問題や新しいことに対してどうすべきかといった意味で使われています。 「善悪」の意味で使う場合、主な言い回しは ・是非を問う ・是非を検討 ・是非を巡る ・是非について議論する となります。 また、 ・是非もなしに(是非もない) ・是非に及ばない などのフレーズは 否定的なニュアンスでも使います。 これについての詳細は後述します。 「是非」の「強調」という意味での使い方 それは、強調としての「是非」という言葉は 元々「是が非とも」=「是非共」です。 これは 「良くも悪くも」「どっちであろうとも」や、また「どうにもこうにも」「なんとしても」といった意味があります。 それが転じて「ぜひとも」といった副詞になり、強調の「是非」として使われるようになりました。 そのため、語源にならい ・是非ともお願いします ・是非とも〜してください と、「是非」だけではなく「とも」を付けるとより丁寧な表現となります。 「是非」と「ぜひ」はどちらも正しい 昨今では「是非」をひらがなで表記することがあります。 ひらがなの「ぜひ」である場合は、副詞である「強調」を意味する「是非」を指します。 名詞の場合は「是か非か」といった「是非」の漢字の意味を指す言葉です。 そのため、漢字の方が伝わりやすくなります。 副詞の場合は「強調」するもので「是非」の漢字の意味を直接表す言葉ではありません。 そのため、こうでなければいけないといった決まりはないですが、分かりやすいように使い分けられています。 強調の「是非」は目上の人に使える ビジネスシーンなどで、目上の人に対しても「是非」を使うことはよくあります。 若い社員などが使うと勢いもよく、フレッシュかつ一所懸命な様子が伝わります。 しかし、依頼や懇願を「強調」する言葉なので注意が必要です。 何度も「是非!是非!」と言ったり、強い言い方になると強制的であると感じさせてしまいます。 そうすると、やや厚かましく感じたり、相手を断りづらい状況に陥らせてしまう場合があります。 言い方は、程よく丁寧に伝えるよう心掛けましょう。 また、目上の人に対して何か依頼や懇願する際、「是非」に変わる言葉はいくつかあります。 ・何卒 ・どうぞ ・くれぐれも などが使えます。 どれも 「〜ください」「お願いします」の前につけると、丁寧な表現となります。 また、「是非」ほどの強調がなく謙った印象を与えます。 ただ、本当に依頼したい場合などは「是非」を使った方が熱量が伝わる場合もあります。 場面によって使い分けたり、同じ言葉を連発しないように覚えておきましょう。 「是非」のみで会話で使われることもある 昨今では、「是非」を用いた文章を略して、「是非」だけが会話において使われることが多くあります。 例えば、 「これ使ってもいいですか?」 「是非!」 といったように、相手に依頼やお願いをされた場合の返答で使われています。 この場合は、 「是非とも使ってください」を略して「是非」だけを言っています。 意味合いとしては「使っていいですよ」「どうぞ」といったニュアンスを強調した言い方です。 相手がお願いしたことに対して、こちらもお願いする言葉で返すことでそこに上下関係が生まれないようにする、日本特有の謙遜の表現ですね。 また、 「よかったらこれ食べてください」 「ではせっかくなので、是非」 といったような使い方もされています。 この場合は、 「是非とも頂きます」を略して「是非」となっています。 意味合いとしては上述したとおり、依頼や懇願を同じように返すことが謙遜する表現です。 あまり目上の人などに「ぜひ!」だけで返すのは謙遜を表していても丁寧な表現ではないので、最後まで「是非とも使ってください」「是非とも頂きます」と使うようにしましょう。 「是非」の言い回し・例文 「是非もない・是非もなし」の意味は「当否や善悪の判断をするに至らない」 「是非もない」とは、 「当否や善悪の判断をするに至らない」といった意味です。 「しかたがない」「やむを得ない」「選択の余地もない」といったニュアンスを含みます。 「是非もない」とは普段あまり使われていません。 そういった場面では「仕方がない」などと使われるのがほとんどです。 しかし、「仕方がない」というと、「やむを得ない」状況を指しますがニュアンスとして「嫌々やる」と受け取られやすいです。 実際に窮地であったり、選択の余地がないといった意味で「仕方がない」と使っていても間違った受け取られ方をする場合もあります。 特に、目上の人などに使う場合は「是非もないです」と使うと丁寧かつ状況が伝わりやすくなります。 しかし、普段使われていないことを考えると「是非もないです」と突然言うと不自然に感じられる場合もあります。 間違った使い方ではないので、使ってもいいのですが注意は必要です。 また文学や文書などではよく用いられています。 使うとなれば、言い回しは ・是非もない ・是非もなし ・是非もなしに ・是非もなく〜 となります。 詳しくは例文を参考にしてください。 例文 「今回は、この条件で受け入れるのは是非もない」 「突然の異動で、請け負っていた仕事を最後までやり切れないが是非もない」 「なぜこの方向でプロジェクトを進めるかは理解できないが、社長の指示となれば是非もなくやるしかない」 「そんな是非もないことを言っても何も変わらない」 「なんでこんなこと私達がやらなきゃいけないの、、」 「是非もなし!下っ端だからよ」 「是非とも」の意味は「是にしても非にしても」「どんなことがあっても」 「是非とも」は 「是にしても非にしても」「どんなことがあっても」「きっと」を意味する副詞です。 「是非とも」は自分の意志や意向を伝える場合や、相手に何かをお願いする場合に使う表現です。 自分の意志を伝えるときは「きっと〜します」、相手に何かをお願いするときは「必ず〜してください」というニュアンスになります。 「是非とも」は「必ず」とほぼ同じ意味ですが、「必ず」と違い、押し付けがましくなく、柔らかい印象を与えられます。 ただ、「是非とも」をあまりにもしつこく使い過ぎてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまうことがあるので、 最後の一押しとして使うのが適切になります。 「ぜひとも」と平仮名で表記しても問題ありませんが、やや柔らかな印象を与えてしまうため、漢字で表記するのが無難です。 例文 ・皆様、是非ともアンケートのご協力をお願いいたします。 ・私たちは是非ともこの計画を実行に移さなければいけない。 ・是非ともお役に立ちたいと存じていますので、何なりとお申し付けください。 ・あなたが描いた作品を是非とも拝見したいです。 ・今月発売する今春限定の化粧品を是非ともお試しください。 「可否」の意味は「良し悪し、可決と否決」 よく似た意味をもつ類語の「可否」との違いを説明します。 まずは、「可否」について説明しま。 「可否」は 「良し悪し」「賛否」「可決と否決」を表す言葉です。 「可」は「よろしい、できる」という意味です。 元々は「祈りを神が許す」といった意味を表す漢字です。 それが転じ、「許される=よろしい」といった意味になりました。 「否」は「いな、同意しない」という意味です。 元々は「神が承諾しない」を表す漢字です。 それが転じ、「許されない=いな」といった意味になりました。 それに対して「是非」は「正しいことと、正しくないこと」といった意味の熟語です。 「是」は、「正しい事」を表し、「非」は、「正しくない事」を表します。 言い回しは「白黒つける」「白黒をはっきりさせる」と主に使われます。 この、「是非に及ばず」の意味は「光秀の謀反ならば、仕方がない」と解釈されていました。 しかし、織田信長の性格やその発言のあとの行動を考えるとどうもその解釈は違うようです。 「是非に及ばず」の真意は、「是非もない」の意味にもあるように 「当否や善悪の判断をするに至らない」ではないかというものです。 要するに、「考えるに及ばない、戦うまでだ」ということです。 織田信長の旧臣である太田牛一にによる、織田信長の一代記「 信長公記」に残されている、本能寺の変での信長の発言を紹介します。 「是れは謀叛か、如何なる者の企てぞと、御諚(おおせ)のところに、森乱(森乱丸)申す様に、明智が者と見え申し候と、言上候へば、是非に及ばずと、上意候。 透(すき)をあらせず、御殿へ乗り入れ、・・・」 と書いてあります。 まず、「 是非に及ばずと、上意候」とありますよね。 この上意とは命令のことを指します。 これは近習(きんじゅ)であった森乱丸に「謀反してきているのは、明智光秀のようです」と伝えられた「是非に及ばず」と命令したと書かれているのです。 そして「 透をあらせず、御殿へ乗り入れ」とは、「直ちに御殿へ移って戦闘態勢をとった」ということです。 つまり、信長は 「光秀の謀反が本当かどうか、論ずる必要はなく、即刻戦え!」という意味で森乱丸に命じたと解釈できるのです。 織田信長は、根っからの武将ですね、、、(ポッ) ましてや、この時に残っていた女性陣は逃げさせたとも「信長公記」には記されています。 ちなみに!森乱丸って森蘭丸じゃないの?と思った方が多くいらっしゃると思いますが、どうやら本当は「森乱丸」のようですよ。 なんとも豊臣秀吉が森蘭丸に作り変えたとか。。。 織田信長が言った、「是非に及ばず」。 これは「光秀を非難したり、逃げる算段したりなどと考える必要は無い、相手が攻めてきたなら戦うだけだ」といった意味です。 「破壊者」にして「改革者」、「狂気の天才」にして「第六天魔王」と呼ばれ、戦国時代に旋風を巻き起こした風雲児「織田信長」ならではの言葉だったのでは、と思います。 「是非」の英語 「是非」の英語表現を考えていきましょう。 英語では「是非」に当てはまる単語は存在せず、場面ごとに別の英訳を考える必要があります。 例えば、外国のお友達が「日本に行きたいなー」と言っているとして、「ぜひぜひ!」という場合は、 ・Please do so! ・By all means! ・Yeah, why not! などと言うことができます。 相手が「... してもいいですか?」と許可を求めてきて「ぜひどうぞ!」と答える場合は、 ・Certainly! ・Absolutely! ・Sure! などと言います。 「一緒に行きますか?」などと誘われたときの「ぜひ!」は、 I'd love to! Sure! などを使います。 「正しいか誤っているか」という意味の「是非」は「right and wrong」と言います。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です! さいごに 「是非」について理解できたでしょうか? ビジネスシーンにおいても、日常生活においてもよく使われている言葉です。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

是非の2つの意味と例文6つ・是非とぜひの違い

是非 意味

「是非」の意味・例文 「是」と「非」の漢字の意味 まず「是非」という言葉の漢字について説明します。 「是」は 「正しい事」を表し、肯定的な意味を持つ 「非」は 「正しくない事」を表し、否定的な意味を持つ 反対の意味を持つ「是」と「非」を組み合わせて「良し悪し」「正しいかどうか」といった意味となりました。 「是非」の1つ目の意味「善悪」と例文 名詞としての「是非」について説明します。 意味は、 「是と非」「正しいかどうかということ」「道理があることと、道理がないこと」「良いことと、悪いこと」です。 また、「物事の良し悪しを議論し判断すること、批評すること」といった意味もあります。 「幹部からはこのプロジェクト存続の是非を問う声も上がったらしい」 「社員が退職し、社員の中途採用の必要性の是非について議論する」 「契約終了時に継続契約の是非を判断する」 「現在、どうやらダム建設の是非をめぐり激しい論争が続いているようだ」 「他人の趣味や恋愛の是非を論じる女たちほど醜いものはない」 「是非」の2つ目の意味「強調」と例文 次に副詞として使う「是非」について説明します。 この場合は、何かを相手にお願いするとき、それを「強調」した意味になります。 「事情がどうあろうとも、あることを実現しよう、実現したいという強い意志や要望」を表す言葉です。 「どうあっても」「きっと」、また「心を込めて強く願うさま」「なにとぞ」として文章で用いられています。 「今日の懇親会には是非出てくれと上司に頼まれてしまった」 「是非ともこの問題解決について助言をいただけたらと思います」 「是非一度会いたいと思っています」 「このプロジェクトは是が非でも成功しなければならない」 「是が非でもそれを必要としているわけじゃない」 「是非」の使い方 「是非」の「善悪」という意味での使い方 ビジネスシーンなどで、とある問題や新しいことに対してどうすべきかといった意味で使われています。 「善悪」の意味で使う場合、主な言い回しは ・是非を問う ・是非を検討 ・是非を巡る ・是非について議論する となります。 また、 ・是非もなしに(是非もない) ・是非に及ばない などのフレーズは 否定的なニュアンスでも使います。 これについての詳細は後述します。 「是非」の「強調」という意味での使い方 それは、強調としての「是非」という言葉は 元々「是が非とも」=「是非共」です。 これは 「良くも悪くも」「どっちであろうとも」や、また「どうにもこうにも」「なんとしても」といった意味があります。 それが転じて「ぜひとも」といった副詞になり、強調の「是非」として使われるようになりました。 そのため、語源にならい ・是非ともお願いします ・是非とも〜してください と、「是非」だけではなく「とも」を付けるとより丁寧な表現となります。 「是非」と「ぜひ」はどちらも正しい 昨今では「是非」をひらがなで表記することがあります。 ひらがなの「ぜひ」である場合は、副詞である「強調」を意味する「是非」を指します。 名詞の場合は「是か非か」といった「是非」の漢字の意味を指す言葉です。 そのため、漢字の方が伝わりやすくなります。 副詞の場合は「強調」するもので「是非」の漢字の意味を直接表す言葉ではありません。 そのため、こうでなければいけないといった決まりはないですが、分かりやすいように使い分けられています。 強調の「是非」は目上の人に使える ビジネスシーンなどで、目上の人に対しても「是非」を使うことはよくあります。 若い社員などが使うと勢いもよく、フレッシュかつ一所懸命な様子が伝わります。 しかし、依頼や懇願を「強調」する言葉なので注意が必要です。 何度も「是非!是非!」と言ったり、強い言い方になると強制的であると感じさせてしまいます。 そうすると、やや厚かましく感じたり、相手を断りづらい状況に陥らせてしまう場合があります。 言い方は、程よく丁寧に伝えるよう心掛けましょう。 また、目上の人に対して何か依頼や懇願する際、「是非」に変わる言葉はいくつかあります。 ・何卒 ・どうぞ ・くれぐれも などが使えます。 どれも 「〜ください」「お願いします」の前につけると、丁寧な表現となります。 また、「是非」ほどの強調がなく謙った印象を与えます。 ただ、本当に依頼したい場合などは「是非」を使った方が熱量が伝わる場合もあります。 場面によって使い分けたり、同じ言葉を連発しないように覚えておきましょう。 「是非」のみで会話で使われることもある 昨今では、「是非」を用いた文章を略して、「是非」だけが会話において使われることが多くあります。 例えば、 「これ使ってもいいですか?」 「是非!」 といったように、相手に依頼やお願いをされた場合の返答で使われています。 この場合は、 「是非とも使ってください」を略して「是非」だけを言っています。 意味合いとしては「使っていいですよ」「どうぞ」といったニュアンスを強調した言い方です。 相手がお願いしたことに対して、こちらもお願いする言葉で返すことでそこに上下関係が生まれないようにする、日本特有の謙遜の表現ですね。 また、 「よかったらこれ食べてください」 「ではせっかくなので、是非」 といったような使い方もされています。 この場合は、 「是非とも頂きます」を略して「是非」となっています。 意味合いとしては上述したとおり、依頼や懇願を同じように返すことが謙遜する表現です。 あまり目上の人などに「ぜひ!」だけで返すのは謙遜を表していても丁寧な表現ではないので、最後まで「是非とも使ってください」「是非とも頂きます」と使うようにしましょう。 「是非」の言い回し・例文 「是非もない・是非もなし」の意味は「当否や善悪の判断をするに至らない」 「是非もない」とは、 「当否や善悪の判断をするに至らない」といった意味です。 「しかたがない」「やむを得ない」「選択の余地もない」といったニュアンスを含みます。 「是非もない」とは普段あまり使われていません。 そういった場面では「仕方がない」などと使われるのがほとんどです。 しかし、「仕方がない」というと、「やむを得ない」状況を指しますがニュアンスとして「嫌々やる」と受け取られやすいです。 実際に窮地であったり、選択の余地がないといった意味で「仕方がない」と使っていても間違った受け取られ方をする場合もあります。 特に、目上の人などに使う場合は「是非もないです」と使うと丁寧かつ状況が伝わりやすくなります。 しかし、普段使われていないことを考えると「是非もないです」と突然言うと不自然に感じられる場合もあります。 間違った使い方ではないので、使ってもいいのですが注意は必要です。 また文学や文書などではよく用いられています。 使うとなれば、言い回しは ・是非もない ・是非もなし ・是非もなしに ・是非もなく〜 となります。 詳しくは例文を参考にしてください。 例文 「今回は、この条件で受け入れるのは是非もない」 「突然の異動で、請け負っていた仕事を最後までやり切れないが是非もない」 「なぜこの方向でプロジェクトを進めるかは理解できないが、社長の指示となれば是非もなくやるしかない」 「そんな是非もないことを言っても何も変わらない」 「なんでこんなこと私達がやらなきゃいけないの、、」 「是非もなし!下っ端だからよ」 「是非とも」の意味は「是にしても非にしても」「どんなことがあっても」 「是非とも」は 「是にしても非にしても」「どんなことがあっても」「きっと」を意味する副詞です。 「是非とも」は自分の意志や意向を伝える場合や、相手に何かをお願いする場合に使う表現です。 自分の意志を伝えるときは「きっと〜します」、相手に何かをお願いするときは「必ず〜してください」というニュアンスになります。 「是非とも」は「必ず」とほぼ同じ意味ですが、「必ず」と違い、押し付けがましくなく、柔らかい印象を与えられます。 ただ、「是非とも」をあまりにもしつこく使い過ぎてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまうことがあるので、 最後の一押しとして使うのが適切になります。 「ぜひとも」と平仮名で表記しても問題ありませんが、やや柔らかな印象を与えてしまうため、漢字で表記するのが無難です。 例文 ・皆様、是非ともアンケートのご協力をお願いいたします。 ・私たちは是非ともこの計画を実行に移さなければいけない。 ・是非ともお役に立ちたいと存じていますので、何なりとお申し付けください。 ・あなたが描いた作品を是非とも拝見したいです。 ・今月発売する今春限定の化粧品を是非ともお試しください。 「可否」の意味は「良し悪し、可決と否決」 よく似た意味をもつ類語の「可否」との違いを説明します。 まずは、「可否」について説明しま。 「可否」は 「良し悪し」「賛否」「可決と否決」を表す言葉です。 「可」は「よろしい、できる」という意味です。 元々は「祈りを神が許す」といった意味を表す漢字です。 それが転じ、「許される=よろしい」といった意味になりました。 「否」は「いな、同意しない」という意味です。 元々は「神が承諾しない」を表す漢字です。 それが転じ、「許されない=いな」といった意味になりました。 それに対して「是非」は「正しいことと、正しくないこと」といった意味の熟語です。 「是」は、「正しい事」を表し、「非」は、「正しくない事」を表します。 言い回しは「白黒つける」「白黒をはっきりさせる」と主に使われます。 この、「是非に及ばず」の意味は「光秀の謀反ならば、仕方がない」と解釈されていました。 しかし、織田信長の性格やその発言のあとの行動を考えるとどうもその解釈は違うようです。 「是非に及ばず」の真意は、「是非もない」の意味にもあるように 「当否や善悪の判断をするに至らない」ではないかというものです。 要するに、「考えるに及ばない、戦うまでだ」ということです。 織田信長の旧臣である太田牛一にによる、織田信長の一代記「 信長公記」に残されている、本能寺の変での信長の発言を紹介します。 「是れは謀叛か、如何なる者の企てぞと、御諚(おおせ)のところに、森乱(森乱丸)申す様に、明智が者と見え申し候と、言上候へば、是非に及ばずと、上意候。 透(すき)をあらせず、御殿へ乗り入れ、・・・」 と書いてあります。 まず、「 是非に及ばずと、上意候」とありますよね。 この上意とは命令のことを指します。 これは近習(きんじゅ)であった森乱丸に「謀反してきているのは、明智光秀のようです」と伝えられた「是非に及ばず」と命令したと書かれているのです。 そして「 透をあらせず、御殿へ乗り入れ」とは、「直ちに御殿へ移って戦闘態勢をとった」ということです。 つまり、信長は 「光秀の謀反が本当かどうか、論ずる必要はなく、即刻戦え!」という意味で森乱丸に命じたと解釈できるのです。 織田信長は、根っからの武将ですね、、、(ポッ) ましてや、この時に残っていた女性陣は逃げさせたとも「信長公記」には記されています。 ちなみに!森乱丸って森蘭丸じゃないの?と思った方が多くいらっしゃると思いますが、どうやら本当は「森乱丸」のようですよ。 なんとも豊臣秀吉が森蘭丸に作り変えたとか。。。 織田信長が言った、「是非に及ばず」。 これは「光秀を非難したり、逃げる算段したりなどと考える必要は無い、相手が攻めてきたなら戦うだけだ」といった意味です。 「破壊者」にして「改革者」、「狂気の天才」にして「第六天魔王」と呼ばれ、戦国時代に旋風を巻き起こした風雲児「織田信長」ならではの言葉だったのでは、と思います。 「是非」の英語 「是非」の英語表現を考えていきましょう。 英語では「是非」に当てはまる単語は存在せず、場面ごとに別の英訳を考える必要があります。 例えば、外国のお友達が「日本に行きたいなー」と言っているとして、「ぜひぜひ!」という場合は、 ・Please do so! ・By all means! ・Yeah, why not! などと言うことができます。 相手が「... してもいいですか?」と許可を求めてきて「ぜひどうぞ!」と答える場合は、 ・Certainly! ・Absolutely! ・Sure! などと言います。 「一緒に行きますか?」などと誘われたときの「ぜひ!」は、 I'd love to! Sure! などを使います。 「正しいか誤っているか」という意味の「是非」は「right and wrong」と言います。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です! さいごに 「是非」について理解できたでしょうか? ビジネスシーンにおいても、日常生活においてもよく使われている言葉です。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の