台湾 入国 規制。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国の入国条件変更状況について

韓国の入国制限解除はベトナム·台湾の後!?遅すぎると焦る韓国政府、国民は規制解除するなと怒りの声【世界情勢】

台湾 入国 規制

台湾政府は、国際観光と入境規制を10月から徐々に緩和する方向で検討を進めている。 交通部(交通省)は交通・観光分野の緩和措置に関する草案をまとめ、中台間の航空旅客便を10月1日から再開する方針だ。 新型コロナウイルス感染症の感染状況が台湾、中国で一段落している現状を踏まえ、観光や経済の振興に軸足を移す。 16日付経済日報などが伝えた。 10月1日からは中台間の航空旅客便や海運の旅客便などを再開する方針。 台湾でのトランジットや台湾入境者の公共交通機関の利用、国際クルーズ船の寄港などもそれぞれ再開する考え。 台湾政府は現在、中台間航空旅客路線のうち、北京首都国際空港や上海浦東国際空港、廈門高崎国際空港、成都双流国際空港と台湾を結ぶ路線のみ運航を認め、その他中国の空港とを結ぶ路線は運航を停止する措置を実施している。 解禁時期は決めていなかった。 交通部は「防疫旅行」「安心旅行」「インバウンドの誘致」の3段階に分けて、観光業の振興を図る計画。 草案によると、「防疫旅行」の導入と一部公共交通機関の規制緩和は5月27日から始め、7月末まで続ける。 「安心旅行」と公共交通機関の一層の規制緩和は8月1日~10月末とする。 交通部はいずれの措置も、台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心の同意を得てから実施する。 交通部は今週以降、草案を同中心に提出するという。 ただ飲食時以外はマスクの着用を義務付ける。 8月1日からは、弁当の車内販売の再開や、座席間隔を設けていた乗車券の販売方法の取り消しなどを実施する見通し。 台湾桃園国際空港の出入り規制も解除する考えだ。 今後は状況を見て、公共交通機関でのマスク着用や体温測定などの義務措置を解除する。

次の

【新型コロナウイルス】日本人の台湾出入国は可能?

台湾 入国 規制

常に手洗いをして、清潔に保つこと。 また、目・鼻・口をできる限り手で直接触らないように注意する。 手が呼吸器からの分泌物に触れた場合、石鹸及び清潔な水で徹底的に洗浄する。 「自主健康管理」期間の14日間は、毎日朝晩1回ずつ体温測定をし、体温及び1日の行動について詳しく記録することが必要。 特に症状がない場合は、正常な生活を送ることができる。 ただし、公共の場所への出入りはできる限り避ける。 また、外出時は必ずマスクを着用すること。 発熱・呼吸器官の症状・身体の不調を感じた場合は、必ずマスク着用の上、速やかに医療機関で受診する。 受診の際、医師に対して接触、旅行、居住の記録、職業上の接触範囲、及び周囲に似たような症状を訴えている人がいないかどうか自ら伝える。 マスクに口や鼻からの分泌物が付着した場合、直ちに新しいマスクと交換した上で、使用済みのマスクについては分泌物が付着した面を内側にしてたたみ、ゴミ箱に捨てること。

次の

【特集】日本政府、入国規制の緩和は3段階で実施する方向か 足元では入国拒否を 111 カ国に拡大

台湾 入国 規制

常に手洗いをして、清潔に保つこと。 また、目・鼻・口をできる限り手で直接触らないように注意する。 手が呼吸器からの分泌物に触れた場合、石鹸及び清潔な水で徹底的に洗浄する。 「自主健康管理」期間の14日間は、毎日朝晩1回ずつ体温測定をし、体温及び1日の行動について詳しく記録することが必要。 特に症状がない場合は、正常な生活を送ることができる。 ただし、公共の場所への出入りはできる限り避ける。 また、外出時は必ずマスクを着用すること。 発熱・呼吸器官の症状・身体の不調を感じた場合は、必ずマスク着用の上、速やかに医療機関で受診する。 受診の際、医師に対して接触、旅行、居住の記録、職業上の接触範囲、及び周囲に似たような症状を訴えている人がいないかどうか自ら伝える。 マスクに口や鼻からの分泌物が付着した場合、直ちに新しいマスクと交換した上で、使用済みのマスクについては分泌物が付着した面を内側にしてたたみ、ゴミ箱に捨てること。

次の