エアー ブラシ コンプレッサー。 工具男子新聞 エアブラシコンプレッサーおすすめ5選|人気のタミヤやGSIクレオスから紹介!

エアブラシ コンプレッサー セット 充電式 ダブルアクション エアーブラシ 初心者 模型 工具 塗装 ペイント プラモデル ガンプラ フィギュア ネイルアート :abc:ReZuell.

エアー ブラシ コンプレッサー

大阪市に本社を構えるエアテックス社は、エアーブラシ関連器具の製造、販売を行っている専門メーカーで、各種エアーブラシやコンプレッサーを数多くリリースしています。 ご紹介する「エアーブラシ ワークセット メテオ」は、エアーブラシを初めて使う方に最適なワークセットで、エアーブラシと小型コンプレッサーがセットで販売されているモデルとなります。 プラモデルをはじめとした、模型の塗装を前提に設計されており、使い方も簡単で電源ボタン一つでコンプレッサーメテオが起動しますので、後は使用用途によって、風量を3段階に調整をして塗装を始めるだけとなっています。 最高圧力は約2. 0Mpa、空気の吐出し量は1分間に9リットルもあり、塗装をするのに十分な性能を備えています。 また通常は100V電源で可動しますが、別売りのバッテリーパックを購入するとコードレスに早変わりしますので、場所を選ばず作業を行うことが出来るのも特徴の一つです。 最高圧力 0. コンプレッサーの使い方も簡単で、電源スイッチを入れて本体側面に設置されたダイヤルで、用途にあった圧力に調整するだけで、プラモデルなどの塗装に使うことが出来ます。 またコンプレッサー本体には、自動停止機能が標準装備されており、エアーを吐出している塗装中のみ稼働し、エアーの吐出しが無い状態では稼働しませんので、電源スイッチのオンオフをする必要が無く非常に便利で、夜間に作業を行う場合でも周りに迷惑を掛けません。 最大圧力は0. 17Mpa、空気吐出し量は1分間に13リットルとなり、広い範囲への吹付塗装などにも十分に対応が可能でおすすめです。 ただし定格時間が30分となっていますので、長時間の作業を行う時には注意が必要です。 最高圧力 0. ご紹介する「ベーシックコンプレッサーセット 74520」は1988年にリリースされたロングセラーモデルで、エアーブラシ塗装の入門用コンプレッサーセットとして、ノズル径0. 3mmのエアーブラシが標準で付属しており、購入後、直ぐに使用することが出来るようになっています。 電源は別売りのタミヤ7. 2Vバッテリーパックを採用しており、コードレスタイプとなりますので、広範囲に渡る塗装など、十分な換気が必要な場合に屋外で使用することも可能です。 また別売りの専用ACアダプターを購入すれば、100V電源での使用も可能なマルチタイプとなっています。 最大圧力は約0. 11MPa、空気吐出し量は1分間に20リットルとなり、模型製作には十分な性能を備えています。 最高圧力 0. 本体上部に設置された電源ボタンを押すだけの簡単設計で、エアーブラシを初めて使う方やお子さんでも気軽に使用することが出来ます。 またタミヤ模型のHGエアーブラシ各種であれば、付属している1. 5mのエアーホースに、アダプターなどを経由せず直接繋げて使用出来ますので、合わせて購入されることをおすすめします。 連続空気圧力は約0. 07Mpa、空気吐出し量は1分間に3リットルとなり、広範囲に渡っての塗装ではなく局部的な仕上げ塗装などに最適で、プラモデルや工芸品など、細かな作業用として人気があります。 連続空気圧力 約0. 07Mpa 空気吐出量 3. リニアコンプレッサーL7 GSIクレオス社は、繊維事業や各種工業製品事業を主に行っている東証一部上場企業ですが、ホビー生活関連部門で、自社ブランドを含むプラモデル関連商材を幅広くリリースしています。 ご紹介する「Mr. リニアコンプレッサーL7」は、従来のコンプレッサーのようにモーターやクランクシャフトなどで圧縮ピストンを駆動させるタイプではなく、電磁力を使って直接、圧縮ピストンを駆動させる「リニア駆動フリーピストン方式」を採用しており、最新式のコンプレッサーとなります。 モーターなどの伝導機構を搭載していないことで、作動音が無負荷時で55dbと静かで、夜間の作業も安心して使用出来ます。 最高圧力は0. 15Mpa、空気吐出し量は1分間に7リットルの性能を備え、さらに定格時間が無いため1日中でも連続で作業を行うことが可能で、高い作業効率を誇ります。 また吸入エアフィルターを標準装備しており、オイルレス機構との組み合わせにより、常にクリーンな吐出しエアーを確保出来ます。 最高圧力 0. 15Mpa 空気吐出量 7. ロングセラー商品から最新技術を搭載したモデルまで、各メーカーごとに特徴がありますが、どのコンプレッサーも「簡単で手軽にエアーブラシ塗装を楽しめる」ことを前提に作られており、シンプルな操作性で使い易いものが多いのが特徴です。 一度、エアーブラシでの塗装にチャレンジしてみては如何でしょうか。 エアブラシ単品だったらこちらの記事をどうぞ!.

次の

エアブラシ用コンプレッサー

エアー ブラシ コンプレッサー

これからエアブラシを始める初心者の方や、既にエアブラシを始めている中級者、そして巧みにエアブラシを扱うことが出来る玄人の方に向けて、2020年度おすすめのエアブラシセットや単体のコンプレッサー・ハンドピースを私の使った感想を踏まえてランキング形式でまとめました。 この記事は、これからエアブラシを買おうと思っているけど何を買ったらいいかわからない方、私が作ったエアブラシのランキングを見たい方、エアブラシのハンドピースやコンプレッサーなどの製品情報を網羅的に知っておきたい方、などに向けた記事となっています。 下記の項目に沿って解説しています。 ちなみに私はエアブラシアーティストとして仕事をしており、これまで100万円分くらいエアブラシに投資し、そしてエアブラシを使って利益を上げて回収してきました。 この記事は、そんな私の経験に基づいた記事となっています。 【2020年】エアブラシのおすすめ人気ランキングまとめ カラープリンターの台頭でエアブラシという技術は滅びたかに思えましたが、それでも人間が行う手仕事というものは滅びませんでした。 その後もエアブラシは進化を重ねて、2019年初頭から充電式コンプレッサーという、エアブラシのネックでもあった電源という課題を乗り越えた、画期的な製品が台頭しました。 そして、迎えた2020年もエアブラシは、さらなる進化を続けています。 以下、エアブラシのおすすめ人気ランキングまとめです。 そもそもエアブラシとは? エアブラシとは、圧縮した空気を使って塗料を霧状に噴出させる道具や、その行為自体のことを指します。 その中でも、手のひら全体で使う大きい形状の道具はスプレーガンと呼ばれ、指を使うペン型タイプの道具はエアブラシと呼ばれています。 ちなみにエアブラシを行うには、• エアコンプレッサー(空気を圧縮する道具)• ハンドピース(塗料を霧状に飛ばす道具) 基本的にはこの3点が必要です。 エアブラシを始めるにはこの3点が必要になります。 自分に最適なエアブラシの選び方 まず始めにエアブラシという言葉は非常に曖昧な言葉です。 一口にエアブラシと言っても、言葉が曖昧過ぎて、実際に始めるにはどうすべきか初心者の方なら誰しも迷います。 なので、この項目では私の経験に基づいたエアブラシの選び方を教えます。 エアブラシの基礎知識 エアブラシを始めるには、基本的には3つの道具が必要で、それが「コンプレッサー・ハンドピース・塗料」なのです。 この3つがエアブラシの構成要素となっています。 なので、「それぞれ個々に3つの要素を揃えるか、3つ揃ったエアブラシセットを購入するか」、この2択でまずはエアブラシを始めることが出来ます。 個別に合ったものを選ぶ エアブラシセットを買わずに、個々に自分で選択して購入することを検討しているならば、初心者はやめておくべきです。 なぜなら、コンプレッサーやハンドピースは種類がすごく沢山あり、選ぶには知識や経験が膨大に必要になってくるからです。 ハンドピースに至っては、玄人でも実際に使わずには良品を入手出来ないぐらいです。 ということで、初心者はエアブラシセットをまずは購入すべきなのです。 エアブラシセットを選ぶ エアブラシセットは、エアブラシを始めるための全てが、オールインワンパッケージになっているものです。 なので、初心者でも簡単にお得にエアブラシを始めることが出来るのです。 コンプレッサーもハンドピースも、何も考えずに長く使えるものがパッケージ化されているので、素晴らしい限り。 ということで、以下が私が選んだエアブラシセットのランキングになります。 エアブラシのおすすめ【コンプレッサーとハンドピースのセット】 この項目は、エアブラシの総合的なおすすめ人気ランキングとなっています。 エアブラシというものは、「コンプレッサー・ハンドピース・塗料」の3つを使って、初めて作業することが出来ます。 エアブラシと一言で括っても抽象的な言葉であり、どの部分を指しているのかはわかりません。 なので、これを買っとけば間違いないというような、コンプレッサーとハンドピースがセットになったエアブラシをおすすめランキング形式にしてみました。 エアブラシアートよりも、ホビー塗装向けなコンプレッサーであり、超静音でアパートやマンションでも夜間に使うことが出来ます。 振動音や運転音は、他社コンプレッサーと比較しても、最高レベルに小さいです。 コンプレッサー自体の定格吐出圧力が0. 1MPa、最大吐出0. 12MPaと低めですが、ホビー塗装をするなら十分でしょう。 ホビー塗装用途なら問題なく使えますが、エアブラシアートに使うには難しいです。 プラチナセットに付属しているハンドピースは何年も愛用していけて、全ての用途で使える口径サイズ0. 3mm標準ハンドピースです。 エアレギュレーターが付いているので、指定した圧力で空気をコントロールし、エアブラシすることが出来ます。 ホビー塗装目的でエアブラシを使っていくならば、購入して間違いないセット内容になっています。 ちなみに筆者は、エアブラシアート用途でも使っていたことがあります。 ホビー塗装はもちろんのことエアブラシアートをするなら、現在一番コストパフォーマンスが高いのは、このエアブラシスターティングセットです。 GSIクレオスのリニアコンプレッサーと比較すると、コンプレッサーの構造がピストン式なので振動音や運転音は少々大きく、連続使用時間なども劣りますが、その分空気を吐出するパワーが強く、何よりもコストが激安です。 エアブラシスターティングキットというだけあって付属品が多いのも特徴です。 ブレイドホース、ハンドピース、エアレギュレーター、簡易水取りフィルター、エアタンクに加えてコンプレッサー自体に圧力オートスイッチが付いてます。 圧力オートスイッチが付いてるので、一定の圧力までコンプレッサーが稼働したのちに自動でスイッチが働き、自然に電源が切れます。 ハンドピースを使い、一定圧力までコンプレッサーの内部の圧力が下がると、再び起動します。 この機能により、エアブラシを使わない時は稼働しないので、エアブラシをする上では必ず付きまとう騒音に非常に効果的な機能です。 このエアブラシセットには、ハンドピースが付属していますが、申し訳程度の製品で遊びレベルのハンドピースです。 始めてエアブラシを触る初心者の方には、ハンドピースを分解して構造を理解する勉強になりますが、何年も愛用していくようなハンドピースではありません。 セットのコンプレッサーは振動音や稼働音が大きいので、稼働出来る場所を取れるなら、このエアブラシセットはかなりお得です。 エアブラシアート、ホビー用途、カスタムペイント、フェイクタトゥー、何でも使えるコンプレッサーであることは間違いないです。 当初は、他社製ハンドピースを使うためのジョイントが付属していなく、セット内容に含まれているハンドピースを基本的に使う仕様になっていましたが、2020年頃より他社製ハンドピースを使うことを念頭において生産され、コンプレッサーとハンドピースを繋ぐエアバルブへのジョイントが付属するようになりました。 電源がバッテリーということもあってか、空気吐出力が弱いですが、ネイルやホビー塗装など狭い面をエアブラシするには、十分なコンプレッサーです。 このエアブラシセットの利点は、電源が使えない場所でも使える、振動音が響かない、稼働音が小さいところです。 弱点は、1時間程度で充電が切れるということ、空気吐出力が弱いこと、安定した圧力での空気吐出が出来ないことです。 ということで、充電式コンプレッサーは次世代のエアブラシで、バッテリー性能や内部構造によって進化を重ね、小型化が進んできました。 年数を追うごとに、これからより一層機能的になっていくことでしょう。 エアブラシアートにはまだまだ不向きです。 稼働音は他のコンプレッサーと比較しても最高レベルの静かさです。 コンプレッサー自体の定格吐出圧力が0. 1MPaとやや低めではありますが、L5と比べても最大吐出が0. 15MPaというように若干上がっているため、ホビー塗装はもちろん、エアブラシアートにも十分に使えるコンプレッサーでもあります。 このプラチナセットに付いているハンドピースもこれから何年も愛用していけて、何の用途でも使えるハンドピースです。 ホビー塗装目的なら、このプラチナセットを買って間違いないです。 筆者はエアブラシアートで実際に使用してました。 ホビー塗装をこれから始める方に最適な入門エアブラシセット。 コンプレッサーの脈動や音はやや気になるものの、ハンドピースやエアブラシホルダーも付いていて1万円を切るなら衝撃の価格である。 初めてホビー塗装をするためにエアブラシに触れるなら最適の1台と言える。 別売りのバッテリーを購入するとコードレスでエアブラシを楽しめます。 初心者向けでホビー用途に強く、コスパも高くて場所も取らず、コードレス化も可能ということで、5位に選びました! 6位 エアテックス スピカセット.

次の

エアブラシ用コンプレッサー

エアー ブラシ コンプレッサー

エアブラシを始めてみたいけど、初心者は 購入時に悩みやすいってホント? 専門的な付属品で組み合わせるエアブラシは、購入時の選び方に少しコツがいります。 とは言っても、• 初心者でもエアブラシを手軽に始めてみたい• 始めるのにおすすめな機種を知りたい と思う方はいらっしゃいますよね。 そこでこの記事では、「 初心者におすすめなエアブラシとコンプレッサーのセット商品」についてまとめました。 もちろんセットじゃなくても選べるように、かんたんな解説つきです。 エアブラシを始めたい初心者の方は、ぜひ参考にしてくださいね。 他にも塗装器具の老舗、アネスト岩田のエアブラシについてまとめた記事があります。 信頼性の高いエアブラシをお探しの場合は、以下の記事も参考にしてください。 エアブラシとコンプレッサーはセットがおすすめ!初心者に最適な理由は? エアブラシを初めて購入するとき、なにを揃えればいいのか迷う方も多いでしょう。 そんなときエアブラシ一式がセットになった商品を購入すれば、必要なものを個別に準備せずに すぐ使えます。 購入しても使えなかった• 関係のない付属品を買ってしまった 購入時に起こりやすい失敗も、「 スタートセット」を選ぶことで回避できますよ。 スタートセットならすぐに始められてわかりやすい! エアブラシとコンプレッサーを初めて購入する方や、初心者にぜひおすすめしたいのが スタートセットです。 理由としては、「 迷わず始められるから」。 スタートセットは、最初にそろえておきたい一式をセットにしています。 セットなら必要なものが最初から入っており、1つ買うだけですぐ始められるお手軽さがわかりやすいです。 いざエアブラシで塗装をしてみたいと思い立っても、選び方や付属品の有無で準備に時間がかかってしまいがち。 なのでエアブラシを始めて使う方は、購入前に余計なことを考える必要のないスタートセットがおすすめです。 そもそもエアブラシとは?エアブラシの用途や特徴を理解しておこう! あまりエアブラシについて知らない方でも、事前にポイントを押さえておけば商品を選ぶときの基準になります。 全くの無知識で始めるよりも、最低限の知識を備えて楽しくエアブラシを始めましょう。 エアブラシとは?用途や特徴 エアブラシは空気と塗料を混ぜて、一定の圧力で塗装を可能にする道具です。 身近なものからアートまで、幅広く使われています。 アート作品• ネイルアート エアブラシを使うと、均一な塗装が可能です。 塗料を吹き付ける太さも調整できます。 塗装の太さを変えると、塗りつぶしから細かな塗りまで自由自在です。 均一な塗装を必要とするパールカラーやメタリックカラーも、エアブラシならきれいに仕上がります。 水性・油性やアクリルと、いろいろな種類の塗料にも対応。 塗料の種類で質感が変わるため、表現の幅が広がります。 始めるのに必要なアイテム3つ エアブラシを使い始めるためには、必要なアイテムが3つあります。 ハンドピース• コンプレッサー• 塗装ブース ハンドピースとは、エアブラシ本体のことです。 ハンドピースの形状は、おおよそ 6種類ほどに分類されます。 エアブラシ本体に空気を送るコンプレッサーとの相性もあり、用途に応じて選ばなくてはなりません。 コンプレッサーはエアブラシの動力源で、家庭用から業務用までさまざまな大きさがあります。 エアブラシを使う場合なら、家庭用のコンパクトなコンプレッサーがおすすめです。 小型のコンプレッサーなら、机に置いて使えます。 塗装ブースとは、塗装を効率よく行うための仕切りをつけたエリアです。 塗装時は塗料が舞いやすく、一定の区画内で作業をすることが求められます。 室内で塗装をするなら、塗装ブースは必須です。 塗装するときは、換気を必ず行わなくてはなりません。 しかし霧状の塗料は部屋の中で舞うので、換気だけで外に出すのは少し難しいです。 そんなときに家庭用の塗装ブースがあれば、とても便利。 塗装ブースにはファンがついており、塗装直後の塗料を換気扇のように排出してくれます。 エアブラシとコンプレッサーのセットでおすすめの機種を5選から紹介! エアブラシを始めるならスタートセットを選ぶメリットは大きく、初心者にはぜひともおすすめです。 しかしスタートセットは多くの種類が販売されており、どれを選べばいいか悩む場合も。 そこでこの項目では、使い方に合うようおすすめ商品を解説しながらまとめました。 ぜひ参考にしてくださいね。 Speder エアブラシ コンプレッサーセット セットの内容は以下の3点です。 コンプレッサー• ノズル口径0. 8mmのエアブラシ• ノズル口径0. 3mmのエアブラシ エアブラシのスタンド付きで、エアブラシの置き場所や収納場所に困りません。 コンプレッサーは圧力計が付いており、調整が可能です。 大きさは以下のとおりで、室内に置ける大きさです。 長さ 255mm 幅 135mm 高さ 205mm コンプレッサーの性能は、以下にまとめました。 最大圧力は0. 65Mpa• 作動時の音47db• 連続作業時間20分 最大圧力が高い機種で、大きなものを塗装するときも安心のパワーです。 コンプレッサー作動中の音は、 家庭用クーラーの室外機と同じくらいの騒音。 価格はセットで1万円ほどなので、購入のしやすさも魅力の一つ。 模型やネイルアートにはもちろん、屋外で大きなものを塗装したい方におすすめの機種です。 Ausuc エアブラシ コンプレッサー セット Ausucのエアブラシセットは、コンプレッサーに3Lのエアタンクが付いた内容です。 エアタンクがあると、 エアーの供給が安定します。 コンプレッサー• 3Lのエアタンク• ノズル口径0. 3mmのエアブラシ コンプレッサーの大きさは、以下のとおりです。 長さ 310mm 幅 135mm 高さ 310mm セットになっているエアタンクの大きさは、以下の表にまとめました。 長さ 230mm 幅 160mm 高さ 160mm コンプレッサーよりも少し大きいサイズで、コンプレッサーと重ねて置けます。 コンプレッサーの性能は、以下のとおりです。 最大圧力0. 65Mpa• 作動時の音47db• 連続作業時間20分 タンク内に溜めたエアーで作業している間、コンプレッサーは停止しています。 タンクがあることで騒音の出る時間を減らしつつ、作業時間の延長も可能です。 コンプレッサーの作動音が気になる方は、こちらをおすすめします。 高儀 EARTH MAN ミニホビーコンプレッサーセット ゴシェールのエアブラシとコンプレッサーは、コンプレッサーとエアブラシ本体が一体型になっています。 充電式コンプレッサー• ノズル口径0. 3mmのエアブラシ 一体型のメリットは、スプレー缶のような感覚で手軽に扱えることです。 大きさもかなりコンパクトな設計。 エアブラシの長さ 155mm 幅 40mm 高さ 160mm ゴシェールのコンプレッサーは、USBやコンセントで充電ができるのも特徴の一つです。 コンプレッサーの性能は、以下のとおり。 最大圧力0. 11Mpa• 連続作業時間30分• 充電時間1時間 完全充電した場合の使用時間は、1時間ほどです。 重さは288gと軽量で、持ち運びもかんたん。 手軽に始められ、持ち運びも自在なのが魅力です。 GSIクレオス Mr. リニアコンプレッサー GSIクレオスはホビー用品のメーカーで、エアブラシも多く販売しています。 なかでもMr. シリーズはラインナップが豊富で、セット内容も充実しているのが特徴です。 コンプレッサー• ノズル口径0. 3mmのエアブラシ• ノズル口径0. 5mmのエアブラシ• 圧力計付きエアレギュレーター• エアブラシスタンド、トレイ 稼働時の騒音は55dbとほかのコンプレッサーよりもやや大きな音ですが、掃除機(参考:約60db)よりは小さいです。 コンプレッサーの大きさは、以下のとおり。 長さ 170mm 幅 142mm 高さ 185mm コンプレッサーの性能は、以下のとおりです。 最大圧力0. 15Mpa• 作動時の音55db• 連続作業時間 1日 最大圧力が0. 15Mpaと、大きなものを塗装するにはややパワー不足です。 そのため模型や、ネイルアートの塗装に使用するのが良いでしょう。 付属しているコンプレッサーは、 1日中の連続使用ができるのも特徴です。 ドレン&ダストキャッチャーは、空気中に含まれる水分やごみを取り除く役割をします。 レギュレーターとは空気圧を調整するもので、圧力計を見ながら細かな調整が可能。 付属品もしっかりと揃えたい方におすすめです。 エアブラシの選び方で注意すべき点!ステップアップしたいときの選び方 エアブラシにはたくさんの種類があります。 初心者向けの扱いやすいものから、上級者向けのものまでさまざまです。 最初は扱いやすいものや、手軽に始められるものを選ぶのが良いでしょう。 慣れてきたらワンランク上のエアブラシやコンプレッサーに変えてみてはいかがでしょうか。 ハンドピースにはレバーがついており、3種類の区別があります。 シングルアクション• ダブルアクション• トリガーアクション シングルアクションは、レバーを押すと塗料が噴射できる構造のハンドピースです。 ハンドピースにはニードルアジャスターという塗料の噴射量を調整する部分があります。 シングルアクションの場合、噴射量は固定のため大まかに塗装がしたい方におすすめです。 ダブルアクションは、トリガーボタンを「 押して、引く」という2つのアクションで塗装ができます。 トリガーボタンを押せばエアーのみ噴出され、さらに手前へ引くにつれて塗料の吹き付けが開始。 ホビー用のハンドピースではとてもポピュラーなタイプです。 吹き付ける強さを、トリガーボタンで細かく調整できます。 グラデーション塗装や細かな塗装には、ダブルアクションがおすすめです。 トリガーアクションは、レバーの引き具合で噴射量を調整できます。 握る動作でレバーを引くので、長時間の作業でも疲れにくいです。 広い面積を塗りつぶすときは、トリガーアクションを使うと良いでしょう。 吸い上げ式(吊り下げ式)• 重力式 吸い上げ式とは、ハンドピース本体の下に塗料の容器が取り付けられるタイプのことです。 ハンドピースの下に付いている容器から、塗料を吸い上げて噴射します。 大きな容器の取り付けも可能で、同じ色でたくさん塗装するときに便利です。 吸い上げ式の場合、トリガーアクションなら疲れにくくおすすめでしょう。 重力式は、ハンドピースの上に塗料を入れるカップがついているタイプです。 塗料カップはハンドピースと一体型になっているものや、取り外しできるものがあります。 カップ容量が小さいものが多いので、小物の塗装向きです。 細かな塗装が可能なダブルアクションのハンドピースを選ぶと良いでしょう。 ノズル口径は変えられない場合が多いので、注意が必要です。 コンプレッサーの選び方 コンプレッサーを選ぶとき、4つのポイントがあります。 大きさ• 最大圧力• 作動時の音• 連続使用時間 室内でコンプレッサーを使う場合、コンパクトな大きさの方が置き場所に困りません。 またコンパクトなコンプレッサーは、持ち運びや移動もかんたんです。 使う場所に合った大きさのコンプレッサーを選ぶと良いでしょう。 コンプレッサーの 最大圧力も選ぶときの目安になります。 コンプレッサーの圧力が強いとハンドピースから噴射する塗料を細かくでき、きれいに塗装が行えます。 圧力は使う場面に応じて調節できるので、最大圧力が高いコンプレッサーの方が幅広い塗装が可能です。 グラデーションやぼかし塗装をしたい場合は、最大圧力が0. 1Mpa以上のコンプレッサーを選ぶと良いでしょう。 またエアタンク付きのコンプレッサーは、タンクにエアを溜められます。 コンプレッサーの作動時間を減らしたい方や 作動時の音が気になる方は、エアタンク付きのコンプレッサーがおすすめです。 コンプレッサーはほとんどの場合、連続して使用できる時間が決まっています。 決められた時間よりも長く使用すると、故障してしまうことも。 たくさん一度に作業したい方や大きなものを塗装したい方は、 連続使用時間が長いコン プレッサーを選ぶようにしましょう。 最初は手軽に始められるものを選び、慣れてきたら性能を重視して選ぶのがおすすめです。 コンプレッサーの選び方を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

次の